IMEパッドの出し方と手書き入力で読めない漢字を調べる方法【Windows 10/11】

IMEパッドの出し方と手書き入力で読めない漢字を調べる方法【Windows 10/11】

読めない漢字をパソコンで入力しようとしても、普段使用している「かな入力」や「ローマ字入力」では変換することができないため困ってしまいますよね。また、インターネットで調べるにしても、漢字が読めなければ調べようがありません。

そのようなときに役立つツールが「IMEパッド」です。IMEパッドを活用すれば、読み方が分からずに入力できなかった漢字も簡単に入力することができます。

今回は、IMEパッドの出し方と使い方についてご紹介します。

IMEパッドとは

漢字辞典

IMEパッドとはマイクロソフト社が提供している、日本語の入力や変換をサポートするアプリケーションの1つです。

IMEパッドに付属している文字コード表の中から文字を選択するか、マウスやペンタブレットなどで直接手書きすることで文字を入力することができます。

下記がIMEパッドで使用できる入力機能の一覧です。

項目 機能説明
手書き 手書きで漢字を調べて読み方の確認と入力ができます
文字一覧 文字コードから文字を選択して入力ができます
ソフトキーボード 画面上をクリックすることで文字入力ができます
総画数 総画数で漢字を調べて読み方の確認と入力ができます
部首 画数と部首で漢字を調べて読み方の確認と入力ができます

一般的に、IMEパッドは読めない漢字を入力する際に活用されています。読めない漢字を辞書で調べるなどの手間を省くことができるでしょう。

IMEパッドでお困りならPCホスピタルにお任せください
PCホスピタルのパソコン設定サポート概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの設定サポートを当サイト掲載中
料金 パソコン設定サポート 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのIMEパッド設定サポートについて詳細を確認する
PCホスピタルに今すぐ依頼する 0120-713-835

IMEパッドの表示方法(Windows 10/11)

IMEパッドを使用するなら、まずはIMEパッドをパソコンの画面上に表示させる必要があります。ここでは、Windows 10とWindows 11共通のIMEパッドの出し方についてご紹介いたします。

IMEパッドを表示する手順

  1. パソコン画面の右下に表示される「A」や「あ」のアイコンを探す
    「A」や「あ」のアイコン
  2. 「A」や「あ」のアイコンを右クリックする
    「A」や「あ」のアイコンを右クリック
  3. 右クリックして表示されるメニューから「IMEパッド」をクリックする
    「IMEパッド」のボタンをクリック
  4. 「手書き」「総画数」「部首」などの項目から、目的に合わせて検索方法を選択する
    IMEパッド

言語バーの表示方法(Windows 10/11)

Windows 10とWindows 11で言語バーを使用しようとしても、そもそも画面上に言語バーが表示されていない場合があります。ここでは、言語バーが表示されていない際の表示方法をご紹介します。

言語バーを表示する手順

Windows 10で言語バーを表示する手順は下記の通りになります。

  1. パソコン画面の左下にあるWindowsマークのアイコンをクリックし、歯車のアイコンを選択する
    「歯車のアイコン」を選択
  2. 「Windowsの設定」の中のデバイスをクリックする
    「デバイス」をクリック
  3. 左メニューの「入力」をクリックする
    「入力」をクリック
  4. 「キーボードの詳細設定」をクリックする
    「キーボードの詳細設定」をクリック
  5. 「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れる
    「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェック
  6. 「言語バーのオプション」をクリックして「デスクトップ上でフロート表示する」もしくは「タスクバーに固定する」のどちらかを選択し、「OK」ボタンを押す
    「言語バーのオプション」をクリック「デスクトップ上でフロート表示する」もしくは「タスクバーに固定する」のどちらかを選択

以上の操作でWindows 10に言語バーが表示されます。

Windows 11で言語バーを表示する手順は下記の通りです。

Windows 11で言語バーを表示する手順
  1. 「スタートメニュー」をクリックして「設定」をクリック
  2. 「時刻と言語」をクリックして「入力」をクリック
  3. 「キーボードの詳細設定」をクリックして「入力方式の切り替え」欄の「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れる
  4. デスクトップに言語バーが表示されます

設定時に「デスクトップ上でフロート表示する」を選択した場合、タスクバーには固定されず、デスクトップに浮いた状態で表示されます。

「タスクバーに固定する」を選んだ場合は、言語バーが画面の最下部に常に表示されます。IMEパッドを頻繁に使用する方は、「タスクバーに固定する」を選択した方が良いでしょう。 

PCホスピタルに文字入力のサポートを依頼する場合はこちら

IMEパッドの使用方法(Windows 10/11)

IMEパッドの使い方

IMEパッドは、「手書き」「文字一覧」「ソフトキーボード」「総画数」「部首」から漢字を検索して読み方を確認することや文字入力ができます。Windows 10とWindows 11どちらも使用方法は共通です。

ここでは各機能の使い方をご説明いたします。

「手書き」で漢字の読み方を調べる、文字を入力

  1. 手のイラストが描かれているアイコンをクリック
    IME手書き
  2. マウスの左ボタンをクリックしながら、画面に表示された正方形の空白部分に漢字を書く
    タブレットの場合は指で書いてください。タッチペンやペンタブレットを持っている場合は、ペンを使って書くと良いでしょう。
  3. 文字を書いている段階で、候補となる漢字が空白部分の右側に表示されます
  4. カーソルを文字の上に合わせると読み方が表示されます。クリックすると入力もできます。

「文字一覧」で文字を入力

  1. 虫眼鏡のイラストが描かれているアイコンをクリック
  2. 文字カテゴリ欄の「シフトJIS」をクリックして「ひらがな」をクリック
  3. 文字一覧が表示されます
  4. 文字をクリックすると入力できます

「ソフトキーボード」で文字を入力

  1. キーボードのイラストが描かれているアイコンをクリック
  2. 画面上の文字をクリックすると文字入力ができます

「総画数検索」で漢字の読み方を調べる、文字を入力

  1. 「画」ボタンをクリック
    IME画数
  2. プルダウンメニューから画数を選ぶ
    IME画数
  3. 漢字一覧が表示されます
  4. カーソルを文字の上に合わせると読み方が表示されます。クリックすると入力もできます

「部首検索」で漢字の読み方を調べる、文字を入力

  1. 「部」ボタンをクリック
    IME部首
  2. 部首の画数を選択
    IME部首
  3. 漢字一覧が表示されます
  4. カーソルを文字の上に合わせると読み方が表示されます。クリックすると入力もできます

IMEパッドの設定をプロに任せるのも一つの方法

記載の方法を試してもIMEパッドを使用できない場合、システムトラブルやキーボードトラブルなど様々な原因が考えられます。

システムの復旧を行うことで改善するかもしれませんが、失敗すれば別の不具合が発生してパソコンが正常に使用できない状態になることも考えられます。

IMEパッドが使用できなくてお困りの場合はパソコンを安全に使用するためにも、プロのパソコンサポート業者のPCホスピタルにご依頼いただくことをおすすめいたします。

IMEパッドでお困りならPCホスピタルにお任せください

IMEパッドの出し方と使い方についてご紹介しました。IMEパッドを活用すれば、「読めないが入力したい漢字がある」といった場合でも入力することができます。インターネット検索やメールなどで、文字入力に困った際はぜひ活用してください。PCホスピタルでは、IMEパッドや文字入力のトラブル解決も対応しています。お困りの際はぜひご依頼ください。

PCホスピタルのパソコン設定サポート概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの設定サポートを当サイト掲載中
料金 パソコン設定サポート 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円

PCホスピタルのIMEパッド設定サポートについて詳細を確認する
監修

濱﨑 慎一日本PCサービス株式会社 常務取締役 兼 NPO法人 IT整備士協会 理事

2010年8月、日本PCサービス株式会社に入社。パソコン修理などデジタルトラブルを5年で4500件以上解決。その後、サポート人材育成など、事業責任者として、個人向けデジタルトラブル解決に8年半携わる。2019年より同社にて、法人向けサポートの取締役に就任。また特定非営利活動法人 IT整備士協会の理事として業界活性化のため正しいデジタル知識の普及、スマートフォンなどの新しい整備士資格の構築に携わる。

保有資格 パソコン整備士検定 取得

上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る