スマホでパソコンをインターネット接続!テザリングの種類と注意点

テザリングの種類と注意点

家電量販店や携帯ショップでスマホやタブレット端末を購入する際、「テザリング」をオプションにつけるよう勧められた経験がある方も多いのではないでしょうか。

今回は「テザリング」の概要や種類、利用する際の注意点についてご紹介します。

テザリングとは?

テザリングは、英語の「tethering」という単語から来ています。「牛や馬などを縄でつなぐ」という意味があり、スマホのように単体で通信可能な端末を利用して、他の機器をインターネットにつなぐことを「テザリング」と称するようになりました。

通常、パソコンやゲーム機を使う際は、Wi-Fiもしくは有線LANを使ってネットワーク通信を行います。外出先であってもWi-Fiスポットにアクセスできればインターネットに接続することは可能です。テザリングは、Wi-Fiスポットがない場所でパソコンやタブレットのWi-Fi通信を行う方法として利用されています。

モバイルルーターなしで、どこでもインターネットを利用できる

Wi-Fiスポットのない外出先でインターネット通信を行う際は、モバイルWi-Fiルーターやテザリングのできるスマホなどを用いる必要があります。

モバイルWi-Fiルーターは「ポケットWi-Fiルーター」という名前でも呼ばれる、小型の通信端末です。回線工事不要で、簡単な設定を行えばすぐにインターネットが使えるようになります。持ち運び可能なため、外出先でパソコンやゲームをしたい方などに重宝されているようです。

ただし、ほとんどのモバイルWi-Fiルーターは毎月使用料を支払う必要があります。機器自体にも充電が必要なため、長時間使用する際はバッテリーに気を使わなければいけません。

テザリングは、テザリングに対応しているスマホやタブレット端末があれば利用できるため、別途モバイルWi-Fiルーターを持ち歩く必要がありません。

テザリングの仕組み

パソコンやゲーム機、タブレットなどは通常、有線、もしくはWi-Fiによる無線通信でしかインターネットを利用できません。しかし、スマホであれば常時インターネットを利用可能です。単独で通信できるスマホを他の端末が接続できるアクセスポイントにすることで、インターネットに接続可能な状態にすることがテザリングの仕組みです。

Wi-Fiによるテザリングが一般的ですが、他の無線規格であるBluetoothによるテザリングや、単独で通信可能な端末とパソコンなどをUSBで接続するテザリングもあります。

テザリングをするには

テザリングを始めるには、親機がテザリング可能なプランへの加入が必要です。テザリングをオプションで選択できる場合、もしくは申し込み不要でテザリングを利用できる場合の2つがあります。

また、機種によってテザリングの方法は違いますが、ほとんどの場合で親機と子機両方の設定が必要です。分からないときはお使いの機種に付属の説明書で確認しましょう。

テザリングの歴史

2009年に発売されたiPhone 3GSからテザリング機能が搭載され、テザリングアプリを端末にインストールしてテザリングが行われるようになってきました。

ただし、このときは端末にメーカーの機能制限がかけられていました。ユーザーは故障時に保証を受けられなくなることを覚悟の上で、制限を外してテザリングを行っていたのです。

iPhoneで正式にテザリングが利用できるようになったのは、2012年にiPhone5がリリースされてからのことです。一方Androidに関しては、2010年5月リリースのAndroid 2.2からテザリング機能が実装され、日本では一部の端末に限ってテザリングが利用できるようになりました。

日本でのテザリング導入が遅れた理由のひとつは、パソコンによるインターネット通信が実質無料でできてしまうことです。新しく回線を契約せずともスマホやタブレット端末の利用料金だけでパソコンからインターネット接続できるため、通信事業者の収益に影響が出ると懸念されていました。

また、回線への負担増加が予想されることもテザリング導入を遅らせました。スマホやタブレットの通信回線でデータ量の多いパソコン通信を使用すると、回線が混雑してしまうと考えられたのです。

スマホの普及で回線の負荷が増加していたこともあり、各携帯電話事業者は一定量以上のデータを使用したユーザーに通信制限を課すことにしました。こうした施策を経て、日本ではテザリングが外出先でのインターネット接続方法として認識されてきています。

テザリングの種類

テザリングの種類

テザリングには無線接続の「Wi-Fiテザリング」「Bluetoothテザリング」と、有線接続の「USBテザリング」の3つの接続方法があります。それぞれの特徴についてご紹介します。

Wi-Fiテザリング

USB端子を持たない機器をテザリングする場合は無線で接続する必要があります。Wi-Fiによる無線のテザリングは、最も使われることの多い方法です。Wi-Fiを利用しているため、複数の端末を同時にテザリングすることもできます。

消費電力が多いため、充電切れには注意が必要です。セキュリティーを確保するために、Wi-Fiにはパスワード設定しておきましょう。

Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングは、Bluetoothにより親機と子機をペアリングしてテザリングを行います。複数端末との同時接続も可能です。Wi-Fiテザリングより消費電力が少なく、バッテリー持ちが良いことがメリットとしてあげられますが、通信距離は短く、速度が最も遅いテザリング方法となります。

USBテザリング

USBテザリングでは、USBケーブルで親機と子機をつないでテザリングします。USB端子のない機器では使えず、複数を同時に接続することはできませんが、最も速度が速い方法です。

親機をパソコンにつないだ場合は充電も同時にできるため、バッテリー切れの心配がありません。

テザリングを利用する際の注意点

テザリングを利用する際の注意点

テザリングを利用する際には、以下の点に注意しましょう。

通信制限

テザリングの通信は、親機の通信料金に加算されます。なお、親機のプランによりますが、一定のデータ通信量を超えた場合、制限がかかることがあります。通信制限がかかってしまうと動作は非常に遅くなり、通常速度に戻すためには追加料金の支払いが必要です。

毎月のデータ通信量に余裕がない方は、テザリングを使う際は、メールの送受信や簡単な検索など、データ通信量の少ないものに限った方が良いでしょう。

バッテリー消費

テザリングは親機への負荷が大きいため、バッテリー消費が早くなります。心配な方はUSBテザリングを利用するか、充電用のモバイルバッテリーを別途購入しておくと良いかもしれません。

セキュリティー対策

テザリングを始める前には、パスワードを設定しましょう。

特にWi-Fiテザリングを行う際、パスワードの設定は必須です。パスワードがかかっていなければ、見ず知らずの他人でも親機の回線を利用できてしまいます。

テザリングを利用する際は、セキュリティー対策をしっかり行いましょう。

おわりに

今回は、テザリングの種類と注意点についてご紹介しました。

テザリングとは、スマホのように単体で通信可能な端末を利用して、他の機器をインターネットにつなぐことです。場所を問わずにパソコンやゲームをインターネットに接続することができます。

ドクター・ホームネットでは、スマホやパソコンのサポートを行っています。お持ちの端末でお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する