日立マクセル、見守り機能を強化したエネルギー管理サービス「Hemilia」を開始

日立マクセル、エネルギー管理サービス「Hemilia」を本格開始することを発表しました。

同社は昨年8月からECHONET Lite規格に準拠した専用コントローラー「ES コントローラー」の受注を開始し、 HEMS関連ビジネスを展開していました。今回本格的に開始する「Hemilia」ではエネルギー管理だけではなく、見守り機能を搭載することで高齢者や育児の支援もできるようになりました。

Hemliaの個人向けサービスは、クラウドと連携し、宅外からスマホなどを使って家の機器の制御が可能となる「Hemlia クラウドサービス」。一方、法人向けにも電気使用量や、太陽光発電の発電情報などを提供します。

HEMSをコントロールできる「ES ゲートウェイ」は、水道や室温変化に応じて、離れて過ごす家族に状況を通知する見守りメール機能や、節電アドバイス機能、朝や夜に自動で機器を制御する一括タイマー機能など。他に電力仕様ランキング表示機能や宅外からスマホなどで家庭内の家電を操作できるリモコン機能が搭載されています。

まずは法人向けに販売し、追加オプションを発売する夏以降から、提携ハウスメーカーや施工会社を通じ個人向けにも販売されます。

 

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する