HDDと何が違う?ネットワークハードディスク・NASについて

ネットワークハードディスク・NAS

ノートパソコンの軽量化やスマートフォンやタブレットの普及から分かるように、現在は手軽に使えるデバイスが増えていますが、コンパクトなデバイスはストレージ容量(記憶容量)が少ないことがあります。

スマートフォンやパソコンを使っていて、写真や音楽などのデータですぐに容量が不足してしまうといった事態に悩まされたことがある方は多いかもしれません。そうした方におすすめの製品がネットワーク上のストレージ「NAS」です。

今回は、NASの概要や具体的な用途、応用的な使い方などについてご紹介します。

NASって何?HDDとは何が違う?

NASとは「Network-Attached Storage」の略で、「ネットワークに接続されたストレージ」を意味します。また、「ネットワークHDD」「ネットワークハードディスク」という名前も用いられています。簡単にいえば、「ネットワーク経由で利用できるデータの記憶領域」です。

パソコンのストレージと聞いて多くの方が真っ先に思い浮かべるのは「HDD」かもしれません。内部に組み込まれたディスクにデータを読み書きするという点では、HDDもNASもまったく同じです。一番の違いは、上述したようなパソコンとの接続方法です。

HDDには、パソコンの内部に搭載されているタイプと(内臓HDD)、USBなどで接続する外付けタイプ(外付けHDD)の2種類があります。いずれにしても、パソコンと直接、物理的に接続する必要があるのです。

一方、NASは上述したように「ネットワーク上に存在している記憶領域」という扱いになるため、ネットワークに組み込む方法によっては、パソコンとの有線接続は必要ありません。

NASを利用する場合は、ルーターやハブにLANケーブルを介してしてNASを接続します。もちろん、Wi-Fiルーターに接続すれば、Wi-Fi経由でNASにアクセスすることが可能です。

NASでできること

NASでできること

NASの基本的な機能は「データの格納」であり、その点はHDDと大きな違いはありません。

しかし、NASは有線・無線ルーターへの接続が可能なことから、わずらわしいケーブル接続なしで複数の端末からアクセスできます。そのため、家族間やオフィスでの「ストレージのシェア」に適しています。

代表的な用途として、以下が挙げられます。

ハードディスクレコーダー

ルーター経由でテレビ・レコーダーとNASを接続すれば、NASをTV番組の録画ストレージとして利用できます。録画した番組は、もちろんネットワーク経由でテレビ視聴可能です。さらに、ネットワークに参加しているパソコンやスマートフォン、タブレットでも録画番組を視聴できます。

音楽ファイルの共有ストレージ

CDからインポートした音楽データ、または配信で購入した音楽データは、NASに入れておくことで共有できます。データを保存しておく場所が1つで済むため、パソコンやスマートフォンのストレージを圧迫することはありません。

写真の共有ストレージ

NASは撮影した写真を保存しておくストレージにもなります。家族でお出掛けした写真をNASに入れておけば、家族間で共有できます。くつろぎながらスマートフォンやタブレットで思い出の写真を楽しむというのも良いでしょう

NASを使用するメリット

NASを使用するメリット

NASはHDDにはないメリットがたくさんあります。

代表的なメリットをまとめてみました。

デバイスの複数接続が可能

外付けHDDは基本的に、複数のデバイスには接続できません。複数のパソコンのストレージとして利用する場合は、その都度ケーブルを抜き差しする必要があります。NASはネットワーク内での使用が前提として考えられているため、複数のデバイスを接続できます。

自動的なバックアップ場所として利用できる

NASは、大切なデータのバックアップ先としても利用可能です。Wi-Fi上のNASであれば、有線接続の必要がないため、定期的な自動バックアップのストレージとして利用できます。バックアップ先として用いる場合は、複数のドライブに同じデータを保存できるRAID対応モデルがおすすめです。

スマートフォン・タブレットからもアクセスできる

Wi-Fi経由でのアクセスが可能なため、スマートフォンやタブレットのストレージとしても利用できます。搭載されているストレージの容量が小さいモバイルデバイスを使用している方にとってはうれしいポイントかもしれません。

パソコンよりも省エネ

パソコンでも共有設定により、NASのような機能を実現できますが、消費電力の関係からあまり現実的ではありません。一方、NASは多くのパソコンよりも消費電力が少なく設計されています。常時オンにしていても、電気代はそれほどかかりません。

ネットワーク内であればアクセスする場所を選ばない

Wi-FiにNASを設置する場合、基本的にWi-Fiにアクセスできる場所であれば、どこでもNASを利用できます。家庭で部屋をまたいで利用することも可能です。撮影した動画を自分の部屋のパソコンで編集してNASに保存し、リビングでタブレットを使って家族に見せるという使い方もできます。

リモートアクセス機能

多くのNASは外出先でもデバイスからNASにアクセスできる「リモートアクセス機能」を実装しています。この機能を利用すれば、NASをクラウドストレージのような感覚で使用可能です。外出先からNASのデータを閲覧・編集したり、スマートフォンでNASに録画してあったテレビ番組を視聴したりすることができます。

さらに便利に!NASの応用

ここまでご紹介したのはあくまで基本的なNASの利用方法です。

以下では、応用的なNASの使い方をご紹介します。

USBプリンタを共有

NASのUSBポートにUSBプリンタを接続すれば、プリンタをネットワーク上で共有できます。無線で使えるプリンタがない環境ではおすすめの方法です。

外付けHDDで容量を拡張

便利なNASですが、複数人で共有できることから容量がすぐにいっぱいになってしまいがちです。しかし、NASの中にはUSBポートに外付けHDDを接続することでストレージ容量を拡張できるものがあります。使用状況に応じて拡張できるのは、大きなメリットといえるのではないでしょうか。

外付けHDDのNAS化

上述したとおり、NASはLANに接続できるストレージですが、通常のHDDをNAS化することもできます。その際に必要なものは、USBポートのあるルーターです。このタイプのルーターは、接続したUSB機器(この場合はHDD)をネットワーク上に組み込むことができます。NASは非常に便利な製品ですが、コストが比較的割高です。少しでも低コストでNASと同じ環境を構築したい方は、外付けHDDのNAS化も検討してみてはいかがでしょうか。

おわりに

今回は、HDDとNASの違いについてご紹介しました。

ストレージにアクセスするデバイスが多い環境では、NASを利用するメリットが多いでしょう。有線接続なしで記憶容量を増やせるため、スマートフォンやタブレットを使う方には特におすすめです。

NASはネットワークに接続して利用するため、ネットワーク設定が誤っている場合は利用できません。このようなときはNAS、Wi-Fi、利用デバイスのどこに問題があるのかを調べて対応する必要があります。

ドクター・ホームネットでは、NASのトラブル対応サービスを提供しておりますので、お困りのときはぜひご相談ください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する