テレワークでWi-Fiがつながらない!対処の仕方を説明

1.テレワークでWi-Fiがつながらない時の原因と対処方法

新型コロナウイルスの影響で外出の自粛が求められるようになり、テレワークで仕事をする方が大幅に増加しています。

在宅勤務などテレワークで問題なく仕事を進めるためには、Wi-Fiなどのインターネット回線が安定してつながることが不可欠です。

場合によってはテレワークでWi-Fiがつながらないときがあるのでその原因と対処方法を説明します。

お問い合わせはこちら

2.Wi-Fiルーターの設定を変更

テレワークではWEB会議などの利用で安定した回線速度が求められます。

デバイスによってはWi-Fiルーターに最初に接続した周波数の利用を続ける設定になっていることがありますが、その場合2.4GHzのネットワークにつながっている可能性があるので、より高速な5GHzにつなげるようにしましょう。

現在のWi-Fiルーターの多くはインターネット回線につなげる際のSSIDがデフォルト設定の場合、2Gや5Gといった名前が入っているので5Gを選んで接続してください。

3.Wi-Fiルーターや中継器の電源がOFFになっている

Wi-Fiルーターや中継器の電源がOFFになってる可能性もあります。

中継器とはWi-Fiルーターとパソコンを中継する機器でアクセスポイントとも呼ばれます。

Wi-Fiルーターや中継器の電源がOFFになっていると、Wi-Fiへの接続も不可能になるので、電源がOFFになってないか確認をしましょう。

4.ルーターや中継器まで距離や壁がある

Wi-Fiの電波が届いてない場合もあるので、パソコンを近づけて接続できるか確認します。近づけて接続可能なら中継器の場所を変更すると良いでしょう。

Wi-Fiルーターは遮断物の影響を受けやすいので、コンクリートや壁、水槽、金属製の置物などがある場合は、Wi-Fiの電波が届く範囲が限られることもあるので、その場合もWi-Fiルーターの位置を変更してみてください。

また、Wi-Fiルーターは置かれてる場所から360度全体に電波が届くようになっているので、床に配置すると、効果的に電波を飛ばせないこともあります。床から少し上の1~2m程度の場所に配置しましょう。他にもテレワークで作業する際はなるべくパソコンを使用する部屋に配置するのが望ましいです。

5.接続する機器を少なくする

Wi-Fiルーターは接続できる機器の数が決まっており、Wi-Fiルーターのスペックによって様々ですが、スペック上では規定の台数が接続可能となっていても、接続する機器が増えるとWi-Fiルーターに負荷がかかり、つながりにくくなったり、速度が遅くなることもあります。

自宅でもテレワークでは家族との共用が多いので、パソコンからスマートフォンまで多くの機器を同時につなげている場合があります。

使用していない機器があれば接続を控えるようにしましょう。

6.パソコンを再起動する

Wi-FiがつながらないのはOSが干渉している可能性もあります。

設定が変更されたり、OSのアップデートの影響でWi-Fiにつながらなくなってしまうこともあります。

パソコンを再起動することで、干渉の原因がリセットされたり、設定が戻ったりすることがあります。Wi-Fiがつながらなくて困ったときは一度パソコンを再起動してみましょう。 

7.Wi-Fiルーターを新しいものに交換する 

Wi-Fiルーターは新しい技術が開発され、日々進化しているので、新しい機器の方が高性能になります。

特に昨今は通信速度やつながりやすさの面でもスペックが向上しています。 

Wi-Fiルーターが故障している場合は交換するのが良いですが、故障してなくても最新のWi-Fiルーターに交換することでWi-Fiがつながりやすくなることもあります。 

8.Bluetoothによる干渉

テレワークではWi-FiとBluetoothのマイクを同時に使用することもあるので、場合によってはBluetoothの干渉により、Wi-Fiがつながりにくくなることがあります。

Wi-FiやBluetoothは電波による無線通信なので、Wi-FiとBluetoothで同じ周波数を使用していることもあり、Bluetoothの電波が干渉することでWi-Fiに接続できなくなるというわけです。

その場合、パソコンの再起動やWi-FiルーターとBluetooth機器を遠ざけることで解決することもあります。

Wi-Fiがつながらない問題のご相談はこちら

9.パソコンのWi-Fi受信設定がOFFになっている

パソコンのWi-Fi設定でネットワークを選択して接続していなかったり、ノートパソコンの場合はノートパソコン本体のボタンによってONとOFFができるようになってるものもあります。

パソコンのWi-Fi設定でネットワークを選択して接続するのと、ノートパソコンなら本体のボタンがOFFになっていないか確認しましょう。 

まとめ

テレワークの時にWi-Fiがつながらない原因と対処方法について説明しましたがいかがでしたでしょうか。

他にも在宅勤務やオンライン授業など、ご家庭での通信が増加していると、回線が圧迫されて、Wi-Fiがつながりにくくなったり、回線速度が遅くなることもあります。その際は適したルーターや設定に変更することで解決する可能性があります。

テレワークの時にWi-Fiがつながらないのは複数の要因があり、原因と対処方法がなかなかわからない場合もあるかと思います。

そんな時はドクター・ホームネットにご依頼ください。

テレワークでWi-Fiがつながらない問題をドクター・ホームネットに相談する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する