「Windowsの準備をしています」が終わらない原因と対処法

「Windowsの準備をしています」が終わらない原因と対処法

パソコンをアップデートした時や再起動時に「Windowsの準備をしています」という文言が画面に表示されたまま、終わらないことがあります。

通常であればこの文言が表示されても画面が切り替わって起動しますが、何らかの不具合やエラーが発生してる時はこの文言が表示され続けてパソコンを使用できない状態になります。

そこでこの記事では「Windowsの準備をしています」が終わらない原因と対処法についてご説明いたします。

「Windowsの準備をしています」が終わらない原因

「Windowsの準備をしています」が終わらない時に考えられる原因は下記の通りです。

  • 周辺機器の接続エラー
  • 帯電
  • BIOSエラー
  • パソコンのスペックが低い
  • 空き容量が少ない
  • HDD/SSDに障害が発生している

原因の詳細をご説明いたします。

周辺機器の接続エラー

パソコンに接続している周辺機器にドライバーエラー等が発生していることが原因で、「Windowsの準備をしています」が終わらない状態になっている可能性があります。

帯電

パソコン内部に不要な電気が溜まることを帯電と言います。パソコンを長時間使用しているとパソコン内部のコンデンサーの配線箇所や他の部分に電気が溜まり、様々なトラブルが発生するため、帯電により「Windowsの準備をしています」が終わらない状態になってることも考えられます。

BIOSエラー

BIOSに何らかのエラーや破損が発生してるため、アップデートを行っても「Windowsの準備をしています」が終わらない可能性があります。

パソコンのスペックが低い

パソコンのCPUやメモリなどのスペックが低いことが原因で動作が遅い状態になる場合がありますが。アップデートも同様にスペックが低いとなかなか終わらないことがあります。

空き容量が少ない

パソコンの空き容量が少ない場合、アップデートに必要なデータ容量をパソコンに保存できないため、「Windowsの準備をしています」が終わらない状態になることがあります。

HDD/SSDに障害が発生している

パソコンに内蔵されているHDD/SSDに物理障害もしくは論理障害が発生していることが原因の場合もあります。

物理障害とは物理的な衝撃を与えたことよるに破損で、論理障害はシステム障害やフォーマット等の誤った操作によって読み書きが行えない状態のことです。

この状態のため「Windowsの準備をしています」が終わらないことも考えられます。

PCホスピタルは「Windowsの準備をしています」トラブルのサポートが可能です
PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのアップデートトラブルサポートについて詳細を確認する
PCホスピタルに今すぐ依頼する 0120-713-835

「Windowsの準備をしています」が終わらない時の対処法

「Windowsの準備をしています」が終わらない時の対処法は下記の通りです。

  • 一旦待つ
  • 周辺機器を全て外す
  • 放電する
  • トラブルシューティングツールを使用する
  • 強制終了する
  • BIOSをデフォルトに戻す
  • スタートアップ修復を実施する
  • メモリを増設する
  • 空き容量を増やす
  • HDD/SSDを交換する

対処法の詳細は下記の通りです。

一旦待つ

パソコンのスペックが低いことで、アップデートがなかなか終わらないことがあるため、一旦1時間ほど待ってみて完了するかご確認ください。

特にマウスの動作が可能な時やパソコンのアクセスランプが点灯してる場合、データの読み書きを進めてる可能性があります。

周辺機器を全て外す

パソコンに接続している周辺機器にエラーが発生していることで「Windowsの準備をしています」が終わらないことがあるので、周辺機器を全て外してみて改善されるかお試しください。

放電する

パソコンが帯電しているとパソコン動作が不安定になるため、放電することで「Windowsの準備をしています」が終わらない状態を改善できる可能性があります。

パソコンの電源を切り、完全にシャットダウンしてから電源ケーブルを抜き、2~3分後に再びで電源ケーブルを接続して電源を入れてください。

トラブルシューティングツールを使用する

Windowsのトラブルシューティングツールを使用することで「Windowsの準備をしています」が終わらないトラブルの問題個所を見つけて改善できる可能性があります。

トラブルシューティングツールを使用する手順
  1. 画面下の検索ボックスに「トラブルシューティングツール」を入力する
  2. 「トラブルシューティングツール」を選択
  3. 「その他のトラブルシューティングツール」を選択
  4. 「Windows Update」の「実行する」をクリック
  5. 「管理者としてトラブルシューティングツールを実行する」をクリック
  6. 破損が見つかれば「この修正を適用します」をクリックして完了までお待ちください

強制終了する

画面がその状態のままでアップデートが終わらない場合、パソコンがフリーズしてる可能性があります。

パソコンの電源ボタンを長押しして強制終了できるかお試しください。

BIOSをデフォルトに戻す

BIOSはパソコンの起動や周辺機器との接続を制御するシステムですが、そのBIOSをデフォルト設定に戻すことでトラブルを改善できる可能性があります。

BIOSをデフォルトに戻す手順は下記の通りです。

BIOSをデフォルトに戻す手順
  1. 電源ボタンを長押しします
  2. 起動画面の途中で、F1、F2、F10のどれかを連打し、BIOS画面を表示します
  3. F9を押して「Load Optimized Defaults?」が表示されることを確認
  4. 「Yes」を選択してEnterキーを押します
  5. 再度「Yes」を選択してEnterキーを押すとBIOSを初期化できます

スタートアップ修復を実施する

システムにトラブルがある場合、修復を行うことで改善される可能性があり、その方法としてスタートアップ修復があります。

スタートアップ修復の手順は下記の通りです。

スタートアップ修復を行う手順
  1. パソコンの電源ボタンを2度長押しする
  2. 「「トラブルシューティング」」を選択
  3. 「詳細オプション」を選択
  4. 「スタートアップ修復」を選択
  5. この進めていくと修復を実施できます

メモリを増設する

パソコンのメモリが少ないことで「Windowsの準備をしています」が終わらない場合、メモリを増設することでパソコン動作に余裕ができ、アップデートもスムーズに進む可能性があります。

空き容量を増やす

アップデートに必要な空き容量が無いため「Windowsの準備をしています」が終わらない場合があります。

パソコンに保存している不要なファイルやアプリを削除し、空き容量を増やしてから改善されるかご確認ください。

HDD/SSDを交換する

パソコンのHDD/SSDに物理障害もしくは論理障害が発生していることで「Windowsの準備をしています」が終わらない状態になってる場合、HDD/SSDを交換して改善できる可能性があります。

また、パソコンの動作が遅いことで「Windowsの準備をしています」がなかなか終わらない場合はHDDをSSDに換装することでパソコン動作が速くなるため、動作速度の向上によりトラブルを改善できる場合があります。

「Windowsの準備をしています」トラブルをプロに任せるのも一つの対処法

紹介した方法で「Windowsの準備をしています」トラブルがうまく改善されない場合、内部パーツの故障やシステムトラブルが原因になってることも考えられます。

内部パーツの交換やシステムの復元を行うことで改善する可能性はありますが、失敗すれば現状よりもさらに症状が悪化してしまう可能性も、もちろんあります。また、ノートパソコンや一体型パソコンの場合は、分解も容易ではありません。知識があれば安全ですが、場合によっては修復不可能な状態まで陥ってしまうこともあります。

自力での修復が困難だと思われた場合はパソコンやデータの安全のためにも、プロのパソコン修理業者のPCホスピタルにご依頼いただくことをおすすめいたします。

PCホスピタルは「Windowsの準備をしています」トラブルのサポートが可能です

「Windowsの準備をしています」はパソコン修理に詳しい方でなければ原因を見つけることが難しい場合があり、ご自身で対処しようとしても別の不具合が発生してしまう場合もあります。
より安全なパソコン修理を希望される場合は、PCホスピタルにぜひご依頼ください。

PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのアップデートトラブルサポートについて詳細を確認する
監修

家喜 信行日本PCサービス株式会社 代表取締役社長 兼 グループCEO、NPO法人 IT整備士協会 理事長
2003年、日本PCサービス株式会社を創業し、パソコン修理など、パソコンのフィールドサポート事業を開始。パソコンの緊急トラブル解決を主軸としたサービス「PCホスピタル」を展開するなど、20年以上に渡り業界で活躍し、同社をデジタル機器有料訪問サポート利用率No.1企業へと導く。近年は、デジタル機器の普及とともに、iPhone修理の「スマホスピタル」の代表取締役NPO法人「IT整備士協会」の理事長に就任。

経歴
日本PCサービス株式会社 代表取締役社長
株式会社スマホスピタル 代表取締役社長
特定非営利活動法人 IT整備士協会 理事長

上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る