パソコンの画面が真っ暗になったらどうする?原因と対処方法を解説!

パソコンの画面が真っ暗になったらどうする?原因と対処方法を解説!

パソコンの画面が突然真っ暗になってしまった、という方もいるのではないでしょうか。画面が真っ暗になるというのはよくあるトラブルです。とはいえ、真っ暗になると何をすれば良いのか分からず、戸惑ってしまう方も多くいるでしょう。

画面が真っ暗になったら、原因を1つずつ調べていくことが大切です。本記事では画面が真っ暗になった場合の対処方法について解説します。また、パソコンが壊れていると判明した場合の、修理依頼先についてもまとめました。

本記事を読むことで、パソコンの画面が真っ暗になった場合の正しい対処方法が分かります。パソコンが使えなくなってしまい困っている方はぜひ参考にしてください。

パソコンの画面が真っ暗な場合どうする?まず試したいこと

パソコンの画面が真っ暗な場合、まずは次の5つを試すことをおすすめします。

  • 充電する
  • パソコンを休ませる
  • パソコンを掃除する
  • 充電ケーブルを変更する
  • パソコンのモニターを交換する

画面が真っ暗なままな場合、重大な問題が発生していると思われがちですが、ちょっとしたことが原因である可能性も多くあります。ちょっとしたことが原因の場合、これら5つを行うだけで改善されるかもしれません。

パソコン初心者でも手軽に試せることばかりなので、やってみることをおすすめします。1つ1つの対処方法について詳しく解説していきます。

充電する

画面が真っ暗なままの場合、単に充電が切れているだけの可能性もあります。また、充電が残り少ないと、自動的にスリープモードになってしまう場合もあります。そこでまずは1時間程度充電してみましょう。

また、充電ケーブルがきちんと刺さっているか、電源タップは電源ONの状態になっているかも念のため確認した方が良いです。

パソコンを休ませる

パソコンの電源がつかない場合、ひとまずパソコンを休ませてみるのもおすすめです。

パソコンを長時間使用していると、熱がこもってしまうことがあります。熱がこもると、パソコンは正常に動作しなくなることがあるのです。特に重いアプリをいくつか起動させるなどすると、パソコンが熱暴走を起こして強制終了してしまうことがあります。

パソコンを1時間程度休ませて冷やし、再び起動させてみましょう。

パソコンを掃除する

パソコンの電源がつかない場合、一度パソコンを掃除してみることをおすすめします。パソコンにホコリが溜まると、さまざまな不具合を引き起こす可能性があります。パソコンは空気を吸い込むことで本体を冷却しているので、ホコリはどうしても溜まってしまいます。

たとえばファンにホコリが溜まると、パソコンの冷却が上手くいかなくなってしまいます。その結果、パソコンに熱がこもってしまい、熱暴走を引き起こすことがあります。他にも、ホコリが原因で静電気が内部に溜まってしまい、動作が不安定になることがあります。

掃除する前にパソコンの電源が落ちていること、コンセントを抜いていることを必ず確認してください。ホコリの除去はエアダスターなどで行います。

充電ケーブルを変更する

パソコンが正常に充電されない場合、充電ケーブルを変更してみるのも手です。もしかしたらケーブルが断線しているかもしれません。予備のケーブルがあるなら、それを利用しましょう。

パソコンのモニターを交換する

パソコンの画面が真っ暗なままの場合、モニターに不具合が発生しているのかもしれません。モニターが物理的に損傷しているなどの場合、画面の色がおかしくなったり、線が入ったりしてしまうことがあります。また、損傷がひどいと全く映らなくなることもあります。

原因を特定するためにも、モニターを交換してみると良いでしょう。ノートパソコンの場合、外付けのモニターを持っているなら、そちらに映せないか試してみると良いです。

パソコンの画面真っ暗トラブルならPCホスピタルにお任せください
PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルの画面真っ暗トラブルサポートについて詳細を確認する
PCホスピタルに今すぐ依頼する 0120-713-835

症状別パソコンの画面が真っ暗になる原因

上記の5つを試しても画面が真っ暗な場合、充電切れなどの単純な理由ではなく、パソコンのソフトウェア面に何か不具合が起きているのかもしれません。

パソコンの症状別に、画面表示がおかしくなった原因として考えられるものをまとめました。

  • エラーメッセージが表示される
  • メーカーのロゴのみが表示される
  • 何も映らない

上記の3つの症状について解説していきます。

エラーメッセージが表示される

パソコンの画面が真っ暗で、エラーメッセージが表示されているという状況の場合、エラーメッセージを読むことで原因がわかる可能性があります。メッセージは英語で書かれていることが多いので、翻訳しなくてはいけません。

たとえば、「Hard disk error」などと書かれている場合、パソコンのストレージ面に問題がある可能性が高いです。

ただ、エラーメッセージを理解できても、具体的にどう解決すれば良いのか分からない方がほとんどかと思います。解決が難しいなら、PCホスピタルに相談いただくことをおすすめします。その際にはどのようなメッセージが出力されているかお伝えいただければと思います。

メーカーのロゴのみが表示される

真っ暗な画面にメーカーのロゴのみが表示される、という不具合もあります。たとえばMacBookの場合、Appleのリンゴマークが表示され、そこから先に進めないときがあります。このような現象はロゴループとも呼ばれています。

ロゴループが発生する場合、パソコンのOSに問題があるケースが多いです。OSとはWindowsやMacなど、他のアプリケーションを制御するためのソフトウェアのことです。

特に多いのが、OSのアップデートに失敗したというもの。OSは定期的に新しいものに更新する必要がありますが、更新するにはネット接続が必要です。ネット接続が途中で切れてしまうと、アップデート中に不具合が発生する可能性があります。

何も映らない

パソコンの画面に何も映らない場合、BIOSに問題があるのかもしれません。パソコンが起動するとまずBIOSが動作します。BIOSはハードウェアを制御し、パソコンの利用開始準備を行う役割を担います。その後にOSが作動し、各アプリを動かしていくという流れです。

画面にロゴすら映らないということは、OSがまだ稼働していない可能性が高いため、BIOSに問題があると考えられるのです。

パソコンの画面が真っ暗なままなら強制再起動を行う

パソコンの画面が真っ暗なままの場合、おすすめなのはPCホスピタルやメーカーに相談することです。どうしても自分で解決したいという方は、強制再起動を行う必要があります。強制再起動とはパソコンを準備なしにいきなり再起動させることです。強制再起動を行い、問題が発生しているアプリを閉じることができれば、パソコンが復活する可能性があります。

ただし、強制再起動はパソコンにダメージを与える行為でもあります。そのため、自己責任で行うということに注意しましょう。

強制再起動のやり方には次の2つがあります。

  • ショートカットキーを使う
  • 電源ボタンを長押しする

1つ1つのやり方について詳しく解説していきます。

ショートカットキーを使う

ショートカットキーを使って強制再起動を行う方法です。マウスは動かないが、キーボードだけは反応する、という場合はこの方法で強制再起動を行うことをおすすめします。

ショートカットキーで強制再起動を行う手順
  1. Windowsキーを押しながら「D」を押すことで、デスクトップを表示させます。
  2. Altキーを押しながらF4を押して、「Windowsのシャットダウン」を開きます。
  3. この画面から「再起動」を選択しEnterを押せば、再起動が始まります。

電源ボタンを長押しする

キーボードすら反応しない場合は電源ボタンを長押しして強制再起動を行うしかありません。こちらは更にパソコンに負荷をかけてしまうので、最終手段として行うべきです。

やり方は簡単で、パソコンの電源ボタンを10秒以上長押しするだけです。長押しするとシャットダウンするので、10秒以上待ってから電源を入れます。

強制再起動を行っても改善しない場合の対処方法

強制再起動を行っても改善しない場合、次の2つを試す手もあります。

  • セーフモードで起動する
  • グラフィックドライバーを再インストールする

ただしこの2つは難しいので、無理して行う必要はありません。パソコンにあまり詳しくない方は、PCホスピタルやメーカーに相談しましょう。

1つ1つの対処方法について詳しく解説していきます。

セーフモードで起動する

セーフモードとは、最低限のアプリのみ立ち上げた状態で起動するモードのことです。セーフモードを使うことで、問題箇所の特定を行いやすくなります。

セーフモードした結果パソコンが使えるようになった場合、インストールしたアプリに問題があると判明しますし、それでも使えない場合はOSなどに問題がある可能性があります。

セーフモードで起動する手順
  1. まず電源を入れます
  2. 電源を切るを2〜3回繰り返します
  3. 「自動修復を準備しています」などと表示されます。更に待つと、青い画面に切り替わります
  4. 「詳細オプション」を選択
  5. 「トラブルシューティング」を選択
  6. 「詳細オプション」を選択
  7. 「スタートアップ設定」を選択
  8. 「再起動」を選択しパソコンを再起動させる
  9. 再起動完了後「セーフモードを有効にする」を選択

グラフィックドライバーを再インストールする

グラフィックドライバーは画面表示に必要なソフトです。グラフィックドライバーに何らかの不具合が生じているために、画面が真っ暗になっている可能性もあります。こちらを再インストールすることで改善するかもしれません。

グラフィックドライバーを再インストールするには、まずパソコンをセーフモードで起動する必要があります。セーフモードで起動したら、次の手順で再インストールします。

セーフモード起動後にグラフィックドライバーを再インストールする手順
  1. Windowsマークを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択
  2. 「ディスプレイアダプター」の左の「>」を選択
  3. 削除するドライバーを右クリックし、「削除」を選択
  4. 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」のチェックが外れていることを確認し、「OK」を選択
  5. パソコンを再起動することで、グラフィックドライバーが再インストールされます。

パソコンが故障している可能性がある場合の対処方法

画面が真っ暗な状態が改善しない場合、パソコンが故障してしまっていることも考えられます。パソコンが故障している場合、修理を依頼することが可能です。

修理の依頼先は大きく次の2つです。

  • メーカーに修理を依頼する
  • PCホスピタルに修理を依頼する

1つ1つの依頼先の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

メーカーに修理を依頼する

パソコンを購入したメーカーに修理を依頼することが可能です。Appleや富士通、NECなどのパソコンメーカーは修理を受け付けています。

メーカー修理のメリットは、修理保証対象になる場合、無料もしくは格安で修理してもらえる可能性がある点です。修理保証期間は購入してから1年であることがほとんどです。

ただし、保証対象になるのはあくまで「自然故障」の場合であり、自然災害による故障や水没や落下などの自分の責任による故障は対象にならないことが多いです。保証対象にならない場合は、修理料金が高額になってしまう可能性があります。

その他のメリットとして、パーツ交換になった場合に純正のものを使ってもらえる点が挙げられます。たとえば、キーボードが故障した場合も純正のものと交換になるため、タイピングの感覚が以前と変わりません。

PCホスピタルに修理を依頼する

メーカーではなく、PCホスピタルにご依頼いただくこともできます。

保証対象外のパソコンをメーカー修理に出すと料金が高額になる場合があるのでPCホスピタルを頼った方が安くなる可能性があります。

また、データを保護したうえで修理を行います。メーカー修理の場合、データを保護して修理を行ってくれないため、修理に出す前にバックアップを取っておかないといけません。ただ、画面が真っ暗な状態だと、バックアップを取るのが難しいです。PCホスピタルの場合、画面が真っ暗な状態でも、できる限りデータを保護します。

PCホスピタルは、修理スピードが早い、次のパソコン購入に関する相談ができる、などのメリットもあります。特にデータを救出したい方は、PCホスピタルにご依頼いただくのがおすすめです。

パソコンの画面真っ暗トラブルならPCホスピタルにお任せください

本記事ではパソコンの画面が真っ暗な場合の対処方法について解説しました。画面が真っ暗な場合何を試していけば良いのか、お分かりいただけたかと思います。

パソコンの画面が真っ暗なまま、というのは重大な故障が発生しているように感じられますが、実際は単純なことが原因であることも多いです。充電したりパソコンを休ませて冷やしたりするだけで、改善することもあります。

それでも改善しない場合や、改善しても再び画面が真っ暗になってしまう場合は、ソフトウェア・ハードウェアいずれかに不具合が発生している可能性があるので、PCホスピタルに相談いただくことをおすすめします。

PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルの画面真っ暗トラブルサポートについて詳細を確認する
監修

濱﨑 慎一日本PCサービス株式会社 常務取締役 兼 NPO法人 IT整備士協会 理事

2010年8月、日本PCサービス株式会社に入社。パソコン修理などデジタルトラブルを5年で4500件以上解決。その後、サポート人材育成など、事業責任者として、個人向けデジタルトラブル解決に8年半携わる。2019年より同社にて、法人向けサポートの取締役に就任。また特定非営利活動法人 IT整備士協会の理事として業界活性化のため正しいデジタル知識の普及、スマートフォンなどの新しい整備士資格の構築に携わる。

保有資格 パソコン整備士検定 取得

上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る