Dell製パソコンの電源が入らない原因と対処法

Dell製パソコンの電源が入らない原因と対処法

Dellのパソコンを使っていると、突然電源が入らなくなることがあります。原因を理解しておくことで対処方法や今のの予防につなげることができます。この記事では、Dell製パソコンの電源が突然入らなくなったときの原因と対策方法をご紹介します。

Dell製パソコンの電源がつかない原因

Dell製パソコンを使っていて急に電源が入らなくなったとき、大きくわけると下記が原因として考えられます。

  • ACアダプターもしくは電源ケーブルの接続が不安定
  • ホコリの蓄積
  • 内部パーツの故障
  • ウイルス感染
  • BIOSエラー

ここでは、それぞれの原因について詳しく解説していきます。

電源ケーブルの接続が不安定

電源はDell製製パソコン本体に挿さっている部分、パソコンからコンセントに向けて挿さっている部分がありますが、どちらかの接続が不安定になってることで電源が入らない状態になってる場合があります。

ノートパソコンの場合は、充電が十分にされていないということも考えらるため、Dell製製ノートパソコンの電源を押しても電源が入らないときは充電が十分にされているか確認が必要です。

ホコリの蓄積

Dell製パソコンの冷却ファンやヒートシンク部分にホコリが溜まることが原因で、パソコンの冷却がうまくできなくなり、パソコン内部に熱がこもりがちになった結果、電源が入らないことがあります。

パソコンは電子機器なので、熱には非常に弱いです。Dell製パソコンの内部に熱がこもり、温度が上がると熱暴走を起こして動作に不具合が起きる原因となってしまいます。

内部パーツの故障

Dell製パソコンの内部パーツとして使用されているマザーボード、メモリー、HDD/SSDの故障が原因で電源が入らない場合もあります。

内部パーツはパソコンをぶつけたり落としたりした衝撃で壊れてしまうことがあります。

ウイルス感染

ウイルス感染により、Dell製パソコンが予期せぬ動きを起こすケースがあります。ウイルスは、いついかなるときに混入するかわかりません。

USBを使ってデータを吸い上げたときに、USBがすでにウイルス感染していればそのパソコン内にウイルスは混入してしまいます。他にも、悪意のあるサイトやメールを開いたときに感染するケースもありますし、ソフトウェアをダウンロードしたときに感染することもあります。

BIOSエラー

Dell製パソコンのOSを起動したり、接続している機器を制御しているBIOSの更新に失敗することでエラーが発生し、Dell製パソコンの電源が入らなくなることがあります。

PCホスピタルはDell製パソコンの電源が入らないトラブルのサポートが可能です
PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのDELL製パソコン修理サポートについて詳細を確認する
PCホスピタルに今すぐ依頼する 0120-713-835

Dell製パソコンの電源が入らない時の対処法

Dell製パソコンの電源が入らないときの対処法は下記の通りです。

  • 電源ケーブルを接続し直す
  • ホコリを除去する
  • メモリーを設置し直す
  • BIOSをリセットする
  • ハードリセットを実行
  • ハードウェア診断を実行

対処法の詳細をご紹介いたします。

電源ケーブルを接続し直す

Dell製パソコンの電源ケーブルの接続が不安定なため、電源が入らない状態になってることがあるため、電源ケーブルもしくはACアダプターを接続し直してから電源が入るかご確認ください。

ホコリを除去する

Dell製パソコンの冷却ファンやヒートシンク部分にホコリが溜まっている場合、冷却ファンやヒートシンクが適切に作動しなくなり、電源が入らない状態になってることがあるため、そのホコリを除去することで、冷却ファンやヒートが正常に作動し、Dell製パソコンの電源が入る状態に改善される可能性があります。

メモリーを設置し直す

Dell製パソコンにメモリーを増設した際に正しく設置できてないことで、電源が入らない場合があります。

Dell製パソコンの内部に設置しているメモリーを設置し直してから電源が入るかお試しください。

BIOSをリセットする

BIOSの更新に失敗している等により、BIOSエラーが発生し、Dell製パソコンの電源が入らない状態になってることがあるため、BIOSをリセットしてからDell製パソコンの電源が入るかご確認ください。

BIOSをリセットする手順
  1. Dell製パソコンの電源ボタンを押します
  2. Dellのロゴ画面でF2キーを数回押します
  3. BIOS画面表示後、F9キーを押します
  4. 「Load Optimized Defaults?」表所後、「Yes」を選択し、F10キーを押します
  5. 「Save configuration and reset?」表示後、「Yes」を選択します

ハードリセットを実行

Dell製パソコンの電源が入らないとき、実施したい内容が「ハードリセット」です。

ハードリセットを実行すると、パソコン内で起きている多くの問題が修正され、問題を引き起こしている可能性のある待機電力も放電されます。

Dellのパソコンの電源が入らない、またはOSが起動しない場合に有効な方法の一つです。

ハードリセットの手順は下記の通りです

ハードリセットを実行する手順
  1. Dellのパソコンの電源を完全にシャットダウンします
  2. 電源が落ちていることを確認したら、デスクトップパソコンの場合はACアダプターまたは電源コードを抜きます。ノートパソコンの場合は、バッテリーを取り外しましょう
  3. パソコンにつないでいるマウス、キーボード、USBなどの外部デバイスや周辺機器を全て外します
  4. 電源ボタンを15秒から20秒間長押しして待機電力を放電させます
  5. これででハードリセットは完了です。改善されてれば、この後に通常通り電源をつなぎなおすとパソコンの電源が入ります

ハードウェア診断を実行

Dell製パソコンの電源が入らないときは、ハードウェア診断を実行することでHDD/SSDに障害があるのがわかったり、メモリーに問題があったりすることがわかります。

特に多くみられるのが、HDD/SSDの故障かメモリーの故障です。HDD/SSDにはOSの情報が入っているため、当然ながら故障しているとOSを呼び出せないためパソコンも立ち上がりません。

メモリーに関しても、パソコンの電源が入ると一時的にファイルが置かれます。ここが故障していては、ファイルの置き場所がなくなってしまうためパソコンが立ち上がらない状態になります。

ハードウェア診断を実行する手順は下記の通りです。

ハードウェア診断を実行する手順
  1. Dell製パソコンの電源ボタンを押します
  2. Dellのロゴ画面でF12を数回押します
  3. BIOS表示後、「Diagnostics」を選択します
  4. 診断が開始するので完了待ちます
  5. 完了後、診断結果が表示されます

ハードウェア診断を使って原因を特定したら、その部品の交換が必要です。PCホスピタルでは部品交換サポートを承っています。

Dell製パソコンの電源状態を保つために普段から意識するポイント

Dellのパソコンを使っている人であれば、ハードウェアの故障やソフトウェアの故障はできるだけ避けたいはずです。そこで、パソコンを長持ちさせるために普段から意識したい下記のポイントをご紹介します。

  • 電源をつないだまま使用しない
  • 電源を付けっぱなしにしない
  • OSやアプリは定期的なバージョンアップを実施する

詳細をご説明いたします。

電源をつないだまま使用しない

ノートパソコンを使っている人の場合、バッテリーの扱いには気をつけるのが重要です。バッテリーの劣化が進むと、電源がつかなくなるケースも考えられます。

ノートパソコンの充電をするときには、満タンになったら一度充電をやめてからパソコンを使用するのがおすすめです。充電が満タンな状態でパソコンの使用を続けた場合、それだけ電力の消費にもつながりバッテリーの劣化につながってしまいます。

他にも、充電しながらパソコンを使うのも極力やめたほうがいいです。例えば、スマートフォンを利用している方の場合、使っているうちにどんどんとバッテリーの持ちが悪くなっていくと思います。

実はバッテリーの持ちがなくなるのは、バッテリーの劣化が原因です。よくみられるのが、充電をしながらアプリでゲームをしたり、動画を視聴したりするケースです。これらの行為は、スマートフォンに負荷のかかる処理のため、充電しながらおこなうことで負荷がより高くなってしまいます。

パソコンを使うときも同様で、充電をしながらパソコンに負荷のかかる重い処理を実行しているとそれだけバッテリーの劣化が進んでしまうのです。

パソコンを使うときには、できるだけバッテリーの劣化を抑えるような使い方を心がけていきましょう。

電源を付けっぱなしにしない

先ほどは使っている時の注意点を説明しましたが、次は使用後に注意すべきことです。皆さんはパソコンを使い終わった後は、電源をしっかり落としていますか?

実は、電源を長持ちさせるためにはしっかりとシャットダウンをおこなうのが正しい方法です。シャットダウンせずに電源を付けっぱなしにした場合、それだけ電源の消費も増えてしまいます。

特に、充電しながら電源を付けっぱなしにするといった行為は電源の消費が最も多くなってしまうのでやめましょう。

OSやアプリは定期的なバージョンアップを実施する

WindowsやMacなどのOSのバージョンアップを定期的に実行することです。そもそもなぜOSのバージョンアップが頻繁に起こるのかご存知でしょうか?

実は、セキュリティ対策という面でアップデートが実行されているのです。プログラムには、残念ながら脆弱性と呼ばれるものがあり、ハッカーなどがこの脆弱性をついてサイバー攻撃を仕掛けてきます。

バージョンアップを実行することで、悪意のある攻撃から身を守ることができるのです。バージョンアップをしていない場合、いつまでも脆弱性が残っている状態になります。悪意のある攻撃が来た場合に、その攻撃から身を守れないため、バージョンアップは必ず実行しましょう。

また、アプリケーションやソフトウェアも常に最新のバージョンにしておく必要があります。これもOS同様に、脆弱性を直すためにバージョンアップが実行されています。

例えば、スマートフォンを利用している人であれば、インストールしているアプリのアップデートが定期的に実行されていると思います。実は、アプリの追加機能以外にも、アプリ自体のセキュリティ面での強化もおこなっているのです。

バージョンは常に最新に保つことでパソコンを長持ちさせることにもつながります。

修理をプロに任せるのも一つの対処法

記載の対処法でDell製パソコンの電源が入らない状態が改善しない場合、パーツの故障やシステムエラーなど複数の原因が組み合わさっている可能性もあります。

Dell製パソコンを分解してパーツを交換すれば改善するかもしれませんが、失敗すれば更に状態が悪化してしまうことも考えられます。また、ノートパソコンや一体型パソコンは分解の難易度が高く、知識が無ければ修復できない状態に陥る可能性があります。

自力の改善が難しいとお考えの場合はパソコンや保存データを守るためにも、プロのパソコン修理業者のPCホスピタルにご依頼いただくことをおすすめいたします。電源が落ちる・入らないトラブルの修理実績もご確認いただけます。

電源が入らないパソコンの修理をご依頼いただいたお客さまの声

PCホスピタルに電源が入らないパソコンの修理をご依頼いただいた際のお客さまの声をご紹介いたします。

対応が良かった
都道府県 北海道札幌市白石区北郷三条 年代
性別
50代 男性
ご利用サービス 訪問サービス ご利用回数 初めて
【ご依頼内容】

パソコンの電源が入らない

【ご意見・ご要望】

親切な対応だった

今回対応して下さった方の対応が素晴らしかった
都道府県 兵庫県加西市段下町 年代
性別
50代 男性
ご利用サービス 訪問サービス ご利用回数 初めて
【ご依頼内容】

電源が入らない

【ご意見・ご要望】

この度はたいへんお世話になり、有難うございました。貴社のていねいで良心的なサービスに感謝いたします。

PCホスピタルはDell製パソコンの電源が入らないトラブルのサポートが可能です

今回はDellのパソコンの電源が入らないときの原因と、そのときの対応策について解説しました。

Dellのパソコンの電源が入らない場合、電源がうまく供給されていない、またはハードウェアやソフトウェアに問題があります。どこに問題があるのかをしっかりと切り分けることで取るべき対応策が異なります。修理に慣れた方で無ければ対応が難しい場合もあります。

電源が入らないトラブルの改善が難しいと思われた場合はお気軽にPCホスピタルに修理をご依頼ください。

PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円

PCホスピタルのDELL製パソコン修理サポートについて詳細を確認する
監修

濱﨑 慎一日本PCサービス株式会社 常務取締役 兼 NPO法人 IT整備士協会 理事

2010年8月、日本PCサービス株式会社に入社。パソコン修理などデジタルトラブルを5年で4500件以上解決。その後、サポート人材育成など、事業責任者として、個人向けデジタルトラブル解決に8年半携わる。2019年より同社にて、法人向けサポートの取締役に就任。また特定非営利活動法人 IT整備士協会の理事として業界活性化のため正しいデジタル知識の普及、スマートフォンなどの新しい整備士資格の構築に携わる。

保有資格 パソコン整備士検定 取得

上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る