光・ADSL・CATVなどのインターネット回線速度と特徴の比較まとめ

インターネット回線には、光やADSL、CATVなどさまざまな種類があり、比較するとそれぞれの特色が分かります。目的や状況に合わせたインターネット回線を利用しましょう

今回は、さまざまなインターネットの回線速度と特徴を比較します。

インターネット回線の種類

7193-00010-2

インターネット回線にはいくつかの種類があります。一般的なものとしては、光・ADSL・CATV・高速モバイル通信の4つが挙げられます。

それぞれの通信・接続方法を確認しましょう。

1.光回線は光信号を使用した回線で、特殊な線に光信号を流すことによって通信を行います。

2.ADSLは比較的歴史の長い回線で、アナログの固定電話回線にデジタルデータを乗せて通信します。通信を行うためには、NTTの固定電話回線と専用のモデムが必要です。

3.CATVは、ケーブルテレビの回線を使用した接続方法です。

4.高速モバイル通信は、ルーターやSIMカードを使用して無線通信を行います。

各インターネット回線の特徴

次に、各インターネット回線の詳しい特徴をご紹介します。

【光回線】

高速で安定しています。NTTの電話加入権を持っていない場合でも、固定電話の番号を取得できる特徴もあります。

契約の仕方によっては割高になる傾向がありますが、最近では携帯電話などと組み合わせる料金プランを取り入れることにより、比較的安く利用できるようになりました。

【ADSL】

固定電話の回線を使用するため、NTTへの加入権が必要です。また、NTTの基地局からの距離によって速度に差が出ることも特徴です。場所によっては、通信速度が非常に遅くなることがあります。

近年では、安定した高速通信が可能な光回線の普及により、新規でADSLに加入する方が少なくなりました。しかし、すでに電話回線が引かれている物件の場合は特別な工事が必要なく、加入後すぐに使用できるというメリットもあります。

【CATV】

ケーブルテレビ回線を使用するため、インターネットと同時に豊富なテレビチャンネルを楽しむことができます

利用の際、固定電話の回線は必要ありません。また、光回線が届いていない地域であってもケーブルテレビの回線さえ届いていれば利用することができます。

利用する場所がケーブルテレビのエリア外である場合は加入できません。利用には工事が必要となり、料金も発生します。

ただし、プランによっては割引や工事費が無料になるサービスもあります。

【高速モバイル通信】

ルーターを持ち歩くことによって、どこでも気軽にインターネットを利用できます。固定電話回線や工事の必要もないため、気軽に利用できる点がメリットです。

ただし、通信速度は電波の状況に左右される上、圏外になる場所もあります。契約を考える際は、自宅や会社など通信を利用する機会が多いであろう場所の電波状況を確認しておいた方が良いでしょう。

また、ルーターは充電式であるため充電がなくなると利用できなくなる点にも注意してください。

インターネット回線の選び方

7193-00010-3

各回線にはそれぞれメリット、デメリットがあります。

比較ポイントとして特に重要なものは、通信速度ではないでしょうか。場所によってどの回線が速いかが異なる場合もあります。エリアや住居タイプから、おおよその通信速度を確認できるサイトもあるため、活用すると良いでしょう。

通信速度の次は、料金についても比較検討しましょう。ただし、契約時の安さだけで選ぶことは避けてください。契約時の割引の多くは、1年または2年の契約を前提としています。途中で解約すると解約金が掛かり、結果的に割高になってしまう可能性が高いためです。回線契約の料金体系は複雑なことが多いため、分からないことがあれば業者に詳しく話を聞くなど、しっかりと理解した上で契約しましょう。

おわりに

どのインターネット回線が最適なのかは、住んでいる地域や利用目的、住まいの形態や固定電話回線の有無によって異なってきます。

契約の前によく比較検討を行い、ライフスタイルに合わせたインターネット回線を選んでください

今回ご紹介した情報以外にも、ドクター・ホームネットではPCトラブルやパソコンの便利情報などを多数ご紹介中です。パソコンやインターネットのことで気になることがあれば、ぜひドクター・ホームネットをご利用ください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する