マザーボードを交換してもOSを継続利用できる?利用法やトラブルの対処法

パソコンの故障や機能拡張のためマザーボードを交換

パソコンが故障したときや機能拡張をしたいときはマザーボードを交換することがあります。その際、OSの継続利用はできるのかどうか不安に感じることはないでしょうか。Windows10ならハードウェアを交換した後も継続利用は可能ですから心配は要りません。ライセンス認証もできます。ただし、適切に完了させるには事前準備と注意が必要です。そこで、マザーボードを交換した後にOSを継続させる方法や注意点などについて解説していきます。

1.マザーボードを交換してもOSは継続して利用可能

マザーボードはメモリやCPUを取り付けるための基盤であり、パソコンそのものといえます。交換するとなればOSの継続が心配という人もいるかもしれません。結論からいえば、Windows10ならマザーボードを交換した後もOSを利用することは可能です。本来、WindowsをOSとして稼働させるときには電話認証やドライバが必要でした。CPUやマザーボードのようなパソコン本体ともいえる部分を交換する際は、慎重さが求められてきました。あらかじめきちんと設定して準備をしておかないと正常に稼働しないことが多かったからです。

実際にWindows7やWindows8、WindowsXPといったOSの場合、CPUやマザーボードの交換前にドライバをすべて有効にしておく必要がありました。そのため、Windows10より前のOSを使ってきた人にとっては、不具合が心配になるのは当然かもしれません。Windows10とそれ以前のOSでは、ライセンスの認証方法が違います。以前のOSは、製品を購入したときに発行されるプロダクトキーを入力してライセンス認証を行ってきました。一方、Windows10はアカウントを紐づけておくだけでライセンス認証が完了できます。マザーボードを交換してもそのままOSの継続が可能なのです。

2.Windows10でマザーボードを交換してOSを利用する手順

OSの継続利用が可能であることがわかったところで、次に知っておきたいのはライセンスを継続する方法です。ここではマザーボードを交換した後、Windows10をOSとしてそのまま利用する手順について紹介していきます。

パソコンの内蔵機器の交換手順

2-1.交換前の準備

マザーボードを交換する前に必ずやっておきたい準備がアカウントの紐付けです。Windows10をローカルアカウントからMicrosoftアカウントへと変更しておきましょう。変更ができていないとWindows10をそのままOSとして利用することができません。つまり、Microsoftのアカウントを取得しておけばマザーボードの変更に関係なくWindows10が使えるということです。すでにMicrosoftのアカウントを取得している人はそのまま切り替え作業を行えます。Microsoftのアカウントを取得していない人は、まずMicrosoftの公式サイトで無料登録をしましょう。

続いて、ローカルアカウントからMicrosoftアカウントへの切り替え作業に移ります。まずスタートメニューから「設定」に進みます。「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をクリックして「自分用にセットアップする」というウィンドウへ進みましょう。このウィンドウでMicrosoftのアカウントとパスワードを入力し「サインイン」をクリックします。画面が切り替わったら「ローカルアカウント」のパスワードを設定します。設定していない場合は空欄のままで次に進みましょう。続いてPINの設定画面になりますが、ここは設定しなくても問題はありません。ここまでの作業でローカルアカウントからMicrosoftアカウントに変更され紐付けは完了です。

2-2.パーツの交換

マザーボードの交換をする前にパソコンの電源を落とします。このとき、すぐに作業を始めてはいけません。放電を行うためにしばらくそのまま放置しておきます。数分置いたらマザーボードが固定されているネジをドライバーで丁寧に外していきます。接続されているケーブルはゆっくり引き抜き、パソコンからマザーボードを外しましょう。続いてI/Oシールドを新しいものに交換し、メモリを取り外します。

次にCPUを慎重に外していきます。続いてCPU用のクーラーも取り外しますが、埃などがあれば除いてきれいにしておくといいでしょう。交換するマザーボードにCPUとCPU用のクーラーを取り付けていきます。次にパソコンにマザーボードをセットして元通りにネジで固定する作業に入ります。このとき、ネジに緩みがないことを確認しましょう。続いてメモリを取り付け、外したケーブルもすべて接続して交換作業は完了です。

2-3.交換後の認証

マザーボードなどハードウェアを交換したら、マウスやキーボードを接続してパソコンの電源を入れてみましょう。普段より時間がかかるかもしれませんが、何も問題が生じていなければデスクトップ画面まで起動されます。ログインを促されたら、Microsoftアカウントでログインします。しかし、通常はまだWindows10はOSとして認証されていません。システム情報には「Windowsはライセンス認証されていません」という表示が出ますから、それで確認ができます。

続いて、Windows10をOSとして認証させる作業に入ります。ライセンス認証を実行するにはスタートメニューから「設定」へと進み、「ライセンス認証」の画面を表示させましょう。続いて「トラブルシューティング」をクリックすると「トラブルシューティングは完了しました」という画面に切り替わります。この画面で「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」をいう文言をクリックすれば認証作業は完了です。

3.Windowsでマザーボードを交換する場合の注意点

Windowsでマザーボードの交換をする際、いくつかの注意点があります。ここではマザーボードを交換するときはどのような点に注意したらいいのか解説していきます。

マザーボードのトラブルの解決なら

3-1.マザーボードの種類

マザーボードにはさまざまな種類が出ています。従来とは異なるマザーボードに交換する場合は、OS用のドライバを入手しなければなりません。ドライバの入手方法の一つはDVDなど光学メディア媒体からインストールする方法です。他にはインターネットでダウンロードすることもできます。ただし、ダウンロードする場合はあらかじめネット環境を整えておきましょう。古いマザーボードのデバイスドライバやユーティリティは不要です。新しいマザーボードに交換したらすべて削除しても問題はありません。

以前と同じマザーボードに交換したい場合、型番を調べれば購入することは可能です。同じマザーボードなら特に注意する点はありません。型番を調べる際、自作パソコンであれば購入時の箱や説明書などで確認できます。または直接マザーボードを見て確認しましょう。しかし、自作のパソコンではない場合やパソコンを起動しているときには簡単に確認することはできません。その場合はDirectX診断ツールを使って確認が可能です。まずWindowsキーとRキーを同時に押し、「ファイル名を指定して実行」を表示させます。名前のところに「dxdiag」という文字列を入力して実行をクリックします。「DirectX診断ツール」の画面に切り替わったら「システム情報」でマザーボードの型番を確認してみましょう。

3-2.ライセンスの紐付け

マザーボードの交換でもっとも注意したいのはアカウントの紐付けです。Windows10はそれ以前のWindowsと違い、Microsoftアカウントでの認証が可能です。マザーボードの交換後もMicrosoftアカウントを紐付けていればOS認証がスムーズにできます。ところが、Windows10はローカルアカウントでも認証できるので注意が必要です。Microsoftアカウントで認証されているつもりでも、実際には紐付けされていないかもしれません。

マザーボードの交換前には必ずWindows10がMicrosoftアカウントに紐付けされていることをチェックしておきましょう。紐付けが完了しているかどうかはマイクロソフトの公式サイトでも確認できます。公式サイトにサインインすれば、購入履歴から確認が可能です。ローカルアカウントのままになっていたらすぐにMicrosoftアカウントに移行しておきましょう。パソコンのスタートメニューから「設定」へと進み、「アカウント」、「ユーザーの情報」と順に進んだら「Microsoft アカウントでのサインインに切り替える」をクリックして完了です。

4.OSの再認証がされない場合の対処法

マザーボードを交換して問題がなければ安心です。しかし、OSが再認証されないこともあります。ここでは、そんな場合の対処方法について解説していきます。

4-1.アカウントの認証確認をする

マザーボードの交換後、何らかの不具合が出る場合もあります。不具合があってもWindows10が表示されていれば心配はないでしょう。OSとして認証されているということなので、この場合はアカウントの問題ではありません。しかし、Windows10が表示されていないならアカウントに問題が生じているということです。まずはWindows10のアカウントが認証されているかどうかを確認しましょう。

ホーム画面のスタートメニューから「設定」に進み、「ライセンス認証」へ進みます。「Windowsのライセンス認証を行う必要があります」と表示されたらWindows10は認証されていないということです。続いてプロダクトキーを入力して確認してみましょう。もしもプロダクトキーを入力しても問題が解消されないなら、アカウントの再認証が必要です。

4-2.アカウントの再認証を実行する

認証確認をした結果、Windows10が認証されていないなら再認証を行いましょう。デスクトップのスタートメニューから「設定」、「ライセンス認証」と進みます。次の画面で「ライセンス認証されていません」と表示されたら「トラブルシューティング」を実行します。「ライセンス認証の問題を検出しています」という文言が表示さたら検出開始です。問題検出までに時間を要することもありますがとにかく待ちましょう。

「トラブルシューティングが完了しました」の画面に切り替わったら画面の下に「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」という文言があることを確認します。文言が表示されていればクリックしましょう。次の画面では「Windows10を再度ライセンス認証する」と表示されます。この画面では「現在使用中のデバイスは、これです」にチェックをし、続いて「アクティブ」をクリックします。認証中の画面に切り替わり、「Windowsはライセンス認証されています」の表示が確認できれば問題なく完了したということです。

4-3.OSのクリーンインストールを行う

ライセンスの再認証など可能な方法を一通り実行しても、問題が改善されない場合もあります。そんなときにはクリーンインストールを試してみましょう。クリーンインストールとは、パソコンを一旦まっさらな状態に戻すことです。クリーンインストールは、それまで使ってきたソフトや設定など古い環境は維持できません。その代わり、パソコン環境の再構築を図りたいときにはメリットのある方法です。

パソコンの復旧を急ぐ場合は向いていませんが、再設定に時間を割けるなら望ましい方法といえます。OSの利用については、Windows10をMicrosoftアカウントで利用していれば後で紐付けされるので心配は要りません。クリーンインストールは、Windows8.1など古いOSからインストールしていく方法もあります。古いOSを一旦インストールし、その状態からWindows10にバージョンアップしていくという方法です。実際にバージョンアップでWindows10の環境にしていた場合は、この手順でクリーンインストールを実行しましょう。

5.交換後にどうしても不具合が直らない場合の対処法とは?

どうしてもパソコンのトラブルが解決しない場合は?

マザーボードはハードディスクやCPU同様、パソコンの中枢となる部分です。交換によって問題が生じた場合、OSが認証されないなどの他にもさまざまなトラブルが発生しやすくなります。例えばパソコンが起動しないといった問題も出てくるかもしれません。起動しても再起動を繰り返したり画面が固まったりというトラブルが起こることもあります。OSが認証されないなど問題が起こる場合は複雑な原因が絡んでいるのかもしれません。

マザーボードが故障していた可能性も出てきますし、パーツ同士の接触なども心配されます。マザーボードをはじめパソコンのハードウェアは精密機器です。自分で改善を試みることで、実は状態を悪化させることもあるでしょう。そうなると、もとに戻すことすら難しくなります。うまく起動できないときには早い段階で専門店に依頼してみましょう。あるいは、マザーボードを交換する時点で専門店に依頼した方がいいかもしれません。修理をはじめ、さまざまなパソコンのトラブルが起こっても安心です。例えばドクター・ホームネットなら、全国に200もの拠点があるので利用しやすいというメリットがあります。店舗への持ち込みも可能ですし、出張修理も対応しています。

OSの不具合が直らなければ修理のプロに依頼しよう

パソコンのお悩みはドクター・ホームネットへ

パソコンの不具合や機能拡張などでマザーボードを交換することがあります。Windows10ならMicrosoftアカウントで認証ができ、OSの再利用が可能です。Microsoftアカウントを紐付けしておけばパーツを交換しても問題はありません。しかし自分で交換を行うと不具合が発生しやすくなります。そんなときはドクター・ホームネットに依頼するのも有効な手段です。マザーボードの交換をはじめさまざまな修理に対応しているので、まず問い合わせてみましょう。

マザーボードの交換をご希望の場合は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する