キーボードが反応しない?キーボードが動かない原因と対処法

パソコンは仕事や日常生活に欠かせない便利な機械ですが、精密機器のためにいろいろなトラブルが起きます。代表的なトラブルの1つに、「キーボードが使えなくなる」というものがあります。Windows 7、Windows 8、Windows 10問わず全てのOSで起こりうる問題です。

いつも通りにパソコンを起動させて、ログインしようとするとキーボードでタイプしたはずの文字列が画面に表示されません。前回使用したときは普通に使えていたのですが、どのキーを押しても文字が出てこなくなってしまいます。パソコンの周辺機器にトラブルが起きた場合などは、ひとまずパソコンを再起動させることが代表的な対処方法ですが、いくら再起動を繰り返してもキーボードが反応してくれない場合もあります。

そこで今回は、キーボードが反応しない原因や、動かない原因とその対処法についてご紹介します。

1.有線キーボードの接続を確認してみよう

キーボードにも有線で使用するタイプと無線で使用するタイプがあります。

有線で使用するタイプは、キーボードからケーブルが伸びていて、そのケーブルの先をパソコン本体に差し込んで使用するようになっています。このタイプのキーボードを使っている場合は、まずはパソコンへの接続の状態を確認しましょう。

一見、パソコンと接続されているように見えても、きちんと奥まで差し込まれていない場合もあります。起動する前に、なにかの衝撃で接続が緩くなっている可能性も十分にあるのです。

このような場合は一度ケーブルを引き抜いて、改めてパソコンに差し込んでみてください。その後、パソコンを再起動すると正常にキーボードが使えるようになっている可能性があります。

また、パソコンの差し込み口が複数ある場合は、別の口に差し込んでみてください。最近の有線キーボードはほとんどがUSBポートに差し込むようになっています。パソコンのUSBポートの不具合で、キーボードを認識しなくなっている可能性もあるでしょう。

複数のUSBポートを持っているパソコンであれば、正常に機能している他のUSBポートにつなぐことで、キーボードが正常に動作するようになります。

お問い合わせはこちら

2.無線キーボードの電池や受信機を確認してみよう

最近は無線キーボード(ワイヤレスキーボード)を使用される方が増えています。ロジクールやエレコムから様々な製品が販売され、デスクトップパソコンだけではなく、iPadなどのタブレットや2in1のパソコンに接続して使用したり、PS4でフォートナイトなどのゲームをプレイする際にマウスと一緒に無線キーボードを使用する方もいます。

無線キーボードは電池で動作しているので電池が切れそうになると、キーボードが正常に使用できなくなってしまいます。無線キーボードは、どこかに電池の残量を示すランプなどがついているはずです。

例えば、電池が少なくなるとランプが点灯したり、点滅したりして知らせてくれるようになっています。

ランプの表示を確認して電池の残りが少ないようであれば、キーボードの裏面などにある電池のふたを開けて新しいものに交換してみてください。これで正常に使えるようになっていれば、電池切れが原因で不具合が起こっていたのだと分かります。

キーボードの電池に問題がない場合は、パソコン側に問題がある可能性があります。

パソコンのポートには、キーボードの動作情報を受け取るために受信機が取り付けられています。レシーバーと呼ばれる小さな機器ですが、これがパソコンのポートから外れそうになっていないかを確認してみてください。

なにかの拍子にレシーバーが取れそうになっている場合は、一度完全に取り外してから、再度差し込んでみましょう。

有線の場合も無線の場合も、キーボード側に問題があるときと、パソコン側に問題があるときがあります。念のため、両方の状態をチェックしてみるのが無難でしょう。

3.キーボードのデバイスドライバーを確認してみよう

キーボードのような周辺機器は、パソコンで使用できるようにするために、デバイスドライバーと呼ばれるソフトウェアで制御されています。このデバイスドライバーに不具合があるときも、キーボードは正常に動かなくなってしまうのです。

ドライバーとは、キーボードとパソコンの間を取り持つ通訳のようなものといえます。キーボードで特定のキーが押下されると、その情報をパソコンに伝えて画面に文字を表示させたりするのです。この通訳が機能しなくなってしまうと、キーが押されたという情報がパソコンに伝わらないため、文字が表示されなくなってしまいます。

ここでは、Windows 10を例にしてデバイスドライバーの確認方法を説明します。

3-1.デバイスドライバーの確認方法(Windows 10)

まずは、「Windows」キーと「X」キーを押してメニューを表示させます。項目の中にある「デバイスマネージャー」をクリックしましょう。すると、デバイスマネージャー画面が開き、パソコンにインストールされているデバイスのドライバーが一覧で表示されます。

その中から、キーボードの項目を開いて、該当のドライバーの、表示の上で右クリックしてください。開いたメニューの中に表示される「ドライバーの更新」をクリックすると、ドライバーの更新が行われます。

インターネット上から最新のドライバーを入手するには、「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」を選択してください。もし、自分でドライバーをパソコンの中に保存している場合は、「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」を選んで、手動でインストールしましょう。

この方法で、キーボードのドライバーを正常な状態に戻せます。更新が完了すると「ドライバーが正常に更新されました」というメッセージが表示されます。

最後にパソコンを再起動し、キーボードが動作するか確認してください。

4.入力システムを確認してみよう

ExcelやWordなどで日本語の文字入力をするには、日本語の入力システムが必要です。

パソコンに最初からインストールされているシステムもあるため、自分でダウンロードしてインストールするものもあります。文字入力がうまくできないときは、キーボードのせいではなく入力システムの不具合である可能性もあります。

ここでもWindows 10を例にして、日本語入力システムの確認方法を説明します。

4-1.日本語入力システムの確認方法(Windows 10)

「コントロールパネル」を表示させて、表示方法を「カテゴリ」にしてください。

「時計、言語、および地域」というメニューがあるので、その下にある「入力方法の変更」をクリックします。表示された画面の左側で「詳細設定」をクリックし、「既定の入力方式の上書き」をクリックします。

ここで表示されるリストが、入力システムの一覧です。通常は、日本語の「Microsoft IME」になっているでしょう。

入力システムには、Googleなどが提供しているものもあります。

複数の入力システムがリストに表示された場合は、現在選択されているシステム以外のものを選択してみてください。入力システムを変更して、再起動後に正常にキーボードが使用できたとすれば、以前選択していた日本語入力システムに不具合があったということになります。

5.ノートパソコンのキーボードが全て反応しない場合

ノートパソコンの場合もキーが反応しない場合、様々な原因が考えられます。NEC、富士通、DELL、hpなどメーカー問わず全てのノートパソコンで起こりうる可能性があります。Surfaceでも同様になります。

下記で説明する項目のなかで、水漏れ、帯電、再起動する、ホコリの除去はWindowsだけでなく、Macの場合も同様に改善する可能性がある対処法になります。

5-1.水漏れの場合

水漏れの場合、そのままにするとより悪化する可能性が高いので、なるべく早く修理を依頼しましょう。キーボードだけならまだしも、場合によっては他のパソコンのパーツまで故障してしまうこともあります。

5-2.帯電による放電が必要な場合

パソコンは帯電により、起動しなくなったりするなど様々なトラブルの原因になります。そのトラブルの一つにキーボードも反応しなくなるというのもあるので、帯電によりキーボードが反応しなくなった場合、放電作業を実施することで改善する可能性があります。

放電手順

  1. 電源を落とす
  2. 電源コードをコンセントから抜く
  3. ノートPCのバッテリーを外す
  4. その状態で3分間放置する
  5. バッテリーと電源コードを再度取り付けましょう

5-3.再起動する

パソコンの調子が悪いときは一度再起動をして様子を見るというのが定番です。キーボードも同様で、再起動することで初期化され、改善する場合があるので、まずは再起動してみましょう。

再起動後にキーボードが正常に動作するか、半角、全角、ローマ字、英数字などが正常に入力できるか確認してみましょう。

5-4.Windows Updateを実行する

Windows Updateを実行してシステムを最新にすることで、キーボードの問題が解決する場合もあります。

BIOSからセーフモードで起動してキー入力が可能だと、ハードウェアとしては問題はなく、ソフトウェアが原因の可能性があります。Windows Updateを実行し、キーボードの入力が可能になるか確認しましょう。

Windows 10のWindows Update手順

  1. Windowsキーを押す
  2. 「設定」を選択
  3. 「更新とセキュリティ」を選択
  4. 「Windows Update」を選択
  5. 更新プログラムのチェックをして、Windows Updateを実行する

5-5.キーボードのドライバーを更新す

キーボードのドライバーに問題が発生していると、キーボードを入力した時に意図しない文字が入力されることがあります。その場合、下記の手順でキーボードのドライバーを更新しましょう。

キーボードのドライバー更新手順

  1. 使用中のアプリケーションを全て終了してください。使用中のファイルがある場合は、ファイルを保存しましょう。
  2. 「スタート」ボタンを右クリックし、メニューの一覧から「デバイスマネージャー」を選択
  3. 「キーボード」を選択
  4. 配下のデバイスを選択し、右クリックをしてメニューから「ドライバーの更新」もしくは「ドライバーソフトウェアの更新」を選択
  5. ドライバー更新後、キーボードの入力が可能か確認してください

5-6.スクリーンキーボードを使用する

スクリーンキーボードは、画面にキーボードを表示して、マウスでキーボードのボタンをクリックすることで、入力が可能になる機能です。

Windows 10のスクリーンキーボード使用手順

  1. 画面左下のWindowsボタンを押す
  2. 「設定」を選択
  3. 「簡単操作」を選択
  4. 「キーボード」を選択
  5. 「スクリーンキーボードを使用する」をオンにする
  6. 画面にキーボードが表示されるのでボタンをクリックして入力しましょう

キーボードが動かない症状の相談はこちら

6.ノートパソコンのキーボードが一部反応しない場合

矢印キーなどキーボードの一部が動かない場合も様々な原因が考えられるのでご説明していきます。

6-1.ホコリを除去する

キーボードの一部が反応しない場合、ホコリやゴミが溜まってる可能性があります。パソコンを使っていても使っていなくても、キーボードのカバーなどをつけてないと、どうしてもホコリが溜まりやすくなってしまいます。

その場合、エアダスターでキーボードを掃除しましょう。ホコリを除去して、きれいにすることで改善する場合もあります。

6-2.入力方式を切り替える

「Num Lock(ナムロック)」がオフになっていて、テンキーで数字が入力できないことがあります。「Num Lock」は、テンキーの入力方式を切り替えるボタンとなっており、「Num Lk」と記されていることもあります。

「Num Lock」を押して、テンキーの入力が可能か確認してみましょう。他にもCaps LockのLEDが点灯しているのであれば、入力方式が切り替わっているので、キーボードの一部キーの入力ができない状態になっています。

「Shift」キーを押しながら「Caps Lock」キーを押して、文字の変換などもしながらキーボードの入力が可能か確認しましょう。

6-3.マウスキー機能の問題

マウスキー機能がオンに設定されてることでキーボードが反応しない場合もあります。

マウスキー機能とはマウスの代わりにキーボードのテンキーを使って、マウスポインターを動かすことが可能な機能です

マウスキー機能の設定変更手順

  1. Windowsキーを押す
  2. 「設定」を選択
  3. 「簡単操作」を選択
  4. マウスを選択
  5. 「マウスをキーパッドで操作する」がオンになっているのであれば、オフにする
  6. キーボードの入力を確認しましょう

6-4.フィルターキー機能の問題

フィルターキー機能とは、間違って連続でキーを押しても反応しないようにするための機能です。

フィルター機能がオンになっているとキーボードを押しても反応しなかったり、キーを長押しすると1文字入力されたりします。

この機能がオンになっていると、キーボード入力ができなくなってる可能性があるので、「設定」の「キーボード」に表示されている「早いキーボード操作または繰り返しのキーボード操作を無視して、キーボードの入力の感覚を変更する」がオンであれば、通常通りのキー入力がされないので、こちらをオフにしてキーボードで入力が可能か確認しましょう。

6-5.キーボード拡張ユーティリティの問題

キーボード拡張ユーティリティとは、キーボードのレイアウトを変更したり、拡張・強化したりすることができるツールです。

ショートカットキーを今よりもっと便利に使用したいなど、通常のキーボードの使い方を使用される方に合わせて変更することで、ユーザー別で適した使い方が可能になるユーティリティソフトです。

ただ、このソフトウェアを使用することでドライバーなどに不具合があり、キーボードが使えなくなってしまうこともあります。

それでもキーボードが動かないときには

今回は、キーボードが動かない原因と対処法についてご紹介しました。

キーボードが反応しない場合の対処法として、キーボードの接続の確認や、電池残量の確認、デバイスドライバーや日本語入力システムの確認など、さまざまな対処法があります。

日頃から電池残量の確認やレシーバーが差し込み口に差し込まれているかなどを確認しておくことが大切です。

キーボードが動作しなくなった場合は、パソコンに詳しい方に見てもらうか修理に出すようにしましょう。

ドクター・ホームネットでは、パソコントラブルについてのご相談を承っております。フリーダイヤルでお気軽にご相談ください。

キーボードが反応しないトラブルをドクター・ホームネットに相談する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する