パソコンがインターネットにつながらない時はどうする?有線・Wi-Fi別の原因と対処方法

パソコンがインターネットにつながらない時はどうする?有線・Wi-Fi別の原因と対処方法

1.パソコンがインターネットに繋がらなくなったという経験はありませんか?

パソコンがネットに繋がらなくて、困ったことはありませんか。パソコンを初めて買った、買い替えた、引っ越した場合など、このようなトラブルに遭うこともあると思います。こうしたトラブルは、パソコンを利用している方には誰にでも起こりうるトラブルです。「放っておけば元通りになる」と思って放置し、実際に直ることもあるかもしれません。しかし急いでいる場合にはそうもいきませんよね。ネットに繋がらない場合は、サポートセンターなどに相談する方法もありますが、原因によっては自分で何とかできる可能性があります。

そこで今回は、インターネットにつながらない際の対処法を有線・Wi-Fi(無線)別にご紹介します。

お問い合わせはこちら

2.インターネットに繋がらない原因は?

対処法を考える前に、インターネットに繋がらない原因を探りましょう。主な原因は以下の6つです。

2-1.【原因1】配線のミス

インターネットに接続するためには、さまざまな機器を配線する必要があります。配線ミスは、引越しや模様替えの際に自分で配線した場合に起こりやすいもの。マニュアルをよく確認して配線をやり直してみてください。

2-2.【原因2】機器の不具合

「今までインターネットにつながっていたのに」という方は、パソコン本体ではなくモデムやルータなどの機器が原因の可能性があります。

今お使いのモデムやルーターのランプが点滅していませんか?お買い上げ時に付属している取扱説明書をまだ読んでいなかったら、一度手にとって中身を確認してみましょう。

2-3.【原因3】設定ミス

インターネットに接続するためには、契約したプロバイダから発行されるIDとパスワードが必要です。IDやパスワードが無効であったり、正しく設定されていなかったりする可能性も考えられます。

インターネットの接続には必ず回線業者(NTT、KDDI、CATV、WiMax等)とプロバイダ(ぷらら、OCN、So-Net、nifty、Biglobe等)との契約があり、インターネットを接続するためのIDとパスワードが発行されます。こちらのIDとパスワードはインターネットに繋ぐための大事な連絡網となりますので、そちらが正しく設定されていますか? 正しく設定されているか確認する方法は下記の通りです。

インターネットへの接続

2-3-1.インターネット設定の確認手順

  1. Windowsマークの「スタート」をクリック。
  2. 「Windows システムツール」から「コントロールパネル」を選びます。
  3. コントロールパネルが表示されるので、「ネットワークの状態とタスクの表示」を選択します。
  4. 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選びます。
  5. 「インターネットに接続します」を選び、「ブロードバンド(PPPoE)」をクリックします。
  6. インターネットサービスプロバイダの情報を入力します。

2-3-2.Windows 10でIPコンフィグで通信状態を確認する方法

  1. 画面左下のスタートメニュー横にある虫眼鏡の「ここに入力して検索」があります。
  2.  「cmd」と入力します。
  3. ウィンドウに「コマンド プロンプト」が表示されるので選択します。
  4. 黒いウィンドウが立ち上がったら「ipconfig」と入力して「Enter」を押下します。
cmd

上記のパソコンのIPアドレスとルーターのIPアドレスが同じ192.168~系統ならルーターとパソコンの接続は正常だということが判断できます。

2-4.【原因4】ドライバの不具合

ドライバの不具合やバグが原因でインターネットにつながらない場合があります。

2-5.【原因5】ブラウザ

ごくまれに、ブラウザに問題があって接続できなくなる場合があります。

2-6.【原因6】セキュリティ対策ソフト

使用しているセキュリティ対策ソフトやウイルス駆除ソフトの設定により、インターネットにつながらなくなっている可能性があります。セキュリティ対策ソフトの機能の一つとして通信しているデータの監視というというものがありますが、場合によっては正常な通信を悪意のある通信と勘違いしてしまい防御のために通信を停止するということがあるためです。

2-7.【原因7】インターネット契約料金の支払い

うっかり料金の支払いを忘れている場合があります。料金を支払わないとインターネットを使用することができませんので、一番最初に確認してください。

3.有線の場合の対処方法6つ

7193-00003-2

インターネットに有線で接続している場合は、これからご紹介する5つの方法を試してください。

3-1.【対処法1】配線の確認

インターネットというのは、パソコンの電源を立ち上げたらすぐに使用できるものではなく、モデム(電話を送受信する装置)やルーター(ネットワークを中継する通信機器)やLANケーブル(インターネットを接続するためのケーブル)など様々な機器が接続してから使用できるようになります。

電気で例えるとパソコンが照明だとすると、モデムやルーターやLANケーブルは電池の働きをします。電池が正常に動作しなければ当然照明はつきません。よってインターネットに繋がらなくなったら、モデムやルーターやLANケーブルは抜けてないか、必ず確認するようにしましょう。思わぬところで線が抜けているかもしれません。「モデムやルータの電源の入れ忘れ」と「LANケーブルの差し忘れ」は意外と多いミスです。モデムやルータの電源は入っているか、LANケーブルなどが正しく接続されているか確認しましょう。

3-2.【対処法2】機器の確認

モデムやルータが正しく機能しているか、ランプの点灯から確認してください。1度電源をすべて切り、再起動してください。モデムやルータのランプが正常につかない場合、回線に問題があるかもしれません。

3-3.【対処法3】設定の確認

契約したプロバイダから発行されたIDとパスワードが正しく設定されているかを確認してください。引越しした際や契約期間を過ぎている場合は、IDやパスワードが無効になっている可能性があります。

3-4.【対処法4】ドライバのインストール

LANのドライバが正しくインストールされているか確認しましょう。インストールされていた場合は、最新のドライバアップデートが公開されていないか確認してください。ドライバのアップデートを行うことで、インターネットに接続できるようになるかもしれません。

3-5.【対処法5】ブラウザの変更

使用しているブラウザを変更し、インターネットに接続できるか試してみましょう。

また、内部的にインターネットは繋がっていても、ブラウザが古いままでだと問題が生じてインターネットに接続できない等のトラブルになることがあります。このような場合には、現在お使いのブラウザを変更して、インターネットに繋がるかどうか試す方法があります。

Windowsの標準はインターネット・エクスプローラーですが、ブラウザはこの他にGoogle Chrome、Firefox、Opera、Safari等のOSがございますので、別のパソコンでYahooやGoogleなどの検索エンジンを立ち上げて上記のブラウザを検索して、セットアップファイルをインストールします。その後に外付けハードディスクドライブやUSBなどでファイルをコピーして、現在お使いのパソコンにデータ移行して、インストールしてみましょう。

3-6.【対処法6】セキュリティ対策ソフトを無効化する

セキュリティ対策ソフトが原因の場合、一時的に無効化するとインターネットに接続できる場合があります。これはファイアウォールが原因です。お使いのセキュリティや(ウイルス駆除ソフトの)設定を無効化に設定変更してみましょう。一度アンインストールして試してみることも一つの方法です。

有線接続でパソコンがインターネットに繋がらない場合のサポートはドクター・ホームネットにお任せください。詳細はこちら

4.Wi-Fiの場合の対処法6つ

7193-00003-3

インターネットにWi-Fiで接続している場合は、以下の6つの方法を試してください。

4-1.【対処法1】Wi-Fi・無線LANルーターとの距離を確認

Wi-Fi・無線LANルーター、パソコンとの距離を縮めてみてください。ルーターとの距離を縮めることで電波を拾いやすくなります。Wi-Fi親機やモバイルルーターには対応する広さがありご購入される際はメーカーサイトなどで確認したり、すでに購入されている場合は無線LAN中継器などを利用するとインターネットが繋がる範囲を広げることができます。

4-2.【対処法2】Wi-Fiネットワークやアクセスポイントの設定確認

間違ったアクセスポイントではないか、暗号化キーを間違っていないか確認しましょう。

他にもインターネットを無線LAN(Wi-Fiなど)で接続している場合は、パソコン側で以下を確認してみてください。

画面右下の電波マークをクリックし、どのアクセスポイントに接続されているか確認してください。

意図しないネットワークに接続してしまっている場合は、一旦そのネットワークを切断し、本来のネットワークに再接続しましょう。

他の機器(パソコンやスマホなど)で接続できるかも確認しましょう。

他の機器でも接続できない場合は、パソコン側の問題ではない可能性が高いです。

4-3.【対処法3】対応する周波数帯域の確認

Wi-Fiの電波の周波数帯域は2.4GHz帯と5GHz帯があり、それぞれ特徴が異なります。

パソコンではネットが繋がらないにも関わらず、スマホでは繋がるといった場合には周波数帯域設定も見直しましょう。

2.4GHz帯

  • 距離:壁などの遮蔽物も越えやすく、電波の届く範囲が広い
  • 速度:電波が不安定になり通信速度が低下することが多い。
  • 安定性:電子レンジや家電などで使用されている帯域なので混雑して不安定になりやすい。

5GHz帯

  • 距離:電波の届く距離が2.4GHz帯より狭いので離れた距離では電波が弱くなる。
  • 速度:Wi-Fi 5やWi-Fi 6など最新の高速規格に対応するので比較的早い。
  • 安定性:一般的にWi-Fi以外に使用されている機器がほぼないため混線しにくく安定しやすい。

5GHz帯の方が高速というイメージがあるので、Wi-Fiの設定を5GHzのみの設定にしている方も多いのではないでしょうか。

その場合は2.4GHz帯にしか対応していない通信機器では電波を掴むことができません。Wi-Fi設定を見てもアクセスポイント名が表示されない時はこれが原因である可能性が高いので確認してみましょう。

その場合は無線LANの設定で2.4GHz帯を使用するように設定を切り替えましょう。Wi-Fiの親機には2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応するものとそうでないものがあります。

周波数帯域は必ず5GHz帯を使えばいいというわけではありません。使用環境や機器の対応状況によって最適な方を使うようにしてください。

4-4.【対処法4】ドライバやファームウェアを最新にする

最新のドライバやファームウェアにアップデートすることで、不具合が解消されることがあります。

4-5.【対処法5】LANケーブルを利用する

1~4を試しても改善されない場合は、LANケーブルを利用してアクセスポイントとパソコンを接続してみましょう。この状態でインターネットにつながる場合は、無線接続に問題があります。無線機器の抜き差しを行い、パソコンを再起動させましょう。

4-6.【対処法6】パソコンの再起動

パソコンを使用していると、どこかのアプリケーションで何かしらのエラー・不具合が発生することがあります。

パソコンを再起動することで、最初から起動し直すことになります。
そのため、ちょっとしたエラーや一時的な不具合が原因だった場合は、再起動をすることで解決できる可能性もあります。

ドクター・ホームネットはインターネットの接続サポートも実績豊富です。Wi-Fi(無線LAN)でインターネットに繋がらない場合のサポートはこちら

まずは対処法を参考に接続を試してみましょう

今回は、パソコンがインターネットにつながらない際の対処法を有線・無線別にご紹介しました。インターネットは今や私たちが情報を集めるためには欠かせないといっても過言ではないものです。インターネットのためにパソコンを買ったという方もきっと多いはず。それなのに肝心のインターネットにつながらなくなっては困りものです。

パソコンがインターネットにつながらない場合は、今回ご紹介した方法を参考にし、まずは自分でインターネットに接続できないか試してみましょう。

それでも原因がわからない、どうしてもつながらないという場合には、ぜひドクター・ホームネットにお電話ください。パソコンやインターネットでのお悩み解決をお手伝いいたします。

インターネットや無線LAN環境の見直しをドクター・ホームネットに相談する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する