送受信ができない?メールの送受信で不具合が発生する原因と対策

メール送受信で不具合が発生する原因と対策

パソコンのメールを利用していると、「メールの送受信ができない」「設定を確認しても分からない」などの悩みに直面することがあるかもしれません。

実は、メールの送受信ができない原因は、さまざまなことが考えられます。

そこで今回は、メールの送受信で不具合が発生するいくつかの原因と対策についてご紹介します。

1.メールの送受信で不具合が生じたら

メールの送受信で不具合が生じたら

メールの送受信トラブルで考えられる原因はさまざまですが、メールの送受信ができない場合、まず確認しておきたいことはインターネット接続です。

インターネットをつないだばかり、あるいはパソコンを新調したばかりの場合は、環境設定がうまくいっていない可能性があります。

インターネットの仕組みを理解することにより解決できるトラブルも多くあるため、インターネット接続の基本的な仕組みから確認しましょう。

1-1.インターネットの仕組み

メールはインターネットを利用して行いますが、インターネットを家庭用の固定回線で使用するためには「インターネット回線」と「インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)」両方の契約が必要となります。2015年から、回線とプロバイダ料金が一括になっている料金プランのサービスが開始されましたが、支払いがまとまっていても回線とプロバイダの両方と契約していることに変わりはありません。

回線とプロバイダは、それぞれ違う役目を担っています。回線はその名の通り、自宅とインターネットを線でつなぐ役割で、プロバイダは回線を通してインターネットにつなぐためのIDやパスワードを発行している門番のような役割をしています。つまり、どちらに不具合があってもインターネット接続は不可能ということです。

1-2.周辺機器の設定

回線とパソコンをつなぐために、回線終端装置・モデム・ルーターなどの機器を使用します。使用する機器は回線により異なりますが、これらの機器がないとパソコンと回線をつなぐことはできません。

一般的には、プロバイダのIDやパスワードをルーターに設定することによりインターネットにつなぐことができます。CATVのように、ケーブルモデムそのものが認証を行っている場合は、モデムをつなぐだけでインターネットにつながるケースもあります。

モデムやルーターの電源切れ、LANケーブルの抜け、接続不良が起きている場合は、当然インターネットにはつながりません。

インターネットの接続がなければメールの送受信ができないため、インターネットの接続や周辺機器に問題がないか確認しましょう。

お問い合わせはこちら

2.メールの送受信トラブルの原因と対策

メールの送受信トラブルの原因と対策

メール送受信トラブルの中には、送信か受信どちらかができない場合とどちらもできない場合もあるでしょう。インターネット接続に問題がないのにメールの送受信に不具合が生じた、または、今まで問題なく使用できていたのに突然使用できなくなったときに考えられる原因と対策をいくつかご紹介します。

2-1.メールアドレスの入力ミス

メールアドレスの入力を間違えている場合は、メール送信後に「無効なメールアドレスです」「invalid email address」などのエラーが返ってきます。送信相手のメールアドレスを入力する際に、1文字でも間違えて送ってしまうとメールは相手に届きません。半角と全角、大文字と小文字に誤りはないか、不要なスペースなどが入り込んでいないかを再度確かめた上で再送信してみましょう。

ドット(.)とカンマ(,)、数字の「0」とアルファベットの「O」などは、特に間違えやすいため注意が必要です。また、送信相手がアドレスを変更している可能性も考えられます。メール以外の方法で確認してみましょう。

2-2.送信先の容量オーバー

メールサービスごとに異なりますが、それぞれに通常容量制限が設けられているため、容量をオーバーしてしまっている場合は送信メールが相手に届きません。

サーバーにメールのコピーを置く設定にしていると、保管しておく期間も設定することが可能です。期間が過ぎた場合は自動的に削除されますが、この期間を長く設定している場合、サーバーに多くのメールがたまってしまうため容量オーバーとなってしまう可能性があります。

受信メールを定期的に削除したり、サーバーにコピーを置く設定を解除したりすることで解決できます。しかし、送信は通常通りできることが多く、容量がオーバーしていることには気がつきにくい傾向にあるようです。

2-3.添付ファイルが大きすぎる

結構な頻度であるエラー原因の一つが、添付ファイルが大きすぎるというものです。

使用しているメールサービスにもよるのですが、「Error: message file too big」のようなエラーが送信者に返ってくることが多いです。

2-4.迷惑メールフィルター

迷惑メールのフィルターを設定している場合は、受信メールが何らかの理由で迷惑メールとして振り分けられたり、削除されたりする可能性があります。この場合、受信ボックスに届くように、手動で受信設定を行うことがもっとも確実です。設定方法はプロバイダによって異なるため、それぞれのサポートページを参考に設定するようにしましょう。

2-5.サーバー障害が起きている

サーバー障害が起きている場合、メールサーバーやインターネット接続が停止してしまいます。利用中のプロバイダに、障害・メンテナンス情報を確認してみてください。突然送受信できなくなってしまった場合は、情報の掲載に時間がかかってしまう場合もあるため、しばらく時間をあけてから確認してみましょう。

2-6.インターネットにつながっていない

インターネットに接続されていないために、メールが送れないこともありえます。

インターネットにつながっていないとメールを送ることができないのは当たり前と思うかもしれません。

しかし、有線であれば、何かの拍子にケーブルが抜けてしまうこともありますし、無線であれば、何かしらの不具合によって一時的にインターネット接続が切れてしまうこともあります。

一度、ちゃんとインターネットにつながっているか確認してみてください。

2-7.ドメインが失効、プロバイダの契約が切れている

メールアドレスのドメインとは、@以降の部分を指し、どこのサーバーを通してメールを送受信しているのかを判断します。ドメイン名はプロバイダや会社の名前になっていることが多く、ドメインが失効している場合やプロバイダの契約が切れてしまっている場合、メールの送受信は突然できなくなります。このようなケースはまれですが、もしも契約が切れていた場合は再契約が必要です。

2-8.「受信メールサーバーに接続できません」というアラートが出る場合

「受信メールサーバーに接続できません」というアラートが表示されてるとアカウントの設定がうまくいってない可能性が高いです。

アカウント管理のページから、アカウント名とパスワードを再度設定し直してください。

2-9.セキュリティ対策ソフト

セキュリティ対策ソフトのインストールやファイアーウォール設定の変更などを行った場合、送受信ができなくなる場合があります。セキュリティ対策ソフトに関する何らかのアクションを起こした後から急にメールの送受信ができなくなった場合は、一時的に変更前の状態に戻してみましょう。再度メールの送受信テストを行い、ソフトが原因だと考えられる場合はサポート窓口に問い合わせることをおすすめします。

2-10.メールソフトの設定ミス

メールの設定には、「メールアドレス」と「パスワード」、契約しているプロバイダから受け取る「POPサーバー」、「SMTPサーバー」の4つの基本情報が必要です。何らかの原因で設定がずれてしまったり、プロバイダ側の設定が変わったりした場合、メールの送受信に不具合が生じます。

3.Windows 10 「メール」アプリでのメール設定方法

Windows 10で使用できるメールソフトのひとつにMicrosoft純正でWindows 10の標準アプリとされている「メール」があります。

MicrosoftといえばHot mail やWindows Live Hotmail、Outlook.comというメールがありますが、「メール」ではプロバイダーから提供されるメールやGmail、Yahoo!メールなども使用することができます。

「メール」の設定方法

  1. まずはデスクトップ左下にあるWindowsのマーク(これを「スタート」と呼びます。)をクリック。
  2. スタート画面から「メール」を選択します。
  3. [アカウント]と表示される画面が開くので、「+アカウントの追加」を選びます。
  4. 「アカウントの選択」が表示されました。
  5. Outlook.com、Google(Gmail)、iCloud(Apple)を使用する場合はそれを選択します。他のメールを使用する場合には、6.に進んでください。
  6. 「詳細セットアップ」をクリックします。プロバイダーから提供されているメールなどはすべてこちらを選びます。(これ以降はプロバイダーのメールの説明となります。)
  7. 「インターネット メール」をクリック。
  8. 「インターネット メール アカウント」をそれぞれ入力していきましょう。

  9. 「メール アドレス」:メールアドレスを入力します。 例.yamada-taro@〇〇〇.com
  10. 「ユーザー名」:プロバイダーから提供されているユーザー名を入力します。
  11. 「パスワード」:プロバイダーから提供されているユーザー名を入力します。
  12. 「アカウント名」:メールソフトで表示される名前です。自分がわかりやすものを付けることができます。
  13. 「この名前を使用してメッセージを送信」:差出人を意味しています。送信者名として表示されるので受信者に見られても問題のない名前をつけましょう。
  14. 「受信メール サーバー」:メール契約時に発行される書類や画面で確認しましょう。例.mail.〇〇〇.com
  15. 「アカウントの種類」:プロバイダーから指定されている種類を選択します。設定できるのはPOP3とIMAP4のいずれかです。
  16. 「送信メール サーバー」:受信メールサーバーと同様に、メール契約時に発行される書類や画面で確認しましょう。例.mail.〇〇〇.com
  17. 「送信サーバーは認証が必要」「メールの送信に同じユーザー名とパスワードを使う」「受信メールにSSLを使う」「送信メールにSSLを使う 」は、プロバイダーからの指定に沿って、それぞれ選択しましょう。
  18. ここまでできたら「サインイン」をクリックして、次の画面で「完了」クリックして設定完了です。
  19. 設定後には送受信テストをして確認するようにしましょう。

メール設定がうまくいかないときのチェックポイント

  • 受信サーバーと送信サーバーが異なっているのに同じ文字列を入れている
  • ユーザーIDとメールアドレスが逆になっている
  • 1文字足りない

ここまでの設定をよく確認してもメールがうまく動かない場合は専門家のサポートを受けることをお勧めします。

メールの送受信ができなくてお困りですか?

今回は、メールの送受信で不具合が生じた場合に考えられる、さまざまな原因と対策についてご紹介しました。

心当たりのある状況があった場合は、ぜひ対策方法を試してみてください。ただし、メールの送受信トラブルに関しては、ご紹介した内容の他にも、メールソフトの不具合やパソコンの故障、ウイルス感染など、さまざまな原因が考えられます。

ドクター・ホームネットでは、メールの送受信やメールの設定などのサポートを承っています。メールの不具合が解決しない場合は、ぜひご相談ください。

メールの送受信トラブルをドクター・ホームネットに相談する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する