ノートPCのキーボード入力が変…原因はNumLock?解除方法をチェック

「文字を打とうとしても数字が打たれてしまう」「数字を打ちたいのにカーソルが操作されてしまう」などの困った事態に遭遇したことのある方もいるでしょう。これらの原因は、「NumLock」というキーを押すことによって起こる現象です。

NumLockキーのほかにも、キーボード入力を変える「ロックキー」というものがいくつか存在します。

今回は、NumLockキーをはじめとするロックキーとその解除方法についてご紹介します。

NumLockキーとは

7193-00015-02

NumLockキーとは、主にキーボードの右側に配置されているキーです。

「Num」は「Numeric」(または出典によっては「Number」)の略で、「Lock」はロック(鍵)を意味します。つまり、NumLockキーは「数字をロック・解除するキー」です。

NumLockキーを使用すると、1つのキーに割り当てられた2つの機能を切り替えることができます。

コンパクトさが売りのノートパソコンの場合、デスクトップパソコンのキーボードのようにすべてのキーが配置されているわけではありません。1つのキーに2つの機能が割り当てられていることがほとんどです。

そのため、ノートパソコンの機種によってはキーボード上にNumLockキーがない、ということもあります。そのような場合は、次にご紹介する解除方法を試してみましょう。

NumLockキーをONにすれば数字の入力が簡単

大型のノートパソコンの場合

主に17インチを越える大型のノートパソコンでは、文字を入力するメインのキーボードの横に数字や×や-などの記号を入力できるテンキーボードが搭載されています。

NumLockキーをONにすれば、このテンキーボードで数字を入力することができるようになります。

小型のノートパソコンの場合

小型のノートパソコンの場合は、キーボードにスペースがないため、キーボード上部の文字列の一部を数字入力用に変更することができます。「7、8、9」は「7、8、9」。「4、5、6」は「u、i、o」。「1、2、3」は「j、k、l」キーを使用します。

数字の入力が多いエクセルなどで使用する場合には非常に便利ではあるのですが、この機能を知らず、意識せずNumLockキーを有効にしてしまうと、文字を入力したいのに数字が入力されてしまう!壊れた!と思うこともあります。

メーカーによって異なる解除方法(ON/OFFの切替方法)

7193-00015-03

NumLockキーの解除方法は、ノートパソコンの機種やメーカーによって異なります。

下記に、メーカーごとの主なNumLockキー解除方法をご紹介します。

【IBM、富士通 、SONYの場合】

「Shift」を押しながら右上に配置されているScrLk/NumLkキーを押す。

【HP(ヒューレット・パッカード)の場合】

左下の Fnキーを押しながらF8キーを押す。

【DELLの場合】

Fnキーを押しながら右上のScrollLk/NumLkキーを押す。

【東芝の場合】

左下のFnキーを押しながらF11キーを押す。

【NECの場合】

左上に独立したNumLkキーを押す。

【シャープの場合】

左下のFnキーを押しながら右上のInsert/NumLkキーを押す。

機種によっても解除方法が異なる場合があるため、自分のノートパソコンのメーカーに合わせた方法であっても解除されないことがあります。あくまでも参考と考え、いくつかの方法を試してみましょう。製品マニュアルがあればそちらを確認し、NumLockキーの解除方法を調べることもおすすめです。

ログイン画面とログイン後の画面

ログインパスワードに数字を使っている場合などは、テンキーボードを有効にしておきたい場合もあると思います。ですがこの部分はレジストリの修正が必要となります。レジストリはシステムの根幹に関わるところなので初心者にはオススメできません。

面倒ではありますが、手動でNumLockキーを毎回切り替えるようにしましょう。

また、ログイン後の画面でNumLockキーを有効にして置きたい場合は、パソコンを終了させる時にNumLockキーをONにしておきます。これは終了時の状態を覚えておいて保持しているためです。

NumLockキーが無いパソコン

Lenovoのノートパソコンの一部のモデルなどには、NumLockキーは搭載されていません。その場合には、「スクリーンキーボード」を使用することが代替案としてメーカーにより提示されています。

スクリーンキーボードは名前の通りの意味ですが、画面上に表示されるキーボードのことで、ハードではなくソフトウェアで仮想的にキーボードを実現させているものです。

スタートメニューから「設定」→「簡単操作」→「キーボード」を選択、「スクリーンキーボード」のスライダー動かして有効にします。

「スクリーンキーボード」が表示されるので「オプション」を選び、「テンキーを有効にする」にチェックを入れて「OK」を押します。

NumLockキー以外にも存在するロックキー

NumLockキー以外にもロックキーは存在します。意外と使用方法を知らない方が多いかもしれません。

CapsLockキー

英字の小文字・大文字を切り替えるキーです。「Caps」は「capital letters」の略で、大文字を意味しています。オンの状態で大文字になり、オフの状態で小文字になる、大半のキーボードに搭載されているキーです。

CapsLockキーはちょうどShiftキーの真上にあります。オン・オフの切り替えは、Shiftキーを押しながらCapsLockキーを押すため、英字を打つ際に誤って大文字になることは少ないでしょう。

また、CapsLockキーはあくまで英字に反映されるキーのため、日本語入力の際には一切影響を受けません。

ScrollLock キー

NumLockキー同様、テンキーが存在しない小型のノートパソコンには搭載されていないことの多いロックキーです。キーボードによっては、NumLockキーと同じボタンとされているものもあります。

通常の検索や文書ファイルの作業では機能せず、表計算ソフトやデータ処理系ソフトなど、特定のアプリケーションで作動します。通常の使用では厄介なキーではありません。パソコンによっては、略して「Scroll Lk」、「Scr Lk」と記載されている場合があります。

おわりに

これまで突然キーボード入力がおかしくなったと悩まされてきた方も、原因のキーと解除方法が分かれば安心です。もしどうしても解除方法が分からないという場合は、ドクター・ホームネットにご相談ください。問題解決のサポートを致します。

NumLockキーを含めた各種ロックキーは、何も知らなければ厄介なキーとして認識してしまいがちです。しかし、活用法を分かっていれば実は効率的に活用することができる便利なキーです。

例えばExcelを使う場合はNumLockキーのオン・オフの切り替えをするだけで、カーソルの切り替えと数字の入力が可能になるため、マウスよりも早い操作が可能になります。キーの役割や活用方法を正しく理解し、パソコンをより便利に使いこなしましょう。

キーボード関連の不具合は