異常に熱いと感じたら要注意!パソコンの熱が引き起こす不具合とは?

パソコンが熱いときは内部清掃を!

テレビや冷蔵庫などの家電と同じく、パソコンも通電中は熱を発生するものです。しかし、異常に熱いと感じることはないでしょうか。パソコンは、何らかの原因により必要以上の熱を持ってしまうことがあります。パソコンの熱は不具合を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。ここでは、パソコンが熱くなる原因や対処法などを説明していきます。

1.パソコンが熱くなるのはなぜ?

パソコンが熱を持つ仕組みは、パソコン内部の電子同士がこすれ合うことにより発生する摩擦熱が原因です。パソコン内でデータをやりとりする際、大量の電子が動き回ります。その電子同士がぶつかり合い、こすれることで摩擦熱が発生しますが、これがパソコンが熱を持つ原因となります。そのため、長時間の使用や大量のデータのやりとりなどで多くの熱が発生しますが、中でもCPUやハードディスク、バッテリー、冷却ファンは熱をより発生させやすいです。特にCPUは、人間の脳としての役割を持っており常に稼働しているため、もっとも熱を帯びやすいとされています。

また、ノートパソコンは部品同士が接近しているため、電子がぶつかりやすく、デスクトップ型より熱を持ちやすいとされています。ものによっては冷却ファンがついていないものもあるので、その場合はさらに熱を持ちやすいといえるでしょう。また、パソコン内部にホコリがたまっていたり、パソコンを使用している部屋の温度が高かったりする場合も、パソコンは熱を持ちやすくなるので注意が必要です。熱を帯びていると、不具合や故障の原因になります。パソコンの温度には十分気を付けましょう。

2.パソコンが異常に高温になるとどうなる?

パソコンが熱を帯びたことにより、いくつかの症状が出ることがあります。ここからは、熱を持ったパソコンがどうなるのか、その症状について解説していきます。パソコンがこのような状態になったら、熱の上昇を疑ってみましょう。

2-1.熱暴走をおこす

パソコンには、適正温度が存在します。一般的には、30~40度がパソコンの適正温度と呼ばれています。つまり、パソコンは熱過ぎても冷た過ぎても良くないということです。熱を帯び過ぎると、パソコンは熱暴走を始めてしまいます。熱暴走とは、パソコン内部の温度が上昇したことによる異常動作のことを指しますが、以下のような症状が現れます。

・画面がフリーズしてしまい、キーボードやマウスの操作がきかなくなる
・動作が遅くなるなどの不具合が出る
・操作していないのにアプリケーションが勝手に起動する
・勝手に再起動する
・勝手に電源が落ちる
・何度もエラーメッセージが表示される 

これらは、CPUやマザーボードなどの重要な部品に不具合が生じた場合に起こり得る症状です。つまり熱暴走が起こってしまうと、パソコン内部のさまざまな部品に深刻なダメージを与えてしまいます。結果的にパソコンが立ち上がらなくなったり、作業中のファイルが消失してしまったりすることも十分あり得ます。取り返しのつかないことになる前に、熱暴走の疑いがあれば、部品交換などを行っている業者に修理を依頼しましょう。

2-2.異音・異臭を発する

熱を帯び過ぎると、パソコンの冷却装置であるファンに負荷がかかってしまい、異常な音が生じることがあります。また、さらにひどくなれば焦げたような異臭が発生することもあります。これは、まさに回線などが焦げてしまっている可能性があり大変危険です。放っておけば煙が発生し、本体の中で発火している場合もあります。それが内部のホコリに引火すれば、火災の原因になってしまう可能性も否めません。異音や異臭がしたら直ちにパソコンの使用をやめ、熱が下がるのを確認したらすぐに専門の業者に相談しましょう。

3.パソコンの温度上昇を防ぐには?

熱を帯びている状態は非常に危険です。温度上昇を防ぐためにいくつか対策をとる必要があります。ここからは、パソコンの温度上昇を防ぐ方法を説明していきます。

パソコン内部のクリーニングならドクター・ホームネット

3-1.使用しないアプリケーションを終了する

一つ目は、使用していないアプリケーションを終了させて、パソコンの負荷を下げる方法です。前述の通り、大量のデータのやりとりでパソコンは熱を持ちますが、アプリケーションをいくつも立ち上げていれば、その分パソコンには負荷がかかります。複数のアプリケーションを起動していたり、ブラウザで複数のタブを開いていたりする場合もありますが、その場合は必要なものだけ残してほかは常に閉じるよう心掛けて下さい。また、アプリケーションの中には、自動的に起動して、そのまま起動し続けているものもあります。そのようなアプリケーションを常駐プログラムと呼びますが、常駐プログラムを確認して、不要だと思われるものは起動しないよう設定しましょう。

Windows10の場合の常駐プログラム確認・設定方法は、スタートボタンから設定を選択し、アプリ、スタートアップの順にクリックして、起動時に実行するアプリはオフにします。Windows7の場合は、スタートボタンからすべてのプログラムを選択、スタートアップをクリックして、該当アプリを選択して右クリックメニューから削除していきます。

3-2.室温を調節する

室温を調節することも、熱を持たせないための対策の一つです。前述の通り、パソコン内部の温度は30~40度に保つのが良いとされています。パソコン内部の温度は室温+7~8度ほどになるので、パソコンを使う部屋の温度が上昇すれば、併せてパソコンの温度も上昇してしまいます。高温になってしまうのを避けるために、エアコンで室温を調節して、適正温度を保つと良いでしょう。特に夏場は温度が上がりやすいです。エアコンを使う電気代を気にするのであれば、扇風機やサーキュレーターを使って、パソコンに風を送るなどの工夫をしましょう。

ただし、パソコンに保冷剤や氷を当てるのは厳禁です。氷が溶けて水がパソコン内部に入り込んでしまったり、内部に結露が発生したりすることも考えられます。水分も故障の原因となり得るので、保冷剤などは使用せずに部屋の温度を調節することに努めましょう。

3-3.パソコンを休ませる

長時間パソコンを使用すればするほど、内部の電子は動き回り、より熱を持ちやすくなります。熱を持たせないようにするには、長時間の使用を避け、適度にパソコンを休ませることを意識することが大切です。たとえば、外出時や睡眠時など使用しないときは必ず電源を落とすなどの習慣をつけましょう。また、ノートパソコンの場合は、過度な充電によっても熱を帯びてしまうことがあります。バッテリーがフル充電されているにも関わらず充電を続けていると、パソコン内部に負荷がかかったり、バッテリーが劣化したりする恐れがあります。バッテリーがフル充電になったら電源コードからの供給を止めて、バッテリーのみで稼働させましょう。

3-4.パソコンの置き場所を変える

熱を持たせないための対策として、パソコンの置き場所を考えることは意外と重要です。基本的には、直射日光を避けることをまず意識しましょう。パソコンは日光による温度上昇のほか、紫外線も苦手です。極力直射日光が当たるところは避けて配置することが大切です。どうしても置き場所に直射日光が当たってしまう場合は、遮光カーテンなどを取り入れてできるだけ対策をとりましょう。

また、ファンの通気口をふさがないように注意することも大切です。パソコンはノートでもデスクトップでも、背面から熱を排出します。背面を壁につけてしまったり、同じ場所に置き続けていたりするとうまく空気の通り道が作れません。そうなると熱が内部で停滞してしまうので、通気口を壁から離したり、パソコンの周囲にものを置いたりしないように対策をとって、風の通り道を作ってあげることを意識しましょう。

ノートパソコンの場合は、使用中に置き場所を移すことができるので、適度に場所を移すことも効果的です。特に、布団やテーブルの上などで作業することも多いですが、作業中であっても、パソコンを休ませがてら移動させてあげると良いでしょう。

3-5.パソコンの冷却グッズを利用する

パソコンの温度上昇を防ぐための冷却グッズは数多くあります。それらを利用するのも効果的です。冷却グッズには、大きく4つのタイプに分かれます。まず挙げられるのが、卓上ファンタイプです。簡単にいえばミニ扇風機のようなもので、その名の通り、机に置いて外部から風を送ってパソコンを冷やします。USBコネクトから電源を供給するタイプも多く、価格も1000円程度のものがそろっているので、手軽に使える冷却グッズの代名詞といえるでしょう。

また、ファンが台に組み込まれているような冷却台もあります。台の上に乗せることで熱が停滞してしまうのを防ぎ、そのうえ、ファンによってさらにパソコンを冷却してくれます。ファンの数を調節できるものも多いので、それほどファンの音も気になりません。金属メッシュでできているものだったり、風量を調節できたりするものもあるので、よりバリエーションは豊かです。サイズも豊富にそろっており、大体は15~17インチのノートパソコンを置くことができます。こちらも価格は1000円前後のものが多いので、比較的手に入れやすいでしょう。

ファンが付いていない冷却台もあります。シンプルに裏面の排熱部分と机などの接地面を離してくれるものから、ファン無しでも冷却してくれるものまであります。置くだけで済み、音もまったく気にならないので重宝している人は多いです。最後は、排熱処理を強化してくれるタイプのファンです。ファンが回ることでより排熱が強まり、効果的に熱を取り除いてくれます。排熱口に製品を取り付けるだけで良いので、余計な作業を必要としません。

いずれも手軽に使用できるものばかりなので、どれか一つは持っておいて損はないでしょう。

3-6.ファンの埃を取る

最も熱を持つ原因といって過言ではないのが、パソコン内部の埃です。特にファンの通気口は埃が溜まりやすいといえます。埃が溜まってしまうと当然空気の流れは悪くなってしまいます。加えて、熱がたまることでファンの回転が強まり、騒音にもつながりやすくなってしまうので定期的な清掃が必要です。ただし、外からエアダスターで埃を飛ばそうとすると、パソコン内部に埃が落ちてしまいます。掃除機でホコリを吸ったり、綿棒や爪ようじなどで掻き出すと効果的です。

可能であれば分解して内部清掃を行ってみましょう。ただし、知識がないまま安易に部品を取り外してしまうと、思わぬ破損につながってしまうこともあります。続いてパソコン内部の清掃方法を紹介しますが、不安であれば業者に依頼することも考慮しましょう。

4.パソコン内部の清掃方法

パソコン内部の定期的な清掃は、排熱面からいっても非常に重要です。ここからは、パソコン内部を清掃する手順を説明していきます。

パソコンのお手入れは定期的に!

4-1.準備するものと注意点

まずは、清掃に必要なものを準備しましょう。それほど準備に手間は掛かりませんが、パソコンは精密機器なので、適切なものを選ぶようにしましょう。必要なものは以下の通りです。

・パソコンの取扱説明書
・ドライバー
・埃を拭うもの(綿棒、ティッシュ、ハケ、ピンセットなど)
・埃を取るもの(掃除機、エアダスターなど)

また、清掃時には気を付けたいこともあります。まず、静電気で埃を吸着するタイプの掃除グッズは、通電によって内部の部品を破損させてしまう恐れもあるので使用しないようにしましょう。静電気の発生を防ぐためには、作業前に金属に触れたり、静電気防止手袋を使用したりすることも大切です。ほかにも、細かいネジが多いため、元に戻すときに悩まないよう整理しながら作業することを心掛けましょう。注意点を把握しないまま清掃に入ると、思わぬ事故につながってしまうことも考えられるので、十分気を付けましょう。

4-2.清掃手順

いよいよ清掃に入りましょう。清掃手順は以下の通りです。

1.パソコンの電源を落として電源コードを抜く
2.掃除機で吸い取ったり、ハケを使ったりしてパソコンの外側に見える埃を取る
3.取扱説明書を確認しながら、パソコンのカバーを外す
4.内部の目に見える埃を綿棒やティッシュなどで取り除く
5.基盤周辺はハケで優しくなでるか、エアダスターで埃を飛ばす(静電気が発生する可能性があるため、基盤付近では掃除機は使用しない)
6.カバーを元に戻す

これで清掃は完了です。どうしても不安が残るようであれば、やはり業者に依頼することも頭に入れておきましょう。

パソコン内部のクリーニングはプロに依頼するのが安心

パソコンのスペシャリストにお困りごとはお任せ

パソコンが異常に熱を持つと、さまざまな不具合の原因になってしまいます。パソコンの熱を防ぐ方法の一つには分解清掃がありますが、異音や異臭が発生しているようなら部品が破損している可能性も否めません。この場合、部品の交換などが必要です。分解清掃や点検修理に不安が残るようであれば、早めにドクター・ホームネットに相談してみてはいかがでしょうか。

パソコン内部のクリーニングが必要な時は!
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する