ホームキーを意識しよう!ブラインドタッチ(タッチタイピング)上達のコツ

パソコンの操作に慣れていない間は、打ち間違えないようにとキーを目で確認しながら打っていた方でも、慣れてくると少しずつキーボードから目を離すことができるようになってきます。そうなってくると、「もっと早く打ちたい」と考える方もいるかもしれません。

普段パソコンと向かい合っているとき、どのようなことを意識しながらキーボードを叩いていますか?

タイピングを上達させるための秘訣は、ホームキーを意識することです。ホームキーを意識することで、キーボードに視線を落とさずにタイピングすることができるようになるでしょう。

今回は、ブラインドタッチ(タッチタイピング)を上達させるコツをご紹介します。

1.ホームキー(ホームポジション)とは?

7193-00021-2

キーボードに指を置いておく場所のことを「ホームキー」(ホームポジション)と呼びます。ホームポジションは左手の小指からA、S、D、F、右手の小指から+、L、K、Jです。

両手の親指はスペースキーに来るようにしてください。FとJのキーには凹凸があるため、キーボードを見なくてもホームポジションに指を合わせることができるはずです。

ホームキーに指をスタンバイさせておき、次のキーを叩くときに指を動かします。キーを打ち終わったら指をホームキーに戻しましょう。

例えばキーボードのQを打つとき、左手小指がAから1つ上へ移動してQを打ちます。そして打ち終わったらすぐにAに戻しましょう。他の指は次のキーを打つために、ホームポジションで待機させておきます。他の指がホームポジションから動いてしまわないように気を付けてください。

その都度ホームポジションに指を戻す理由は、ホームキーを指に覚えさせるためです。ブラインドタッチはホームキーという基本のキーの位置を指に馴染ませることによって上達します。

2.ブラインドタッチ(タッチタイピング)上達のコツ

7193-00021-3

ホームポジションにも慣れてきたら、ブラインドタッチをより上達させられるよう練習してみましょう。ブラインドタッチ上達のポイントは以下の3つです。

2-1.【1】決まったキーを決まった指で叩く

最初に指を置く位置(ホームポジション)は決まっており、指を動かすことのできる範囲は限られています。そのため、決まったキーを決まった指で叩くことが一番効率的です。

先ほども説明したように、Qのキーは必ず左手小指で打つようにします。間違った指でキーを打つクセがついてしまうと直すことが難しくなってしまうため注意しましょう。

決まったキーを決まった指で叩くことができない場合、練習によってあるレベルまではタイピングスピードを高めることができますが、それにも限界があります。決められた指でキーを打つことを意識してください。

2-2.【2】練習を積む

タイピングのスピードを速くするためには、頭で指の動かし方を理解するだけでなく、十分に練習することが大切です。現在素早くタイピングできる方も、当然ながら最初から速く打てるわけではありません。練習の積み重ねで少しずつスピードが速くなったのです。指が自然に動くようになるまで練習しましょう。

2-3.【3】自分に合ったキーボードを見つける

タイピングのスピードを速くするためには、タイピングスキルを高めるだけでなく、自分に合ったキーボードを見つけることも重要です。自分が打ちやすく、長時間使っても疲れないキーボードを選びましょう。

3.タイピング練習講座もぜひご覧ください

ドクター・ホームネットではパソコンレッスンのサービスも提供しています。パソコンを使うことが初めてという方はぜひご利用ください。

ブラインドタッチ上達のコツをプロに相談

今回はブラインドタッチ上達のためのコツをご紹介しました。スマートフォンやタブレットのようにキーボードを使用せずにタッチスクリーンから入力可能な端末も増えてきましたが、キーボードを使う機会はまだまだ少なくありません。

長い文章の作成はキーボードを使った方が便利です。タイピングスピードが速ければさらに作業効率を上げることができるため、ホームキーを意識しながらタイピング練習に取り組みましょう

ドクター・ホームネットではパソコン操作のレッスンを承っております。お気軽にご相談ください。

パソコンのレッスンをドクター・ホームネットに依頼する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する