スマホで撮った写真データを守ろう!簡単・安全にバックアップする方法は?

スマホで撮った写真データ

おいしい食事を食べたときや、家族で楽しいひとときを過ごしたとき、スマホで写真を撮って待受画面に設定したり、SNSにアップしたりしている方も多いことでしょう。そんな大切な思い出の詰まったスマホの写真ですが、スマホの故障などによって一瞬にしてデータが消えてしまうこともあります。

スマホで撮った写真データを守るためには、定期的に「バックアップ」を行うことが大切です。

今回は、スマホで撮影した写真データをバックアップする方法を、全部で4種類紹介していきます。

それぞれのメリット・デメリットも紹介しますので、バックアップはしているけど他のバックアップ方法も知りたいという方もぜひ参考にしてみてください。

スマホの大事な写真データを守ろう!

写真のバックアップ方法を紹介していく前に、そもそもバックアップとは一体何をすることなのか、どういうことなのかを確認しておきましょう。

バックアップとは、不慮の事態に備えてあらかじめ対策を取っておくことです。野球などの球技で、他の選手がミスをした場合でもすぐにカバーできるように後ろで待ち構えておくこともバックアップと呼びます。

スマホを使用していると、不注意で地面に落としてしまったり、水の中に落としてしまったりすることもあるでしょう。

そんな突然のトラブルや故障が起こったとき、電源が落ちたり画面が割れたりする程度で済めば良いのですが、スマホの中にあるデータがすべて消えてしまうこともあります。つまり、かわいい子どもや孫の成長記録や、家族全員で撮った思い出の1枚などの大切な写真もすべて消えてしまう可能性があるのです。

一度消えてしまったスマホの写真データを自力で元に戻すことは難しく、復元には費用がかかってしまいます。復元の可能性も、残念ながら100%ではありません。

このような不慮の事態に備えて、スマホの中以外の場所に写真のデータをコピーし、予備を取っておくのが「バックアップ」です。

スマホの写真をバックアップする方法

スマホ写真のバックアップ方法

写真を保存するためのバックアップ方法にはさまざまなものがありますが、こちらでは4種類ご紹介します。

それぞれのメリット・デメリットもご紹介しますので、ぜひ比較をしながらご自身に合う方法をチェックしてみてください。

クラウドストレージを利用する

写真データをバックアップする1つ目の方法は、クラウドストレージを利用することです。

クラウドストレージとは、ネット上にあるデータをしまうための場所のことで「Googleフォト」や「Dropbox」などがあげられます。

クラウドストレージのメリットは、容量を気にせず何枚でも写真を保存できることです。

また、自動アップロード設定にすれば初回の設定以降は操作をしなくても自動で写真が保存されるので、管理が非常に楽な方法でもあります。

大量の写真を保存したい方や、バックアップ作業を忘れてしまいがちな方には最適な方法といえるでしょう。

ただし、クラウドストレージはインターネットを介して写真を保存するため、スマホのデータ通信量がかかってしまいます。ギガ不足に悩んでいる方にはおすすめできません。

また、サービスによってはクラウドストレージの利用料がかかったり、急きょサービスが終了してしまったりする可能性があるのもデメリットの1つです。

ウェブ上という目に見えない場所にデータを保管することになるため、本当に写真が保存されているのか不安と感じる方もいらっしゃるでしょう。

パソコンに写真データを移す

バックアップするための2つ目の方法は、スマホからパソコンに写真を保存するやり方です。

基本的にはパソコンさえあれば実施できる方法のため、普段パソコンに使い慣れている方にとっては、最も気軽にバックアップできる方法といえるでしょう。

しかし、どのパソコンにも保存できる容量の上限があります。そして、万が一パソコン自体が故障して動かなくなってしまった場合には、保存した写真もすべて消えてしまうというデメリットもあります。

パソコン経由でDVDやUSBメモリなどに保存する

3つ目は、スマホからパソコンに移した写真をさらにDVDやUSBメモリなどに移す方法です。

DVDやUSBメモリに保存すれば、保存したデータを手元で管理できる上、パソコンのように故障するリスクはありません。

写真屋さんやコンビニで現像するときにも、持ち運びが楽で便利です。DVD・USBメモリは比較的値段が安いので、コスト面でも負担になりにくいという点もおすすめポイントです。

ただし、DVDやUSBメモリを利用する場合には、紛失に注意するようにしてください。DVDやUSBメモリは1つあたりの容量が比較的少ないため、保存する写真の枚数によっては膨大な量が必要になる可能性もあります。

整理整頓や管理が苦手な方は、紛失する危険性もあるのであまりおすすめできません。

パソコン経由で外付けHDDに保存する

4つ目は、パソコンに移した写真を外付けHDDに保存する方法です。

一見、DVDやUSBメモリと同様のバックアップ方法に思われがちですが、外付けHDDはDVDやUSBに比べて大容量で、多くの枚数の写真を1つのHDDで保存できるというメリットがあります。

ただし、外付けHDDはDVDやUSBメモリと比較すると価格が高く、故障してしまうこともある点がデメリットです。

パソコンに詳しくない方やバックアップのためのコストをできるだけ抑えたい方にとっては、ハードルが高く感じてしまう方法かもしれません。

一番安全に写真をバックアップする方法は?

安全なバックアップ方法

スマホで撮影した写真のバックアップ方法を4種類紹介しましたが、どの方法にもメリットだけでなくデメリットもあるため、「これ1つだけ行っておけば絶対に大丈夫」とは言い切れません。

クラウドストレージを利用しつつDVDやUSBメモリも利用するなど、複数の方法でバックアップを取るのが最も安全な方法といえるでしょう。

一番簡単に写真をバックアップする方法は?

今回紹介した方法の中では、クラウドストレージを利用した方法が最も簡単に写真をバックアップできる方法といえるでしょう。初期設定さえしてしまえばその後は自動でアップロードしてくれるため、新しく何かを購入したり、定期的に作業を行ったりする必要もないためです。

しかし、いくら気軽で簡単な方法だとしても「本当にバックアップできているのか不安」「かといって、自分でHDDに保存するのは難しそう」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、「バックアップ代行サービス」を利用する方法です。スマホからパソコンへ写真データを移す段階から、USBメモリや外付けHDDなどへのバックアップまで、バックアップ作業を最初から最後まですべて任せることができます。

写真だけでなく、LINEアカウントやSNSなどのバックアップも合わせて実施できるため、スマホの機種変更の際に利用するのもおすすめです。

とにかく安全で簡単にバックアップを行いたいという方は、代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

おわりに

今回は写真の保存におすすめのバックアップ方法を、全部で4種類紹介しました。

どの方法にもメリット・デメリットがあるため、バックアップを取る際には複数の方法を実施するのが最も安全性が高いといえます。

また、スマホの使用頻度が多い方は日に日にデータが増えるので定期的にバックアップしておくということも大切でしょう。

スマホやパソコン操作が苦手という方やできるだけバックアップに詳しい人に任せて安全にバックアップを行いたいという方は、バックアップ代行サービスを利用するのもおすすめです。

ドクター・ホームネットサービスでは、スマホの写真データなどのバックアップサービスを含むスマホやパソコンのサポートを行っています。

写真のバックアップ方法でお悩みの方は、ぜひご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する