ノートパソコンの液晶が映らなくなった!?自分で修理する方法とは

1.ノートパソコンの液晶部分に起こるトラブルとは

ノートパソコンの液晶パネル割れ

ノートパソコンを使っているときに発生する液晶部分のトラブルはいくつかあります。ここでは、液晶部分に発生しがちなトラブルをご紹介します。

1-1.液晶パネルが損傷してしまう

最も多いトラブルは、液晶パネルが損傷してしまうことです。これは、ノートパソコンを落としたり、ノートパソコンの液晶部分をどこかにぶつけたり、液晶部分に重いものを落下させてしまうことで発生してしまいます。

特に、最近のノートパソコンは軽量で非常に薄いものが多く発売している傾向があります。今までよりも、液晶パネルが損傷する確率も上がっているのです。かばんに入れていたら、気付いたときに割れてしまっていたなんてことも考えられます。

普段からノートパソコンを持ち運ぶ機会の多い方の場合は、カバーを付けて持ち運ぶなどの対応をしていきましょう。

1-2.液晶に表示されない

液晶部分に何も表示されないケースもあります。これは、単純に液晶部分の問題があるだけではありません。どこに問題があるのか原因の切り分けが難しいとされています。

表示されない場合に考えられるのは、ケーブルの故障、液晶パネルの老朽化、液晶の明かりを調整している部分の故障、ハードウェアの故障、ソフトウェア関連の故障などです。

ハードウェア関連の故障で多いのが、グラフィックボードの故障によるものです。グラフィックボードとは、パソコンから画面を表示するときに、より解像度の高い優れた画質を提供するために使われています。

グラフィックボードが搭載されていないこともありますが、基本的にはマザーボードと一緒にグラフィックボードが搭載されているケースが多いです。グラフィックボードの故障が疑わしい場合は、新しく購入して交換するか修理するかの対応が必要です。

ソフトウェア関連の故障で多いのは、ドライバがうまく当たっていないケースになります。パソコンというのは、何かデバイスを使用するときに必ずドライバが必要になります。マウスやキーボードを使う時にも必須です。

当然ながらモニタに関してもドライバは必要です。このドライバが最新版になっていないことで、モニタがパソコンにうまく認識されずに表示されないというケースが考えられます。ドライバは、基本的にメーカーのサイトからダウンロードができるので、一度ドライバをダウンロードして様子見してみるのも良いでしょう。

液晶が見えない、といっても多くの原因が考えられるため、一つ一つ原因を切り分けて考えていく必要があります。

お問い合わせはこちら

2.ノートパソコンの液晶トラブル時に行う対応一覧

ノートパソコンの内部

ノートパソコンの液晶に関するトラブルについてわかったところで、トラブルが発生したときの対応策が知りたいところです。

ここでは、ノートパソコンの液晶部分にトラブルが発生したときの対応策について詳しく解説していきます。

2-1.画面出力を外部ディスプレイにする

ノートパソコン自体はまだ使える、そんなときは外部ディスプレイを利用するのがおすすめです。ノートパソコンをデスクトップのように利用する方法になります。

液晶が割れて使えないとなった場合でも、パソコン本体に異常が見つからない場合、この方法を使えば今まで通りに使うことができます。しかし、普段からノートパソコンを持ち運んで外出先で利用する、という方にとっては向いていない方法です。

この方法は、現在液晶部分が問題なく使えている方でも効果的です。ディスプレイを追加することで、使用できる画面数が増えるため単純に作業効率が上がります。ノートパソコンの画面が小さくて作業がしにくい、と悩んでいる方にもおすすめの方法です。

2-2.パソコンをハードディスクとして利用する

パソコン本体が無事な場合は、ノートパソコンを外付けのハードディスクとして利用できる方法もあります。ノートパソコンの内部には、メモリやハードディスクといったハードウェアが多数格納されています。液晶部分のみが損失した場合は、こういった無事であるハードウェアの機能を使えるのです。

ハードディスクはあればあるだけ便利なものです。データのバックアップを取っておきたい方にも向いています。

2-3.サーバーとして利用する

ノートパソコンをサーバーとして利用することも可能です。サーバーとは、何かシステムを運用したいとなったときに必ず用意しなければならないものです。サーバーとして活用する場合は、液晶部分がダメだとしても他のパソコンから入ることができるのでまったく問題ありません。

2-4.修理に出す

画面が故障してどうしようもない場合は、修理に出すのも一つの手段です。修理に出す場合は、ノートパソコンが保証期間内かどうかを確認しましょう。保証期間内であれば、ノートパソコンを購入したメーカーに修理を依頼することができ、プランによっては無料で対応してくれることもあります。

メーカーの保証期間外である場合は、修理業者に依頼するのもおすすめです。もしパソコンの取り扱いに慣れている方であれば自分で交換するのも手です。

2-5.パソコンを買い替える

長年ノートパソコンを使っていて、パソコン自体の老朽化が進んでいる場合には思い切って買い替えるのも良いでしょう。老朽化が進んでいる場合、修理したほうが高くついたり、新しいパソコンを購入する金額とほとんど変わらないということがあるので、その場合は購入するのがおすすめです。

最近では高スペックでも比較的安価で入手ができます。コストパフォーマンスの高いパソコンを購入したい方は、これを機会に買い替えるのも良いでしょう。

2-6.自分で液晶の調達をし修理する

パソコンの取り扱いに慣れている方であれば、自分で液晶の調達をして修理するのもありです。パソコンの故障している部分が液晶部分だけである場合、手順にしたがって実施していけば自分で液晶を交換するのも十分に可能です。

詳しい交換の手順については、この後の項目で解説します。

3.ノートパソコンの液晶を自分で修理する手順

修理の手順

ノートパソコンの液晶部分が壊れた場合、手順にしたがって進めていけば自分で交換することも可能です。ここでは、液晶部分を自分で修理する手順について解説します。

3-1.新しい液晶を調達する

まずは交換するための新しい液晶を調達します。液晶はパソコンの型番ごとに決まっているので、パソコンの型番で自分の必要な液晶を知る必要があります。

安く調達したい場合は、オークションや中古ショップなどを利用すると比較的安く入手できるでしょう。コツとしては、検索するときにモニタの品番を入力すると対象のモニタが検索できます。他にも、対象のモニタが使われているジャンク品のノートパソコンを購入し、液晶だけを使用するといった方法も可能です。

3-2.バッテリーを取り外そう

液晶部分の交換をするにあたり、バッテリー部分は必ず外しておきましょう。バッテリーを付けたまま交換作業をおこなうと、電源関係のトラブルが起こる可能性があります。トラブルによっては、マザーボード、メモリ、ハードディスクなどの他のハードウェアが故障するかもしれません。

液晶部分の交換だけのつもりが、ほかのハードウェアに影響がでてしまったら意味がありません。安全に作業をおこなうためにも、バッテリーは必ず取り外しましょう。

3-3.液晶周りのネジを外す

次からはいよいよ液晶部分の作業にうつります。まずは、液晶周りにあるネジを外していきます。ノートパソコンを開くと、液晶の周りにはネジがついておりそのネジをカバーする役目を持っているゴムが複数あります。

ゴムから取り外していくと、ネジが見えてきます。ネジが見えてきたら、一つずつ外しましょう。

3-4.液晶周りのフレームを外す

③の工程で液晶部分の周りに付属しているネジを取り外せたら、次にノートパソコンの液晶周りにあるフレームを外していきます。フレームとは、液晶画面の全体を固定している部分です。フレームを外すと、ようやく液晶本体を取り外せるようになります。

フレームの取り外しを実施するときは、できるだけ大切に扱うようにしましょう。液晶部分に傷がつく場合があるので、繊細な作業が求められます。

3-5.液晶を外す

フレームを外したらいよいよ液晶画面を外します。その前に、液晶部分がネジで固定されているのでネジを取り外します。ネジをすべて取り外すと、液晶画面も取り外せる状況となるため慎重に取り外しましょう。

3-6.購入した新しい液晶を取り付ける

最後に、自分で調達してきた新しい液晶画面を取り付ける必要があります。ここでは、今までやってきたこととは逆の手順で作業を進めていきます。

もし正しくつないでも画面が映らない場合は、液晶画面が初期不良を起こしている可能性があります。その場合は、メーカーに問い合わせをするなどの対応をしましょう。

4.ノートパソコンの液晶にトラブルを起こさないために普段から意識したいこと

落下したノートパソコン

ノートパソコンの液晶部分が破損するときに、最も多く見られる原因としては衝撃によるものか圧迫によるものが挙げられます。

よく見られるケースとしては、単純にノートパソコンを落として破損するケースです。こういったケースの場合は、ノートパソコンにカバーを付けるなどして耐久度を高める必要があります。

圧迫によるものは、かばんなどにノートパソコンを入れて持ち運ぶときに発生しやすいです。かばんに入れているから安心だと思いがちですが、意外とかばんの上にものが置かれて圧迫されることがあります。この時にも、しっかりとノートパソコンにカバーを付けて持ち運びましょう。

5.ノートパソコンの液晶部分を修理に出したいときは

ここまででノートパソコンの液晶部分が映らなくなった時の対応方法が分かったと思います。液晶部分の交換については、正しい手順で進めれば自分の力で交換することができます。しかし、パソコンの取り扱いに慣れていない方にとって、液晶部分の交換をするのは非常にハードルが高いものです。

そこでおすすめなのが、「ドクター・ホームネット」です。

ドクター・ホームネットでは、パソコンのメーカーに問わず対応しています。OSに関しても、Windows、Mac問わずに修理が可能です。単体のディスプレイには対応しておらず、パソコンとモニタが一緒になっている一体型のパソコン、ノートパソコン、iPhone/iPadなどが修理の対象です。

修理の手順としては、こちらから必要書類の記入と修理したいパソコンを段ボールで配送するだけです。その後、ドクター・ホームネットのほうで症状の分析と見積もりを算出します。

ここで必ず、ドクター・ホームネットから見積金額とその見積金額の内訳をご連絡します。納得いただければ、実際の修理作業へと移るのです。

メーカーに依頼するよりも安価でおこなってくれることもあり、自分での交換が難しい方には非常におすすめです。また、ドクター・ホームネットでは他にもさまざまな特徴があります。

ドクター・ホームネットは、最短当日中に数時間で訪問が可能です。また、全都道府県にパソコンの専門スタッフがおり、土日祝日や大型連休を問わずサポートを受けられます。

もちろん実績も素晴らしく、有料訪問サポートサービスの利用調査でサポートシェアはNo.1を誇っているのです。利用者の多いWindowsのパソコン以外にも、Mac系のパソコンや自作パソコンなども修理・サポートが可能で、数多くのお客さまに利用いただいている豊富な実績が魅力です。

少し動作が遅い、起動時に変な動きをしているといったちょっとした不安でも大丈夫です。こんなことで電話を掛けたら迷惑かなと思うことであっても、少しでも疑問に思ったらまずは連絡してみましょう。症状を聞くことで、どのような対応を取ればいいのかを判断してくれます。

ノートパソコンの液晶部分が故障して困っている方は、一度ドクター・ホームネットにご相談ください。

故障の修理

ノートパソコンの液晶が壊れたら自分で修理できる

今回は、ノートパソコンの液晶部分が映らなくなった方に向けて、どういった原因が考えられるのか、そして自分で修理する方法について解説しました。

ノートパソコンの液晶部分のトラブルとしては、ぶつけたり落としたときに液晶部分に傷がついて割れてしまうケースや、液晶部分に何も表示されないケースがあります。何も表示されないときは、液晶部分の問題だけではなく、ハードウェアやソフトウェアが関係していることもあります。

また、液晶部分が使えないからといってノートパソコン自体が使えなくなるわけではありません。ハードディスクとして使ったり、サーバーとして使ったり、外部ディスプレイを付けることで利用が可能です。修理をできるだけしたくない方は、このような使い方もおすすめです。

自分で液晶部分を修理するとなった場合は、新しい液晶の調達から始まります。その後、液晶をノートパソコンから取り外すために固定されているネジをすべて外してから液晶部分を取り外します。最後に、新しく調達した液晶画面を取り付けて完了です。

しかし、パソコンの取り扱いに慣れていない方にとっては、自分で修理をするのは至難の業です。そこで、修理業者に依頼して修理するのが良いでしょう。実績のある「ドクター・ホームネット」がおすすめです。

配送による対応が可能で、メーカーよりも安価で依頼できます。ノートパソコンの液晶部分が映らないときには、今回の記事を参考に対応しましょう。

ノートパソコンの液晶交換をドクター・ホームネットに依頼する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する