メモリー不足のパソコンを高速化!対処法から増設方法まで紹介

メモリー不足のパソコンを高速化!対処法から増設方法まで紹介

メモリーはパソコンのデータを一時的に保管し、同じデータを何度も読み込まなくて済むようパソコンの動作を速くする役割を持っています。そのため、メモリーが不足するとデータを効率的に保管できなくなるためパソコンの動作が遅くってしまいます。

メモリー使用量を調べて不足する原因を把握し、正しい対処法で改善することで、高速化させることが可能です。

この記事では、メモリー不足につながりやすい4つの原因やメモリー不足を解消してパソコンを高速化する方法ならびにメモリーを増設してパソコンを高速化する方法についてご紹介します。

本記事を読むことで、メモリー不足を解消する方法がわかり、パソコンを高速化できるようになるでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

1.メモリーの使用量を確認する方法

メモリ不足につながりやすい4つの原因

メモリーの使用量は、タスクマネージャーから確認できます。Windows 10での確認方法は、以下の手順で行います。

  1. タスクバーのアイコンがない部分で右クリック
  2. 「タスクマネージャー」を選択
  3. 「詳細」を選択
  4. タスクマネージャーの「パフォーマンス」タブを選択
  5. 「メモリ」を選択

タスクマネージャーは、アイコンがない部分で右クリック以外にも、以下のやり方で起動できます。

  • 「Ctrl」+「Shift」+「Esc」キーの同時押し
  • 「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーの同時押し

メモリーの項目では、メモリーの使用量や使用率を確認できるので、まずはここで、お持ちのパソコンのメモリーの状況を把握しておきましょう。

2.メモリー不足につながりやすい4つの原因

メモリ不足につながりやすい4つの原因

メモリー不足につながりやすい原因は、以下の4つです。

  • 複数のソフトを起動している
  • HDDやSSDの空き容量が少ない
  • 多くの周辺機器と接続している
  • メモリーの使用量とスペックが合っていない

それぞれの原因について把握して、メモリー不足解消に役立てましょう。

2-1.複数のソフトを起動している

多くのソフトウェアを同時に起動している場合、メモリー不足につながりやすいです。複数のソフトによって、メモリーが圧迫されてしまうためです。

メモリー不足に陥りやすい傾向として、低スペックのメモリーしか搭載されていない場合が挙げられます。例えば、2〜4GB程度のメモリーしかないパソコンで複数のアプリを立ち上げて快適な作業をするのはなかなか難しいでしょう。

また、ソフトを使用していなくても、バックグラウンドで起動しているだけの場合もメモリー不足に影響があります。Windows 10でのバックグラウンドで起動しているソフトの確認方法は、以下の通りです。

  1. タスクマネージャーを起動
  2. 「プロセス」の「アプリ」「バックグラウンドプロセス」をチェック

また、バックグラウンドで動作する「バックグラウンドアプリ」の確認方法は以下の通りです。

  1. スタートボタンを選択
  2. 「設定」を選択
  3. 「プライバシー」を選択
  4. 「バックグラウンドアプリ」を選択

ウィンドウ右側にバックグラウンドアプリが表示され、「オン」になっているアプリが、バックグラウンドでも動作するものです。

動画再生や画像編集などの重いソフトウェアを利用している場合、多くのメモリーを使用するため注意しましょう。

2-2.HDDやSSDの空き容量が少ない

パソコン内のデータやファイルを保存しているHDDやSSDの空き容量が少ない場合も、メモリーが多く使用されます。Windows 10でHDDやSSDの容量を確認する場合、以下の手順で行います。

  1. エクスプローラーを起動
  2. 「PC」を選択
  3. 「ローカルディスク(C:)」の下の数字をチェック

「ローカルディスク(C:)」で右クリックし「プロパティ」を選択すると、さらに詳しい数値を確認できます。

2-3.多くの周辺機器と接続している

パソコンがさまざまな機器に接続している場合も、メモリー不足につながりやすいです。プリンターやキーボード、マウス、USBメモリーといった周辺機器に接続している場合、メモリーを多く使用してしまいます。

たくさんの周辺機器を付けている場合は、注意しましょう。

2-4.メモリーの使用量とスペックが合っていない

パソコンのスペックとメモリーの使用量が合ってない場合も、パソコンが重くなる可能性があります。とくに必要なソフトだけ開いても不足する場合、パソコンの利用用途に必要なメモリー数が搭載されていないと考えられるでしょう。

目的・用途別の推奨メモリー数は以下の通りです。

推奨メモリー 目的・用途
4GB Excel、Word など
8GB 動画・画像編集 など
16GB 長時間動画の作成、オンラインゲーム など

ゲームや動画作成などは、メモリーの使用量が多くないパソコンの場合、使いづらくなります。パソコンを購入する前に、利用用途に応じてスペックを考えておくと良いでしょう。

メモリー不足を相談

3.メモリー不足を解消してパソコンを高速化する方法

メモリ不足を解消してパソコンを高速化する方法

メモリー不足を解消してパソコンを高速化する方法は、以下の通りです。

  • 使用していないソフトを終了する
  • 不要なソフトやファイルを削除する
  • 不要な機能をオフにする
  • デフラグを実行する

それぞれの方法を知り、高速化を実現させましょう。

3-1.使用していないソフトを終了する

もっとも基本的なパソコンを高速化する方法は、使っていないソフトウェアをこまめに終了させることです。

インターネットブラウザで複数のタブを開いている場合であっても、メモリーを多く使ってしまうため、見ないタブは消すようにしましょう。

3-2.不要なソフトやファイルを削除する

必要のないソフトやファイルをアンインストール、もしくは削除することでも、メモリー使用量の節約につなげられます。Windows 10で特定のソフトウェアをアンインストールする手順は、以下の通りです。

  1. 左下の検索窓に「設定」と入力
  2. 「設定」を選択
  3. 「アプリ」を選択
  4. 一覧の中から不要なアプリを選択
  5. 「アンインストール」を選択

Windows 10で特定のファイルを削除する場合は、以下の手順で対応しましょう。

  1. 左下の検索窓に「ディスククリーンアップ」と入力
  2. 「ディスククリーンアップ」を選択
  3. 削除したいファイルにチェック
  4. 「システムファイルのクリーンアップ(S)」を選択
  5. 「OK」を選択
  6. 「ファイルの削除」を選択

3-3.不要な機能をオフにする

必要のない機能をオフにすることでも、メモリー不足を解消してパソコンを高速化させられます。ここでは、Windows 10での透明効果やアニメーション効果、スタートアップアプリをオフにする方法を紹介します。

3-3-1.透明効果をオフにする

透明効果とは、スタートメニューやタスクバーが半透明に表示される設定のことです。この透明効果をオフにすれば、パソコンを高速化させられます。透明効果をオフにする手順は、以下の通りです。

  1. 「Windowsの設定」で「個人用設定」を選択
  2. 「色」を選択
  3. 「透明効果」をオフ

3-3-2.アニメーション効果をオフにする

アニメーションなどの視覚効果を無効にしパフォーマンスを優先する場合でも、速度が改善されます。アニメーションなどの視覚効果をオフにする場合は、以下の手順で進めましょう。

  1. 「Windowsの設定」で「システム」を選択
  2. 「バージョン情報」を選択
  3. 「システム情報」を選択
  4. 「システムの詳細設定」を選択
  5. パフォーマンスの「設定」を選択
  6. 「パフォーマンスを優先にする」を選択

「パフォーマンスを優先にする」ではなく、「カスタム」を選択すれば、好みのパフォーマンス設定にすることも可能です。

3-3-3.スタートアップアプリをオフにする

パソコンに電源を入れた際、デスクトップ画面が表示されるまでに自動で起動するスタートアップアプリをオフにする方法もあります。スタートアップアプリの無効化手順は、以下の通りです。

  1. 「Windowsの設定」で「アプリ」を選択
  2. 「スタートアップ」を選択
  3. 無効にしたいアプリを「オフ」

3-4.デフラグを実行する

ハードディスク内のデータを整理整頓する「デフラグ」を実行することでも、容量が軽くなり、メモリーの使用量を少なくすることにつながります。デフラグの手順は、以下の通りです。

  1. 左下の検索窓に「defrag」と入力
  2. 「ドライブのデフラグと最適化」を選択
  3. デフラグを実行するドライブを選択
  4. 「最適化」を選択

4.メモリーを増設してパソコンを高速化する方法

メモリを増設してパソコンを高速化する方法

パソコン内の設定だけではなく、メモリーを増設して高速化を実現する方法もあります。ここでは、デスクトップパソコンとノートパソコンそれぞれの方法を見ていきましょう。

4-1.デスクトップパソコンの場合

デスクトップパソコンでは、以下の手順でメモリーを増設します。

  1. パソコンの電源を落とす
  2. 電源ケーブルを抜き、5分程度待つ
  3. 本体カバーを開ける
  4. メモリーを差し込むスロットの確認
  5. メモリーをスロットに差し込む
  6. カバーを閉める

最後に、パソコンを立ち上げ、差し込んだメモリーと容量が正しいか確認しましょう。増設前とメモリーの数値が変わっていなければ、手順が正しくなかったか接触不良の可能性が考えられるため、初めからやり直すなどして再度試してみてください。

4-2.ノートパソコンの場合

ノートパソコンでは、以下の手順でメモリーを増設します。

  1. パソコンの電源を落とす
  2. 電源ケーブルを抜き、5分程度待つ
  3. バッテリーを外す
  4. メモリースロットのカバーをあける
  5. メモリースロットを確認
  6. スロットにメモリーを差し込む
  7. メモリースロットのカバーを閉める
  8. バッテリーを取り付ける

デスクトップパソコンと同じように、最後はメモリー容量を確認しましょう。

4-3.メモリーの増設作業に不安がある場合

また、メモリー増設がうまくやれるか自信のない方は、増設の作業自体を専門業者に依頼してみるのも1つの方法です。メモリ-増設には一定の経験値や知識が必要となるため、最悪の場合パソコン自体を故障させてしまう可能性があるからです。

その点、パソコン修理の専門会社であるドクター・ホームネットでは、メモリー不足を改善するための不要データの消去やメモリー増設に関する相談も可能です。

事前にパソコンの機種やOS、どんな目的でのメモリー増設を考えているかなどを伝えていただくことで、最善の方法を提案いたします。ぜひドクター・ホームネットまでお気軽にご相談ください。

ドクター・ホームネットに相談する

メモリー不足は動作不良の原因に!適切なメモリーを確保してパソコンを快適に使おう

本記事で紹介したとおり、簡単にできるメモリー不足の解消例として、使用していないソフトの終了や、不要なソフト・ファイルの削除・アンインストール、使用していない機能をオフに設定するなどが挙げられます。

また、メモリーを増設することでパソコンの高速化を図ることも可能です。メモリーの増設方法はデスクトップ型パソコンとノート型パソコンそれぞれでやり方が異なるため、事前に把握しておきましょう。

パソコンのメモリー不足でお困りですか?

メモリー増設時には、一定の経験値や知識があると安心なため、仮に誤った方法でするとパソコンが起動しなくなるなどのトラブルに見舞われるリスクもあるでしょう。

無理にトラブルを解消しようとすると余計に状況が悪化してしまう可能性も十分にあります。

メモリー増設のご依頼をはじめ、あらゆるトラブルのご相談は、お気軽にドクター・ホームネットまでご連絡ください。

メモリー不足の改善をドクター・ホームネットに依頼する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
自分のパソコントラブルが「解決可能か」確認する
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
自分のパソコントラブルが「解決可能か」確認する連絡先に追加する