【子供の防犯】子供を見守るGPSの種類と選び方

子供を見守るGPSの種類と選び方

小さな子供がいる家庭であれば、「少し目を離した瞬間に子供がどこにいるか分からなくなった」「普段帰ってくる時間になっても帰ってこなくて不安な思いをした」などの経験をしたことがあるかもしれません。交通事故や子供を狙った犯罪が多発している状況を考えると、このような心配も当然といえるでしょう。

そこで今回は、GPS機能の種類やGPSを子供に持たせるメリット、子供用GPSの選び方などについてご紹介します。

GPSはどのような機能?

GPSとは「Global Positioning System」の略であり、日本語では「全地球即位網」を意味します。正確な定義上のGPSは、アメリカが地球上における対象物の位置を特定するために打ち上げている衛星のことです。上空20,200kmの軌道上には、予備機を含めて30機のGPSが周回しています。

測定の対象物となるGPS衛生受信機は、複数のGPSから送られる電波を受信するまでにかかった時間から、それぞれの衛生からの距離を計算します。これが、GPSによって対象物の位置情報が分かる仕組みです。一般的には、この機能自体を指して「GPS」という言葉が用いられています。

現在、一般的なスマートフォンにはGPS機能が組み込まれています。また、車のカーナビゲーションシステムもGPSが導入されています。見知らぬ土地を移動する際、行ったことのない目的地に行く際などは、とても役立つシステムです。

子供にGPSを持たせるメリットとは

GPSはどのような機能?

上述したように、目的地への移動をサポートするのがGPSを利用する主な目的です。一方で、近年では子供にGPS搭載機器を持たせる取り組みも一般化してきています。

ここでは、子供にGPSを持たせるメリットをご紹介します。

迷子になっても見つけやすい

毎日一緒に過ごしている家族でも、子供の行動は予測ができないことがあります。レジャー施設やショッピングモールなど広い施設では、予期せずして子供とはぐれてしまうことがあるでしょう。

そこで、子供にGPSを持たせておけば、迷子になってしまった子供の居場所をすぐに把握できます。迷子になってしまったときも、広い施設内をあてもなく探し回る必要はありません。親がどれだけ気をつけていていも、目を離しているほんと一瞬で子供がはぐれてしまうことは十分に考えられます。レジャーシーズンに家族で出掛ける場合は、GPSを子供に持たせておいて損はないでしょう。

事件や事故を防止する

ある程度成長した子供であれば、迷子になる心配はありませんが、予期せぬ事件や事故に遭遇してしまう可能性はあるでしょう。トラブルによる最悪のケースを防止するためにも、GPSが役立ちます。

子供にGPSを身につけさせておけば、子供がいつも遊ぶ場所ではなく、遠い場所や行きそうにない場所にいる場合など、異変に気づくことができます。そのため、事件や事故に巻き込まれる前に、対応策を取ることができるでしょう。

子供用GPSにはどのような種類がある?

子供にGPSを持たせるメリット

子供用GPSとしてさまざまなタイプが流通しています。代表的な子供用GPSの種類を機能面や形状、サービスに焦点を当ててみていきましょう。

警備会社提供のGPS端末

警備会社の中には、サービスの1つとして子供用のGPS端末を提供している会社があります。子供の位置情報を確認できるだけではなく、警備会社に通報を送れるボタンが搭載されているなど、安全のためのさまざまな機能が付与されています。

登下校メール送信機能搭載GPS

1人で登下校ができるようになったとしても、まだ低学年のうちは不安が残りますよね。登下校中にトラブルに巻き込まれる可能性は否定できません。子供の安全な登下校を確認するために役立つのが、校門を通過した際に自動でメールが送られるサービスです。

メールが届いてからしばらく経過しても、子供が帰ってこない場合は、位置情報を頼りに子供を探しに行くことができます。

通信キャリア提供の見守りサービス

通信キャリアの中には、オプションとして携帯電話の位置情報検索サービスを提供している場合があります。GPS機能はもちろんのこと、時間指定の位置情報取得なども行う総合的な見守りサービスです。子供にスマートフォンや携帯電話を持たせている場合は、加入を検討してみてはいかがでしょうか。

携帯しやすいキーホルダー型GPS端末

大型の端末を子供に持たせると、子供のストレスになってしまう可能性があります。そのような場合は、形態しやすいキーホルダー型のGPS端末はいかがでしょうか。ランドセル、ズボンなどに取りつけられるキーホルダー型のGPS端末であれば携帯が簡単です。

ウェアラブルデバイス

腕時計型のウェアラブルデバイスも子供用のGPS端末として利用できます。スタンプを使用した簡単なコミュニケーションや通話ができるため、子供の状況を確認するツールとしては非常に便利です。

位置情報取得アプリ

位置情報取得アプリは、スマートフォンにインストールするアプリタイプの子供用GPSです。目的地を設定しておけば、子供が到着したタイミングで通知を表示できます。

子供用GPSを選ぶポイント

子供用GPSを選ぶ際の代表的なポイントについてご紹介します。

費用

子供用GPSの多くは月額制で提供されています。細かな費用はサービスの提供元により異なりますが、月額1,000円程度が相場です。位置情報の検索回数によって費用が変わるプランや上限なく使えるプランがあるので、子供の年齢に応じて選ぶと良いでしょう。

機能

位置情報の取得が子供用GPSの主な用途ですが、端末やサービスによっては、位置情報の取得以外にも、さまざまな機能が付与されています。そのため、機能に注目して、GPS端末を選ぶのはいかがでしょうか。幼稚園程度の子供であれば、一定間隔で位置情報を知らせてくれるGPSが便利かもしれません。単独での登下校が可能な年齢であれば、親が任意のタイミングで子供の位置情報を検索できるタイプがおすすめです。

子供用GPSを使用する上での注意点

子供用GPSは子供の安全を守る上で便利な端末ですが、安全を約束してくれるわけではありません。そのため、「寄り道をしないこと」「知らない人についていかないこと」など、子供を教育することは大切です。

また、子供用GPSの電源が切れている場合や故障している場合は使いものになりません。電池の状況、動作確認など定期的なチェックを怠らないようにしましょう。

おわりに

今回は、GPS機能の種類やGPSを子供に持たせるメリット、子供用GPSの選び方などについてご紹介しました。

多くの家庭では、「何かあってからでは遅い」という思いから、子供にGPSを持たせる取り組みが普及しています。月額1,000円程度の費用がかかりますが、子供の安全が守れるのであれば、決して高くはないはずです。とりわけ小さな子供がいる家庭では、子供用GPSを導入する恩恵は大きいでしょう。

子供の安全を見守るために、子供にGPSを持たせてみるのはいかがでしょうか。

ドクター・ホームネットでは、パソコンの修理や、スマートフォンの修理を承っています。

子供用の携帯端末や、子供の居場所を確認するために使用しているパソコンの調子が悪いときなどは、ぜひドクター・ホームネットにご相談ください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する