Windows 10の新ブラウザー「Microsoft Edge」とは?

Windows 10の新ブラウザー「Microsoft Edge」

パソコンでインターネットを利用している方であれば、「ブラウザー」と呼ばれるソフトを使っていることでしょう。なかでもWindowsユーザーは、「Internet Explorer」というブラウザーになじみがあるはずです。最新のWindows 10からは、「Microsoft Edge」が標準搭載されるようになりました。

今回は、Microsoft Edgeの特徴や新機能に着目しながら、Internet Explorerとの違いなどについてご紹介します。

Microsoft Edgeとは?

Microsoft Edgeとは?

Microsoft Edgeは、Widows 10から標準搭載されたWebブラウザーです。

Windows 10が搭載されたパソコンで、ブラウザーの設定を変更していなければ、インターネットを利用する際はMicrosoft Edgeが起動されます。ちなみにアイコンは、青い「e」の文字です。

そもそも「ブラウザー」とは、インターネットを閲覧するためのソフトウェアを指します。Windowsのパソコンを使ってきた方にとっては、「Internet Explorer」がブラウザーとしてなじみ深いでしょう。代表的なブラウザーとしては他にも、「Google chrome」「Firefox」「Opera」、マッキントッシュに標準搭載されている「Safari」などがあります。

どのブラウザーも「インターネットを閲覧する」というメインの目的は同じです。その一方で、使用感には大きな差があるため、パソコンユーザーの中には、好みによってブラウザーを使い分けている方も少なくありません。

長らく標準ブラウザーだったInternet Explorerは、シンプルな操作性が魅力でした。新しく標準搭載されたMicrosoft Edgeは、現代的にアレンジされた操作性・デザイン、機能で多くのユーザーに評価されています。

Internet Explorer 11とMicrosoft Edgeの違いは?

Windows 10以降のパソコンにも、Internet Explorerはインストールされており、Microsoft EdgeとInternet Explorerをそれぞれ切り替えて使うことが可能です。

では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。Internet Explorerの最新版である11と、Microsoft Edgeの異なる特徴をまとめました。

デザイン

Microsoft Edgeは、Windows10で採用された「フラットデザイン」に準拠しています。これは、アイコンやボタンといった要素を平面的にデザインすることで、視認性や操作性を確保する手法です。一方で、立体的なデザインが採用されていることは、Internet Explorer11の特徴になります。

メニューボタン・アドレスバー

Microsoft Edgeのボタンやアドレスバーは、大きくデザインされていますが、上述したフラットデザインのまとまりにより、窮屈に感じることはありません。

ただし、Microsoft EdgeのあとにInternet Explorerを使用すると、ボタンやアドレスバーのサイズが違うことから、少し使いづらさを感じることがあるかもしれません。しかし、こうしたサイズ変更は、タッチパネル操作を意識したものといえます。

印刷画面

Microsoft Edgeで印刷画面を開くと、設定情報と同時に印刷プレビューを確認できるオリジナル仕様です。一方、Internet Explorerの印刷画面は、他のWindowsアプリに準拠しています。これも両者の大きな違いでしょう。

Microsoft Edgeの新機能

Microsoft Edgeの新機能

Microsoft Edgeには、Webブラウザーとして画期的な新機能が複数搭載されています。こうした新機能は、インターネットを「閲覧する」ブラウザーではなく、「活用する」ブラウザーと称されている理由でもあります。

以下に、Microsoft Edgeの個性的な新機能をご紹介します。

Webノート

近年のWindowsパソコンは、タッチ操作に対応しています。インストールされているソフトウェアもタッチ操作を想定した機能が追加され、Microsoft Edgeも例外ではありません。

代表的なタッチ操作機能といえるのが「Webノート」です。表示されているWebページを、まさしく自分のノートのように扱える機能になります。

Webノートでできる主な作業は、「マーカー」「クリップ」「共有」の3つです。テキストや画像に対して、教科書に蛍光ペンで印をつけるような感覚でマーカーを引くこともできます。また、クリップすれば選択した範囲を保存でき、共有したい情報があればOneNoteやTwitter、メッセージなど、連携ツールへの送信もスムーズです。

従来のようにマウスでの操作が可能ですが、タッチ操作でもこれらの作業をすべて完結できます。Webノートに代表されるように、直感的な操作ができるようになったことは、Microsoft Edgeの大きな特徴でしょう。

読み取りビュー

Webページによっては、決して読みやすいとはいえないデザインが施されている可能性があります。たとえ掲載されている情報が有益だとしても、デザインが複雑だと読み進めるのが億劫になってしまうかもしれません。そうしたときに便利な機能が、「読み取りビュー」です。

画面右上にある本のボタンをクリックすると、画像・広告などが排除され、テキストが読みやすいシンプルな表示に変換されます。Webページによっては、読み取りビューの表示形式に対応していない場合もありますが、素早く情報をピックアップしたいときには非常に便利な機能です。

リーディングリスト

この機能は、あとで読みたい記事を保存し、リストに追加できる機能です。一般的なWebブラウザーに搭載されている、「お気に入り」や「ブックマーク」といった機能と性質は似ています。しかし、リーディングリストはより手軽な記事の閲覧に適している機能です。

リストに追加された記事は時系列順に表示され、スクロールしていくと過去分までさかのぼることができます。また、同じMicrosoftのアカウント設定をしていれば、タブレットやWindows Phoneなど、他のデバイスでもリストを確認できて便利です。パソコンだけではなく、他のデバイスでも閲覧できるため、移動中や外出先でも、効率的な情報収集が行えるでしょう。

おわりに

今回はMicrosoft Edgeの特徴や、従来までの標準ブラウザーだったInternet Explorerとの違い、Microsoft Edgeで使える画期的な新機能についてご紹介しました。

Windowsを利用している多くのユーザーにとって、Internet Explorerは使いやすいブラウザーかもしれませんが、Microsoft Edgeも現代のニーズを反映した画期的なブラウザーです。Windows10のパソコンをご利用中の方は、ぜひMicrosoft Edgeに触れ、その利便性を実感してみてください。

また、興味が湧いてきたらGoogle ChromeやFirefoxなど、他のブラウザーを使用してみることをおすすめします。自分にとってもっとも使いやすいブラウザーを見つけて、楽しくインターネットを利用しましょう。

ドクター・ホームネットでは、インターネットに関連するさまざまな情報を提供しています。また、インターネット閲覧時のトラブルにも対応しています。なにかお困りのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する