Windows 10の初期化で失敗!?起動しないときの対応方法は?

Windows 10の初期化で失敗!?起動しないときの対応方法は?

パソコンの初期化を行った際、パソコンが起動しなくなったという経験がある人は意外に多いのではないでしょうか。初期化を実行すると、さまざまな要因でパソコンにトラブルを起こすケースがあります。周辺機器、セキュリティーソフトなどが関連していることも多いでしょう。本記事では、Windows 10を何らかの理由で初期化した結果、起動しなくなった場合の対策方法をまとめています。

1.Windows 10の初期化で失敗する主な原因

Windows 10の初期化が失敗する理由はケースバイケースです。ここでは、失敗の要因となる主な理由について説明していきます。

1-1.パソコンに接続された周辺機器で失敗する

パソコンを初期化した際、プリンターなどの周辺機器を接続していると、デバイスドライバーに関連するトラブルが発生することで初期化が失敗する場合があります。初期化の操作をする際、マウスとキーボードさえ繋いでいれば実行可能です。マウスやキーボード以外の周辺機器を一度取り外し、再起動を実施してみましょう。

また、Windows 10は初期状態から高速スタートアップ機能がデフォルトでオンになっています。この機能はシャットダウンのタイミングで周辺機器の接続情報を保存し、次回に起動するときにはその状態を覚えたまま、スタートアップするのです。普段は役に立つ機能といえますが、初期化の段階でこの処理が動くと、不具合を誘発するリスクが発生するでしょう。初期化をするときにはスタートアップ機能はオフにしておくようにしてください。

1-2.セキュリティーソフトで失敗する

セキュリティーソフトはパソコンを起動すると同時に操作が始まるため、セキュリティーの対策は万全になりますが、初期化の作業に影響を与えるケースがあり得ます。セキュリティーソフトを入れた状態で初期化に失敗したときには、セキュリティーソフトを一度アンインストールしてみてください。セキュリティーソフトの処理を止めてから再実行することで、成功する可能性が高まります。

セキュリティーソフトのアンインストールの手順

  1. 設定画面やコントロールパネルから実施できます。設定画面で行う場合は、スタートメニューを開き、「設定」をクリックしてください。
  2. 設定画面が出てきますので、そのなかから「アプリ」を選択します。
  3. アプリの一覧が表示されたら、該当するセキュリティーソフトをクリックしましょう。
  4. 「アンインストール」のボタンが出てきますので押下し、表示内容に従ってアンインストール作業を実行します。
  5. コントロールパネルから実行するのであれば、「Windows」マークをクリックしたあと、「Windows システム ツール」を展開してコントロールパネルを選択してください。
  6. コントロールパネルにある「プログラムのアンインストール」をクリック後、該当するセキュリティーソフトを選択することで削除が可能です。

セキュリティーソフトを残したまま初期化したことが原因で、パソコンが何度も再起動する現象が起きることがあります。最悪のケースではWindowsが起動しなくなることもあるでしょう。Windowsが起動しなくなってから、設定画面やコントロールパネルでセキュリティーソフトを削除しようとしても不可能です。そのような場合は、セーフモードを起動することで、アンインストールができる場合があります。セーフモードとは必要最低限の機能だけを動作させるモードです。

Windows 10をセーフモードで起動する手順

  1. Windows 10をセーフモードで起動させるためには、強制終了を行う必要があります。強制終了はパソコンの電源スイッチを入れ、起動の画面が表示されたときに電源ボタンを長押しすればできます。
  2. 強制終了を2回以上実行すれば、自動修復が起動するはずです。自動修復はパソコンによっては時間が相当にかかるので、気長に待つようにしましょう。
  3. 自動修復の画面が表示されたら、「詳細オプション」をクリックして「トラブルシューティング」を選びます。
  4. 「詳細オプション」のなかの「スタートアップ設定」を表示し、再起動を行いましょう。
  5. 再起動したあと、再び「スタートアップ設定」画面が出てきます。この状態になれば、セーフモードの起動準備は完了です。

強制終了はパソコンに負荷がかかるので、パソコンが正常に起動しない場合などやむを得ない場合にのみ行っていただければと思います。

リカバリー

1-3.空き容量不足で失敗する

パソコンの空き容量が足りないのが原因で、初期化が途中で失敗することもあります。空き容量が少ないようであれば、外付けHDDにデータをコピーするか、アプリケーションなどの不要なファイルを削除してから再実行してみてください。ファイルの削除をする際、自分でひとつひとつ選択して消す方法もありますが、あまり効率的ではありません。Windowsのパソコンは長期間使い続けていると不要ファイルの量が膨大になります。これらを手動で消すとなると、時間がかかりますし、間違って必要なファイルを消してしまう恐れもあるでしょう。Windows 10のクリーンアップ機能を使えば、安全かつ簡単に不要ファイルの削除が可能です。

クリーンアップ機能を使う手順はいくつかありますが、今回は「Windows の設定」から実行する方法を紹介します。

クリーンアップの手順

  1. まず、スタートメニューを開き、Windowsアイコンの上部にある「設定」をクリックしましょう。
  2. Windowsの設定画面で「システム」を選択し、その項目のひとつである「ストレージ」をクリック
  3. ストレージの設定に関するメニューが表示されるので、ここで「今すぐ空き容量を増やす」をクリックすると、削除可能なデータのスキャンが開始されるはずです。
  4. スキャンが完了すると、削除するファイル種別を選択する画面に遷移します。

クリーンアップで削除できるファイルはさまざまです。

削除できるファイルの例

  • ログファイルの設定
  • ダウンロードされたプログラム
  • オンラインwebページ

こちらは基本的に削除しても問題ないでしょう。「ゴミ箱」を消す場合は、本当に不要なものかどうか、一応中身を確認したうえで削除したほうがよいかもしれません。必要なものを間違ってゴミ箱に入れている可能があります。「インターネット一時ファイル」は次に同じページを開いたときの速度を早めるだけの役割なので削除してもよいでしょう。ですが、「一時ファイル」を消すときは使用中のアプリをすべて閉じてからにしてください。アプリを使用したり、インストールしたりしたときに「WindowsTemp」フォルダに作業用のファイルが一時的に保存されることがあるからです。

「配信の最適化ファイル」はWindows Update などを実行する際にMicrosoftのサーバーに対する負担を軽くするためのファイルです。アップデートが終わっていれば、削除してもよいでしょう。その他にも「エラー報告」や「縮小表示」などがありますが、これらは削除してもかまわないファイルです。ファイルの削除を実行すると、進行状況の画面が表示され削除処理が始まります。削除するファイルの容量に応じて、クリーンアップにかかる時間は変わってくるでしょう。

1-4.初期化するためのデータが破損していて失敗する

パソコン内に保存されてる初期化するためのデータが破損していると、初期化は失敗してしまいます。初期化するためのデータが破損していて失敗してしまった場合は回復ドライブで初期化を実行すると成功する可能性があります。パソコン内に保存されてるデータを使用せずに、別のドライブに作成した回復ドライブのデータを使用すれば初期化が上手くいく場合もあります。

1-5.初期化中に停電やバッテリー切れなどの電源切断で失敗する

初期化中に停電して電気が使えなくなることで強制的に電源を切断してしまったり、ノートパソコンであれば初期化中にバッテリーの充電が無くなることで初期化中に電源が切断される場合もあります。結果、初期化失敗となるので注意しましょう。

1-6.HDDやSSDなどのハードウェアの故障で失敗する

BIOSでハードウェアが正常に認識されているか、エラーメッセージが表示されてハードウェアに異常が出ていないか確認してください。パソコンを購入してから数年経ってる場合、ハードウェアが破損している可能性は少なからずあります。

お問い合わせはこちら

2.初期化の方法を変えてみる

Windows 10の初期化方法は複数あります。初期化が上手くいかず、「1.Windows 10の初期化で失敗する主な原因」を試しても解決しないようであれば、ここで紹介する内容の対処法を実施してみてください。

2-1.リカバリメディアを使ってリカバリする

パソコンを購入時、リカバリメディアという中身がシステムイメージのDISCが付属されていることがあります。リカバリメディアを使用すれば、パソコンを購入時の状態に戻せる可能性が高いでしょう。Windowsの回復環境などから実行します。付属DISCのリカバリメディアを利用した復旧方法は機種ごとに変わってくる面もあるため、製品マニュアルや公式ホームページの内容を確認し、正しい手順を理解したうえで進めてください。

リカバリメディアのDISCがついていない、もしくは紛失してしまったようなときには、自分でリカバリメディアを用意しましょう。Windows 10のリカバリメディアは基本的にUSBのみで作成できます。作成に使用するUSBは最低でも16GB以上のものを用意しましょう。リカバリメディアは異常が起こる前にあらかじめ作成しておくのが望ましいですが、既に異常が起こっているのであれば、Windows 10がインストールされている別のパソコンを使いましょう。

リカバリメディアを作成する際には、マウスとキーボード以外のUSBデバイスは外すようにしてください。USBデバイスをすべて取り外せたら、パソコンを起動し、スタートボタンを選択します。設定ボタンを押下して設定画面を開き、「設定の検索」のテキスト欄に「回復ドライブの作成」と入力すると、入力欄の下に設定項目の候補が出てきます。そこから「回復ドライブの作成」を選びましょう。デバイス変更の許可を求める旨のメッセージが表示されたら「はい」をクリックし、回復ドライブの作成ウィンドウが開いた時点で準備したUSBをパソコンに接続します。「次へ」を押下する前に「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」のチェックを外してください。

「USBフラッシュドライブの選択」画面が表示されたとき、「使用可能ドライブ」の欄に項目が2つ以上あったときは要注意です。リカバリメディアを作成するUSB以外のフラッシュメモリが接続されているということですので、間違ったものを選択すると処理が上手くいきません。パソコンに接続されているデバイスを再チェックし、余計なUSBデバイスを外しましょう。「使用可能ドライブ」が1項目だけであれば、「次へ」をクリックします。回復ドライブの作成で「作成」を選択すれば、手順は完了です。

USBで作成したリカバリメディアの使い方についても説明します。まず、リカバリしたいパソコンにUSBを接続し、パソコンを起動しましょう。起動時のBIOS画面が表示されたら「Boot Menu」に該当するキーを押します。「Boot Menu」のキーは機種によって違いますが、「F2」、「F11」、「F12」のいずれかであることがほとんどです。「Boot Menu」が表示されたら、リカバリメディアのUSBを選択してエンターキーを押下します。その後、「キーボードレイアウトの選択」画面が出てきますので、「Microsoft IME」をクリックしましょう。「オプションの選択」画面では「トラブルシューティング」を選びます。「詳細オプション」から「スタートアップ修復」をクリック、最後に「Windows 10」をクリックすれば、修復開始です。修復が完了すれば、パソコンが再起動を行います。そのまま問題なく起動すれば、リカバリは成功しているはずです。

回復

2-2.クリーンインストールによる初期化

クリーンインストールとは、Windows 10を新規で上書きインストールすることです。正常なWindows 10のOSを再度入れ直す方法と考えればよいでしょう。再インストールは復元やリカバリが成功しないときに試してみてください。コマンドプロンプトなどから実行できます。成功すれば、パソコンの初期化やリセットと同等の効果が期待できます。クリーンインストールを実行するためには、ツールを保存するためのDVDかUSBを用意した後、インストールメディアを入手しなくてはなりません。インストールメディアはMicrosoftのWindows 10配布ページにアクセスすることでダウンロードできます。

手順

  1. インストールメディア作成ツールをダウンロードできたら実行
  2. 「他のPC用にインストールメディアを作る」にチェックを入れ、「次へ」をクリックしてください。
  3. 「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」画面が表示されますので、使用中のWindows 10に合わせた設定にしましょう。
  4. 設定ができたら、「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックをつけて「次へ」をクリックしましょう。
  5. 使用するメディアを選択する画面になるので、直接USBに保存するなら「USBフラッシュ ドライブ」を、インストールメディアのイメージファイルをDVDに保存するなら「ISOファイル」を選択します。
  6. 「ISOファイル」を選択した場合は、メディアを保存する場所を指定したあと、DVDへの書き込み作業が必要です。作成したインストールメディアを使う際にはパソコンにUSBを接続、もしくはDVDを挿入し、インストールメディアから起動させてください。そのためには、BIOSの起動順位をチェックして、インストールメディアから起動できる設定にしておく必要があります。
  7. 起動後、「デフォルトの言語」、「時刻と通貨の形式」、「キーボードまたは入力方式」などの項目が表示されますが、特に変更はしなくても大丈夫です。
  8. 「次へ」を選び、「今すぐインストール」の項目をクリックしましょう。
  9. あとはウィザードの内容に従って選択をしていき、Windows 10のクリーンインストールを完了させます。

Windows 10が起動しなくなってしまった場合はこちら。ドクター・ホームネットにお問い合わせ。

3.それでもWindows 10が立ち上がらないときは

本記事で紹介した内容をすべて試しても、起動ができないのであれば、パソコンが物理的に壊れている可能性を疑ったほうがよいかもしれません。HDDなどが破損しているのであれば、個人での解決は難しいといえるでしょう。パソコン購入時の保証期間内であれば、サポートセンターに連絡をしてみてください。保証の内容にもよりますが、無料、もしくは大幅な割引で修理をしてもらえるはずです。保証期限が切れている場合は、パソコン修理の専門業者に依頼するのもひとつの手段でしょう。

焦らずに原因を探ろう

Windows 10の初期化に失敗する原因は複数想定されます。セキュリティーソフトに関する問題など本記事で紹介した内容を、落ち着いてひとつずつ実行し原因を探っていきましょう。パソコンの操作が苦手で、自分では対応できないと思ったら、無理はしないでください。間違った方法を行うことで、パソコンの症状が悪化する可能性があります。なにか不明な点があれば、専門修理店に相談してみるのがおすすめです。

起動しないパソコンの修理をドクター・ホームネットに依頼する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する