Windows 10のMicrosoftアカウントとローカルアカウントの違い

Microsoftアカウントとローカルアカウントの違い

Windows 10が搭載されているパソコンを購入して初めて立ち上げたとき、「Microsoftアカウント」の設定を求められた覚えのある方も多いのではないでしょうか。昔からWindowsのパソコンにログオンする際に使われてきた「ローカルアカウント」と比べ、Microsoftアカウントにはさまざまな機能が加わっています。

今回は、2つのアカウントにはどのような違いがあるのか、それぞれのメリットについてご紹介します。

ローカルアカウントとは?

ローカルアカウントとは、パソコンにログオンするためのアカウントを指します。Window 95やWindows XPなどの古いOS時代から存在しており、登録時にインターネット接続は必要ありません。

ローカルアカウントは、アカウントを作成したパソコンのみで使用することができます。他のパソコンに、同じ名前で同じパスワードのローカルアカウントを作っても、設定を共有することはできません。

また、1台のパソコンの中に複数のアカウントを作ることは可能です。家庭や職場で誰かとパソコンを共用することがあれば、それぞれローカルアカウントを作って使い分けることができます。

Microsoftアカウントとは?

Microsoftアカウントは、ローカルアカウントと同様にWindowsパソコンにログオンするためのアカウントですが、登録の際にはインターネット接続が必要です。このシステムはWindows 8から採用され、Window 10からはMicrosoftアカウントでのログオンが標準設定になりました。

Windows 7で「Windows Live ID」を使用していた場合は、同じIDにセキュリティ情報を追加することで、Microsoftアカウントとして引き続き使用できるようになります。もちろん、新しくMicrosoftアカウントを作り直すことも可能です。

Microsoftアカウントでは購入したアプリやコンテンツ、クレジットカード情報などを一括して管理することができます。

また、アカウントを作成したパソコンでしか使用できないローカルアカウントとは違い、Microsoftアカウントは複数のパソコンで使用することも可能です。

ローカルアカウントを使用するメリット

ローカルアカウントを使用するメリット

Microsoftアカウントが登場した現在でも、設定を変更すれば今まで通りローカルアカウントを作成してログオンすることは可能です。では、ローカルアカウントを設定することによるメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

情報漏えいリスクの少なさ

ローカルアカウントを使用する最大のメリットは、情報が第三者に渡る可能性が少ないことです。

MicrosoftアカウントはMicrosoftのサーバーで管理され、高いレベルのセキュリティシステムで守られています。しかし、サーバーがサイバー攻撃を受ける可能性があります。Microsoftアカウントに保存している個人情報を盗まれたり、データをばらまかれてしまったりする可能性もあるのです。

情報漏えいが心配な方は、ローカルアカウントのほうが安心して使えるでしょう。

ユーザー名を自由に設定できる

ローカルアカウントはパソコンにログオンする目的でのみ使うアカウントのため、ユーザー名が人目に触れる心配がありません。

一方Microsoftアカウントのユーザー名は、Outlookからメールを差し出すときやOne Driveでファイルを共有する際などに、他のユーザーへ公開されます。現状、このユーザー名を非公開に設定する機能はありません。そのため、本名が公開されることに抵抗を感じる方は注意する必要があります。

未ログオン期間が続いても消滅しない

Microsoftアカウントには、アカウントそのものにも有効期限があります。日常的に使用していれば問題ないですが、1年以上サインインしなければ自動的にサーバーからアカウントが削除されてしまいます。

ローカルアカウントを使用している場合は、ログオンしていない状態が続いてもアカウントが消滅することはありません。

Windows 10でMicrosoftアカウントを使用するメリット

Microsoftアカウントを使用するメリット

ローカルアカウントに代わるかたちで登場したMicrosoftアカウントには、以下のようなメリットが存在します。

設定が同期される

Microsoftアカウントの最大のメリットは、他のパソコンやタブレット、スマートフォンなどの異なる端末同士で設定を同期できることです。

例えばパソコンを買い替えた際、Microsoftアカウントでログオンすれば、以前使っていたパソコンの設定を引き継ぐことができます。壁紙やブラウザのお気に入り、ダウンロードしているアプリの情報などをそのまま使用できるため、再設定の手間が省けます。

Windowsストアアプリが使用できる

Microsoftアカウントでログオンすると、任意のWindowsストアアプリを自由にダウンロードすることができます。例えば「One Drive」「Outlook」「Skype」「Officeシリーズ」などが挙げられます。

One Driveは、オンラインストレージサービスです。Microsoftアカウントがあれば7GBまでのデータが無料で保存できるほか、WordやExcelなどのOfficeアプリをブラウザ上で編集することができる「Office Online」も使用できます。

Outlookは無料で使えるメールソフトで、GmailやYahoo!メール、Hotmailなど複数のメールアドレスを一括管理することが可能です。Microsoftアカウントでサインインすることにより複数のデバイスでOutlookが使えるようになり、One Driveからファイル共有も簡単に行えます。

お子様用のアカウント設定・管理ができる

Microsoftアカウントはファミリー機能を使い、お子様用のアカウントを作ることもできます。Microsoftアカウントを追加する際に「お子様を追加する」を選択することで、保護者のアカウントからお子様のアカウントの管理ができるようになります。

保護者がお子様のアカウントに対して使える機能は以下の通りです。

・デバイスを使用できる時間の設定

・お子様がアクセスしたサイトや利用したアプリ、デバイスを使った時間の確認

・買い物できる金額の上限設定

・ダウンロードできるアプリの制限

・不適切なコンテンツの閲覧制限

・特定のWebサイトの閲覧制限

おわりに

ローカルアカウントとMicrosoftアカウントにはそれぞれメリット・デメリットがあり、どちらを使用するかは、ユーザーがパソコンを使用する頻度や用途により異なります。例えば、パソコンをあまり頻繁に使わず、インターネットもほぼ使わない場合は、ローカルアカウントのほうが情報漏えいリスクも低いためおすすめです。

ただ、Microsoftアカウントでログオンすることで得られるメリットは多数存在します。インターネットをよく利用し、複数のパソコン間で設定を同期して使用したい場合、Microsoftアカウントでログオンするほうが良いでしょう。

また、MicrosoftアカウントはWindows 10以降、標準ログオン方法になっているため、Microsoftアカウントで使用できるアプリは増えるといわれています。特にこだわりがないという場合はローカルアカウントよりもMicrosoftアカウントを選んでおくと、後々便利かもしれません。

ドクター・ホームネットでは、Windows 10のユーザーアカウント作成やアプリのインストールなどの初期設定を承っています。Windows 10の使用方法についてお悩みの場合は、お気軽にお問い合わせください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する