IE(インターネットエクスプローラー)閲覧時に便利なショートカットキー

家でちょっとした調べ物をしたいときや仕事など、インターネットを利用する機会はたくさんあります。しかし、「調べ物や作業に時間が掛かる」「効率が悪いかもしれない」と、入力や作業のスピードが気になったことはありませんか?

インターネットを利用するときは、ショートカットキーを活用すれば操作をより快適にすることができます。スムーズなインターネット利用のためにも、よく使用する操作のショートカットキーを覚えてみてはいかがでしょうか。

今回は、IE(インターネットエクスプローラー)閲覧時に便利なショートカットキーをご紹介します。 

ページを簡単にスクロールさせる

7193-00005-2

ウィンドウに収まりきらないWebページを閲覧する場合、ウィンドウの中のページをスクロール(表示内容を上下左右に移動させること)させる必要があります。

皆さんは、普段どのような方法でWebページをスクロールさせているでしょうか。

多くの方は、ウィンドウの右側や下に表示される「スクロールバー」や、マウスのホイール部分を使用してスクロールさせると思います。また、キーボードにある「Page Down」キーや「↓」キーを使用している方もいるでしょう。

ページをスクロールする方法は他にもあります。「スペース」キーと「Shift」キーを使う方法です。

「スペース」キーを押すと、Webページを1ページ分下にスクロールすることができ、

「スペース」キーと「Shift」キーを同時に押すと、Webページを1ページ分上にスクロールすることができます。

「スペース」キーも「Shift」キーも左手だけで操作できるため、右手をキーボードのホームポジションから離す必要がある「Page Down」や「↓」キーよりも使いやすいはずです。

「戻る」「進む」の操作を簡単に!

7193-00005-3

Webページを閲覧していると、前のページに戻ったり、次のページに進んだりする場面が多々あるはず。Webページを戻ったり進んだりする場合、ウィンドウにある「戻る」ボタンをいちいちクリックしていませんか?

いちいち「戻る」ボタンや「進む」ボタンの位置までマウスのカーソルを動かすのは面倒という方もいるでしょう。そのような場合は、「Alt」キーと「←」キー同時押し、もしくは「Alt」キーと「→」キーの同時押しを活用しましょう。

このショートカットキーを覚えておけば、マウス操作なしでWebページを戻ったり進んだりすることができます。

作業効率を上げるショートカットキー

先ほどご紹介したショートカットキーは、インターネットを閲覧する上でとても便利なものです。

ここでは、インターネット閲覧時の作業効率をさらに上げることができるショートカットキーをご紹介します。

【更新】「Ctrl」キー+「F5」キー

閲覧中のWebサイトを最新の状態に更新します。更新頻度が高いニュースサイトなどで使用すると便利でしょう。

【履歴を表示】「Ctrl」キー+「H」キー

Webページの閲覧履歴が表示されます。過去に見たWebページに再度アクセスしたい場合などに使用してください。

【お気に入りに追加】「Ctrl」キー+「D」キー

気になるWebページを「お気に入り」に追加することができます。Webページをお気に入りに入れておけば、次回からのアクセスが簡単になります。

おわりに

IE(インターネットエクスプローラー)閲覧時に便利なショートカットキーをご紹介しました。ショートカットキーは、インターネットを閲覧する際に非常に役立ちます。また、ショートカットキーを活用することで普段の作業効率も格段に上がるでしょう。

普段の操作を振り返って、活用できそうなショートカットキーがあれば一度試してみてはいかがでしょうか。

ドクター・ホームネットでは、PCトラブルの情報以外にも、パソコンやインターネット関連のさまざまな便利情報を配信中です。ぜひ充実したパソコンライフを送るヒントにしてください。

パソコンやインターネットで困った時は
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する