画面がみづらく作業ができない!パソコンの液晶割れの対処法

画面が映らず困っている親子

パソコンの液晶画面は強い衝撃を受けると割れてしまい、表示ができなくなることがあります。表示ができる場合でも画面にヒビが入っていると作業に支障が出るうえ、そのまま使い続けて大丈夫なのかという不安もあるでしょう。この記事では、パソコンの液晶画面が割れてしまったときの対処の仕方や注意すべきこと、修理に出す方法などについて説明します。

1.パソコンの液晶割れとは

液晶割れが起こった画面には、部分的に筋のようなものが入ったり、表示に乱れが生じたりするといった症状が発生します。一般的な液晶画面は表面にフィルムが貼られているので、割れたガラスが飛び散ることは多くありません。そのため、ぶつけた箇所からクモの巣のような形のヒビが広がって画面が見づらくなるものの、パソコンの動作自体には影響が出ないこともあります。しかし、実際には影響が出ていないように見えるだけで、徐々に状態が悪くなって本体の故障につながるケースもあります。また、フィルムが貼られているとはいえ、小さなガラス片が剥がれ落ちてケガをすることも考えられますので、液晶割れが起こったときは早めに対処するのがおすすめです。

2.液晶が割れた際の対処方法

ここでは、液晶割れが起こってしまった場合の対処方法について説明します。

2-1.まずはパソコンの状態を確認する

パソコンの液晶割れが起こったときは、問題の範囲を確認することから始めましょう。破損しているのが液晶部分のみなのか、それとも本体にまで故障が広がっているのかによって対処の仕方が変わってくるためです。問題の範囲を見極めるには、まずはパソコンの電源を入れて状況を確認します。画面が表示できていて、通常通りに操作も行えるようであれば、液晶以外の部分については大きな故障はないと言えるでしょう。もし電源が入らなかったり、キーボードやマウスでの操作が行えなかったりする場合は、液晶以外にも部品の故障が発生していることになります。

電源を入れるとランプ(LED)が点灯するのに画面が真っ暗なままということもあります。このような場合でも、壊れているのは液晶のみで、本体部分の損傷はないかもしれません。ハードディスクのアクセスランプが点滅しているようなら、その可能性は高いでしょう。本体に損傷がないかどうかを確認するには、パソコンを別のディスプレイに接続してみるのが確実で簡単な方法です。ノートパソコンでも外部ディスプレイ端子がついていることは多いので、ケーブルとディスプレイが手元にあるようならつないでみましょう。デスクトップ画面が表示され操作もできるなら、液晶のみの不具合だといえます。

2-2.液晶だけの不具合なら液晶の交換で対処する

液晶割れに伴ってパソコン本体にまで問題が広がっていないことが分かれば、画面部分を修理すればよいということになります。一体型ではないデスクトップパソコンならディスプレイそのものを交換することもできますが、ノートパソコンの場合はそう簡単にはいきません。どのような修理になるのかは故障の度合いによっても変わってきますが、通常は液晶パネルの交換が必要です。修理を依頼する際は、メーカーの公式サポートに問い合わせるべきか、パソコン修理の専門業者に相談するべきか迷う人もいるかもしれません。迷ったときは、メーカー保証の期間内かどうかと、保証の対象になる修理かどうかを確認してみましょう。一般的には、保証期間内であっても液晶割れの修理は有償になることが多いです。

パソコンの分解・組み立てなどに詳しい人であれば、液晶パネルは自力での交換も可能です。しかし、決して簡単な作業ではないので、修理を依頼するほうが確実でしょう。メーカーよりも修理業者に依頼するほうが、費用は割安だと言われています。中古の液晶パネルに交換することで費用を抑えることもできますが、それでも数万円はかかると考えておきましょう。

2-3.液晶以外にも不具合がある場合には

パソコンのトラブル・修復はプロにお任せ

画面部分だけでなく、パソコン本体にも故障がみられる場合には、液晶パネルを交換しても問題は解決しません。特に落下などのような強い衝撃が原因の場合はどの部品が故障していてもおかしくないので、故障箇所を特定したうえで修理や交換を行う必要があります。このような作業には専門の道具が必要になるため、自分で行うのはほぼ不可能です。液晶パネルだけ交換するよりも費用はかかってしまいますが、パソコン修理の専門業者に依頼するようにしましょう。

特に衝撃による画面割れの場合は、ハードディスクが破損しているケースもあるということに注意が必要です。画面が表示できていてもハードディスクに問題があるままでパソコンを使い続けると、保存されているデータが壊れてしまう恐れがあります。また、画面が映らない状況ではパソコンの電源を強制的に切ってしまいがちですが、これもハードディスクが破損する原因になります。大切なデータを保護するためには、外部ディスプレイを利用するなどして可能な限り正しい手順でシャットダウンし、それ以上の操作は行わずに修理に出すのがおすすめです。

2-4.修理すること以外での液晶割れの対処方法

液晶割れしてしまったパソコンが古い機種だったり、サブのパソコンだったりといった理由から、あまり費用をかけて修理を行いたくないこともあるかもしれません。本体の動作自体に支障が出ていない状況であれば、しばらくの間はそのまま使い続けることも考えられます。持ち運びはできなくなりますが、外部ディスプレイに接続すれば画面が映らなくなってしまった場合でも操作が可能です。HDMI端子を備えた機種なら、テレビにつないで使うという方法もあります。HDMIケーブルを用意するだけでよいので、費用についても修理に出すよりはるかに安く済みます。

ただし、液晶割れしたパソコンを修理せずに使い続けることにはリスクがあるという点には注意が必要です。あくまで臨時の対応として考え、大事なデータは早めに取り出しておくようにしましょう。データを取り出すには、別のパソコンや外付けハードディスクにファイルをコピーするのが基本的な方法です。ハードディスクが破損していない場合は、本体を分解してハードディスクを取り出し、専用のカバーに収納してそれ自体を外付けハードディスクにしてしまうという方法もあります。その場合は、ハードディスクを取り出したあとの本体は廃棄処分することになります。

3.修理を業者に依頼する場合「ドクター・ホームネット」がおすすめ

パソコンのサポート年間14万件以上を誇る「ドクター・ホームネット」では、液晶の修理でも多数の実績があります。液晶には画面がチカチカする、縦線・横線が入る、色がおかしいなどさまざまなトラブルがありますが、専門知識豊富なスタッフが確かな技術でパソコンの状態を診断し、最適な方法で修理を行います。液晶のトラブルだけなら、パソコンを買い換える必要はありません。

また、「ドクター・ホームネット」では、パソコンに保存されたデータを保護しながら修理を行います。液晶部分以外に故障や不具合がみられた場合でも、大切なデータが消えてしまう心配はありません。画面のヒビ割れや故障の状態がひどく、パソコンを持ち運ぶのが不安なケースもあるでしょう。そのような場合でも、全国47都道府県にある200箇所の拠点から、最短即日でスタッフが駆けつけてサポートします。作業開始前には必ず見積もりを提示し、追加費用もかからないので料金についても安心です。年中無休で土日祝日も受け付けていますので、修理が必要なときは問い合わせてみてください(9:00〜21:00)。

4.液晶割れのパソコンを修理しない場合の処分方法

液晶割れしたパソコンを修理せず処分することにした場合は、「PCリサイクル法」に則って廃棄しなければなりません。ここでは、パソコンを廃棄処分する方法について説明します。

4-1.メーカーに依頼して回収してもらう

パソコンを処分する最も確実な方法は、メーカーに回収を依頼することです。回収されたパソコンは分解され、部品から金属部分が取り出されて資源としてリサイクルされます。また、ハードディスクのようなデータが保存されている部品については、データが読み出せないように処置が行われます。そのため、パソコンに保存されていた個人情報などが流出してしまうことはありません。実際にどのような手順で廃棄処分が行われるのか知りたい場合は、直接メーカーに問い合わせてみるとよいでしょう。

回収にかかる費用は、「PCリサイクルマーク」がついているパソコンであれば無料です。平成15年10月以前に購入した古いパソコンの場合は「PCリサイクルマーク」がついていないため、回収の際には費用がかかります。具体的な金額はメーカーごとに異なるので、古いパソコンを回収してほしいときは事前に費用を確認しましょう。

4-2.専門業者に依頼して回収してもらう

メーカーに回収してもらうのが難しいパソコンについては、リサイクルショップなどの業者に処分を依頼することもできます。費用は無料の場合と有料の場合とがあり、業者によっては買い取りを行なってくれることもあります。ただし、パソコンの部品がきちんとリサイクルされるかどうかや、個人情報などの流出を防ぐための対応を行なってくれるかどうかについては、事前に確認したほうがよいでしょう。

どの業者に頼むのがよいか迷った場合は「ドクター・ホームネット」の「パソコンリサイクルサービス」も検討してみてください。ハードディスクは専用の機材で確実に破壊しデータ流出を防いだうえで、部品を分別して資源や中古パーツとしてリサイクルします。また、出張サポートによる「リサイクル回収」も可能です。

4-3.処分する際のデータ流出を防ぐためにしておくこと

パソコンのデータ処分は情報流出に注意が必要

パソコンの中には、仕事上の機密ファイルが保存されていたり、知人の個人情報がアドレス帳に入っていたりします。パソコンを処分する際には、これらのデータが流出しないようにすることが非常に大切です。重要なデータが入っているパソコンの廃棄処分では、具体的にどのような処置が行われるのかを確認して、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。「ドクター・ホームネット」では、廃棄処分を行う際はハードディスクの記録部に物理的な圧力をかけてデータを破壊することができます。破壊証明書の発行も可能なので安心です。ハードディスクは初期化すればデータが消えると思われがちですが、初期化するだけでは専用のソフトを使えばデータを読み出せてしまうため、このような確実な処置が必要なのです。

データ流出をより確実に防ぐために、廃棄処分する前に自分の手でデータを破壊しておきたいと考える人もいるかもしれません。パソコンを分解したり、組み立てたりした経験がある人なら、自分でハードディスクを取り出して処置することも可能でしょう。ただし、ハードディスクを物理的に破壊するにはハンマーで叩いたり、ドリルで穴を開けたりする必要があるので、個人で行うにはなかなか大変な作業です。

5.液晶割れを防ぐ方法と割れた時にやってはいけないこと

パソコンの液晶割れは基本的には修理が可能ですが、場合によってはパソコンの廃棄処分につながることもあるので、できれば予防したいところです。また、液晶割れになってしまった場合の被害を最小限にとどめる方法についても、知っておくと役立つことがあるので紹介します。

5-1.液晶割れ防止!パソコンを衝撃から守る

液晶割れは、パソコンに強い衝撃を与えたことが原因で起こることがほとんどです。そのため、液晶割れを予防するには衝撃を防ぐことが一番です。デスクトップパソコンの場合は画面に衝撃が加わるようなシーンは少ないので、体をぶつけて落としてしまいそうな場所や不安定な場所に置かないようにすれば問題ないでしょう。

液晶割れを防ぐために衝撃を回避!もしものときはドクター・ホームネットへ

ノートパソコンの場合は、持ち運ぶ際に落としたりぶつけたりしないように気をつけるのが基本ですが、耐衝撃性のあるパソコンバッグなどを使用すれば多少の衝撃なら耐えられます。それでも、満員電車の中で押されたり、重い荷物の下敷きにしたりすると圧力が液晶にかかることがあるので注意しましょう。また、ノートパソコンは画面部分を開閉する際にも多少の衝撃が加わるので、強い力で勢いよく閉じないようにするのも効果的です。閉じる際には間にものが挟まっていないことを確認するようにしましょう。

5-2.悪化の原因になる!液晶割れの時にやってはいけないこと

液晶割れになってしまった場合はパソコンの状態を確認することが必要ですが、このときやってはいけないこともあります。特にやってしまいがちなのは、画面の縁などを叩くことです。パソコンは精密機器なので叩いても直ることはなく、むしろ状態が悪化する恐れもあります。また、破損箇所は高温になっていたり、小さなガラス片でケガをしたりする危険性もあるので、割れている部分には直接手で触れないようにしてください。

画面が表示されない状態になってしまった場合でも、パソコンの内部は動作していることがあります。外部ディスプレイにつないで動作を確認する方法については上記でも紹介しましたが、手元に外部ディスプレイがない場合もあるでしょう。そのようなときは、自力でなんとかしようとして無理に頑張ってしまうと、電源のオン・オフなどによる強制終了で本体に負担がかかり、ハードディスクの破損などにつながることもあります。画面表示を確認する方法がないときは自力で対処するのは困難なので、それ以上の操作は控え、修理に出すことを検討するのがおすすめです。

液晶割れした時はパソコンの状態によって適切な対処をしよう!

パソコントラブルはプロに任せて安心!

パソコンは強い衝撃などで液晶割れを起こすリスクがあります。特にノートパソコンは、持ち運ぶときなどに注意が必要です。液晶が割れてしまった場合は、パソコンの状態をよく確認したうえで、無理に自分で対処せずに専門業者に修理を依頼しましょう。「ドクター・ホームネット」なら、大切なデータを守りながらパソコンを修理できるので、もしものときは利用を検討してみてください。

液晶画面割れ・ひび割れを修復
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する