DELLのパソコンが起動しないときの原因と対処法を徹底解説

DELLのパソコンが急に起動できなくなると、慌てて困るのではないでしょうか。意外と簡単なことが原因でパソコンが起動できないケースも少なくありません。DELLのパソコンが起動しなくなる原因や、対処方法などについて説明していきます。対処法を見て「これなら自分でも間単に確認できそう」と思ったものをさっそく試してみてください。

1.どこで不具合が起きているのかを特定する方法

PCの電源が入らない場合のチェックポイント4点!

パソコンが起動しないときは、どこで不具合が起きているかを明確にすることが重要です。まず、パソコンの電源を入れてモニターにDELLのメーカーロゴが表示されるかどうかをチェックしてください。ロゴが出ているようであれば、部品は正常といえます。ロゴが出ない場合は、電源LEDの点滅パターンをみて故障箇所を判断するようにしましょう。モニターに映像が表示されていないとしても、ハードディスクのアクセスランプが点灯や点滅を正常にしているようであれば、パソコンには大きな問題がない可能性が高いです。

お問い合わせはこちら

2.DELLのパソコンの電源が入らないハード面の原因と対処方法

マザーボードと冷却ファン

DELLのパソコンの電源を入れても「画面が真っ暗なまま」「電源LEDがつかない」など、いくつかの症状に分類されます。また内蔵の診断インジケーターが採用されているので、このシステムのおかげで、電源ボタンの色やLEDなどを参考に起動しなくなった原因を追究しやすくなっています。DELLのパソコンが起動しなくなる原因になりがちな代表的なパターンをいくつか紹介します。

2-1.電源の故障

故障の原因として、まずあげられるのが電源関係です。電源ユニットの寿命は、3~4年程度といわれています。それ以上、長期間使用しているパソコンは電源にトラブルを抱えている可能性が高くなっていると考えてよいでしょう。電源ユニット自体が経年劣化している場合だけでなく、過電圧を受けて故障していることもあります。また、何らかの原因で電源のケーブルが抜けてしまっているケースもあるので注意しましょう。本来、電源のケーブルはマザーボードから抜けないように設計はされています。

しかし、パソコンを移動した際などに、他のパーツとぶつかって抜けてしまう事例もまれにあるようです。電源のLEDがオレンジ色で点灯、または点滅しているのであれば、電源系になにか問題が発生している合図となります。

デスクトップパソコンで電源ケーブルを抜き差しして、電源LEDが点灯しないときは、電源装置の自己診断を行いましょう。DELLのデスクトップパソコンは、一部の機種にPSU BIST(内蔵セルフテスト)と呼ばれる電源装置の動作を診断する機能が搭載されています。PSU BISTボタンは、パソコン背面の電源ケーブル挿入口の近くにあります。電源を落とした状態で、通電しているコンセントに電源ケーブルを差しこんでみてください。その状態で、PSU BISTボタンを押しましょう。PSU BISTボタンを押している間に、電源LEDは緑色に点灯します。ファンが搭載されている機種は、PSU BISTボタンを押すとファンが回転するか確認してみてください。

電源LEDが緑色に点灯してファンが回転すれば電源装置は正常に動作しています。別のコンセントに電源ケーブルを差しなおして電源が入るか確認しましょう。正常に電源が入ってパソコンが起動する場合は、そのまま使って問題ありません。電源ボタンを押しても電源LEDがオレンジ色に点灯や点滅してWindowsが起動しない場合は、パソコン内部の部品が壊れているかもしれません。

2-2.電源ケーブルの断線や不具合

電源ケーブルやバッテリーの抜き差しなど行っても電源がつかない場合は、電源ケーブルが壊れていないか確認します。ピンの折れ曲がりやケーブルの被膜が破れていないかチェックしましょう。予備の電源ケーブルを持っている人は、電源ケーブルを交換してパソコンの電源が入るか確認します。予備の電源ケーブルがない、電源ケーブルを交換しても電源がつかない場合は、パソコンが電源ケーブルを認識しているか確認してください。電源コンセントとパソコン本体に電源ケーブルを差した状態で、電源ボタンを押してDELLのロゴが画面に表示される前にF2ボタンを連打しましょう。そうするとBIOSと呼ばれるハードウェアを制御する基本ソフトウェアが起動します。

きちんとコンセントにささっていないというケアレスミスではなく、本当にケーブルが断線してしまっている場合は、買い替えて試してみましょう。

2-3.マザーボードの故障

マザーボードとは、パソコン内部にある主要な電子回路基板のことです。パソコンの心臓ともいえるパーツのため、マザーボードが壊れるとパソコンは致命的なダメージを受けます。マザーボードの電解コンデンサから液漏れしていたり、融解したりしているとマザーボードは正常起動できないため、電源は入らなくなるでしょう。電解コンデンサの液漏れや、膨張が発生しているようであれば、交換作業が必要となります。マザーボード自体に問題がなくても、電源ボタンのリード線が断線したことにより、 起動しなくなるケースもあるでしょう。マザーボードに問題が出ているときは、電源のLEDがオレンジ色で点灯したり点滅したりします。

2-4.ハードディスクの故障

パソコンのハードディスクが故障したことにより、起動しなくなるケースはよく聞く話です。ハードディスクが正しく接続されていなかったり、認識できなかったりすると起動できなくなるでしょう。ケーブルが抜けているなどのケアレスミスもやりがちですので、よく確認してください。ケーブルがしっかりささっているかどうかは、ケースを開ければ確認できます。電源を入れた際に異音が出るようであれば、ハードディスクが故障している疑いを持ちましょう。また、パソコンの動作が遅くなったりフリーズする機会が増えたりするようであれば、ハードディスクの調子が悪くなっているといえます。

ハードディスクの寿命は、使用頻度にも左右されますが平均4年程度といわれていますので覚えておいてください。ハードディスクに問題があるケースでは、電源LEDがオレンジ色で点灯または点滅するはずです。

2-5.ディスプレイの異常

電源LEDが特に異常を示していないにもかかわらず、パソコンが起動しない場合はディスプレイに異常が起きているかもしれません。ファンの音などがして、パソコンは起動している様子なのになにも表示されていないときはその可能性が高まります。画像がぼやけているときや線が入っている場合も、ディスプレイ異常を疑いましょう。

外部モニターをデスクトップトップパソコンにつないで試してみるのも良いでしょう。これでうまく表示されるようであれば、ディスプレイの故障とわかります。ディスプレイは、10年ぐらい使えるといわれていますが物によってはそれよりも早く部品が故障することもあります。ノートパソコンであれば、液晶パネルの交換が必要で、デスクトップパソコンの場合には、外付けディスプレイの交換を検討しましょう。

2-6.ホコリの堆積による動作の不安定

パソコンは、定期的に掃除をしなければ、パフォーマンスが落ちてしまうものです。長期間掃除を怠っていると、ファンやヒートシンクなどにほこりがたまるので、冷却性能が落ちてしまうでしょう。ファンなどの冷却性能に問題がある場合、電源LEDはオレンジ色で点灯または点滅します。パソコンは、全体的に熱に弱いので冷却が不十分だと動作が不安定になってしまいがちです。ほこりがたまると静電気がたまりやすい環境となるため、パソコンが熱くなったり帯電したりすることもあります。

ほこりを除去するには、ケースを開けてエアダスターで掃除をするとよいでしょう。ただし、エアダスターをファンに直接あてるのは故障する可能性があるためやめてください。また、パソコンを掃除する際には静電気の対策も準備しておく必要があるでしょう。毛糸やアクリルなど、静電気が発生しやすい服装は避けてください。静電気をブロックできるような手袋、リストバンドを使用すると安心して作業ができます。

2-7.メモリやマザーボード上の帯電による不具合

コリの堆積に近いものですが、ホコリがなくても帯電はしてしまうものです。パソコンは長時間電源をつけたままの状態だと、マザーボードやメモリなどの内部の回路や部品に電力がたまります。内部の部品に電力が溜まると「電源がつかない」「マウスが反応しない」など、パソコンの動作が不安定になりがちです。DELLのパソコンは、HDDなどのUSB機器をつけっぱなしにしていると、起動しなくなる事例が報告されています。そのようなケースでも、放電を試みるのは有効です。

DELLのパソコンを放電するときは、パソコン本体の電源を完全に落とします。その後、パソコン本体に接続した電源ケーブルをはじめとする周辺機器をすべて取り外しましょう。ノートパソコンでバッテリーが取り外しできる機種は、バッテリーも取り外します。本体に挿入されているCDやDVD、USBメモリ、SDカードなどメディアもすべて取り外してください。その状態で電源ボタンを15~20秒ほど押し続けて、パソコン内部にたまった電力を放電します。バッテリー内蔵型のノートパソコンを持っている人は、放電後に裏面のリセットボタンを押しましょう。その後、電源ケーブルをパソコン本体につないで、電源ボタンを押してパソコンが起動するか確認してみてください。これは簡易的な放電方法です。

プロが実施する放電方法は上記の方法に加えて、プラスドライバーなどを使ってふたを開けて、メモリの抜き差しなども行います。こちらの方が放電の効果が高まります。ホコリを取る内部クリーニングやメモリの放電は内部を触ることになります。自分でやる自信がない場合には専門家に依頼しましょう。内部クリーニングに関するご相談はこちら

2-8.故障した部品を交換する

電源ユニットやマザーボードなどの部品が物理的に故障しているようであれば、故障しているパーツを交換しなくてはなりません。ケーブルが断線しているのであれば、ケーブルを買い換えます。ケーブルの取り換え程度であれば、そこまでお金はかからないでしょう。しかし、マザーボードやメモリを交換するとなると相当な金額がかかることもしばしばです。物によってはパソコンを買い替えたほうが、部品交換するよりもお得なケースもあり得ます。長年使っているパソコンが故障したのであれば、思い切ってパソコン自体を買い替えることも検討してみてください。

買い替え時に困るのが、初期設定、Wi-Fi設定など、アプリケーションのインストールなどを一から自分で設定しなおさなければならないことです。さらに、壊れたパソコンを処分する前に大切に保存しているデータのバックアップを取ったり、新しいパソコンにデータ移行なども考えなければなりません。自分でやるのは大変ですが、ドクター・ホームネットに依頼すれば、起動しないパソコンからデータを救出して、新しいパソコンの設定からデータの移行まで買い替え時のサポートを一括で依頼することができます。ご相談はこちら

3.システムトラブルによるDELLのパソコンが起動しない原因と対処方法

通電してDELLのロゴが表示された直後に黒い画面になる場合は、Windowsが原因で起動できない可能性があります。Windowsが原因で起動できないときは、画面にエラーメッセージが表示されることも珍しくありません。また、HDDのアクセスランプの点滅や消灯もWindowsが原因でパソコンが起動できないときによく見られる症状です。Windows起動時の音楽が流れない、電源LEDは緑色に点灯するのに画面が真っ黒のままだったときは、Windowsのトラブルによるものと考えてほぼ間違いありません。

パソコンが通電できないときの対処法

3-1.DELLのパソコンの自己診断プログラムを実行する

DELLのパソコンが起動しないときは、パソコンに搭載されている自己診断プログラムを試すのも1つの手段です。パソコンが正常に動作しないときに使うDELLの自己診断プログラムを紹介します。

3-1-1.DELLパソコンに内蔵されている自己診断プログラムとは?

DELLのデスクトップパソコンやノートパソコン、Windowsのタブレットには、「ハードウェアDiagnostics」と呼ばれる自己診断プログラムが搭載されています。このプログラムは、パソコンが動作しない原因を特定して、診断テスト実行後に表示されたエラーコードと問題解決策を提示してくれる便利な機能です。パソコン使用中に、自分でトラブルを解決したいときに役立つことでしょう。パソコン内部に搭載された内蔵診断とDELLの公式ホームページからアクセスするオンライン診断の両方が利用できます。トラブルの状況に応じて使い分けてみてください。

3-1.画面に表示されるエラーメッセージからエラーの原因を突き止める

DELLのロゴが表示されたあとにエラーメッセージ表示されたら、エラーコードやメッセージをWebで検索すれば原因と対処法を探せる場合もあります。エラーメッセージがあれば、トラブルの原因が判断しやすいです。公式サイトを含めさまざまなサイトに記載されていますが、エラーコードによっては対処方法が複雑で難しいものもあります。エラーコードが表示された場合はプロに依頼すると根本的な解決ができます。詳しくはこちら

3-2.Windowsの起動を妨げる不具合

Windowsの起動を邪魔するものがあって、パソコンが正常に起動しないこともあります。BIOSを工場出荷時の初期状態に戻すことで、トラブルが解決するかもしれません。電源を入れてDELLのロゴが表示される間に「F2」キーを数回連打しましょう。画面下部に表示されるキーを押すことでデフォルト設定を読み込むBIOSのバージョンもあります。BIOSが起動したら「Restore Settings」または「Load Defaults」をクリック。機種により表示項目が異なります。表示された項目を選択して「Esc」キーを押してBIOSを終了しましょう。終了する前に「保存して終了」をクリックして、変更内容を保存することを忘れないでください。

3-3.セーフモードで起動させる方法

これまで紹介した手順を試してもWindowsが起動しないときは、セーフモードで起動するか試します。セーフモードとは、Windowsを最小限の構成で起動する機能のことです。Windowsでトラブルが生じたときの診断モードのようなものと考えてください。特定のソフトウェアが原因でWindowsが起動できないときに有効な対処法です。Windowsのサインイン画面が表示されたら、「Shift」キーを押しながら「電源」「再起動」の順に選択してください。パソコン再起動後の「オプションの選択」画面で「トラブルシューティング」をクリック。その後、「詳細オプション」「スタートアップ設定」「再起動」と順番に選択します。再起動後にオプションのリストが表示されたら、「F4」または「4」を選んでパソコンが正常に起動するか試してみてください。

3-4.ディスクからWindowsを強制的に起動する方法

リカバリーディスクを使用し、ディスクからWindowsを強制的に起動させてみると復活することがあります。あまりメジャーな方法ではありませんが、やってみる価値はあるでしょう。リカバリーディスクを利用するといっても、パソコンを完全に初期化するわけではありません。やり方は簡単です。まず、ノートパソコンにディスクをセットしてメーカーロゴが表示される画面で「F12」を押下しましょう。Boot Managerが起動するので、「CD/DVD Drive」を選択します。この設定を行うと、ディスクから起動が開始されるのです。Windowsが起動後、ハードディスクに変更を加える前にディスクを抜いて、再起動してみてください。

3-5.クリーンブートを実行してみる

Windowsが起動しない原因が特定できないときは、クリーンブートを実行してみるのも1つの手段です。クリーンブートとは、Windowsの起動を邪魔したり、干渉したりするプログラムを特定するときに使います。管理者権限でパソコンにログインして「スタート」をクリック。画面左下の検索窓に「msconfig」と入力した検索結果から「システム構成」を選択してダイアログを起動させます。その後、「スタートアップ」タブを開き、「タスクマネージャーを開く」をクリックしてください。別ウィンドウで起動する「タスクマネージャー」から「スタートアップ」タグを選びます。一覧に表示される項目の状態が「有効」なものを選び、画面下の「無効にする」ボタンをクリックしましょう。「有効」な項目を「無効」にしたら、「タスクマネージャー」を「×」で閉じます。「システム構成」ダイアログの「スタートアップ」タブに戻って「OK」を押してパソコンを再起動してください。この方法は非常に有効ですが、パソコンが正常に動くためのプログラムも誤って停止させてしまうこともあります。どのプログラムが不要なのか判断できない場合には安易に無効にするのは辞めましょう。

3-6.Windowsのシステムにトラブルを初期状態に戻して解決する

OSであるWindowsのシステムファイルの破損が原因で、起動できないこともありがちなトラブルです。その場合、Windowsをリセットして正常なファイルを再インストールすれば復旧するかもしれません。Windows 10は、3回起動に失敗すると自動的にOSをリセットする回復機能があります。Windowsが起動できないときは「オプションの選択」画面が表示されるので、「トラブルシューティング」を選びましょう。画面が切り替わったら「PCを初期状態に戻す」をクリックします。

その後、「Keep my files(ユーザーファイルを保持する)」を選択してください。ユーザーアカウントの選択画面が表示されたら該当のアカウントを選び、パスワードの入力が促された場合のみログインパスワードを入力します。ログイン後に「リセット」をクリックすると、Windowsがリセット処理を行います。この方法でリセットすればログイン情報、デスクチップやマイドキュメントに保存したファイルは削除されることはありません。ただし、パソコン購入後にインストールしたアプリケーションや一部ドライバーは削除されるので注意しましょう。

DELL製パソコンのシステムトラブル解決はドクター・ホームネットにお任せください。詳しくはこちら

4.それでも直らないときはプロに修理を依頼しよう!

DELLのパソコン不具合を解決

これまで紹介してきた内容をすべて実施しても原因が特定できず、直る見込みがなさそうなときは、メーカーに修理を依頼するか、パソコン修理専門店に修理を依頼するのも一つの方法です。ここではプロに修理を頼むメリットやメーカーに依頼する場合の注意点などを紹介します。

4-1.メーカー修理前の注意点

メーカーに修理を依頼する場合は、パソコン内部のデータは必ず取っておくようにしましょう。メーカーに修理を出したとき、故障した部分や状態によってはハードディスクの初期化が実行され、データがすべて消えてしまのが一般的です。ハードディスクをコピーし、完全なクローンを用意したうえで修理に出すのが理想です。ただし、ハードディスクに物理的な破損が発生しているのであれば、必要なデータを取り出したり、コピーをしたりするのは不可能かもしれません。うまくコピーが作成できないようであれば、データを守りながらトラブルを解決できる修理専門店に依頼するのがおすすめです。

4-2.パソコン修理専門店ならさまざまな症状に対応可能

パソコンが起動しなくなる原因はいろいろとありますが、パソコンに詳しくない人にとっては、原因を正確に特定するのが困難です。しかし、プロに修理を依頼すれば原因が明確になるので、スムーズに問題を解決してもらえます。「修理すべきか」「買い替えをすべきか」の判断についても、アドバイスしてもらえます。

ドクター・ホームネットは、お客さまのデータを消さないように修理を行うのが基本となるので安心して依頼することができます。また非常に安価な費用で修理を請け負っている業者がいますが、大事なデータの詰まった大切なパソコンですから、値段だけみて依頼するのは避けたほうがよいでしょう。

DELLパソコンの不具合で困ったら!

電源ケーブルの抜き差しや放電などは、パソコンの知識がない人でも簡単にできる対処法です。しかし、パソコン内部の掃除やBIOSの操作、Windowsのクリーンブート実行などは、パソコンの知識がないとむずかしいかもしれません。今回紹介した手順を見て自己解決がむずかしいと思ったら、色々試して症状がさらに悪化する前に、パソコン修理のドクター・ホームネットにご相談ください。

DELLのパソコンが起動しないのでドクター・ホームネットに相談する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する