使ってるVAIOが熱いけどこれって故障?症状・原因・対処法を解説!

使ってるVAIOが熱いけどこれって故障?症状・原因・対処法を解説!

VAIOは日本国内で広く知られているパソコンブランドであり、初心者にも使いやすい機能とデザイン性を備えています。知名度が高いこともあって、愛用している人も多いのではと思います。しかしユーザーの中には、本体が熱くなることで困っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、VAIOが熱くなってしまう原因と、熱くなってしまったときの対策について解説します。

1.VAIOが熱くなる原因

まずはVAIOが熱を持つ原因について解説します。

1-1.扱い方・使用環境の問題

パソコンに限らず、電化製品は多かれ少なかれ熱を持つものであり、VAIOが熱を持つことそのものは異常ではありません。パソコンは特に熱を持ちやすいパーツが多く、電子機器の中でも熱くなりやすいといえるでしょう。パソコンを構成するパーツで熱を持ちやすいものとしては、頭脳の役割を持つCPU、データを読み書きするHDD(ハードディスクドライブ)、バッテリなどがあげられます。どれもパソコンには必要なものです。

パソコンが熱くなることは避けられないことでありますが、長時間にわたって使い続けたり、気温の高い場所で使ったりすると、本体の温度が上がっていきます。もしもパソコン本体が手で持てないほど熱くなるとすれば異常だといわざるを得ません。そうなってくるとパソコンのシステムにも不具合が発生し、突然シャットダウンしたり、勝手に再起動したりといった重大なエラーが出ることがあります。

1-2.高負荷の作業を行っている

パソコンの頭脳の役割を果たすCPUは、パーツの中でも特に温度が上がりやすいものです。CPUは半導体や多くの回路で構成されているため、通電するたびに電気抵抗が起こって摩擦熱が発生します。そのため、CPUに負荷のかかる使い方をしていると、それに比例して温度も上がっていきます。高負荷の作業とは、3Dゲームや動画の編集などがあげられるでしょう。また、複数のアプリケーションを同時に立ち上げることも負荷の原因となります。負荷をかけないためには、3Dゲームであれば設定を変えて描画性能を落とす、使っていないアプリケーションは終了させるといった対処方法が有効です。

1-3.本体内の部品の問題

パソコンのような精密機器にとって熱は大敵であるため、内部の熱を外に出す機能が備わっています。冷却に使われるのは、ヒートシンクや冷却ファンといった部品です。冷却ファンとは扇風機の羽根のようなパーツで、高速で回転し空気を絶えず循環させることで熱をこもらせないようにする効果があります。しかし、これらの冷却用のパーツに何らかの不具合が発生するとうまく熱を追い出すことができなくなり、内部温度の上昇を抑えられなくなってしまいます。よくみられるのが、「ファンにゴミが絡まってうまく回っていない」「羽根が折れたり欠けたりして性能が落ちている」などです。

2.熱くなった本体を放置するとどうなる?

パソコンの電源

VAIO本体が熱くなりすぎてしまったときはいったん電源を落とし、本体が冷えるまでパソコンを休ませるようにしましょう。しかし、「使えなくなるわけでもないのに、なぜ熱くなったからといって休ませなくてはいけないのか」と考える人もいるかもしれません。ここでは、VAIO本体が異常な熱を発している状態で使い続けるとどうなるかについて解説します。

2-1.処理速度が遅くなる

VAIOはパソコンの頭脳であるCPUが熱を持ちすぎると、さらなる温度上昇を防ぐために性能を抑えて動作する仕組みになっています。そうなると処理速度が低下したり、動作が遅くなったりするため、作業に支障が出かねません。それでも内部の温度が上がり続けるようだと、強制的にシャットダウンして本体を冷やそうとします。もし作業の途中で電源が落ちてしまえば、保存し損ねたデータが失われてしまうこともあるでしょう。熱によりパーツを傷めることにもなりかねません。無理に使い続ければ、パソコンの寿命に悪影響を及ぼすのも避けられないでしょう。

2-2.低温やけどの原因になる

熱くなったVAIOに長時間触れていると、その熱で低温やけどを起こす可能性があります。これは、特にノートパソコンを膝の上に置いて使っている人は要注意です。衣類越しであってもじわじわと熱によるダメージが蓄積され、低温やけどの症状が出ることがあります。また、タイピングのために手首をパソコン本体に乗せている人も注意したほうがいいでしょう。

3.本体が熱くならないようにするために

CPU

パソコンが熱くなりすぎるとさまざまな弊害が出てくるため、できればそもそもCPUの働きが制御されてしまうほどの熱を持たないように使うべきでしょう。ここでは、熱を持ちすぎてしまわないように日ごろから心がけておきたいことを紹介します。

3-1.直射日光を避ける

まず気をつけたいのは直射日光です。日光が差し込む窓際は、冬場でも温度が上がりやすく、パソコンにとってよくありません。日当たりのいい窓際で使わざるを得ないときは、カーテンやブラインドで直射日光を遮っておくといいでしょう。また、紫外線を浴びると外装の劣化にもつながります。使用していないときでも、日当たりのいい場所は避けて設置・保管するようにしましょう。

3-2.風通しがよい場所で使用する

風通しが悪く、空気がこもって循環しないような場所は必然的に周囲の温度が上がりやすく、パソコンを使うには適していません。高い負荷がかかるようなハードな使い方をしていないのに、熱によってCPUの性能が制御されてしまうような場合は、風通しが悪いためにパソコンの周辺に熱がこもってしまっている可能性があります。狭く窓が開けられないような部屋では、扇風機やサーキュレーターを上手に活用して空気を循環させるようにしましょう。

3-3.適度に休ませる

パソコンを長時間にわたって使用し続けていると、そのぶん通電している時間も長くなり、内部の温度が少しずつ上がっていきます。電源のオンオフが面倒だからといってつけっぱなしにせず、使っていない間はしっかり休ませましょう。オフィスのパソコンであれば、業務が終了した時点できちんとシャットダウンします。自宅のパソコンであれば外出するときや睡眠をとるときは電源を落としましょう。電源を切っておけば、高温になる場所に放置しない限り自然と冷えていきます。適度に休息させることは、パソコンの寿命を延ばすことにもつながります。

3-4.排気口の近くにものを置かない

パソコンは一般的に、冷却ファンを動かすことで排気口から熱を逃がす仕組みになっています。パソコンを使っている最中に排気口に手をかざすと、温風や熱風が出ているのを感じられるでしょう。ここを塞いでしまうとパソコン内部からうまく熱を逃がすことができなくなり、熱がこもって高温になってしまいます。排気口のある面を壁やパーティションに密着させたり、排気口のすぐ近くにものを置いたりするのはやめましょう。排気口の周辺は、少なくとも10cmから15cmほどのスペースが必要です。また、クッションなどやわらかいものの上にパソコンを乗せると、重さで埋もれて結果的に排気口が塞がってしまうことがあります。パソコンがいつもより熱いと感じたら、まずは排気口が塞がっていないか、排気がきちんとできているかどうかを確認するといいでしょう。

3-5.埃の多い環境で使用しない

パソコンがうまく排熱できなくなる原因のひとつに、埃があります。排気口に埃がこびりついてしまうと空気の通り道が狭くなってしまい、排熱効率が低下してしまうからです。また、内部の冷却ファンに埃がつくとパソコン内部を冷やすための空気の流れをうまく作り出せなくなり、冷却機能を低下させる一因となります。パソコンに埃がつくのを避けるために、できるだけ埃の少ない環境で使用しましょう。床に近い場所はどうしても埃っぽくなるため、パソコンを床に直接置くことは避け、机の上などに置いて使うようにします。また、タバコの煙も汚れの原因となるため、パソコンにとってよくありません。

しかし、自宅やオフィスで使っている以上、埃を完全に防ぐことは不可能です。長いこと使っていれば、どれだけ清潔にしていても埃がたまるのは避けられないでしょう。排気口や吸気口の周辺や冷却ファンは、絶えず外の空気と触れるため、特に埃がつきやすい場所です。日ごろからまめに手入れをする、定期的に分解して掃除をするなどして、埃を取り除くようにします。自力で分解や掃除が難しい場合は、パソコンのメンテナンスを請け負っている業者に依頼するといいでしょう。

3-6.熱い場所で使用しない

パソコンは内部のパーツの熱で熱くなるばかりでなく、外気の温度にも影響を受けます。危険なのは気温の高い季節の屋外をはじめ、夏の冷房の効いていない室内や、温度が上がりやすい車内などです。最初から熱を持った状態で起動してしまうと、すぐに危険な温度に達してしまいかねません。夏にパソコンを使うときはエアコンを効かせて室温を調整しましょう。

4.本体の部品に問題がある場合

本体の部品に何らかの異常や不具合が起きていることが原因でパソコンが熱を持つこともあります。ここでは、そういった場合の対処方法について説明していきます。ただし、本体を分解しないとできないことも含まれるため、自信がないのであればメンテナンスを請け負っている業者へ修理に出すことも視野に入れておくといいでしょう。

4-1.CPUのグリスを塗りなおす

CPUは非常に熱を持ちやすい部品です。その熱対策のために、パソコンにはCPUを冷却するためのクーラーが備わっています。CPUとCPUクーラーは別々のパーツであるため、CPUを冷却するには発生した熱をクーラーに伝える必要があり、その役割を担っているのがグリスです。あまり馴染みのない部品ですが、パソコンショップなどで「CPUグリス」や「シリコングリス」といった名前で販売されています。製品によって熱伝導率が異なり、熱伝導率が高いものほど高性能です。価格は安価なものであれば数百円ほどでしょう。

グリスはクリームのようなテクスチャをしていますが、購入して何年も使っていると乾燥して固まってきます。そうなると熱伝導率が落ちてしまい、CPUクーラーに異常がなくても冷却効率が落ちてきます。そこで古いグリスをはがし新しく塗り直せば、パソコンが熱くなる現象を改善できる可能性があるというわけです。やり方はパソコン本体を分解し、CPUクーラーを取り外してCPUとクーラーについている古いグリスを除去し、新しいグリスを塗るだけです。

4-2.CPU冷却ファンの掃除

CPU冷却ファン

新品で購入したパソコンでも、長年使っていれば内部に埃がたまっていくのは避けられません。数あるパーツの中でもっとも気をつけたいのはCPU冷却用のファンです。空気を循環させるためのファンは特に埃がたまりやすい部品であり、そのままにしていると冷却効率が落ちてきます。できれば定期的に掃除してきれいな状態を保つようにしましょう。ファンはパソコンを分解すると取り外せます。

CPUファンを取り外すときは、ピンなどを折ってしまわないように注意しましょう。また、電源を供給するためのコードも取り外します。元に戻すときのために、取り外す前の状態を写真に撮っておくといいでしょう。ファンについた埃は、エアダスターで吹き飛ばしたり、ウェットティッシュで拭いたりすると落とせます。ノートパソコン用のファンは小型ですので、力を加えすぎて壊さないよう、慎重に取り扱います。

5.普段からやっておきたいVAIOの手入れ

ノートパソコン内部

「パソコンを分解までして掃除やメンテナンスをするのはハードルが高い」と思う人は少なくないでしょう。特に薄型のノートパソコンは構造に余裕がなく、分解するにしてもそれ相応の知識や技術が必要です。ここでは、VAIOを分解せずに実行できる普段のお手入れについて紹介します。手軽なお手入れとはいえ通電した状態で行うのは危険ですので、コンセントやバッテリを取り外した状態で行いましょう。

5-1.コネクタ部分

コネクタとは、マウスやキーボードなどの接続コードを差し込むことができるパソコン本体の接続部分のことです。凹凸の形状になっているため埃がたまりやすく、放置すると使いたいときに使えないといったことにもなりかねません。市販の綿棒を使って定期的に埃を取り除いておきましょう。

5-2.排気口

空気が出入りする排気口や吸気口には空気中の埃がつきやすいため、定期的に埃や汚れを取り除かなくてはなりません。軽い汚れであれば乾いた布でふき取るだけで取れます。もしもうまくふき取れないときは、掃除機で吸ってから綿棒などでぬぐってかき出すといいでしょう。このとき、逆に埃をパソコン内部に入れてしまわないよう注意します。

VAIOの熱が解決されない場合は修理を!

この記事では、VAIOの熱対策について解説しました。お手元にあるVAIOについての不安や問題は解消されたでしょうか。日が当たらない風通しのいい場所で使っても異常なほど熱くなるときは、もしかするとどこかが故障しているかもしれません。ドクター・ホームネットでは、パソコントラブルの相談や修理を受け付けています。故障が疑われるときは、ぜひ相談してみてください。

VAIOのパソコンでお困りの時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する