Windows 11の動作が重い・遅い原因と軽くする方法

Windows 11の動作が重い・遅い原因と軽くする方法

Windows 11のパソコンを使用している時やパソコンをWindows 10から11にアップグレードした直後にアプリが重くて安定しない、エクスプローラーが前ほどサクサク使えないといったトラブルが発生することがあります。

その場合、原因を見極めて適切に対策を行うことでWindows 11の動作が重い・遅い状態が改善される可能性があります。

この記事では、Windows 11の動作が重い、遅いトラブルの原因と軽くする方法をご紹介しています。

Windows 11の動作が重い・遅い原因

windows 11にで動作が遅くなる理由

最新のOSであるWindows 11の動作が重い原因は下記の通りです。

  • スペックが足りない
  • システムエラー
  • アプリをアップデートしてない
  • バックグラウンドアプリが多い
  • メモリ使用率が高い

詳細をご説明いたします。

スペックが足りない

パソコンのスペックが低いことでWindows 11の動作が重い・遅い状態になります。

スペックというのはCPU、メモリ、ストレージ、グラフィックボードなどのことでWindows 11に必要な最低限のスペックで余裕がない状態の場合、動作が重くなりやすいです。

システムエラー

システムの問題やマウスやキーボード、スピーカー、プリンターなど周辺機器のドライバーエラーが原因でWindows 11の動作が重い状態になることがあります。

マウスやキーボード、スピーカー、プリンターなどを取り外したうえで再起動すると、ブルースクリーンが解決されることがあります。

アプリをアップデートしてない

Windows 11へのアップグレード後にOSやアプリの動作が安定しないことで動作が遅くなることがあります。

原因としてアプリをアップデートしてない、もしくはアプリ側がWindows 11に対応してない可能性が考えられます。

バックグラウンドアプリが多い

バックグラウンドで動くアプリを数多く設定すればするほど、アプリがメモリを大量に消費するため、Windows 11の動作が重くなる可能性も高くなります。

メモリ使用率が高い

同時使用してるアプリが多い、ブラウザでタブを多く立ち上げているといった場合、メモリ使用率が高くなり、Windows 11の動作が重くなりやすいです。

メモリはイメージとして作業机に例えられることがあります。メモリが大きいほど処理性能が上がるのは、机が広くてさまざまな作業を並行して行いやすい、というイメージです。メモリが多く使われてしまうと、1つの作業に作業机が占領されてしまうため、他の動作を行いたくても行えません。結果として、動作が重くなってしまいます。

PCホスピタルはWindows 11の動作が重い・遅い時のサポートが可能です
PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 動作が遅いパソコンの修理 6,600円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのWindows 11の動作が重い・遅い改善サポートについて詳細を確認する
PCホスピタルに今すぐ依頼する 0120-713-835

Windows 11の動作が重い・遅い時に軽くする方法

パソコンの動作不具合

Windows 11の動作が重い・遅い時に軽くする方法は下記の通りです。

  • アプリをアップデートする
  • 不要なバックグラウンドアプリを無効にする
  • 不要なスタートアップアプリを無効にする
  • 視覚効果をオフにする
  • ストレージの空き容量を増やす
  • メモリを増設する
  • SSDに換装する
  • パソコンを新調する
  • Windows 10にダウングレードする

軽くする方法の詳細をご説明いたします。

ドライバ―とアプリをアップデートする

周辺機器のドライバーやインストールしているアプリがアップデートされてないことでWindows 11との整合性に問題が発生し、動作が重くなってる場合があります。

アプリの更新情報を確認し、最新状態にアップデートしてみてください。

不要なバックグラウンドアプリを無効にする

バックグラウンドアプリの使用メモリが多いほど、動作が重くなるため、不要なバックグラウンドアプリを無効にしてください。

バックグラウンドアプリを停止する手順は下記の通りです。

バックグラウンドアプリを停止する手順
  1. 画面下のWindowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「アプリ」をクリック
  4. 「アプリと機能」をクリック
  5. 停止したいアプリの右側にある点3つをクリック
  6. 「詳細オプション」をクリック。バックグラウンドアプリでなければ「詳細オプション」は表示されません
  7. 「バックグラウンドアプリのアクセス許可」内の「電力最適化(推奨)」をクリック
  8. 「常にオフ」をクリック

不要なスタートアップアプリを無効にする

メモリ使用率が高い状態の場合、Windows 11の動作が重くなる可能性も高くなるため、不要なスタートアップを無効にすれば動作が改善される可能性があります。

スタートアップを無効にする手順は下記の通りです。

スタートアップアプリを停止する手順
  1. Windowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「アプリ」をクリック
  4. 「スタートアップ」をクリック
  5. 不要なスタートアップアプリをオフにする

PCホスピタルはWindows 11の動作が重いトラブルのサポートに対応しています。依頼する場合はこちら

視覚効果をオフにする

Windows 11は視覚効果、アニメーション効果、透明効果という設定があり、設定をオンにすることでWindows 11の表示を綺麗にしたり滑らかに表示されるようになりますが、Windows 11に負荷がかかって動作が重い状態になる場合があります。

各設定をオフにする手順は下記の通りです。

視覚効果をオフにする手順
  1. Windowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「バージョン情報」をクリック
  4. 「システムの詳細設定」をクリック
  5. 「システムのプロパティ」表示後、「詳細設定」タブをクリック
  6. 「パフォーマンス」内の「設定」をクリック
  7. 「パフォーマンスオプション」表示後、「パフォーマンスを優先する」をクリック
  8. 「OK」をクリック
アニメーション効果をオフにする手順
  1. Windowsマークを右クリックして「アクセシビリティ」を選択
  2. 「アクセシビリティ」表示後、「視覚効果」をクリック
  3. 「視覚効果」表示後、「アニメーション効果」をオフにする
透明効果をオフにする手順
  1. Windowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「個人用設定」をクリック
  4. 「色」をクリック
  5. 「透明効果」をオフにします

ストレージの空き容量を増やす

HDD/SSDなどの内蔵ストレージの空き容量が少ないことでWindows 11の動作が重くなってる可能性があるため、空き容量を増やすことで改善する場合があります。

不要なファイルとアプリの削除やクリーンアップを行うことで空き容量を増やすことができます。

クリーンアップを行う手順は下記の通りです。

クリーンアップを行う手順
  1. Windowsマークをクリック
  2. 「システム」をクリック
  3. 「システム」表示後、「記憶域」をクリック
  4. 「クリーンアップ対象候補」をクリック
  5. 不要な一時ファイルにチェックを入れる
  6. 「ファイルの削除」をクリック

メモリを増設する

複数のアプリを同時に立ち上げていたり、ブラウザのタブを数多く開いてる時に動作が重い場合はメモリを増設するという方法もあります。

Windows 11の場合、推奨されるメモリ容量は4GBですが使用してるパソコンに搭載されてるメモリ容量が4GBの場合、Windows 11で簡易的な動作を行っている状態でもメモリ容量のほとんどが使用されてしまいます。

そのため、今のパソコンの使い方に合わせてメモリを増設することでメモリ容量に余裕ができるため、動作が軽くなります。

SSDに換装する

Windows 11を使用してるパソコンの内蔵ストレージがHDDの場合、SSDに換装することで重い動作が改善される場合が多いです。

SSDは内蔵されたフラッシュメモリにデータを読み書きしている特性上、HDDよりもデータへのアクセスが速くなるため、HDDをSSDに換装することでWindows 11の起動が早くなったり、アプリを立ち上げる速度が改善される可能性があります。

パソコンを新調する

推奨スペックを満たせていないパソコンや、購入から3年以上経過しているパソコンの場合、買い替えも視野に入れましょう。

Windows 11では、ここ2~3年に発売されたような新しいパソコンが持つスペックが求められています。そのため、Windows 10を使用してる古いパソコンでWindows 11にアップグレード後、動作が遅くなる可能性が高いです。

推奨スペックを満たした新しいパソコンを購入することで、Windows 11の動作が軽くなる可能性が考えられます。

Windows 10にダウングレードする

どうしてもWindows 11では動作が重い場合には、アップグレード後でも、10日間以内であれば、ダウングレードが可能でデータを保持したままWindows 10へ戻すことができます。

ダウングレードを行う際は、まずはユーザーファイルに影響が出る可能性を考慮し、バックアップを行いましょう。その後、設定の[システム]にある[回復]より、Windowsを以前のバージョンへ戻すことができます。

また、10日間を過ぎてしまった際には「クリーンインストール」という方法が必要になります。これはバックアップをとった上で、導入したソフトウェアをすべて削除し、改めてWindows 10をインストールする方法です。

アップグレード前のかたは、Windows 10へ戻す可能性があることを考え、Windows 11へアップグレードする前には、バックアップを行うと安心といえるでしょう。

Windows 11の動作が重いトラブルをプロに任せるのも一つの方法

記載の対策で改善されない時は、パーツの故障や別のシステムトラブルの可能性も考えられます。

パソコンを分解してパーツ交換を行ったり、システムを修復することで直る可能性はありますが失敗して起動しなくなるなど別のトラブルが発生してしまう場合もあります。また、ノートパソコンや一体型パソコンの場合は、分解も容易ではありません。知識があれば安全ですが、場合によっては修復不可能な状態まで陥ってしまうことも考えられます。

自力での改善が難しいと思われた場合はパソコンの安全のためにも、プロのパソコン修理業者のPCホスピタルに依頼いただくことをおすすめいたします。

PCホスピタルはWindows 11の動作が重い・遅い時のサポートが可能です

最新のOSは比較的低いスペックでも動作するようになっているので、それでも動作が極端に遅くなるのであれば使っているソフトウェアの要求するスペックを下回っていたり、既にパソコンのスペック自体があっていないということになります。

Windows 11の動作が重い時はスペックとシステムどちらの問題か見極めて適切に対処することが難しい場合もあります。

どのような理由であってもパソコンを遅いまま使い続けることは金銭的にも時間的にも大きなマイナスとなるため、お困りの時はPCホスピタルはぜひご依頼ください。

PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 動作が遅いパソコンの修理 6,600円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのWindows 11の動作が重い・遅い改善サポートについて詳細を確認する
監修

濱﨑 慎一日本PCサービス株式会社 常務取締役 兼 NPO法人 IT整備士協会 理事

2010年8月、日本PCサービス株式会社に入社。パソコン修理などデジタルトラブルを5年で4500件以上解決。その後、サポート人材育成など、事業責任者として、個人向けデジタルトラブル解決に8年半携わる。2019年より同社にて、法人向けサポートの取締役に就任。また特定非営利活動法人 IT整備士協会の理事として業界活性化のため正しいデジタル知識の普及、スマートフォンなどの新しい整備士資格の構築に携わる。

保有資格 パソコン整備士検定 取得

上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る