旧バージョンのInternet Explorerのサポートが終了するまであと1ヶ月を切りました

旧バージョンのInternet Explorerのサポートが終了するまであと1ヶ月を切りました

マイクロソフトによる旧バージョンのInternet Explorerのサポートが終了するまであと1ヶ月に迫っています。

これまでInternet Explorerはどのバージョンでも、それがプリインストールされていたWindows OS自体のサポート終了日までサポートされていました。

しかし昨年8月にマイクロソフトがサポートポリシーが変更。最新版以外はサポートされないことになりました。

言い換えると、マイクロソフトがサポートするのは、「それぞれのOSにインストールできる最新版のIEのみ」ということになります。

例えばOSがWindows 7であれば、IE 11のみサポート対象。IEの8~10はサポート対象外ということ。特にWindows VistaとWindows 7をお使いの方は注意しなければなりません。(Windows XPは言うまでもなくアウトです。)

サポートが終了するとIEに新しい脆弱性が発見されてもセキュリティパッチが配信されなくなるためきわめて危険な状態になってしまいます。

通常は自動アップグレード機能があるので、最新版にアップデートされますが、なんらかの理由で自動アップデート機能がオフになっていることがあり、その場合は手動でのアップグレードが必要です。

旧バージョンInternet Explorerのトラブル、解決いたします

PCホスピタルでは旧バージョンInternet Explorerのトラブルを解決いたします。

お困りの際はお気軽にご依頼ください。

PCホスピタルのパソコン設定サポート概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの設定サポートを当サイト掲載中
料金 パソコン設定サポート 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのインターネットトラブル解決サポートの内容を確認する
監修

濱﨑 慎一日本PCサービス株式会社 常務取締役 兼 NPO法人 IT整備士協会 理事

2010年8月、日本PCサービス株式会社に入社。パソコン修理などデジタルトラブルを5年で4500件以上解決。その後、サポート人材育成など、事業責任者として、個人向けデジタルトラブル解決に8年半携わる。2019年より同社にて、法人向けサポートの取締役に就任。また特定非営利活動法人 IT整備士協会の理事として業界活性化のため正しいデジタル知識の普及、スマートフォンなどの新しい整備士資格の構築に携わる。

保有資格 パソコン整備士検定 取得

上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る