Dellの電源が突然つかなくなったときの原因と対策

DELLのパソコンの電源が入らないときの対処法とは?

Dellのパソコンを使っていると、突然電源がつかなくなることがあります。そのときに、すぐに修理に持っていくのではなくまずは原因を見つけるのが重要です。原因がわかれば対策ができます。この記事では、Dellの電源が突然つかなくなったときの原因と対策方法をご紹介します。

Dellのパソコンの電源がつかない原因とは

Dellのパソコンの電源がつかない原因とは?

Dellのパソコンを使っていて急に電源が入らなくなったとき、大きく3つの原因が考えられます。ここでは、それぞれの原因を詳しく解説していきましょう。

電源や電力

ひとつめの原因は電源や電力です。パソコンは電子機器のため、電力が供給されていないと当然ながら電源はつきません。電源がしっかり入っていないか、電源ユニットに問題がある場合が考えられます。

電源ケーブルが入っていない

なんといってもまずは電源ケーブルがしっかりと入っているかを確認しましょう。意外と忘れがちになる部分なので注意が必要です。

電源はパソコン本体に挿さっている部分、パソコンからコンセントに向けて挿さっている部分があります。どちらともしっかりと確認しておきましょう。

ノートパソコンの場合は、充電が十分にされていないということが考えられます。もしDellのノートパソコンを使っていて、電源を押しても起動しないときは充電が十分にされているか確認が必要です。

普段から電源を付けっぱなしにしている場合、電源がつかないときには部品の故障やパソコン内部の異常に注意がいきがちです。普段から気にしていないからこそ、電源ケーブルが挿し込まれてなくて電源が入らないケースが多いので注意してみておきましょう。

電源部分が故障している

次に考えられるのは、電源ユニットが故障しているケースです。 まず初めに確認しておきたいのは、電源ユニットがマザーボードとつながっているのかどうかです。

マザーボードはパソコンの中でも中心となる部品の一つで、さまざまな部品を組み込むための土台ともいえるものになります。このマザーボードと電源ユニットをつなぐことで、パソコンの電源がうまく立ち上がっているのです。

このマザーボードと電源ユニットはケーブルでつながっているため、このケーブルが抜けてしまっているというのが考えられます。

また、電源ユニットにはホコリがたまりやすく、メンテナンスをしていないとホコリまみれになっていることがあります。ホコリがたまると、パソコン内部に熱がたまりやすくなるため、熱によってパソコンの動作が不安定になってしまうのです。

最後にそれでもダメなときは部品の交換が必要になります。交換する場合は、自分で部品を購入して交換を実施するか、修理業者に依頼するかのどちらかです。

普段からパソコンの取り扱いに慣れている場合は自分で交換してもいいですが、慣れていない人は修理業者に依頼するのが良いでしょう。

ハードウェア部分

ハードウェアとは、パソコンを構成している部品のことをいいます。例えば、ハードディスク、CDドライブ、メモリなどのことです。

マザーボードの故障によるもの

まずはパソコンの中で最も大きな基盤になるマザーボードの故障によるものです。マザーボードの故障が疑わしい場合には、マザーボード内に含まれる2つの部品に着目してみると良いです。

ひとつめの部品は「CMOS電池」というものです。これは、マザーボードの中で電池の役割をしており、パソコン内の日付を管理するときに必要なものになります。CMOS電池の消費が激しいときには、パソコンの動作に不具合が起こる可能性があります。

CMOS電池は、電気屋などでも売っているので、電池を購入して交換してあげるのがおすすめです。

ふたつ目の部品は「電解コンデンサ」です。電解コンデンサは、回路の基本となるものでこれがないとパソコンは起動しません。もし故障が確認できる場合は、必ず交換が必要になります。

電解コンデンサの場合は、先ほどのCMOS電池と比べて初心者では交換が非常に難しいです。そのため、交換する際には修理業者に依頼するのが良いでしょう。

パソコンの動作に影響する「メモリ」の故障

メモリはパソコン内のデータを記憶する部分です。メモリの容量が大きければ大きいほどパソコンの動作も早くなります。メモリは、一時的にデータやファイルをメモリ上に置く機能があります。何か作業するときの作業台をイメージするとわかりやすいです。

メモリが故障していると、パソコン内のデータを一時的に記憶できなくなってしまうため、正常に起動しない原因となるケースがあります。

交換の前に、まずはメモリにゴミやホコリがついていないのかを確認しましょう。メモリはパソコン内部に取り付けられています。エアーダスターなどを使ってホコリを取るのがおすすめです。

メモリそのものが壊れているケースもあるので、その際には新しいメモリを購入して交換する必要があります。ただし、メモリは何GBのメモリをどの場所に挿すのか、というのが機種によって異なります。

多くのパソコンではメモリの挿せる場所は4箇所あり、8GBのメモリをつみたい場合には、2GBを4つ挿し込むか、4GBを2つ挿し込むか、8GBを1つ挿し込むかの選択肢があるのです。

そしてこれらのメモリを4つある場所のどこに挿すのかが決まっています。正しい場所に挿し込まないとパソコンがうまく立ち上がらないため注意が必要です。

データを保存するハードディスクの故障

ハードディスクは、パソコン内のデータやファイルを保存しておくものです。ハードディスクが故障している場合、WindowsやMacなどのOSがうまく立ち上がらない原因となってしまいます。

ハードディスクは衝撃に弱いハードウェアのため、パソコンをぶつけたり落としたりした衝撃で壊れてしまうことがあります。取り扱いには十分に注意が必要です。

ホコリやゴミなど

パソコン内部にあるゴミやホコリが原因の可能性もあります。特に、パソコン内部の冷却ファンやヒートシンク部分のホコリは要チェックです。

これらの部品にゴミやホコリがついている場合、パソコンの冷却がうまくできなくなり、パソコン内部に熱がこもりがちになります。

パソコンは電子機器なので、熱には非常に弱いです。パソコン内部に熱がこもりパソコンの温度が高まってしまうと、パソコンが熱暴走を起こして動作に不具合が起きる原因となってしまいます。

ソフトウェア部分

ソフトウェアとはパソコン内部にあるもので、インストールしているアプリやOSのことを指します。先ほどのハードウェアとは違い、部品の交換というよりも中身の問題となってきます。

ウイルスに感染している

ウイルス感染により、パソコンが予期せぬ動きを起こすケースがあります。ウイルスは、いついかなるときに混入するかわかりません。

USBを使ってデータを吸い上げたときに、USBがすでにウイルス感染していればそのパソコン内にウイルスは混入してしまいます。他にも、悪意のあるサイトやメールを開いたときに感染するケースもありますし、ソフトウェアをダウンロードしたときに感染することもあります。

ウイルスの混入を防ぐためにも、セキュリティソフトの導入やOS・ソフトウェアのバージョンアップは頻繁に実施しておくのがおすすめです。

OSに異常がある

OSというのはWindowsやMacのことで、パソコン内部を構成する重要なシステムファイルです。OSに異常があると、電源が入らないこともあります。

OSの起動にはハードディスクが関係していることが多いため、ハードディスクの故障からOSファイルが壊れることがあります。

OSに問題がみられる場合には、OSの再インストールやパソコンの初期化などをするとOSがクリアされた正常な状態に戻ることがあるのです。

お問い合わせはこちら

Dellの電源が入らないときに実施したいこと

Dellの電源が入らないときの対処法

Dellの電源が入らない原因についてわかったところで、電源が入らないときにどうすればいいのかが知りたいところです。ここでは、Dellのパソコンで電源が入らないときに実施したいことをご紹介します。

まずはハードリセットを実行

Dellのサポートページでも紹介されている方法ですが、電源が起動しないときにはまず初めに実施したい内容が「ハードリセット」です。

ハードリセットを実行すると、パソコン内で起きている多くの問題が修正され、問題を引き起こしている可能性のある待機電力も放電されます。Dellのパソコンの電源が入らない、またはOSが起動しない場合に有効な方法の一つです。

ハードリセットの方法は、まずDellのパソコンの電源を完全にシャットダウンします。電源が落ちていることを確認したら、デスクトップパソコンの場合はACアダプターまたは電源コードを抜きます。ノートパソコンの場合は、バッテリーを取り外しましょう。

次に、パソコンにつないでいるマウス、キーボード、USBなどの外部デバイスや周辺機器を全て外します。そして、電源ボタンを15秒から20秒間長押しして待機電力を放電させるのです。

ここまででハードリセットは完了しました。この後は、通常通り電源をつなぎなおしてパソコンを起動します。

ハードウェア診断の実行

Dellのパソコンが起動しないときには、ハードウェア診断を実行することでハードウェアのどの部分に原因があるのかを特定できます。

ハードウェア診断をするには、Dellのロゴマークが出たときにF12を押す必要があります。そうするとBIOSが立ち上がり、Diagnosticsというのを実行するとハードウェアの診断が開始されるのです。

BIOSとは、ハードウェアや周辺機器の制御をおこなっているソフトウェアのことで、パソコンが起動されるとまず始めに実行されます。

このBIOSを起動して診断をすることで、ハードディスクに障害があるのがわかったり、メモリに問題があったり、CDドライブに問題があることがわかります。

特に多くみられるのが、ハードディスクの故障かメモリの故障です。ハードディスクにはOSの情報が入っているため、当然ながら故障しているとOSを呼び出せないためパソコンも立ち上がりません。

メモリに関しても、パソコンを起動すると一時的にファイルが置かれます。ここが故障していては、ファイルの置き場所がなくなってしまうためパソコンが起動しないのです。

ハードウェア診断を使って原因を特定したら、その部品の交換をおこないましょう。

修理や部品交換にはドクター・ホームネットがおすすめ

できる限りのことを試しても原因が特定できない場合や、特定の箇所での故障が疑われる場合には、早めにパソコン修理会社に相談してみましょう。おすすめなのは実績が豊富、高いシェアを誇る「ドクター・ホームネット」。土日祝日に関わらず電話1本でスピーディーに駆けつけてくれるため、自分では対応できないパソコンの不調を解消するための心強いパートナーになってくれます。

Dellの電源が入らない場合はこちら。ドクター・ホームネットにお問い合わせ。

電源の状態を保つために普段から意識したいポイント

パソコンを長く使うためのポイントとは?

Dellのパソコンを使っている人であれば、ハードウェアの故障やソフトウェアの故障はできるだけ避けたいはずです。そこで、パソコンを長持ちさせるために普段から意識したいポイントをご紹介します。

電源をつないだまま使用しない

ノートパソコンを使っている人の場合、バッテリーの扱いには気をつけるのが重要です。バッテリーの劣化が進むと、電源がつかなくなるケースも考えられます。

ノートパソコンの充電をするときには、満タンになったら一度充電をやめてからパソコンを使用するのがおすすめです。充電が満タンな状態でパソコンの使用を続けた場合、それだけ電力の消費にもつながりバッテリーの劣化につながってしまいます。

他にも、充電しながらパソコンを使うのも極力やめたほうがいいです。例えば、スマートフォンを利用している方の場合、使っているうちにどんどんとバッテリーの持ちが悪くなっていくと思います。

実はバッテリーの持ちがなくなるのは、バッテリーの劣化が原因です。よくみられるのが、充電をしながらアプリでゲームをしたり、動画を視聴したりするケースです。これらの行為は、スマートフォンに負荷のかかる処理のため、充電しながらおこなうことで負荷がより高くなってしまいます。

パソコンを使うときも同様で、充電をしながらパソコンに負荷のかかる重い処理を実行しているとそれだけバッテリーの劣化が進んでしまうのです。

パソコンを使うときには、できるだけバッテリーの劣化を抑えるような使い方を心がけていきましょう。

電源を付けっぱなしにしない

先ほどは使っている時の注意点を説明しましたが、次は使用後に注意すべきことです。皆さんはパソコンを使い終わった後は、電源をしっかり落としていますか?

実は、電源を長持ちさせるためにはしっかりとシャットダウンをおこなうのが正しい方法です。シャットダウンせずに電源を付けっぱなしにした場合、それだけ電源の消費も増えてしまいます。

特に、充電しながら電源を付けっぱなしにするといった行為は電源の消費が最も多くなってしまうのでやめましょう。

OSやアプリは定期的なバージョンアップを実施する

WindowsやMacなどのOSのバージョンアップを定期的に実行することです。そもそもなぜOSのバージョンアップが頻繁に起こるのかご存知でしょうか?

実は、セキュリティ対策という面でアップデートが実行されているのです。プログラムには、残念ながら脆弱性と呼ばれるものがあり、ハッカーなどがこの脆弱性をついてサイバー攻撃を仕掛けてきます。

バージョンアップを実行することで、悪意のある攻撃から身を守ることができるのです。バージョンアップをしていない場合、いつまでも脆弱性が残っている状態になります。悪意のある攻撃が来た場合に、その攻撃から身を守れないため、バージョンアップは必ず実行しましょう。

また、アプリケーションやソフトウェアも常に最新のバージョンにしておく必要があります。これもOS同様に、脆弱性を直すためにバージョンアップが実行されています。

例えば、スマートフォンを利用している人であれば、インストールしているアプリのアップデートが定期的に実行されていると思います。実は、アプリの追加機能以外にも、アプリ自体のセキュリティ面での強化もおこなっているのです。

バージョンは常に最新に保つことでパソコンを長持ちさせることにもつながります。

Dellの電源が入らない原因は故障とは限らない?その他の要因を解説!

Dellの電源が入らないのは故障だけが原因ではない

今回は、Dellのパソコンを使っている電源が入らないときの原因と、そのときの対応策について解説しました。

Dellのパソコンの電源が入らない場合、電源がうまく供給されていない、またはハードウェアやソフトウェアに問題があります。どこに問題があるのかをしっかりと切り分けることで取るべき対応策が異なります。まずは原因がどこにあるのかを明確にすることから始めましょう。

パソコンの電源が入らなくて困った時はドクター・ホームネットに相談する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する