動かない理由は?DELLのパソコンで電源が入らないときの対応方法

DELLのパソコンは、家庭用のエントリーモデルからビジネス用の高スペックモデルまで幅広いラインナップが揃っているのが大きな魅力です。しかし、会社や家庭で「いつも通り使っていたのに電源が入らなくなった」というトラブルに直面している人も多いのではないでしょうか。この記事では、突然の電源トラブルに見舞われたときにあわてないよう、DELL製のパソコンの電源が入らない原因やその解決策を紹介していきます。

1.最初にハードリセットを実行する

DELLのサポートページでは、電源が入らなくなったときに最初に実行してほしいこととして「ハードリセット」を紹介しています。ハードリセットを実行することで、パソコン内部で発生している多くの問題が解決されると同時に、誤作動の原因となる待機電力を放電することができます。ハードリセットをするときに重要なのは、手順を抜かしたり省略したりせず落ち着いて順番通りに行うことです。DELL製のパソコンをハードリセットする際の手順について解説します。

まず、ハードリセットしたいパソコンの電源がオフになっていることを確認します。そのうえで、電源コードやACアダプタ、ノートパソコンの場合はバッテリーといった電気の供給に関するものをすべて取り外しましょう。ノートパソコンのバッテリーは、多くの機種で本体の底面に装着されており、裏返すと確認できます。さらに、マウスやキーボード、外付けHDD、USBメモリ、プリンタなど、接続されている外部機器もすべて取り外します。DVDやSDカードなども忘れないように抜いておきましょう。

電源とすべての外部機器を取り外したら、電源ボタンを約15~20秒間押して待機電力を放電させます。このとき心持ち長めに押し続けると確実です。放電が終わったらハードリセットは完了ですので、電源コードやACアダプタを接続し、ノートパソコンの場合はバッテリーを取りつけて電源を入れてみましょう。ハードリセットが成功し、電源が入ってパソコンが立ち上がったら、マウスやキーボード、外付けHDDなどの周辺機器を取りつけて正常に動作するかどうかを確認します。

2.電源ランプが点滅する場合の原因と解決

パソコンの電源ボタンを押したとき、「電源ランプは点滅するものの電源が入らない」という場合は、電源ボタンの色や点滅パターンを確認しましょう。DELLのOptiPlexシリーズのシステムには、電源を入れたときのビープ音や電源ボタンの点滅パターンでエラーの内容をある程度つかめる機能が備わっています。中でも電源ボタンがオレンジ色に点滅しているときは、電気系統に異常が発生しているケースが多く、場合によってはパーツの交換や修理が必要になるかもしれません。パーツごとに考えられる原因や対処方法を解説していきます。

2-1.電源の故障

電源ボタンを押しても電源が入らず、電源ランプだけが点滅している場合にまず考えられるのが「パソコンに内蔵されている電源装置(電源ユニット)に異常がある」ということです。単純なトラブル例としては、電源ユニットとマザーボードをつなぐケーブルが抜けているなどの原因が考えられます。このケーブルは基本的に簡単には抜けないようになっていますが、本体への振動や衝撃で抜けてしまうことがあり、可能性はゼロではありません。ケーブルが抜けているだけの場合、差し直すことで症状は改善します。

さらに、電源ユニットにホコリがたまっていると、熱がこもって誤作動を起こしていることが考えられます。長年にわたって掃除をしていない場合は、ACアダプタや電源コード、ケーブル類などを取り外してからパソコンケースのカバーを外し、ホコリを除去しましょう。掃除が終わったら電源ボタンを数度押し、5~10分ほど放置して放電させてから再度電源を入れて状況を観察します。ケーブルの差し直しや掃除で状況が変わらない場合は、電源ユニットそのものが故障している可能性があります。

電源ユニットはパソコンに電気を供給する重要な部品です。しかし、経年劣化や過電圧などで消耗したり故障したりするため寿命は一般的に3~4年といわれており、ユニット自体が故障している場合は交換するしかありません。電源ユニット自体はパソコンショップなどで販売されており、交換することができます。ただし、工具やある程度の知識が必要になってくるため、自信のない人はメーカーや専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

2-2.マザーボードの故障

次に考えられるのが「マザーボードの異常」です。マザーボードはパソコンの内部にある1番大きな基板で、さまざまな部品を組み込むための土台ともいえるものです。マザーボードをチェックするときは、まず電源ユニットとつながっているケーブルが抜けていないかを確認しましょう。もしケーブルが抜けていたり、抜けかけて不安定な状態だったりする場合は、差し直すだけでマザーボードにきちんと電気が供給されるようになり、改善する可能性があります。

ケーブルに異常がない場合は、「CMOS電池が消耗していないか」と「電解コンデンサに異常はないか」ということを確認しましょう。「CMOS電池」というのはマザーボードに取りつけられている電池のことで、パソコンの電源を切った後も日付などを記憶しておくために使われるものです。この電池が消耗すると、さまざまな不具合の原因となります。マザーボードのCMOS電池は、一般的に家電量販店やホームセンターなどで売られているボタン電池が使われています。型番を確認し、同じものを購入して交換してみましょう。マイナスドライバーなどがあれば簡単に外すことが可能です。

次にチェックする「電解コンデンサ」は、マザーボードに取りつけられている直径5~10mmほどの小さな円筒状の部品で、頭に3本の線が入っているものです。これが液漏れしたり膨張したりすると、パソコンが起動しないなどの不具合が発生します。自力で交換することはできますが、コンデンサの知識やはんだ付けの技術が必要であり、誰にでもできるというわけではありません。自信がない場合はメーカーや専門業者へ修理を依頼したほうがいいでしょう。ただし、マザーボードの修理や交換は費用が一般的に高額になりがちです。

2-3.メモリの故障

「マザーボードに取り付けられているメモリの故障」もパソコンが正常に起動しない原因となります。メモリそのものに異常があるケースをはじめ、接触不良やホコリによる加熱、静電気が帯電することによる誤作動など、さまざまな理由が考えられます。メモリが原因と思われる場合は、まずエアダスターやブラシでメモリ周辺のホコリを取り除きましょう。そのうえでメモリをマザーボードから取り外してしっかりと差し直すと、状況が改善する場合があります。メモリは静電気に弱いため、取り外す際はあらかじめドアノブなどに触って体にたまっている静電気を逃がしておきましょう。また、静電気が発生しやすい服なども脱いでおきます。差し直しで状況が改善せず、メモリそのものが破損している場合は交換が必要です。

2-4.ハードディスクの物理的な故障

「内蔵されているハードディスクの故障」も原因のひとつとして考えられます。もしも「パソコンが起動しなくなる前にハードディスクが常にカリカリと音を立てていた」「異音がしていた」というような場合は、ハードディスクが故障した可能性が高いでしょう。さらに「焦げくさい」「異臭がする」といった場合は内部でショートしていることがあり、非常に危険です。放置すると火災の原因になりかねませんのですぐに電源を抜き、部屋を換気しましょう。

ハードディスクは衝撃などで壊れやすく、故障は珍しいことではありません。異音が聞こえるなど異常が発生したらすぐに使用を中止し、状況が悪化するのを防ぎましょう。修理は可能ですが、ハードディスクのパーツ交換は技術が必要な作業ですので、専門業者に依頼したほうが賢明です。また、ハードディスクが認識されない場合は、単純にハードディスクに接続すべきケーブルが抜けていた、ということもあり得ます。ハードディスクが原因でパソコンが立ち上がらないと思われるときは、一度パソコン内部を確認してみるといいでしょう。

2-5.パソコン内部のホコリ

パソコン内部のファン(扇風機の羽根のような部品)やヒートシンク(放熱するための部品)にホコリが付着すると冷却がうまくできなくなり、熱がこもりがちになります。その結果CPUやハードディスクが熱くなり、熱暴走を引き起こしてエラーが出たり起動しなくなったりすることがあります。また、ホコリが原因で回路がショートすると、重大な故障の原因にもなりかねません。パソコンの掃除をしたことがない、長年掃除をしていないという場合は、一度内部のホコリを取り除いてみるといいでしょう。

パソコン内部のホコリは、電源を抜いた状態でエアダスターやブラシなどを使って取り除いていきます。電源が入っていない状態でファンを回してしまうとモーターが故障する原因となるため、ファンのホコリ除去は慎重に行います。また、マザーボードなどの回路には直接触れないように注意しましょう。ホコリはパソコン内部の静電気に吸い寄せられて付着するため、完全に防ぐことができません。定期的に清掃することでさまざまなトラブル防止になります。

3.電源ランプが点灯や点滅しない場合の原因と解決策

「電源が入らず、電源ランプが点灯も点滅もせず、パソコンが何も反応しない」という場合は、単純なミス、深刻な故障、ウイルスなどのさまざまな原因が考えられます。考えられる主な原因と解決策について説明していきます。

3-1.電源ケーブルの接続不良

単純なミスでありがちなのが、電源ケーブルがきちんと接続されていなかったというものです。電源ケーブルが抜けかけていたり、抜けてしまっていたりしないか、今一度確認してみるといいでしょう。延長コードを使っている場合は途中でコンセントが外れていたということもあり得ます。また、電源ケーブルやACアダプタのケーブルが断線している可能性もあります。特にノートパソコン用のACアダプタのケーブルをぐるぐると巻いて収納している場合は断線が起こりやすく、注意が必要です。

ケーブルが断線した場合は交換するしかありません。デスクトップパソコンの電源ケーブルは汎用品が使われていることが多く、家電量販店などで取り扱っているので、購入は容易です。ノートパソコン用のACアダプタは規格の合ったものが必要ですので、メーカーに注文する必要があります。規格の違うものを使うと故障の原因になりますので、同じメーカーのものでも安易に使い回さないようにしましょう。また、故障ではないもののパソコン内部の帯電が原因で電源が入らない場合があります。電源ケーブルやバッテリーを抜いて1~2分ほど放置しておくと放電できますので、あわてずに試してみましょう。ノートパソコンはすぐに放電できますが、コンデンサの多いデスクトップパソコンでは長めに放置するのがポイントです。

3-2.延長コードの故障や電力供給不足

パソコンを延長コードにつないでいる場合は、いったん延長コードの使用をやめ、壁のコンセント差し込み口に直接つないで起動させてみましょう。この方法で起動すれば、延長コードに何らかの問題があることがわかります。延長コードが断線している、延長コードについているスイッチがオフになっている、タコ足配線で電力が足りていないなど、延長コードに関するトラブルは少なくありません。パソコンが起動しないときは「まさか」ということが原因になっていることがあるため、念のためチェックするといいでしょう。

3-3.バッテリーの劣化

ノートパソコンでは、バッテリーの劣化が起動しない原因となっていることがあります。バッテリーとACアダプタの両方を接続させているときは、いったん装着されているバッテリーを取り外し、ACアダプタのみで起動させてみましょう。この方法で問題なく起動した場合、バッテリーがパソコンを起動できない原因となっています。バッテリーは簡単に交換できますが、それなりに高価です。

3-4.パーツ類の深刻な故障

電源ケーブルやバッテリー、延長コードなどに不具合が見当たらないときは、パソコンを構成するパーツの物理的な故障などが考えられます。内部で回路がショートしている、マザーボードのコンデンサが破裂しているなど、深刻な故障が起きていることも少なくありません。パーツの故障は見た目では判断できないこともあり、むやみに触れたり分解したりすると危険です。パーツが破損しているときは自力で原因を特定したり修理したりするのが困難なケースもありますので、メーカーもしくは専門業者に相談したほうがいいでしょう。

3-5.ウイルスによる影響

レアケースではありますが、パソコンの起動を阻止するウイルスに感染したことがトラブルの原因となることもあります。起動しなくなる前に出所不明のファイルを開いた、ウイルスが仕込まれたWEBサイトを閲覧した、という場合はすでにウイルスに感染している可能性が否定できません。ウイルスが原因で電源が入らないときは、個人で実行できる改善策はほとんどないでしょう。修理やデータの復旧をしたい場合は、専門業者に依頼して状況を判断してもらうのがもっとも賢明な方法です。

4.BIOSが起動していない場合

「電源をいれると電源ランプがついてファンが回るのに、画面がつかない(立ち上がらない)」という場合は、通電しているもののBIOS(バイオス)が起動していないケースが考えられます。BIOSとは、ハードディスクなど周辺機器の制御を行うソフトウェアで、パソコンの電源を入れると最初に実行されるものです。通常のDELLのパソコンでは、パソコンの電源をオンにし、DELLのロゴが表示されている間にF2キーもしくはF12キーを連打することでBIOSの設定画面が表示されます。設定画面では、ハードウェアの診断などが行えます。しかし、BIOSの設定を変更することでパソコンが起動しなくなる場合もあるため、無闇に変更しないほうがいいでしょう。

BIOSが起動しないとハードディスクを読み込めず、パソコンも起動しません。BIOSに不具合が発生する要因は、「CMOS電池の劣化」「メモリやグラフィックボード(ビデオカード)の接触不良」など、さまざまなものが考えられます。CMOS電池を交換したり、メモリやグラフィックボードを差し直したりすると起動することがあるので、試してみるといいでしょう。それでも症状が改善されない場合はマザーボードそのものが損傷している可能性があり、自力で状況を改善させるのが難しくなります。

5.メーカー修理の場合はデータのバックアップを取ろう

自力でパソコンの電源が入らない原因を突き止められないときや、部品の交換が難しい場合は、メーカーであるDELLに修理を依頼することで解決できる場合があります。その場合、症状によっては内蔵ハードディスクの初期化が必要となるかもしれません。初期化すると、パソコンに保存してあった写真や動画など個人のデータが消えてしまいます。失いたくないデータや重要なデータがあるときは、修理に出す前にデータのバックアップをとっておくといいでしょう。

パソコンの電源が入らない場合でも、内蔵ハードディスクが壊れておらず、なおかつそれをパソコンから取り出すことができればデータを救出できる可能性があります。手っ取り早いのは、取り出した内蔵ハードディスクをSATA-USB変換アダプタなどを使って別のパソコンにつなぎ、そのパソコンからハードディスクの中身を参照してデータをコピーするという方法です。バックアップするデータが大量にあるときは、転送速度の速いUSB3.0対応のアダプタを選ぶといいでしょう。

症状からDELLのパソコンの電源が入らない原因を探ろう

DELLのパソコンの電源が入らないときは、電源ランプの表示が原因を知る手がかりになります。自力で対処できないときは、専門のサポート業者に依頼することで解決方法が見つかるかもしれません。ドクター・ホームネットなら、機器の診断や修理はもちろん、データの復旧や救出にも対応してくれます。事前に見積もりも出してくれるため、費用の面でも安心です。パソコンの電源が入らないときには利用を検討してみてはいかがでしょうか。

パソコンの電源が入らなくて困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する