パソコンのキーボードが反応しない原因と対処法

パソコンのキーボードが反応しない原因と対処法

パソコンは仕事や日常生活に欠かせない便利な機械ですが、精密機器のためにいろいろなトラブルが起きます。

代表的なトラブルの1つにデスクトップパソコンもしくはノートパソコンで「キーボードが反応しない」というものがあります。Windows 10/11など全てのOSで起こりうる問題です。

そのため、デスクトップパソコンとノートパソコンでキーボードが反応しない時の原因と対処法をご説明いたします。

パソコンのキーボードが反応しない状態とは

パソコンを使用している時に突然キーボードが反応しない状態になった経験をした人も多いのではないでしょうか。

パソコンのキーボードが反応しない場合、パソコンのシステム面、ハード面などに問題が発生していることが多く、修理するためには原因を見極め、適切な対処が必要になります。

この記事ではそのための対処法をご紹介しています。下記の流れでお進めください。

対処法を行ってもパソコンのキーボードが反応しない状態が続く場合は修理の依頼が必要になります。

パソコンのキーボードが反応しない原因

パソコンのキーボードが反応しない原因は下記の通りです。

  • USBの接続が不安定
  • 電池切れ
  • システムトラブル
  • アプリ側のトラブル
  • 帯電
  • ホコリが溜まっている

詳細をご説明いたします。

USBの接続が不安定

デスクトップパソコンで有線キーボードのUSBケーブルやワイヤレスキーボードのUSB受信機を接続している際に接続されているように見えてもきちんと奥まで差し込まれていないことでキーボードが反応しない場合があります。

電池切れ

デスクトップパソコンでワイヤレスキーボードを使用している場合、基本的にキーボード側で電池が必要になるため、キーボードに設置している単三や単四の電池が切れるとキーボードが反応しない状態になります。

システムトラブル

デスクトップパソコン、ノートパソコンどちらでもキーボードのデバイスドライバーの不具合が原因で、入力システムにエラーが発生してキーボードが反応しない状態になることがあります。

アプリ側のトラブル

パソコンでキーボード入力を行っているアプリに何らかのトラブルが発生しているため、キーボードが反応しない、入力できない状態になってることも考えられます。

帯電

デスクトップパソコン、ノートパソコンどちらの場合でも帯電が原因でキーボードが反応しない状態になることもあります。帯電は様々なパソコントラブルを発生させる原因になっています。

ホコリが溜まっている

デスクトップパソコン、ノートパソコンどちらもキーボードにホコリやゴミが溜まることでキーボードが反応しなくなる場合があります。キーボードのカバーをつけてないとどうしてもホコリが溜まりやすくなってしまいます。

PCホスピタルはパソコンのキーボードが反応しない時のサポートが可能です
PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約10万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのパソコンがキーボードが反応しないサポートについて詳細を確認する
PCホスピタルに今すぐ依頼する 0120-713-835

パソコンのキーボードが反応しない時の対処法

パソコンのキーボードが反応しない時の対処法は下記の通りです。

  • USBを接続し直す
  • 電池を交換
  • デバイスドライバーを更新
  • 入力システムを変更する
  • 入力しているアプリを閉じて再度立ち上げる
  • 特定のキー設定を変更する
  • 放電する
  • ホコリを除去する
  • Windows Updateを実行する
  • スクリーンキーボードを使用する
  • キーボード拡張ユーティリティを停止する

対処法の詳細をご説明いたします。

USBを接続し直す

デスクトップパソコンで使用している有線キーボードのUSBケーブルやワイヤレスキーボードのUSB受信機の接続が、何かの衝撃により緩くなっている可能性があります。

一度USBのケーブル及び受信機を引き抜いて、改めてパソコンに差し込んでみてください。その後、パソコンを再起動すると正常にキーボードが使えるようになっている可能性があります。

また、USBポートの不具合でUSBのケーブル及び受信機が正しく認識されてない可能性があります。

複数のUSBポートを持っているパソコンであれば、正常に機能している他のUSBポートにつなぐことで、キーボードが正常に動作する可能性があります。

電池を交換

デスクトップパソコンでワイヤレスキーボード使用している場合、キーボード側に電池の残量を示すランプがついていることが多いため、電池が少なくなるとランプが点灯したり、点滅したりして知らせてくれるようになっています。

ランプの表示を確認して電池の残りが少ないようであれば、キーボードの電池のふたを開けて新しいものに交換し、キーボード入力ができるか確認してください。

デバイスドライバーを更新

デスクトップパソコン、ノートパソコンの両方でキーボードのデバイスドライバー不具合により、キーボードが反応しない状態になる時があるため、ドライバーを更新してキーボード入力が可能になるかお試しください。

デバイスドライバーの更新手順は下記の通りです。

デバイスドライバーを更新する手順
  1. Windowsボタンの上で右クリック
  2. Windowsボタンの上で右クリックを押し、メニューの一覧の中にある「デバイスマネージャー」をクリック
  3. パソコンにインストールされているデバイスのドライバーが一覧表示後、キーボードの項目を開きます
  4. 該当のドライバーの、表示の上で右クリック
  5. 開いたメニューの中に表示される「ドライバーの更新」をクリックすると、ドライバーの更新が行われます。

インターネット上から最新のドライバーを入手するには、「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」を選択してください。もし、自分でドライバーをパソコンの中に保存している場合は、「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」を選んで、手動でインストールしてみてください。

入力システムを変更する

デスクトップパソコン、ノートパソコンどちらでも文字入力がうまくできないときは、入力システムの不具合の場合があるため、入力システムを変更することで入力可能になる可能性があります。

入力システムを変更する手順は下記の通りです。

入力システムの設定を変更する手順
  1. 画面下の検索ボックスに「言語」と入力
  2. 「キーボード」を選択
  3. 「言語リストを使用します(推奨)」を選択
  4. 現在の設定と違う入力方式を選択
  5. パソコンを再起動してキーボードの入力を確認

表示されるリストは通常だと日本語の「Microsoft IME」や「Google 日本語入力」を使用されてることが多いです。

他にも「Num Lock(ナムロック)」がオフになっていることで、テンキーの数字入力ができない場合があるため、一度「Num Lock」を押して、テンキーの入力が可能か確認してみてください。

Caps LockのLEDが点灯しているのであれば、入力方式が切り替わっているので「Shift」キーを押しながら「Caps Lock」キーを押して、文字の変換などもしながらキーボードの入力が可能かお試しください。

入力しているアプリを閉じて再度立ち上げる

キーボード入力を行っているブラウザなどのアプリでキーボードが反応しない、入力できない状態の場合、そのアプリを閉じてから再度立ち上げてキーボード入力をお試しください。

それで改善しない場合は他のアプリでキーボード入力を行い、入力が可能な場合は、キーボード入力ができないアプリをアンインストールし、再度インストールを行ってからキーボード入力が可能になるかご確認ください。

特定のキー設定を変更する

デスクトップパソコン、ノートパソコンの両方で特定のキー機能としてマウスキー機能とフィルターキー機能があります。

マウスキー機能はマウスの代わりにテンキーでマウスポインターを動かすことが可能になり、フィルターキー機能は間違って連続でキーを押した時に入力を防ぐ機能です。

このどちらかの機能をオンしていることで、キーボードが反応しない状態になってる可能性があるため、下記手順で設定をオフにしてください。

マウスキー機能の設定変更手順
  1. 画面下のWindowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「簡単操作」もしくは「アクセシビリティ」をクリック
  4. 「マウス」をクリック
  5. 「マウスをキーパッドで操作する」がオンになっているのであればオフにする
  6. キーボードの入力を確認しましょう

フィルターキーの設定を変更する手順
  1. 画面下のWindowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「簡単操作」をクリック
  4. 「キーボード」をクリック
  5. 「フィルターキー機能の使用」をオフにする

放電する

デスクトップパソコン、ノートパソコンどちらの場合でも帯電によりキーボードの入力ができない状態になってることが考えられます。

その場合、パソコンの電源コードを抜く等の放電作業を実施することで改善する可能性があります。

放電手順
  1. 電源を落とす
  2. 電源コードをコンセントから抜く
  3. ノートPCのバッテリーを外す
  4. その状態で3分間放置する
  5. バッテリーと電源コードを再度取り付けましょう

PCホスピタルはキーボードトラブルのサポートに対応しています。
キーボード修理を依頼する場合はこちら

ホコリを除去する

デスクトップパソコン、ノートパソコンの両方でホコリが溜まってキーボードが反応しない状態になってることがあります。

エアダスターでキーボードを掃除してホコリを除去し、きれいにすることでキーボードが入力できる状態に改善する場合があります。

Windows Updateを実行する

デスクトップパソコン、ノートパソコンどちらの場合でもWindows Updateを実行して再起動することでシステムが最新状態になり、キーボードトラブルが改善する可能性があります。

Windows Updateを実施する手順は下記の通りです。

Windows 10のWindows Update手順
  1. Windowsキーを押す
  2. 「設定」を選択
  3. 「更新とセキュリティ」を選択
  4. 「Windows Update」を選択
  5. 更新プログラムのチェックをして、Windows Updateを実行する

Windows 11のWindows Update手順
  1. Windowsキーを押す
  2. 「設定」を選択
  3. 「Windows Update」を選択
  4. 「更新プログラムのチェック」をクリックして、Windows Updateを実行する

スクリーンキーボードを使用する

デスクトップパソコン、ノートパソコンどちらでもスクリーンキーボードを使用することで、画面にキーボードが表示され、マウスで入力することができます。

Windows 10のスクリーンキーボード使用手順
  1. 画面左下のWindowsボタンを押す
  2. 「設定」を選択
  3. 「簡単操作」を選択
  4. 「キーボード」を選択
  5. 「スクリーンキーボードを使用する」をオンにする

Windows 11のスクリーンキーボード使用手順
  1. 画面下のWindowsボタンをクリック
  2. 「設定」を選択
  3. 「アクセシビリティ」を選択
  4. 画面右側の下にある「キーボード」を選択
  5. 「スクリーンキーボード」をオンにする

キーボード拡張ユーティリティを停止する

デスクトップパソコン、ノートパソコンの両方でキーボード拡張ユーティリティを使用してキーボードのショートカットキーを今よりもっと便利に使用したりすることができますが、このソフトウェアに不具合があり、キーボードが反応しない状態になる場合もあるため、このソフトウェアを一度停止してキーボード入力ができるかご確認ください。

パソコンのキーボードが反応しないトラブルをプロに任せるのも一つの対処法

対処法を行っても改善しない場合、複数のトラブルが積み重なってることが考えられます。

システムの修復やキーボードを交換して改善する可能性もありますが、システム修復に失敗して現状よりもさらに症状が悪化してしまうことやキーボードを交換しても機器側の原因ではなかったため改善しない可能性があります。

自力での改善が困難だとお考えの場合はパソコンの安全のためにも、プロのパソコン修理業者のPCホスピタルにご依頼いただくことをおすすめいたします。

パソコンのキーボードが反応しないに関するサポートのお客さまの声

PCホスピタルにパソコンのキーボードが反応しないに関するサポートをご依頼いただいた際のお客さまの声をご紹介いたします。

信用できる
都道府県 千葉県佐倉市王子台 年代
性別
60代 男性
ご利用サービス 訪問サービス ご利用回数 初めて
【ご依頼内容】

キーボードの一部キーが反応しない

【ご意見・ご要望】

電話相談から作業までがスムーズ(早い)

十分な知識のある人と思いました
都道府県 東京都武蔵村山市伊奈平 年代
性別
60代 男性
ご利用サービス 訪問サービス ご利用回数 初めて
【ご依頼内容】

キーボードが反応しない

【ご意見・ご要望】

前もっての説明が分かりやすかったので安心できました。

よくある質問

Q.キーボードの一部ボタンだけが効きません。何が原因でしょうか?

A.キーボード内部の配線が断線していることが、打てない原因の1つとして考えられます。キーボードを交換することで問題は解決しますが、ノートパソコンのようにキーボードが搭載されているデバイスの場合は、プロに修理を依頼することが得策です。お困りの際はPCホスピタルにご相談ください。

Q.ノートPCに飲み物をこぼしたので外付けキーボードを使用中です。修理を依頼した方がいいですか?

A.動作に問題がなくても、パソコンの基盤など内蔵部品に水滴が溜まり、少しずつ不具合が出てくるケースもあります。心配な場合は早めに修理に出すほうが無難です。PCホスピタルでは水濡れトラブル後の不具合の解決やクリーニングだけでなく、データ復旧やバックアップ設定もお手伝いしていますので、ぜひご相談ください。

PCホスピタルはパソコンのキーボードが反応しない時のサポートが可能です

パソコンのキーボードが反応しない原因と対処法についてご紹介いたしました。

キーボードトラブルは機器とシステム、どちらの原因も考えられるので場合によっては対処が上手くいかず、別の不具合が積み重なって修復不可能な状態まで陥ってしまうこともあります。

PCホスピタルでは、パソコンのキーボードが反応しないトラブルをサポートすることが可能です。お困りの場合はぜひご依頼ください。

PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約10万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのパソコンがキーボードが反応しないサポートについて詳細を確認する
監修

家喜 信行日本PCサービス株式会社 代表取締役社長 兼 グループCEO、NPO法人 IT整備士協会 理事長
2003年、日本PCサービス株式会社を創業し、パソコン修理など、パソコンのフィールドサポート事業を開始。パソコンの緊急トラブル解決を主軸としたサービス「PCホスピタル」を展開するなど、20年以上に渡り業界で活躍し、同社をデジタル機器有料訪問サポート利用率No.1企業へと導く。近年は、デジタル機器の普及とともに、iPhone修理の「スマホスピタル」の代表取締役NPO法人「IT整備士協会」の理事長に就任。

経歴
日本PCサービス株式会社 代表取締役社長
株式会社スマホスピタル 代表取締役社長
特定非営利活動法人 IT整備士協会 理事長

上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る