Macがインターネットに繋がらない場合の原因と対処法

Macがインターネットに繋がらない場合の原因と対処法

このページではiPhoneやインターネットテレビなどはWi-Fiに繋がっているのに、Macだけがインターネットが繋がらない場合の内容をご紹介しています。

Macがインターネットに繋がらない状態

Macがインターネットに繋がっていない場合は、まず他のネット端末機器が正常に通信ができているか確認してください。原因の切り分けとして、Macに要因があるのかそうでないのかを確認します。

Macをインターネットに接続する方法は主に3つあります。

  • Wi-Fi
  • 有線インターネット(LANケーブル)
  • テザリング(BluetoothまたはWi-Fi)

Mac以外の機器もインターネットが繋がらない場合の原因の確認と対処方法はこちらの記事をご覧ください。

Wi-Fiの状態を確認

MacのWi-Fiの状態はメニューバーから確認することができます。

MacのWi-Fiの状態を確認する手順
  1. 画面上部のメニューの右の方にWi-Fiの電波のマークがあるのでクリックします。
  2. 現在Macが電波を受信しているWi-FiのSSIDが一覧で表示されます。
  3. Wi-Fiに接続されて入ればWi-Fiマークが青色になっています。
  4. 青色のWi-FiマークをクリックするとWi-Fiの接続をオフにすることができます。

Wi-Fiの接続方法

Wi-Fiの接続もメニューバーから行います。

MacでWi-Fiに接続する手順
  1. 画面上部のメニューの右の方にあるWi-Fiの電波のマークをクリック。
  2. 電波の範囲内にあるWi-Fiネットワークが表示されます。
  3. 接続したいSSIDを選択します。
  4. Wi-Fiのパスワードを入力して「接続」をクリックします。

有線インターネットの状態の確認

有線でインターネットをしている場合には、システム設定画面から確認します。

Macで有線インターネットの状態を確認する手順
  1. リンゴマークの「アップルメニュー」から「システム設定」を選択します。
  2. 続いて「ネットワーク」を開きます。
  3. 左サイドに「Ethernet」と記載されているものが有線インターネットです。
  4. 基本的に、「状況」が「接続」になっていれば繋がっています。

MacがWi-Fiのインターネットに繋がらない原因と対処方法

Wi-Fiの接続先が誤っている

本来使うべきWi-Fiとは違うアクセスポイントに接続していることが考えられます。

特に外出先などで接続しようとした際に、別のWi-Fiを接続してしまっているような状態です。

一部の公衆Wi-Fiなどではブラウザによって認証する方式のものがあるため、Wi-Fi自体には接続しているが通信ができないという状態が起こることがあります。

メニューバーからWi-Fiを選択し、正しい接続先になっているか確認してください。

Wi-Fiのパスワードが間違っている

Wi-Fiのパスワードが間違っていると接続することができません。通常、Wi-Fiルーターの背面や裏面にSSIDとともにパスワードが印字されているシールが貼ってあります。小文字や数字の誤りがないかも確認してください。

Wi-Fiのパスワードが変わっている

Wi-Fiルーターの設定画面からパスワードを変えることができます。

自分で変えた覚えがなくても家族が変更していたりすることがあります。また、会社などではセキュリティの理由から定期的にパスワード変更が行われることがあります。管理者に確認してみましょう。

どうしてもパスワードがわからない場合には、Wi-Fiルーターのパスワードを変更するか、Wi-Fiルーターをリセットする必要があります。

Wi-Fiチップが故障している

Wi-Fiチップは他の部品と同様に熱に弱いパーツです。長期間の使用や炎天下に放置していたりするとチップが故障してしまうことがあります。内蔵チップの交換、または外付けのWi-Fi子機を使用することで解決できます。

ノートパソコンの場合はWi-Fiのチップの交換は容易ではありませんので、専門の技術者に依頼しましょう。

macアドレス設定がされている

Wi-Fiルーターにはセキュリティの機能として、macアドレスを設定することができます。macアドレスはWi-Fi通信される機器には必ず設定されている固有のIDのことです。(macアドレスが一意で、他の機器と重複することはありません。)

Wi-Fiルーターへの接続を許可するmacアドレスを設定することによって、設定されている機器だけがルーターに接続できるようになります。

要するに、このmacアドレス設定をしておくことで、もし第三者にパスワードが知られたとしてもルーターに接続できないので、セキュリティを高めることができるということです。

周辺機器が電波を阻害している

2.4GhzのWi-Fiを使用している場合、電子レンジの使用中は電波が干渉して使用できなくなることがあるのはよく知られていますが、他にも、ワイヤレスキーボードやマウスなどのBluetooth機器も同じ周波数帯域なので設置位置によっては電波干渉が発生してWi-Fiに接続できなかったり速度が低下することがあります。

ルーターからの距離が遠い

Wi-Fiそれぞれの性能によって電波の届く範囲が決まっています。屋内では一般的には50m~100m届くということですが、これは電波を遮るものがない直線距離の理論値になります。

ルーターから離れるほど電波が弱くなり、離れすぎると遂には通信ができなくなります。

これを解決するには、Wi-Fiの中継器やメッシュWi-Fiを導入したり、電波の飛距離が長いハイパワーモデルの必要があります。

PRAM(NVRAM)でエラーが発生している

macにはOSの立ち上げのための設定を保存しているPRAMと呼ばれるメモリが使用されています。これに保存されている設定が破損したりエラーを起こしていることがあり、それが原因で一切のWEBサイトが開かないことがあります。

PRAMのリセット方法
  1. Macの電源を切ります。
  2. 「Command」+「Option」+「P」+「R」を押しながら、コンピュータの電源を入れます。
  3. 起動音が2回鳴るまで、これらのキーを押し続けます。(起動音が鳴らない機種もあります。)

アップデートされていない

Macのソフトウェアが古い状態になっているままであったり、久しぶりにmacの電源を入れたような場合は、日時情報がズレてしまっていることがあります。この場合は実際にはWi-Fiにはつながっているのですが、WEBサイトが開かないため、Wi-Fiが繋がっていないと感じるかもしれません。

Macの日時情報を細心に更新する手順
  1. 「システム環境設定」を開く。
  2. 「日付と時刻」を選ぶ。
  3. 「日付と時刻を自動的に設定」にチェックがついているか確認する。
  4. (チェックがついているはずですが)一度チェックを外してからもう一度チェックをつける。

Macが有線のインターネットにつながらない原因と対処方法

LAN端子が故障している

LAN端子は無理な抜き差しを繰り返すと故障してしまいます。物理的な破損の場合はLAN端子の交換が必要です。

ですがただホコリが詰まっているだけのこともあります。ホコリによって接点が離れたり、ホコリによって発生した静電気が通信を邪魔していることがあります。端子を除いて確認してみましょう。

LANケーブルが破損している

LANケーブルはデスクや椅子で踏まれてしまったりすることも多いので、断線していることも考えられます。別のLANケーブルと差し替えて確認しましょう。断線しているのではれば交換する必要があります。

LANハブを使用している

LANのハブが故障している、適合していないケーブルを使用している、アップデートが行われていない状態で使用されていると通信できないことがあります。ハブを一度取り外して確認してみてください。

Macで快適なインターネットを楽しもう

Macでインターネットが繋がらない場合、物理的な故障ではなく設定の見直しで改善されることがほとんどです。

PCホスピタルでは、Macの専門スタッフがサポートさせていただきます。お気軽にご相談ください。

PCホスピタルのパソコン設定サポート概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの設定サポートを当サイト掲載中
料金 パソコン設定サポート 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
Macのインターネット接続サポートをPCホスピタルに依頼する
上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る