海外旅行で格安スマホは使える?海外で格安スマホを使用する際のポイント

海外で格安スマホを使用するポイント

格安スマホとは、大手携帯会社のスマートフォンよりも比較的安価で利用できるスマートフォンのことです。近年、月々の料金が最大で3分の1程度まで減額できる上に、通信スピードや対応エリアに関しても大手携帯会社に劣らないということで、注目を集めています。そんな格安スマホですが、海外でも使用できることをご存じでしょうか。

今回は、格安スマホの海外使用に関するポイントや注意点などについてご紹介します。

格安スマホを海外で使用する方法

月々の携帯電話使用料を節約するために、格安スマホに乗り換えを検討されている方も多いようですが、海外でも格安スマホを利用することが可能か、気になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、格安スマホを海外で使用する方法についてご紹介します。

国内SIMの国際ローミング

国際ローミングとは、スマートフォンによる通話・通信がそのまま海外でも利用できるサービスのことです。国際ローミングにより、日本人観光客に人気がある、ほとんどの国や地域で、国内で使用しているスマートフォンを利用できるようになります。

現在、国内大手携帯会社では、それぞれの国際ローミングサービスを展開していますが、格安スマホでも同じような国際ローミングが利用可能です。

そもそも格安スマホがリーズナブルな価格で利用できるのは、大手キャリアから携帯電話回線などのネットワークを、利用者数に応じて必要な分だけ借り受けてサービスを提供しているためです。つまり、つながりやすさや対応エリアは借り受けているネットワークに準じます。

このようなサービスを提供している事業者をMVNOと呼びますが、多くのMVNOが提携している国内大手キャリアは、海外のキャリアと提携し、現地の通信ネットワークを利用して国際ローミングサービスを提供しているため、格安スマホも自然とその恩恵にあずかることができるという仕組みです。

現地のプリペイド式SIM

格安スマホは、現地のSIMカードを購入することで、海外で使用できるようになります。

SIMカードとは、電話番号などの固有情報が書き込まれたICカードのことです。スマートフォンを電話として使用するためには、SIMカードは欠かせません。

海外旅行先で、使用している格安スマホに対応したSIMカードを購入することで、プリペイド式の課金方式で電話を利用できるようになります。

海外で格安スマホを利用する際の注意点

海外で格安スマホを利用する際の注意点

海外でも使用できる格安スマホですが、国際ローミングを利用する場合は注意しておきたいポイントがいくつかあります。海外旅行に向けて買い替えを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

国際ローミングではデータ通信ができない

格安スマホを利用した国際ローミングでは音声通話は可能ですが、データ通信サービスは対応していないことが一般的です。格安SIMの中には、データ通信専用のSIMなどもありますが、こちらを使用したとしても国際ローミングでのデータ通信は使用できません。

格安スマホを扱う日本の事業者(MVNO)は、大手キャリアから音声通話のサービスをそのまま借り受けているため、国際ローミングでも音声通話が利用可能になります。しかし、データ通信に関しては、通常MVNO独自の設備を使用しているため、国内では問題なく利用できても、海外キャリアを通してのアクセスはできなくなります。

国際ローミングでは国内利用時の利用料金が異なる

国際ローミングサービスは、国内の各キャリアが海外業者の設備を通して行うサービスのため、海外のキャリアに支払う分の料金が上乗せされます。そのため、通信費や通話料は国内で利用する場合よりも高額です。

国際ローミングは、使い慣れたスマートフォンがそのまま海外でも使用できるため、非常に手軽で安心なサービスといえますが、いつも通り使っていると思わぬ高額請求を受ける可能性もあります。

キャリアごとに具体的なサービス名や料金設定が異なるため、しっかり確認しておくことをおすすめします。割引や定額プランなどに加入していない場合、国にもよりますが一般的に国内通話の3倍以上の通話料がかかってしまうことを強く認識しておきましょう。

海外旅行では現地のSIMカードの方がお得?

海外旅行では現地のSIMカードの方がお得?

滞在日数や訪問する国によっては、現地のSIMカードを購入した方がお得な場合があります。

現地のSIMカードを購入するべきケース

使い慣れたスマートフォン本体と電話番号をそのまま利用できることが魅力の国際ローミングですが、通話料や通信料が高額であることが難点といえます。使えるデータ通信量にも上限がある場合がほとんどで、思うような利便性を感じられないこともしばしば。数日間の旅行であればそれほど痛手ではないかもしれませんが、長期の旅行となる場合は不満を抱えることがあるかと思います。

そこで、現地のSIMカードを購入したほうが、国際ローミングサービスを利用するよりも、安く利用できる場合があることを知っておきましょう。行き先や旅行日程によっては、現地でSIMカードを買った方がお得です。

また格安スマホの場合は、国際ローミングを利用してもデータ通信が使用できませんが、現地のSIMカードを購入すればデータ通信も可能になります。スマートフォンを使って地図を確認したり、情報収集したりしようと考えている場合は、現地でのSIMカードの利用も検討してください。

現地のSIMカードの購入方法

現地でプリペイド式のSIMカードを購入すれば、現地の通話料や通信料が適用されます。SIMカードの購入方法は国によって異なりますが、空港の売店や自動販売機、電子機器を扱うショップなどで購入可能です。

旅行先で現地のSIMカードを利用する際の注意点

ここでは、旅行先で現地のSIMカードを利用する際の注意点についてご紹介します。

SIMフリー端末

現地のSIMカードを利用する場合は、お手持ちの端末がSIMフリー端末であることが必要です。

SIMフリー端末とは、どのようなSIMでも差し替えて使用できる端末のことです。なお、使用できるキャリアが限定されている端末も存在するため注意が必要です。格安スマホを使っていたとしても、SIMフリーでなければ現地のSIMカードは認識されません。

旅行先で現地のSIMカードを利用する場合は、スマートフォンがSIMフリー端末であることを確認しましょう。

SIMカードのサイズ

SIMカードには、標準SIM・マイクロSIM・ナノSIMの3種類があり、それぞれ大きさが異なります。端末によって使用できるサイズが異なるため、SIMカードを選ぶ際はサイズが端末に合っているかどうかを確認しましょう。

また、SIMカードは挿し込む方向が決まっています。方向や表裏を間違えてしまうと、スロット内部を傷つけてしまい、スマートフォンが故障してしまう可能性もあるため注意してください。

おわりに

リーズナブルな料金設定で注目を集めている格安スマホを、海外で使用する際のポイントや注意点についてご紹介しました。

格安スマホでも、国際ローミングや現地のSIMカードを利用すれば、海外でも問題なく使用できます。旅行先や滞在日数、状況もしっかり考慮して、どのような方法でスマートフォンを使用するかを決めるようにしましょう。

ドクターホームネットでは、海外での携帯電話事情の他にも、パソコンや家電に関するさまざまな情報をお届けしています。ぜひ、その他のコラムもご覧になってみてください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する