Macは3つの方法でデータ復旧可能。対策としてデータ保存にも工夫しよう

Macは3つの方法でデータ復旧可能。対策としてデータ保存にも工夫しよう

1.Macでデータ復旧は簡単にできる

Macでデータ復旧をする方法とは

パソコンが得意で使いこなしている方から、苦手なため業務に支障がないように努力しながらも、要所では得意な方の手を借りながら業務を進めている方まで、様々な方がいますよね。

パソコンが苦手というわけではないものの、Macを業務に関する基本的な使い方のみの理解で普段は使用していて、不意に大切なデータが消えてしまって困ってしまうというときもあるのではないでしょうか。このページでは、Macで失ってしまったデータの復旧方法やデータを失うことを未然に防ぐためのデータ管理のコツを紹介します。

お問い合わせはこちら

2.MacのTime Machineを使う

Macには標準で失ったデータを定期的に自動でバックアップする「Time Machine」という機能が内蔵されています。Time Machineを利用することで、時系列ごとに復元させたい日時のファイルをデータ復旧させることができます。

2-1.Time Machineとは

Macにはあらかじめバックアップ用として「Time Machine」という機能が備わっています。Mac内のデータを復旧することができる機能です。

1時間ごとにバックアップを保存し、そのデータを1日単位・1週間単位のものへと全自動で整理して、復旧の際には必要な日時のデータを選択してMac上にデータを戻すことができます。Time Machine用の外付けハードディスクにそれらのバックアップを自動で保存していき、容量が一杯になった際には、自動的に一番古いバックアップデータから削除されていく仕組みになっています。

仮にこの1時間ごとのバックアップを手作業で行うとなった場合、大変な手間がかかり現実的ではないため、この1時間単位での自動バックアップがいかに便利なものかご理解いただけるのではないかと思います。

2-2.使うには事前にバックアップが必要

1TB以上の容量を持った外付けハードディスクをTime Machine専用に準備し、下記の手順でバックアップしていきます。

項目 概要
1. 外付けハードディスクをTime Machine専用に設定する 購入した外付けハードディスクをMacに初めて接続した場合、メッセージが表示されることがあるので、「バックアップディスクに使用」をクリックすると自動で設定されます。時にこのメッセージが表示されない場合は次のステップをご参照ください。
2. Time Machineの環境設定を開く 「システム環境設定」アプリを開き「Time Machine」をクリックします。
3. リストの中から専用にするハードディスクを選択 表示された候補の中から接続中の外付けハードディスクを選択し、「バックアップを暗号化」(推奨)にチェックが入っていることを確認して「ディスクを使用」をクリックして設定完了です。

初回のバックアップには比較的時間がかかるケースが多いですが、2回目以降は比較的短時間で自動的にバックアップを作成してくれます。

2-3.Time Machineでのデータ復旧

続いて、Time Machineで取得したバックアップから実際にMacへデータ復旧する手順を解説します。

項目 概要
1. macOSのユーティリティウインドウを表示 Macを再起動し、起動したサウンドが鳴った直後に「command (⌘) + R」キーを押し続けると、ユーティリティ画面に入ります。
2.「Time Machine バックアップから復元する」を選択 ユーティリティウインドウの中から「Time Machineから復旧する」をクリックします。
3. 復元元を選択 バックアップが入っている外付けハードディスクを選択し、そのあとデータを復旧する日時を選びます。
4. 復元先のディスクを選択し、復旧開始 復旧データを保存するMacに内蔵された「Macintosh HD」を選択し、復旧がスタートします。再起動させたら完了です。

また、「アプリケーション」ファイル内にある「移行アシスタント」アプリからTime Machineを起動することで、復旧が必要なファイルを個別に選択してデータ復旧させることもできます。

Macのデータ復旧はこちら。ドクター・ホームネットにお問い合わせ。

3.無料や有料のデータ復旧ソフトを使う

Macのデータ復旧を行う方法として、標準で用意されているTime Machineを使用する他に、無料や有料のソフトを使用して行うことができます。ここではデータ復旧用ソフトを合計6つご紹介してまいります。

3-1.無料のおすすめMacデータ復旧ソフト3選

無料で使用できるソフトは3つを紹介していきます。

3-1-1.Photo Rec

このソフトは復旧したいデータの拡張子(.numbers、.txt、.elsx 等)を絞り込んで検索をかけることができる「File Opt」という機能があるため、復旧が必要なデータを素早く見つけることができます。復旧されたデータのファイル名は自動生成されることも特徴の一つです。

操作はMacではターミナルという、コマンドを入力して操作する画面上で英語表記の文字を見ながら進めていくのですが、基本的には矢印キーとEnterキーでほぼ操作が完了するため、英語に抵抗が少ない方であれば容易にデータ復旧を終えることができるでしょう。

3-1-2.Mini Tool Photo Recovery Free

写真・音楽・動画など、メディア関連のデータ復旧に特化したソフトです。.jpg(画像)、.mp3(音楽)、.mp4(動画)などの拡張子から検索をかけ、目的のデータを見つけ出す機能に優れております。こちらは日本語版がないため、英語に抵抗がなくメディア関連のファイルに集中した復旧をしたいという方におすすめのソフトになります。

3-1-3.Recuva for Mac

こちらのソフトの大きな特徴の一つとして、「カタログスキャン機能」を用いることで、データ復旧時のファイル名やフォルダの階層まで復元できるというところが挙げられます。先ほどご紹介した「Photo Rec」では、ファイル名は復元時に自動生成されてしまいますが、「Recuva for Mac」の場合はよりオリジナルのファイルやフォルダ分けに近い形で復旧することが可能です。

3-2.有料のおすすめMacデータ復旧ソフト3選

有料で使用できるソフトは3つを紹介していきます。

3-2-1.EaseUS Data Recovery Wizard

こちらの有料ソフトは、97.3%のデータ復旧率を誇っています。写真・音声・動画・ドキュメント(Wordデータ、エクセルデータ、PDFなど)データ形式を選ばず復元できるため、復元したいデータ形式に合わせていくつかの復旧ソフトを使用する必要もなく、一括で復旧が完了します。業務上大事なデータがMacで不意に消してしまったものの、次の会議で必要なため復旧に急いでいる場合に対しても、対応しているデータ形式を調べる必要もなく、迅速な復旧が可能となります。

3-2-2.Disk Drill

Disk Drillではパソコンに苦手意識があり、ソフトの操作にあまり自信がないという方にも安心の簡単操作での復旧ができます。復旧手順は簡単で、「復旧」ボタンをワンクリックするだけです。また、標準機能として無料のツールが6つ装備されています。「複製ファインダー」ではMac内に複製された同じファイルが点在している場合、オリジナルを残して削除することができ、「データ保護」では大切なデータを事前に保護しておくことで不意なデータ損失を未然に防ぐことができます。

3-2-3.Recoverit Mac版

こちらのソフトでは、550種類以上ものファイル形式の復元に対応しており、そのデータ復旧率は96%にも及びます。不本意ながら誤って業務中に削除してしまったパワーポイントのデータや、空にしてしまったゴミ箱の中身などを復旧できることはもちろん、コンピューターウイルスの攻撃によって失われてしまったデータや、電源を起動することができないMacのデータまでも復旧可能となっております。

3-3.無料と有料のデータ復旧ソフトの比較

ここまで無料・有料のデータ復旧ソフトを6つご紹介してまいりました。無料ソフトと有料ソフト、両者の大きな違いは2つあります。

まず無料では復旧できるデータの容量が2GBまでなどといった上限があるケースが多い一方、有料では大容量にて復元できるものが多くあります。急なMacのクラッシュなどで失ってしまった大切なデータが膨大な量でも、有料ならば全て一括で復旧できます。また、有料の方にはソフト開発会社からのサポートが付いていることが多く、Macの操作に自信がないという方も安心してご使用いただけます。

4.故障からのデータ復旧は業者に依頼

Time Machineやソフトを用いてデータ復旧ができなかった場合、Mac本体の物理的な故障など、何かしらのトラブルが原因であると想定されます。また、パソコンに苦手意識のある方の中には、先ほどのソフトなどでの復旧が難しかったという方もいらっしゃるのではないかとお察しいたします。そういったケースにおいてのデータ復旧には、業者に依頼することをおすすめいたします。

4-1.データ復旧ソフトで症状悪化の可能性

復旧ソフトを使用してデータを復元する作業は、個人の方が気軽に行うことができ、コスト面でも安く済むという点にメリットがあります。しかしながら、復旧ソフトを使用しても復旧できないケースがあり、場合によってはソフトを使用することでMacの症状を悪化させてしまった結果、プロの業者でも復旧が難しくなり、ご依頼時に費用が増してしまうケースもあります。

復旧ソフトでファイルが復元できないケースは下記の二通りの原因が考えられます。

項目 概要
物理障害 Mac内部の部品が破損している状態のため、物理的なパソコン本体の修理が必要なケースです。部品が破損している状態で無理に復旧ソフトを動かすことで、破損が大きく進行してしまい、修理費用がかさんでしまうこともあります。
論理障害 ファイルのシステム障害が原因のものです。復旧ソフトのインストール時のミスや、復旧データの保存先を間違えてしまうことで、復旧したかったデータがさらに上書きされてしまうこともあります。

上記の2つが原因でデータが破損してしまっていたケースにおいて、業者へ復旧を頼んだ際の費用が元々の費用に上乗せされてしまう可能性もあるため、最初から業者へ依頼する方がより確実にデータ復旧が可能となります。

4-2.Macのメーカー修理にデータ復旧の保証はない

Mac本体の物理的な障害が原因と想定される場合、Macのメーカーに修理を依頼することを頭に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかしながら、データ復旧が目的の一つでAppleに修理を出す場合は、Mac内のデータが全て初期化された状態で帰ってくることが前提であることを念頭に置いておく必要があります。

4-2-1.Appleへ依頼

項目 概要
メリット 部品をAppleの純正品として交換していただけるため、修理後に不具合が発生することがほとんどなく、修理面においては確実です。
デメリット
  • 内部のデータが全て消えた状態で帰ってくるということに同意しなければ、修理を受け付けてもらうことができません。
  • 場合によっては、ハードディスクごと新品に交換するケースもあります。

4-2-2.業者へ依頼

項目 概要
メリット Mac内部のハードディスクそのものの修理でない場合は、データはそのまま残しておくケースが多いため、データ復旧という目的に叶ったサービスを受けることができます。
デメリット Mac本体のプラスチック部分の交換ができないため、見栄えは使用感があるそのままの状態で戻ってきます。

上記の表からもお分かりのように、大切なデータの復旧が主な目的の場合Appleでの修理では目的が叶わないため、基本的にデータが残る業者へ依頼する必要があります。

4-3.おすすめのMacの修理業者

先ほどは、物理的な障害や論理的な障害が原因でMac内のデータが取り出せない場合、内部のハードディスクのデータが残った状態で戻ってくる修理業者に依頼する必要があるとご説明いたしました。その修理業者の一つとして、「ドクターホームネット」をご紹介させていただきます。

ドクターホームネットの強みに、年中無休で最短即日かけつけというところです。取り出せないデータがその日の会議にどうしても必要といった場合にも電話一本いただけましたら、当日中に対応できる可能性があるため、急ぎの際はぜひご連絡ください。

お客さまよりお預かりしたMacは大切に扱い、消えたデータの復元や破損してMacが起動しない状態でのデータ救出などを迅速に行い、お客さまへ復旧後のデータをお渡しいたします。当日中にどうしても必要なデータを消してしまった、Macを落として画面が割れたりして大切なデータが入ったままパソコンの起動ができなくなってしまった場合など、迅速かつ丁寧に対応させていただきます。

大切なデータが消えてしまった場合はご相談ください。
データ復旧サポートの詳細はこちら

5.Macのデータ損失を避ける管理方法

テータの損失を防ぐために事前にできる対策、管理方法を紹介していきます。

5-1.データをオンラインストレージに保存

オンラインストレージを使用してデータを事前に守る方法もあります。Macをご使用でしたらiCloudが標準で使用できるため、大切なエクセルデータやパワーポイントの資料などはこちらへ保存しておくことも可能です。万が一Macが故障して起動しなくなった際にも、別のパソコンからオンラインストレージにログインすることで、すぐに必要なファイルを取り出すことができます。

また、手元に普段業務で使用しているMacがない場合でもオンラインストレージに保存したデータはどのパソコンからも無料で取り出すことができる一方、Macのシステム全体のバックアップはできないため、あくまで必要なファイルのデータ管理にご使用ください。

5-2.有料サービスで利用データ容量アップ

オンラインストレージの有料プランを利用することで、クラウド上に保存できるデータ容量が増え、バックアップできるデータ量も大幅に上昇します。Macで使用できる代表的なオンラインストレージサービス3つを比較してみました。

5-2-1.Dropbox

項目 概要
無料 2GB
有料 2TB 年額 14,400円
3TB 年額 24,000円

5-2-2.Googleドライブ

項目 概要
無料 15GB
有料 100GB 年額 2,500円
200GB 年額 3,800円
2TB 年額 13,000円

5-2-3.iCloud Drive

項目 概要
無料 5GB
有料 50GB 年額 1,560円 (月額130円)
200GB 年額 4,800円 (月額400円)
2TB 年額 15,600円(月額1,300円)

Macでデータ復旧をしよう

いかがでしたでしょうか。不意にMac本体を落としてしまって起動できなくなってしまったり、不本意にバックアップを取っていない大切なデータを消去してしまったりした際にも、データを復旧できる方法はたくさんあります。

パソコンについてそれほど詳しくない方でも、操作も簡単ながら有料であれば操作方法などのサポートが受けることができる復旧ソフトから、専門業者に全てお任せする方法まで、簡単にデータ復旧を行うことができます。

オンラインストレージに日頃からデータを保存しておき、万が一の際の被害を少なくしておき、リスクヘッジを行いながら安心して日々の業務に勤しんでください。

データの復旧・救出でお困りならドクター・ホームネットに相談
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する