【徹底解説】スマート家電の設定方法・メリット・設定時の注意点

【徹底解説】スマート家電の設定方法・メリット・設定時の注意点

スマート家電は、生活の利便性を向上させるアイテムとして、昨今注目を集めています。スマート家電として設定できるのは一部の製品に限られますが、あらゆる家電を自由に操作できるようになると、その便利さに手放せなくなります。

でも、いざスマート家電を設定しようと思っても、「設定方法が複雑でよくわからない」「設定には何を準備したらいいのだろうか」と悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、スマート家電を設定する2つの方法やスマート家電導入のために必要な機器、スマート家電の設定を工夫してできること、設定に関する注意ポイントなどを取り上げます。本記事を読めばスマート家電に関する設定方法を理解でき、失敗することなく導入できるようになるでしょう。

1.スマート家電とは

スマート家電とは

「スマート家電」とは、スマホを通じた遠隔操作や設定に対応した家電のことを言います。スマホに専用のアプリを入れると、スマホとスマート家電がインターネット回線によって接続され、スマホから操作や設定が可能になります。

関連アイテムとして、「スマートリモコン」と呼ばれる機器もあります。これは一般の家電をスマホで遠隔操作できるように中継する役割を果たすものです。スマートリモコンは一般家電のリモコンが発する赤外線通信を認識することで、テレビやエアコンなどあらゆる家電の操作が可能となります。

スマート家電やスマートリモコンを利用することで、手軽にありとあらゆる家電を操作できるようになるため、より快適なライフスタイルを実現させることができます。

2.スマート家電を設定する2つの方法

スマート家電を設定する2つの方法

スマート家電や一般の家電は、基本的にWi-Fiで接続します。必要に応じてスピーカーやリモコン・プラグを利用し接続することもあります。ここでは、スマート家電を設定する2つの方法を紹介します。

2-1.Wi-Fiで接続する

スマート家電を利用する際は、家電にWi-Fiを接続しておく必要があります。家電によって方法は異なりますが、主なWi-Fiの接続手順は、以下のとおりです。

  • 自宅のWi-Fiにパソコンやスマホで接続する
  • Wi-FiのSSIDとパスワードを入力、もしくはWPSボタンを押す
  • スマート家電で利用するアプリをインストール

Wi-FiルーターにWPSボタンが付属している場合、押すだけでスマート家電とスマホを接続してくれるので便利です。付属していない場合はSSIDとパスワードをスマート家電とスマホ双方に入力し、手動設定してWi-Fiに接続する必要があります。

2-2.スピーカーやリモコン・プラグで接続する

スマート家電はスマホとWi-Fi環境を用意するだけで接続できますが、一般の家電を接続したい場合はスマートリモコンもしくはスマートプラグを経由してスマホと接続します。

また、音声操作したい場合はスピーカーとの接続や設定が必要です。接続方法は製品によって異なるので、それぞれの説明書に従って接続してください。スマートリモコンもしくはスマートプラグの使い分けについては後述します。

2-2-1.スマートリモコンの仕組み

前述したとおり、スマートリモコンはスマホの指令を一般の家電に届けるための中継器のことです。通常のリモコンと比較すると、スマートリモコンには次のような特徴があります。

  • スマホとWi-Fiで接続できる
  • 通常のリモコンと同じように赤外線通信でエアコンやテレビなどを操作できる
  • 1つのリモコンで複数の家電をまとめて管理できる

操作対象の家電が発する赤外線通信を学習したスマートリモコンは、付属のリモコンの代わりに指令を出せるようになります。スマートリモコンとスマホをインターネット回線で接続することで、「スマホ」→「スマートリモコン」→「一般家電」と遠隔操作できる仕組みです。

1台のみで複数の機器の電波を覚えられるので、テレビ、エアコンなどの電波をすべて覚えさせれば、それらの家電をまとめてスマホ上で管理できるようになります。

スマート家電接続を相談

3.スマート家電導入のために必要な機器

スマート家電導入のために必要な機器

スマート家電導入のためには、以下のような機器が必要です。

必要な機器 スマート家電における役割
スマホ 家電の設定・操作をする
パソコン 家電の設定・操作をする
スマートリモコン スマホやPCから受けた指令を家電に送る
スマートスピーカー スマートリモコンと連携し音声で家電操作する
スマートプラグ 遠隔操作で電源ON/OFFができるコンセントプラグ

スマート家電の設定で最低限必要なアイテムは、スマホもしくはパソコン、そしてスマートリモコンの2つです。

音声で遠隔操作したいなら、AIアシスタントが搭載されたスマートスピーカーが必要です。対応している音楽ストリーミングサービスから、手軽に音楽を選曲できます。

コンセントプラグの抜き差しで遠隔操作をしたい場合は、スマートプラグを購入しましょう。Wi-Fi機能が備わっており、コンセントに挿して家電を接続すれば、スマホやスマートスピーカーから電源のオン・オフ操作ができます。

このように、スマート家電の操作に必要な機器は複数あり、用途によって選ぶものが異なります。どの家電を遠隔操作したいのかを確認し、必要に合わせて機器を揃えるようにしてください。

4.スマート家電の設定を工夫してできること

スマート家電の設定を工夫してできること

スマート家電の設定を工夫すれば、以下のことを実現できます。

  • 家電の電源を操作できる
  • 家電のタイマーを設定できる
  • シーン機能を使うことができる
  • GPSと連動できる

ここでは、各項目の詳細を紹介します。

4-1.家電の電源を操作できる

スマート家電の設定を工夫することで、家電の電源を操作できます。スイッチのオン・オフだけではなく、スマホによって遠隔操作も可能です。

具体的には、帰宅前にエアコンの温度を調整したり、照明の明るさを変更したり、さらにはテレビの電源をつけたりなど、さまざまな使用シーンがあります。自分の生活パターンに合わせながら、最適な使用用途を見つけ出してみてください。

4-2.家電のタイマーを設定できる

決まった時刻にオン・オフの設定ができることも、スマート家電の設定を工夫してできることです。

起床時間が決まっていれば「〇時にエアコンをON」と設定し、規則正しい生活が送りやすくなるでしょう。また、夜の決まった時間に照明をONに設定することで、外出時の防犯としても役立ちます。

4-3.シーン機能を使うことができる

複数の家電をまとめて操作できる「シーン機能」が使えることも、スマート家電ならではの特徴です。「シーン機能」を活用すれば、起床時にすべてオフ、帰宅時にすべてオンなどを一括で設定できます。

また、映画を見る時にプロジェクターが起動して部屋の照明が暗くなるといった、特定のシーンで特定の機器だけを操作する設定も可能です。

4-4.GPSと連動できる

GPSと連動し家電をオン・オフできるのも非常に便利です。

GPS機能が付いている機器であれば、自身の現在位置を取得し部屋の行き来に合わせて照明のオン・オフをさせたり、外出先から帰宅すると自動で家の鍵が開錠されたりなど、まるで魔法のように家電をコントロールできます。

5.スマート家電の設定を行うメリット

スマート家電の設定を行うメリット

スマート家電の設定を行うことで、以下のようなメリットがあります。

  • 専用のリモコンいらずで家電の操作が自由にできる
  • 外出先から機器をコントロールできる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

5-1.専用のリモコンいらずで家電の操作が自由にできる

家電のリモコンが手元になくても操作できることは、スマート家電の設定を行うメリットです。家電を利用する際、リモコンがどこにあるのかわからず、テレビやエアコンを操作できなくて困ったことはないでしょうか。

その点、スマート家電の設定をしておけば、エアコンや照明のリモコンが近くにない場合でも、探し回る必要はありません。スマート家電の設定を行うだけで、リモコンがなくてもスマホがあるだけで自由に操作できるようになります。

5-2.外出先から機器をコントロールできる

スマート家電の設定を行うメリットには、家の外にいても家電を操作できることも挙げられます。たとえば、寒い日には帰る前にエアコンをオンにすることで、帰宅直後でも部屋を暖房の効いた暖かい状態に調整しておくことができます。

照明のオン・オフも、外出先からコントロール可能です。夜に帰宅する際、暗い状態で家の中を歩き回ることなく、外から部屋を明るく調整できるのは防犯としても安心することでしょう。

6.スマート家電の設定に関する注意点

スマート家電の設定に関する注意点

スマート家電の設定には、以下のような注意点もあります。

  • インターネット回線がないと使用できない
  • 使用範囲が限定される場合がある
  • 機器の登録台数に制限がある
  • 操作方法を誤ると情報漏洩するリスクがある

注意点を把握することで、スマート家電への理解を深めるようにしてください。

6-1.インターネット回線がないと使用できない

スマート家電はインターネット回線を使用して接続するため、インターネットが接続されていないと機器の設定ができません。そのため、使用環境内でのWi-Fi接続は基本的に必須となります。

スマート家電を活用したい場合、スマホやスマートリモコンがインターネットに接続されていれば、遠隔操作も可能となります。安定したインターネット環境は事前に整えておきましょう。

6-2.使用範囲が限定される場合がある

赤外線方式のスマートリモコンは、使用範囲が限定されることがあります。赤外線信号は、室内に障害物があったり、操作したい機器の距離が遠かったりすると、うまく操作できない可能性があります。

そのため、操作したい部屋が複数にわたる場合は、各部屋にスマートリモコンを設置しておくのをおすすめします。

6-3.機器の登録台数に制限がある

スマートリモコンによっては、「テレビ1台・エアコン2台まで」など登録できる台数が制限されていることがあります。また、あらゆる家電に対応しているわけでもありません。「テレビやエアコンは登録できるが、冷蔵庫や炊飯器など赤外線通信できない家電は登録できない」「特定のメーカーの家電には反応しない」といったケースもあるのです。

そのため、導入する前には、登録可能台数や対応している製品を確認しておくと良いでしょう。

6-4.操作方法を誤ると情報漏洩するリスクがある

スマート家電の設定は、インターネット回線につなぐため、セキュリティ面の設定が正しくできていない場合、ハッキングされる可能性もあります。ハッキングされてしまうと、情報漏洩や不正操作などのリスクがあるため、注意が必要です。

そのため、プライバシー保護設定ができる、通信データが暗号化されるなどセキュリティを考慮して設計された機器を選ぶようにしましょう。また、スマホにアンチウイルスソフトを導入したりファームウェアを更新したりなど適切なセキュリティ設定を行うことは、スマート家電の設定において非常に重要です。

6-4-1.スマート家電の設定が不安な場合

スマート家電の設定に関して自信のない場合は、パソコン修理の専門業者であり、スマート家電の設定サポートにも対応しているドクター・ホームネットまでご相談ください。主なサポート内容は、以下のとおりです。

  • 初期設定
  • 機器連携
  • ネットワーク接続
  • 電波状況の改善
  • セキュリティー対策
  • 使い方レクチャー

設定だけではなく、セキュリティー対策や使い方レクチャーもご相談可能です。

料金は事前見積もりをしており、見積もり外の料金は一切発生しません。スマート家電の設定にお困りの際は、お気軽にドクター・ホームネットにご相談ください。

ドクター・ホームネットに相談する

スマート家電にはセキュリティ上のリスクも!対策をしっかり行い安全に利用しよう

リモコン代わりとしてスマホ1つで操作できるスマート家電は、日々の生活をより快適に導いてくれます。スマート家電の設定を工夫することで、家電の電源操作をはじめ、タイマー設定やGPSとの連携など、使用用途はまさに十人十色。

利便性が高い一方で、インターネット回線がないと基本的に使用できず、使用範囲も限定されるため導入時は注意が必要です。また、スマート家電にはセキュリティ上のリスクがあり、対策が不十分の場合、家電を通して個人情報が漏洩する可能性もあるため、セキュリティ対策は非常に重要です。

スマート家電の設定、おまかせください

スマート家電は機器の設定、インターネットの接続設定、セキュリティー設定まで対応が求められるので、便利な反面、設定が複雑で困惑される方もおられるのが特徴といえます。

ドクター・ホームネットでは、スマート家電の設定に関するサポートサービスを行っています。
自分で設定するのが不安な方、設定でお困りの方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にドクター・ホームネットまでご相談ください。

スマート家電の設定をドクター・ホームネットに依頼する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
自分のパソコントラブルが「解決可能か」確認する
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
自分のパソコントラブルが「解決可能か」確認する連絡先に追加する