デンソー、タブレットからコントロールできるHEMSの新モデル「ナビエ」を開発

デンソーは使いやすさが向上し、一般家電との連携を可能にする汎用性の高さと同社オリジナルのエネルギーマネジメント機能が特徴のHEMS新モデル「ナビエ」を開発しました。

これまで同社製のHEMSは専用のタッチパネル画面で制御管理していましたが、ナビエは無線LAN機能を搭載することでユーザーが所有するタブレットからHEMSコントロールすることが可能になります。操作画面もわかりやすい工夫がなされているようです。

また汎用性が向上し、エコキュートや同社製品だけではなく、ECHONET Lite対応エアコンとも接続できるようになり、家の外でスマホからの電源オン/オフなどができます。

さらに、電力ピークカット機能や、翌日の天気予報に基づき太陽光の発電量を予測して蓄電池量を自動計算するシステムなども特徴。

11月から販売を行い、2015年1月に出荷を開始する予定です。

プレスリリース:デンソー、次期型HEMS「ナビエ(Naviehe)」を発売 ~住まいの省エネをサポート~

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する