富士経済、2020年のスマートハウス関連製品市場を2兆8,886億円と予測

株式会社富士経済は、スマートハウス関連の製品市場が2020年に2兆8,886億円になること、同社の市場調査報告書 「スマートハウス関連技術・市場の現状と将来展望 2014」で予測しました。

スマートハウス関連製品・システムの国内市場は、2013年時点で2兆円を突破。2014年は補助金の終了によって一旦市場の縮小が見込まれますが、電力の小売り自由化を契機に今後回復し、2020年には2013年比39.1%増の2兆8,886億円になると予測しています。

また、市場とメーカーの動向にも触れていて、住宅メーカーはスマートハウスの販売戦略で3つのグループに分類できるとしています。

  1. 中核3品目(太陽光発電システム、HEMS、定置型リチウムイオン電池)
  2. 中核3品目+(オール電化、家電系)
  3. 中核3品目+V2H(電気自動車、プラグインハイブリッド自動車)

これからは電力の自由化と、それを活用できるスマートハウスの取組が注目されていきそうです。スマートハウスの裾野の広がりとともに、今後メーカーによる特色がより強化されていくのではないでしょうか。

関連リンク:スマートハウス関連の国内市場を調査

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する