Windows 11にアップグレードしたら動作が遅くなる?原因と対策を紹介

Windows 11にアップグレードしたら動作が遅くなる?原因と対策を紹介

Windows 10から11へアップグレードできたものの、アプリが重くて安定しない、エクスプローラーが前ほどサクサク使えない、といった不具合が起きることがあります。

この記事では、アップグレード後の具体的な動作遅延について紹介しています。また動作遅延が起きた際の対応や、注意点を紹介します。 また、Windows 11へのアップグレードを検討中の方に向けた注意点も紹介していますので、検討中の方もぜひご確認ください。

1.windows 11にアップグレードすると発生する具体的な動作遅延

windows 11にで動作が遅くなる理由

最新のOSであるWindows 11ですが、次のような動作遅延が起きることがあります。

1-1.パソコンが起動しない

パソコンが起動しない、画面が暗いまま反応がない、といった不具合が起きる場合があります。電源ランプがつかなくなったり、ファンは回転していても起動しない状況もあります。

この動作の不具合については、パソコンのスペックやアップグレードした時の状況など、さまざまな原因によって発生します。なお、次のような対応により、起動する場合もあります。

  • ディスプレイの電源を確かめる
  • 電源を着脱して再起動する
  • 周辺機器を取り外した状態で起動を試す
  • 自動修復画面からシステムをアップグレードする

対処が難しい、原因が特定できないと感じたら、データが破損してしまう可能性がありますので、無理せずプロに依頼しましょう。

1-2.ブルースクリーンが表示されてしまう

Windows 11へのアップグレードが進んだ後、パソコンは起動しても、青色の画面に白色の文字が表示されるブルースクリーンが表示される不具合も確認されています。

ブルースクリーンは、特に深刻なエラーが起きた時に表示され、表示されている間はマウスやキーボードでは操作が行えません。ブルースクリーンが表示された場合は、待つことが重要です。電源を落としてしまうと、パソコン側が「何のエラーが起きたのか」を記録する過程を中断させてしまうためです。

周辺機器がエラーを起こしている可能性もあるため、マウスやキーボード、スピーカー、プリンターなどを取り外したうえで再起動すると、ブルースクリーンが解決されることがあります。

1-3.OSやアプリの動作が安定しない

Windows 11へのアップグレード後にOSやアプリの動作が安定しないことで、動作が遅くなる症状です。原因として、アプリ側がまだWindows 11へ対応しきれていない可能性が考えられます。アプリの最新情報を確認し、アップデートができるかチェックしてみましょう。

また、OSの動作が安定しない場合は、パソコンのスペック不足やバックグラウンドで動くアプリがメモリを大量に消費している可能性も考えられます。

現在のメモリの使用量を調べる手順は、次の通りです。

  1. [スタート]から[設定]を選択
  2. [設定]から[システム]を選び[バージョン情報]を選択
  3. 「実装RAM」という項目で現在のメモリ容量を確認
  4. 続いて[スタート]を右クリックする
  5. [パフォーマンス]というタブを選ぶ
  6. [メモリ]をクリックする
  7. 「使用中」と「利用可能」の欄を確認

「使用中」のメモリが多いほど、動作が重くなったり、アプリが正常に使えなかったりする可能性が高まります。

1-4.エクスプローラーのパフォーマンス低下

エクスプローラーのパフォーマンスが低下したことで、ファイルを複数選んだり、名前を変更したり、といった動作が重くなる症状がみられることもあります。

これはエクスプローラーが、メモリ領域の解放を忘れたまま放置してしまうことで起きるとされています。メモリとは、パソコンで作られた文章や画像、作業などを処理する際に、一時的に記録するために使う部品です。

イメージとして、作業机に例えられることもあります。メモリが大きいほど処理性能が上がるのは、机が広くてさまざまな作業を並行して行いやすい、というイメージです。メモリが多く使われてしまうと、1つの作業に作業机が占領されてしまうため、他の動作を行いたくても行えません。結果として、動作が重くなってしまいます。

ただし、エクスプローラーのパフォーマンス低下については、Microsoft側が2021年10月21日のアップデートで対処しているという発表もあるため、最新のアップデートを行うことで治る可能性もあります。

1-5.旧バージョンで活用していた機能が使えない

Windows 11では、Windows 10で使用されていた機能から変更された部分があり、利用できなくなっていることがあります。

変更点は、主に次の内容です。

  • Internet Explorerの無効化(Microsoft EgeにInternet Explorerモードあり)
  • Cortanaの起動時実行がなくなる
  • Skypeや3Dビューア、ペイント3Dなど個別のインストールが必要なアプリへの移行
  • タブレットモードの廃止
  • スタートメニューのライブスタイルの廃止
  • タスクバーのカスタマイズ不可(画面下部から移動できない)
  • 右クリックメニューの削除
  • タスクバーのボタンラベルの非表示
  • タイムライン機能の廃止

Windows 10で使用していたアプリで、Windows 11にアップグレード後に見当たらないアプリがある場合は、個別にインストールが必要になっていないか確かめてみましょう。

また、たとえばCortanaのようにWindows 10とは起動する方法が異なる可能性もあります。

Windows 11アップグレードトラブル

2.Windows 11にアップグレードし動作遅延が発生した場合の対策

パソコンの動作不具合

アップグレード後、動作遅延が起きている場合は、次の5つの対策を試してみてください。

2-1.HDD・SSDを増設する

購入から3年近く経過しているパソコンや、空き容量がWindows 11を導入するために必要な64GB以上をクリアできる程度のパソコンの場合、HDDやSSDを増設することで、動作遅延が改善される場合があります。

HDDやSSDの持つ役目は、写真や動画といったデータを保存したり、命令に応じて書き出したりすることです。容量が多ければ、保存できるデータ量も大きいだけでなく、起動も安定し、動作が快適になるというメリットも得られます。

増設方法は、2通りです。

  • 外部に取り付けられるHDDやSSDを利用して増設
  • 内蔵HDDやSSDを増設

手軽に行えるのは、外付けHDDや外付けSSDを購入し、USBケーブルでパソコンと接続する方法です。ただし、外部に接続するため、パソコンの機種に合うものを選びましょう。

また、購入から年数が経っているパソコンの場合は、HDDやSSDの性能が劣化してしまっていることで書き出しや読み込みが遅くなっている可能性もあります。その場合は内蔵HDDやSSDを、専門の業者へ依頼して換装してもらうのもよいでしょう

2-2.メモリを増設する

ファイルを開くなど動作が重い場合はメモリを増設するという方法も考えられます。

Windows 11の場合、推奨されるメモリ容量は4GBです。たとえば、今のパソコンのメモリが4GBの場合、Windows 11が動くだけで作業台のほとんどが使用されてしまう状況となります。

そのため、今のパソコンの使い方に合わせてメモリを増設することで、作業台が広くなり他の作業もやりやすくなる、つまり動作が軽くなる可能性があります。

なお、増設は自分で行うこともできますが、パソコンの物理的な故障を招く要因でもあります。難しそうだと感じた場合は、パソコン修理の専門店へ相談することも検討してください。

2-3.パソコンを新調する

推奨スペックを満たせていないパソコンや、購入から3年以上経過しているパソコンの場合、買い替えも視野に入れましょう。

Windows 11では、ここ2~3年に発売されたような新しいパソコンが持つスペックが求められています。そのため、Windows 11をダウンロードしたことで、アップグレード後に動作が遅くなる可能性があります。

推奨スペックを満たした新しいパソコンを購入することで、Windows 11の動作が軽くなる可能性が考えられます。

ただし、仕事で利用しているパソコンの場合、使用するビジネス系のソフトがWindows 11に対応していない可能性もあります。パソコンを新調するという方法は、自分の使用状況も含めて検討するとよいでしょう。

2-4.Windows 10にダウングレード

どうしてもWindows 11では動作が重い場合には、アップグレード後でも、10日間以内であれば、ダウングレードが可能でデータを保持したままWindows 10へ戻すことができます。

ダウングレードを行う際は、まずはユーザーファイルに影響が出る可能性を考慮し、バックアップを行いましょう。その後、設定の[システム]にある[回復]より、Windowsを以前のバージョンへ戻すことができます。

また、10日間を過ぎてしまった際には「クリーンインストール」という方法が必要になります。これはバックアップをとった上で、導入したソフトウェアをすべて削除し、改めてWindows 10をインストールする方法です。

アップグレード前のかたは、Windows 10へ戻す可能性があることを考え、Windows 11へアップグレードする前には、バックアップを行うと安心といえるでしょう。

ドクター・ホームネットにWindows 11のアップグレードについて相談する

3.windows 11にアップグレードする場合の注意点

windows 11にアップグレードする場合の注意点

アップグレードを始める前に、次の3点に注意しておきましょう。

3-1.アップグレードには40分~12時間以上必要なため計画的に行う

アップグレードにかかる時間は、状況によっては何時間も必要なことがあるため、たとえば寝る前にアップデートを始めるなど、パソコンを使わない時間に計画的に行うのがおすすめです。

たとえば、Wi-Fi接続でアップグレードを行う場合、有線接続に比べると時間がかかります。

アップグレードは、Microsoftのサーバーから実行されます。この時、Wi-Fi接続だとWindows 11をダウンロードするのに時間がかかる可能性が高いのです。

アップグレードを行う際は、他の操作をしなくても問題がない、数時間パソコンを使えなくても仕事や趣味に支障が出ないタイミングで始めるようにしましょう。

また、ノートパソコンの場合は必ず電源アダプターに接続し、スリープモードに入らないようにしたり、充電が切れないようにすることも大切です。

3-2.アップグレードが遅い場合の対処法

アップグレードが遅い場合、アップグレードが進んでいるかどうかを確認したうえで、対処法を決める必要があります。

確認方法は画面上のパーセンテージの表示のほか、パソコンのHDDやSSDのアクセスランプが点滅しているかどうかを確かめましょう。点滅があればまだアップグレードが進んでいる状態のため、もうしばらく時間をおいてから確認してください。

これはアップグレードが遅いからと言って、強制終了などを行ってしまうと、Windowsが破損するリスクがあるためです。アップグレードが遅い場合は、次のような対応を行ってみましょう。

  • セキュリティソフトウェアを一時的に止める
  • 使用中のソフトやアプリを閉じる
  • 接続中の周辺機器をすべて取り外す

そのうえで、何時間待ってもアップグレードが全く進んでいない、と分かった場合には、強制的にアップグレードを停止させることになります。ただし、アップグレードを強制的に停止するとWindows 10へ戻らずにWindowsが破損する恐れもあるため、不安な場合は専門店へ対応を依頼しましょう。

3-3.アップグレードに必要なスペック

Windows 11へのアップグレード前に、Microsoftの「PC正常性チェックアプリ」をダウンロードしてスペックが十分か確認しましょう。

また、Windows Updateから、アップグレードの情報が来ているか確認することも大切です。

以下は、Windows 11を利用するために必要な、最小のスペックです。

  • プロセッサ:1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
  • メモリ:4ギガバイト(GB)
  • ストレージ:64ギガバイト(GB)以上の空き容量が必要
  • システム ファームウェア:UEFI、セキュアブート対応
  • トラステッドプラットフォームモジュール(TPM):TPMバージョン1.2または2.0
  • グラフィックスカード:DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
  • ディスプレイ:9インチ以上でHD画質対応

出典:Windows 11の使用とシステム要件|Microsoft

また、Windows 11を利用する際はMicrosoftアカウントとインターネット接続が必要となります。Microsoftアカウントのパスワードを覚えていない可能性がある場合は、早めに確認し、変更しておきましょう。

Windows 11を遅いまま使い続けることは推奨されません

最新のOSは比較的低いスペックでも動作するようになっているので、それでも動作が極端に遅くなるのであれば使っているソフトウェアの要求するスペックを下回っていたり、既にパソコンのスペック自体が時代にあっていないということになります。この場合は、ダウングレードや、パーツ換装によるスペックアップ、あるいはパソコンの買い替えが必要です。

エラーなどによって動作が遅くなっている場合は、パソコンやソフトがそもそも対応していないことも考えられ、この場合も同様の対応が必要となります。

どのような理由であってもパソコンを遅いまま使い続けることは金銭的にも時間的にも大きなマイナスとなります。

ドクター・ホームネットは、スペックアップのためのパーツの換装サポートはもちろん、パソコンの買い替え時のデータの入れ替えや初期設定なども含めて丸ごとサポート可能です。お気軽にご相談ください。

ドクター・ホームネットにWindowsアップグレードについて相談する
上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る