ノートパソコンが液晶割れしてしまった時の対処法や修理方法を紹介

ノートパソコンの液晶が割れてしまう原因には衝撃と圧力があります。ここでは液晶が割れないための注意点と割れてしまったときの対処法や修理方法、修理業者に依頼する場合の修理費用や期間について紹介していきます。

1.ノートパソコンの液晶割れが起きる原因と対処法

壊れたノートパソコン

ノートパソコンは持ち運びに便利なのが特徴ですが、液晶画面が割れる確率も高い機器です。昔に比べて画面も強度が増していますが、注意を怠ると割れてしまいます。ここでは液晶画面が割れる原因と対処法について紹介していきます。

液晶が割れないように注意するとともに、割れたときに怪我をしないように注意しましょう。割れてしまったときの対処法と修理の相場も紹介するので参考にしてください。

お問い合わせはこちら

2.ノートパソコンの液晶割れの原因と注意点

割れたモニター

ここではノートパソコンの液晶が割れてしまう原因と割れないように注意する点について紹介していきます。普段の何気ない動作にも液晶が割れる原因がひそんでいます。液晶が割れやすい状況を認識し、取り扱いに注意しましょう。

2-1.液晶割れが起きる原因

ノートパソコンの液晶画面は主に外的要因によって割れます。外的要因には「衝撃」と「圧力」の2種類があります。ノートパソコンの液晶画面は非常に薄くできていますが、内部から割れることはまずないので、外部からの危害に注意しましょう。

衝撃は強い衝撃が局所的に集中すると液晶が耐えられずに割れます。ノートパソコンを開いているときにものが当たったり、落下物が当たったりすると割れやすいです。

また、閉じているときこそ注意しましょう。カバー側から強い衝撃を受けたり、高いところから落下させても液晶は割れやすいです。

さらに、内部にペンやUSBメモリなどを挟んだ状態で閉じると画面が割れます。キーボードの上にものを置かないようにしましょう。

局所的に強い力が一定時間加わると液晶が割れる原因になります。ものの下敷きになったり、リュックにそのまま直に入れて持ち運んだりすると割れやすいので気をつけましょう。

満員電車などで強い力が加わると液晶画面が割れることもあります。つり棚を使う、前に抱えるなどして対策しましょう。

2-2.液晶割れを起こさないための注意点

液晶が割れないために注意するとよい点についてここでは紹介していきます。普段何気ない行動にも液晶が割れる危険性があるので、行動を見直して注意しましょう。

2-2-1.取り扱いの注意

パソコンは精密機器の集まりです。パソコンを取り扱うときの動作はゆっくり行いましょう。蓋を閉めるときにも勢いよくパタンっと閉めるのを繰り返していませんか。繰り返し衝撃を与えることで液晶画面も割れやすくなるので気をつけましょう。

移動するときにカバーも無しに持ち歩いていませんか。ノートパソコンは腰の高さから落としても液晶が割れたり、本体が故障したりする可能性が高いです。

作業環境に高いところからものが落ちてこないかも注意しましょう。パソコンラックなどを使用しているなら、キーボードに跳ね返って液晶にあたっても大丈夫なものが置いてあるか確認しましょう。できるだけ作業環境はきれいにしてものが落ちてこないように気をつけましょう。

2-2-2.持ち運びの注意

ノートパソコンをリュックやバッグに入れて持ち運ぶときは特に液晶が割れやすいので十分配慮しましょう。バックに入れて持ち運ぶ際には直接入れずカバーを使用するのがおすすめです。

パソコン収納に対応したバッグやリュックもあるので活用しましょう。バッグの中身が詰まっていると背負っているときにかがんだ圧力で液晶が割れることもあります。

硬いものは極力入れないようにしましょう。硬いものを入れる際はまとめてパソコンに影響の少ない場所に固定できるように工夫しましょう。

3.液晶割れは放置せず早期に対処しよう

パソコンを操作する男性

液晶画面が割れてしまったら早めに修理をしましょう。放置しておくとひび割れが広がっていったり、液晶が漏れて画面が映らなくなるなります。

タッチパネルを使用していると割れたところから誤作動するようにもなります。割れたけど作業に支障がないからと使い続けるのは止めましょう。

3-1.液晶割れの放置は危険

液晶画面はガラスとガラスの間に発光する液晶素材が詰め込んであります。液晶が割れた直後はヒビが入っている程度に思えます。しかし、時間がたつにつれて画面がにじんだりまだらになっていきます。最終的に完全に映らなくなる可能性もあります。

また、画面が割れることで有害物質が漏れ出してくる可能性もあります。漏れ出た液晶を触れた指で目などをこすってしまうと大変危険です。割れた部分は高温になりやすくやけどの恐れもあるので触れないように注意しましょう。

3-2.液晶割れしたときにまずすべきこと

ノートパソコンの液晶画面が割れてしまったら、その後使えなくなることを見越して以下の対応を行っておくと安心です。液晶画面が表示されているならバックアップを取りましょう。画面が表示できないならハードディスクを取り出して必要なデータをコピーします。詳しい方法について紹介していきます。

3-2-1.外部出力でバックアップを取る

画面が見えなくなって操作ができなくなる前に、外付けハードディスクなどに大切なデータのバックアップを取りましょう。修理に出す際に、初期化が条件になる場合もあります。正常に動いている間に確実にデータは保存しましょう。

3-2-2.ハードディスクを取り出す

液晶が割れて画面が見られなくなってしまったときには、パソコンからハードディスクを取り出す方法もあります。外付けハードディスクとしてデータを救出できるキットがあるので、万が一操作ができなくなった場合には検討してみましょう。

作業に不安があるなら専門の修理会社に相談しましょう。データ移行キットを購入する金額と修理代金を比べて検討しましょう。

4.ノートパソコンの液晶割れの修理と費用について

パソコンの損傷

ノートパソコンの液晶部品の交換は一般的に行われています。ここでは液晶割れの修理について費用や日数について紹介していきます

4-1.液晶割れの修理は可能

液晶割れの修理は修理項目として多くの修理会社で対応しています。メーカー修理でも対応しています。ただし、落下やものが当たったことによる液晶破損はメーカー保証の対象外の場合が多いです。

液晶交換は多くの場合有償修理です。また引き取り修理になるので日数がかかるのと、初期化されるかどうかの確認が必要です。

4-2.修理費用の相場

パソコンの液晶交換の作業費用はだいたい1万円〜3万円が相場です。作業費に出張代金や検査費用なども追加されると2万円〜5万円程度が見込まれます。

技術料なので中には高額な修理代金を設定しているところもあるので、事前にいくらになるか見積もりを確認した上で検討しましょう。

作業日数は14日〜30日程度が目安です。しばらくパソコン作業ができなくなるので、代替品を用意するなど対策をしましょう。

4-3.買い替えも検討する

長年使用していて、液晶の一部が黒く欠損していたり、色合いが焼けていたりするようなら液晶部品の寿命が迫っています。また、修理費用を考えると買い替えたほうが他の部品も新しくなって長く使用できることもあります

5年以上使用しているとなんらかの不具合が発生しやすくなります。使用状況や年数も考慮して古くなっていたら買い換えるのも検討に値します。

5.ノートパソコン液晶割れの修理方法と注意点

喜ぶ女性

ノートパソコンの部品交換はハードディスクとメモリ以外は困難な場合がほとんどです。どうしても格安で修理したい場合に、個人で部品を取り寄せて交換することもできます。

ただし、パソコンになれていないと思わぬ故障を招くのでおすすめしません。ここではノートパソコンの液晶を交換する手順を紹介します。自分では難しいと感じたら専門の修理会社に相談しましょう。

5-1.格安で液晶割れを修理する手順

格安に液晶画面の交換を行うには、部品を取り寄せて、分解し、交換する方法があります。自分で交換しようと思ったらどのようなことが必要になるのか知りましょう。自分では難しいと感じたら修理依頼を相談しましょう。

5-1-1.パソコンの型番を調べて液晶パネルを注文

部品は通販が発達しているのでよほど古い商品でない限り手に入ります。ノートパソコンの型番と液晶パネルを検索にかけて目当ての部品を見つけましょう

10年以上使用している場合は、液晶以外の部品も劣化している可能性があるので、一度診断してもらうのがおすすめです。

5-1-2.ネジカバーを外してネジを外す

部品が届いたらパソコンを分解ししていきます。個人でノートパソコンを分解するとメーカー保証の対象外になる可能性が高いです。保証内容と期限を確認の上で、ネジを外しましょう。

ネジはさまざまなところに締めてあります。取り扱い説明書にパネル交換について手順を載せているメーカーはありません。注意深く外して、バラバラにならないよう、サイズごとにまとめておきましょう。

5-1-3.フロントベゼルを外す

フロントベゼルは最も力のかかる部分なので固く閉じられています。ネジだけでなくツメなどで固定されているので、コテなどを用意して徐々に外していく作業になります。

ツメを折ったり、他の部品を傷つけないように十分注意して行いましょう。特に接続ケーブルは長さが決まっているので無理に引っ張らずに可能な範囲で動かしましょう。

5-1-4.パネル固定ネジを外す

液晶画面を固定しているパネルの固定ネジを外していよいよパネル交換です。パネルが激しく割れている場合にはビニール袋の中や、布を引いてガラスや液晶が飛び散らないように注意しましょう。

また、接続端子をちぎらないように力加減に注意しながら作業を進めましょう。

5-1-5.新しい液晶パネルと交換して、元の状態に戻す

新しい液晶パネルと交換したら、これまでと逆の手順で固定していきます。このとき接続端子を間違えて止めないように。止め忘れないようにしましょう。

ネジのサイズを間違えるとしっかり固定できなかったり、ネジ穴を傷つけるのでよく注意して締めていきましょう。

各部ツメがあるところはしっかり噛んでいるか、ケーブルなどを挟み込んでいないか確認しながら行いましょう。

全てもとに戻して電源を入れたときに画面が正常に映れば成功です。映らない場合には、作業のどこかに不具合があるので、再度分解して原因を探すか、修理会社に相談しましょう。

5-2.自分で修理するときの注意点

自分で修理する際には配線のつけ間違いや部品の破損などに注意して行いましょう。特に静電気には注意して、除電してから作業しましょう。

個人で液晶ディスプレイ交換を行うのは高い技術と注意力を必要とします。交換方法を読んで自分には難しいと思ったら、パソコン修理の専門会社にまず相談しましょう。格安でできるからといって、個人で液晶交換をすることはおすすめしません。

なかでも「ドクター・ホームネット」なら全国365日、土日でも自宅に駆けつけてくれて診断してくれます。店舗への持ち込みや宅配にも対応しています。作業代金の目安がホームページに載っていますし、直接見にきてもらい診断を受けたあとにより詳しい見積もりを作成してもらうことも可能です。詳細はこちら

液晶が割れたら早期対応で被害を最小限にしよう

液晶が割れたらすぐにパソコンを買い換えるのではなく、内部に故障がないなら修理に出して使えるようにしましょう。

長年使用してきたものなら、他の部品も劣化している可能性があるので買い替えも検討しましょう。液晶画面の交換は、メーカーによって手順もさまざまで困難な場合がほとんどです。修理する場合には専門の修理会社に依頼しましょう。

ノートパソコンの液晶交換のプロであるドクター・ホームネットに依頼する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する