あっ!と思ったときにはもう遅い?キーボードに水こぼしたときの対処は?

キーボードの水濡れ応急処置

パソコンを使用中に、うっかりして水や飲み物をこぼしてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。パソコンのキーボードに水や飲み物をこぼしたまま使い続けると、故障や感電、発火や発煙の危険性があるため、注意が必要です。そこで、この記事ではキーボードに液体をこぼしてしまったときの対処法について説明します。

1.パソコンメーカー各社で対応が異なる

メーカーごとに対応が異なるため、どのパソコンでも同じ対応をすればよいというわけではありません。同じメーカーでも、型番によって対処法が異なります。そのため、適当に検索して見つけた水濡れの対処法を安易に実行しないように気を付けましょう。パソコンメーカーの公式サイトやパソコン修理業者のサイトなど、信頼のおけるサイトを参考にすることが大切です。この記事では、主なパソコンメーカーで紹介されている水濡れ対処法の一部を紹介します。繰り返しになりますが、パソコンによって対処法は異なるため、自分が所有しているパソコンに応じた対応を実施するよう、注意してください。

液体がかかったPCの対処法

1-1.NECのパソコンの対処法

NECのパソコンに液体をこぼしてしまったときは、柔らかい布で水分を拭き取ります。強く拭き取らず、布に水分を染み込ませるように丁寧に水分を取り除きましょう。キーボードのボタンとボタンの間に液体が染み込んでしまった場合は、液体がよく乾くのを待ってから使用するようにします。水分を拭き取り、よく乾いてから使用したのに不具合があるというときは、点検や修理に出す必要があるでしょう。使用することで状態を悪化させるケースもあります。心配な場合はよく水分をふき取ったのち早めに修理に出すほうが無難です。

1-2.富士通のパソコンの対処法

富士通のパソコンに液体をこぼしてしまったときは、まず、マウスを使ってパソコンの電源を落とします。次に、電源ケーブルを取り外しタオルなどの上にキーボードを裏返しておき、出てきた水分を吸い取りましょう。その後、修理に出します。そのまま問題なく使える状態であっても液体をこぼした場合は、修理に出すようメーカーが推奨しているため、修理の受付窓口に連絡するようにしましょう。

1-3.Macのパソコンの対処法

Macのパソコンに液体をこぼしてしまった場合、液体侵入インジケータで液体がパソコン内まで染み込んでしまったかどうかを確認できます。液体が侵入していると判断した場合は、できるだけ早く正規店へ修理の連絡をしましょう。液体による故障は、保証の対象にならないため注意が必要です。修理の予約をして有償で修理を依頼するという流れになります。

1-4.SONYのパソコンの対処法

SONYのパソコンに液体をこぼしてしまったときは、はじめに電源を切り、電源ケーブルや接続ケーブルを抜きましょう。バッテリーが取り外せるタイプのパソコンであれば、バッテリーも取り外します。そして、水分が出てくるよう柔らかい布の上にさかさまにしておきます。その後、問題なく利用できる場合もありますが、不具合が起きる可能性があるため、修理に出すことが賢明です。

1-5.Panasonicのパソコンの対処法

Panasonicのウォータースルー構造を採用しているパソコンに液体をこぼしてしまった場合は、すぐに電源を切りACアダプタを外しましょう。次に、キーボードについた水滴を柔らかい布で拭き、パソコンを水平にしたままゆっくりと持ち上げると底面の水抜き穴から水分が出てきます。水抜き穴から水分が出てきたらそれを拭き取り、パソコンを水平にしたまま、乾いた場所に移動させましょう。乾いた場所で、底面の開閉スイッチを開けてカバーを外します。CD/DVDドライブ内の水分も拭き取り、バッテリーパックを取り外してください。最終的には、修理に関する窓口へ忘れずに連絡をするようにしましょう。

1-6.Dellのパソコンの対処法

Dellのパソコンに液体をこぼしてしまったときは、はじめに電源を切ってバッテリーを取り外し、パソコンをさかさまにして水分を抜きましょう。このとき、早く液体を抜こうとしてパソコンを振らないように注意が必要です。電源コードなどの有線ケーブルやカード類など、取り外すことができるコードや周辺機器はすべて取り外してください。また、糸くずの出ないタオルなどで水分を拭き取ります。その後、直射日光の当たらない場所でパソコンの側面を下にして開いて立て、48時間乾かしてください。

1-7.lenovoのパソコンの対処法

lenovoのパソコンに水や飲料をこぼしてしまった場合は、水抜き穴から液体を排出することができます。もし、ジュースなどをこぼして隙間の汚れが落ちない場合は、クリーニング修理に出しましょう。

1-8.ASUSのパソコンの対処法

ASUSのパソコンに液体をこぼしてしまったときは、はじめに電源を切りバッテリーとACアダプタを外し、タオルで可能な限り水分を拭き取りましょう。表面の水分を拭き取ることができたら、パソコンをさかさまにして水分を出します。その後、パソコンを24時間以上放置して水分を乾燥させてください。早く乾かそうとしてドライヤーなどを使用と高温で別の不具合が出ることがあるため、絶対にやめましょう。パソコンが乾いたら、一度起動することができるかどうか確認し、起動できた場合は速やかにデータのバックアップを取ってください。その後、窓口に修理の相談をするようにしましょう。

1-9.その他のパソコン

その他のパソコンの対処法は、メーカーの公式サイトのサポート情報を確認してください。上記のメーカーの共通した対処法は、「すぐに電源を切ること」「電源コードやバッテリー、周辺機器などはすべて取り外すこと」「これらを速やかに行うこと」の3つです。パソコンに液体をこぼしたときは、一番にこの対処法を行いましょう。その後の対応は、メーカーによって異なる場合も多い傾向です。しかし、タオルなどの柔らかい布で水分を拭き取ったり、さかさまにして水を抜いたり、これ以上パソコン内部に水分が侵入しないようにすることが大切になります。自然乾燥で放置して乾かした後は、パソコンを起動してバックアップを取りましょう。

自己処理だけで問題なくパソコンが動くようになることもありますが、多くのメーカーでは修理の相談をするように推奨されています。そのままにしておいては、いつどのような不具合が生じるかわかりません。パソコンが動くようになったからといって安心せず、しっかりメーカーで中身を確認してもらうようにしましょう。また、水分を抜くときに注意しなければならないポイントも押さえておくことが重要です。「パソコンを無理やり振って水分を抜こうとしないこと」「ドライヤーを使わないこと」は、特に押さえておきましょう。

もし、自分で組み立てた自作機を利用している場合は、すべての対応において自己責任になります。自作機であれば、自分で分解して水分を拭き取ったり、濡れた部品を取り換えたりすることもできるでしょう。メーカー修理に出すことはできないため、どのような不具合が出ても自己責任です。自作機の場合は、特に日ごろから水濡れには気を付けておく必要があるでしょう。

2.自分で対処する際の注意点

自分で水濡れに対処する場合には、いくつか注意点があるため覚えておきましょう。まず、状態を悪化させる可能性もあるため、自己責任で行う必要があります。自分で誤った処置を行った場合、メーカーの修理が受けられなくなる可能性もあるでしょう。特に、以下については水没や液体をこぼした際に行うことは厳禁です。まず、パソコンの内部に水分が残っている可能性がある間は、通電しないようにしなければなりません。水分が残っているうちに通電すると、電気がショートして基盤が損傷し被害が拡大する恐れがあります。

キーボードに水をこぼした場合の対応方法

パソコンにドライヤーの温風をあてることも、絶対にやめましょう。パソコン内部は、さまざまな部品が組み合わさっているため熱に弱い部品もあります。温風によってパーツが溶けてしまい、修理が不可能になることもあるかもしれません。ジュースなどをこぼした場合は、それに含まれる糖分や塩分がパソコン内部の部品に固くこびりつくこともあります。無理やり乾かそうとせず、自然に乾燥するのを待つことが大切だと覚えておきましょう。

内部の水分を取ろうと、自分でパソコンを分解するのも避けましょう。先述の通り、パソコン内部にはさまざまな部品があります。とても細かく小さい部品もあるため、素人が不用意に分解することは故障につながるのです。内部の部品にうかつに触れたり、強くこすったりすると、水分は除去できたとしてもパソコンが正常に機能しなくなることがあります。また、けがや感電をする危険性もあるでしょう。

パソコンを冷蔵庫に入れて乾燥させようとする人がいるかもしれませんが、それも厳禁です。パソコンは精密機械のため、急激な温度変化に弱いという特徴があります。冷蔵庫から出したときに内部が結露し、かえって水濡れがひどくなる恐れもあるのです。冷蔵庫にパソコンを入れるのは絶対にやめましょう。また、パソコンを乾かして正常に動くようになったとしても、後日不具合が出てくる場合もあります。動くようになったからといって安心せず、パソコンが正常に起動しているうちに大切なデータはバックアップを取っておきましょう。

3.外付けキーボードに水がかかった場合は

パソコンのクリーニング

外付けキーボードに液体をこぼしてしまったときは、どのように対処すればよいのでしょうか。防水仕様のキーボードも多く発売されているため、パソコン本体やノートパソコンに液体をこぼしてしまったときよりも、被害は少ないことも多いです。一般的な対処法は、濡れたキーボードをパソコン本体から外し、傾けて水を切ります。だいたいの水分が切れたら、柔らかい布などを使ってできるだけ水分を拭き取りましょう。その後、直射日光のあたらない場所で、24時間以上陰干しをして、水分を飛ばします。外付けキーボードの場合は、ドライヤーの冷風で乾かすという方法もあるため、覚えておくとよいかもしれません。ただし、温風をあてるのは厳禁です。

外付けキーボードから水分を完全に除去できたら、キーボードをパソコンに接続して、すべてのキーが問題なく反応するかどうか動作確認をします。どのキーにも問題がなければ、とりあえずは安心でしょう。糖分や塩分を含んだ液体をこぼしてしまったときは、水分が乾いてもキーの反応が悪くなりがちです。高速入力するときは、キーボードが満足に反応しないこともあるでしょう。キーボードの使用感に問題が生じたら、修理費用、使用年数、当時の購入価格、現在の価格相場などを鑑みて、新しく購入することも検討したほうがよいかもしれません。ちなみに、人気の高級キーボードであるREALFORCEの水濡れ修理費用は、8,000円(税抜き)と部品代がかかります。「修理に出すのか」「新たに購入するのか」について、よく検討してみましょう。

4.水濡れを防止する方法

パソコンが水濡れしてしまったときの対処法について紹介してきましたが、一番よいのはもちろん液体をこぼさないように予防することです。水濡れを起こさないように防止する方法を以下にいくつか紹介します。すぐにできる対策もあるため、特に今まで水濡れを起こしてしまったことのある人は、確認してみましょう。まず、一番有効な対策はパソコンの近くに液体を置かないことです。しかし、「飲み物を飲みながらパソコン作業をしたい」という人も多いでしょう。そんなときは、紙コップなどのような倒れやすい容器ではなく、ペットボトルなどのフタがついた容器を選ぶようにするだけでも対策になります。

ペットボトルは、「その都度キャップやフタを閉める」「離席するときは飲み物を片付ける」など、意識的に工夫するとよりよいでしょう。ペットボトルだけでなく、フタ付きマグカップや別売りのシリコン製のフタなどで対策することも可能です。防水シートや防水カバーなど、キーボードに貼り付けて使うことができるグッズもあります。機種を問わない汎用タイプの製品もあり、自分のパソコンに合わせて必要な面積を覆うことができるため便利です。

パソコンの水濡れ予防方法

パソコンに液体をこぼすのは、自分だけとは限りません。パソコンを使っていないときでも、幼児がうっかり飲み物をこぼしてしまうこともあるでしょう。パソコンを使用しないときは防水ケースにしまうなど、常に自衛しておくことも重要です。水濡れが心配な環境で使うことがあるのなら、あらかじめ防水仕様のパソコンを購入するのもよいでしょう。防水性能は「IPコード(International Protection=防水保護等級)」の数値が大きいものが高性能のため、チェックしてから購入するようにしましょう。

プロの技術による内部クリーニングが安心

パソコンに液体をこぼしてしまっても、水であれば重篤な被害にはならない場合も多いです。しかし、ジュースなど水以外の液体をこぼしてしまった場合は、プロの技術者の内部クリーニングが必要になることが多いでしょう。メーカーの無料保証期間中だったとしても、水濡れに関しては有償修理となります。パソコンの水濡れでお困りの際は、ドクター・ホームネットにお任せください。

水没したパソコンでお困りのときは
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する