パソコンのウイルス対策をしてないとどうなる?セキュリティソフトの必要性

セキュリティソフトの必要性

「安全にパソコンを使っているつもりだけど、セキュリティのことが気になる」「セキュリティソフトを導入しようと思っているけど、種類が多くて選べないし、導入しても本当に効果があるのか分からない」そんなことで悩んでいませんか?

セキュリティソフトを導入せずにインターネットを利用していると、ウイルスに感染して、思わるトラブルに巻き込まれる可能性があります。今回はパソコンがウイルスに感染したらどうなるのかをご説明し、セキュリティ対策の必要性についてご紹介します。

パソコンのウイルス対策をしてないとどうなる?

パソコンのウイルス対策

自分は不審なWebサイトを見ないし、気を付けながらパソコンを使っているから、セキュリティソフトなんて必要ないと思っている人もいるかもしれません。しかし悪意のある攻撃者はさまざまな方法で、パソコンにウイルスを感染させようとしています。

パソコンにセキュリティソフトを入れるなどのウイルス対策をしていないと、さまざまなトラブルが発生します。

ウイルスに感染してパソコンが起動しなくなる、動きが遅くなる

パソコンにウイルスが感染すると、ある日突然、パソコンの電源がつかなくなったり動作が遅くなったりします。ウイルスはパソコンの利用者に気づかれないように、影でこっそり活動するため、何が原因だったのか分からないことがほとんどです。

ウイルスの種類によっては、パソコンの中にあるファイルを破壊してパソコンを起動させなくするものがあります。このような状態になってしまうと、復旧するのは難しいでしょう。

パソコンが起動しても、ウイルスの活動にパソコンの処理能力が奪われ、通常のアプリケーションの動作が遅くなることもあります。

ランサムウェアに感染して金銭を要求される

パソコンのセキュリティ対策

ウイルスの中でも「ランサムウェア」と呼ばれる不正プログラムに感染することがあります。

ログラムに感染することがあります。

ランサムウェアとはパソコンのファイルを暗号化して使用不能にするだけでなく、ファイルを元の状態に戻すことと引き換えに金銭(身代金)を要求する不正なプログラムのことです。

ランサムウェアによる被害はここ数年で多発しており、実際に身代金を支払った被害者もいました。

しかし身代金を支払ったとしても、攻撃者はパソコンを正常な状態に復元してくれるとは限りません。もしランサムウェアに感染しても、決して身代金を支払ってはいけません。

パソコンが乗っ取られて勝手にメールを送信される

ウイルス感染によって、パソコンに保存されているアドレス帳のメールアドレスに対して、勝手にメールが送信されることがあります。メールのメッセージにはウイルスが含まれていることもあり、メールの受信者に次々とウイルスを感染させて被害を増大させるケースもあります。

パソコンが乗っ取られてサイバー攻撃の加害者になってしまう

ウイルスによってパソコンが乗っ取られて、「DDoS攻撃」と呼ばれるサイバー攻撃の加害者になってしまうこともあります。

DDoS攻撃とはウイルスによって制御が奪われた複数のパソコンが、一斉にインターネット上にある特定のコンピュータに攻撃をしかけるサイバー攻撃のことです。

複数のパソコンが攻撃の対象となるコンピュータに対して、同時に処理できないほどの膨大なデータを送り付けて、コンピュータの処理能力やネットワーク回線を使い果たした状態にさせます。そしてターゲットにされたコンピュータは機能停止に追い込まれます。

ウイルス対策を怠ったばかりに、知らず知らずのうちにサイバー攻撃の加害者になってしまう可能性があるのです。

個人情報が流出する

ウイルスによって、パソコンや特定のWebサイトに保存されている個人情報が流出することがあります。

例えばネットバンクや通販サイト、SNSのIDやパスワードのほか、住所やクレジットカード番号などが流出する可能性があります。

特に同じパスワードを複数のWebサイトで使いまわしていると、同じパスワードを使いまわしているWebサイトに不正にログインされることがあります。これは「パスワードリスト攻撃」と呼ばれるサイバー攻撃の手口のひとつです。

パスワードリスト攻撃とは不正に入手したIDとパスワードのリストを利用して、不正アクセスする攻撃です。同じIDとパスワードの組み合わせを複数のWebサイトで使いまわしている場合、パスワードリスト攻撃によって複数のWebサイトに対して次々と不正アクセスされ、そこからさらに氏名や住所、クレジットカード番号などの個人情報が流出することも考えられます。

パソコンのセキュリティ対策はどんなことをすればいい?

ウイルス対策をしていないと、さまざまなトラブルに遭遇してしまうリスクがあるということを紹介してきました。

次は、このようなことにならないために必要なパソコンのセキュリティ対策をご紹介します。

セキュリティソフトを入れる

まずは、パソコンにセキュリティソフトを導入しましょう。インターネットやパソコンショップなどで購入できます。

パソコンにセキュリティソフトを導入したら、リアルタイム監視機能を有効にして定期的にアップデートすることを忘れないようにしましょう。

WindowsなどのOSやアプリなどをアップデートして最新の状態を保つ

WindowsなどのOSや使用しているアプリケーションを定期的にアップデートして、最新の状態に保つことが重要です。WindowsにはWindows Updateという機能が搭載されており、約1か月に1回、自動的にアップデートされます。アプリケーションもセキュリティ対策として定期的にバージョンアップさせる必要があります。

Windowsやアプリケーションを古いバージョンのまま使用していると、必要なセキュリティ対策が行われず、危険な状態で使い続けることになってしまいます。定期的にアップデートの情報を入手して、適切にアップデートしましょう。

IDやパスワードの使い回しをしない

IDやパスワードを使いまわしていると、複数のWebサイトから個人情報が流出することがあります。IDとパスワードの管理に特化したアプリケーションを導入したり、ブラウザのパスワード管理機能を活用したりして、同じIDとパスワードを複数のWebサイトで使用しないようにしましょう。

万が一ウイルス感染した場合の対処法

万が一ウイルスに感染してしまったら、どうしたら良いのでしょうか。まずは落ち着いて以下の方法で対処を試みてください。

インターネットの接続を切る

ウイルスに感染したことが分かったら、パソコンからインターネットのケーブルを抜くなどをして、インターネットの接続を物理的に切断してください。ウイルスに感染した状態で、インターネットに接続されていると他のパソコンにウイルスを伝染させたり、ウイルスに感染したパソコンの情報が、インターネット経由で流出したりすることがあるからです。

ウイルス対策ソフトで駆除する

インターネットの接続を切ったら、ウイルス対策ソフトでウイルスを駆除しましょう。

ウイルス対策ソフトには、パソコンの中のファイルをすべて調査する「完全スキャン」という機能が備わっています。まずは完全スキャンを行い、感染しているウイルスを特定し駆除しましょう。

おわりに

ウイルスに感染すると、自分が被害者になるだけでなく場合によっては他人に害をもたらす加害者となってしまうこともあります。

パソコンのセキュリティ対策としてセキュリティソフトを導入することは、もはや常識です。セキュリティソフトはインストールするだけで機能するので、パソコンに詳しくない人でも簡単に導入できます。

「自分でセキュリティ対策をするのが難しい」「詳しいセキュリティ対策について知りたい」という方はぜひドクター・ホームネットをご利用ください。年中無休、土日祝日も承りますので予想外のトラブルにも対応可能です。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する