VRゴーグルとは?VRゴーグルの仕組みや種類、使用上の注意について

動画配信サイトやゲーム配信サイトにおいて、VR対応のコンテンツが散見されるようになりました。このようなVR対応のコンテンツを視聴するには、専用のデバイスが必要です。

そこで今回は、VRコンテンツの視聴に使用される「VRゴーグル」の仕組みや種類、使用上の注意点についてご紹介します。VRコンテンツに興味がある方や、どのようなVRゴーグルを購入すれば良いのか決めかねている方は、参考にしてください。

VRゴーグルの仕組み

VRゴーグルをのぞき込むことで、まるで実際に見ているかのような立体的な世界を体験できます。VRを楽しむために必要なVRゴーグルには、一体どのような仕組みが採用されているのでしょうか。

ここでは、VRの基本的な仕組みと、立体的な映像を作り出す3つの技術についてまとめました。

左右に異なる映像を表示して立体空間を再現

人間が現実世界を視認しているとき、左右の目には微妙に異なる世界が映し出されています。左右の目に映し出されている微妙な「ズレ」により、物体との距離やそれぞれの大きさを認識しているのです。VRゴーグルもこのメカニズムを利用し、左右の目に少し異なる映像を表示することで立体的な空間を再現しています。

ヘッドトラッキング機能

ヘッドトラッキング機能とは、頭の角度や動きを感知する機能です。VRゴーグルを装着した、ユーザーの頭の動きに合わせて、360°映し出す映像を変えます。頭の動きとVRゴーグルが360°連動することで、仮想空間の中に実在しているかのような没入感を体験できるのです。

ポジショントラッキング機能

VRのコンテンツによっては、決められた空間内を移動し、その空間内の自分の位置や体制を仮想空間に反映させることができます。これはポジショントラッキング機能と呼ばれており、ヘッドトラッキング機能と併用することで、よりリアルなVRの世界を楽しめるのです。ちなみに、ポジショントラッキング機能を利用するためには、対応コンテンツであること以外に、VRゴーグルの位置をトレースする外部センサーが必要になります。

アイトラッキング機能

上述した2つの機能に加え、近年VR業界をにぎわせているのが視線の動きを追う、アイトラッキング機能です。アイトラッキング機能では、眼球の動きを仮想空間の映像に反映させることができます。これにより、キャラクターとの見つめ合いや「よそ見」も実現可能です。

現在、アイトラッキング機能に対応したデバイスやコンテンツは、それほど多くありません。今後のVRコンテンツへの没入感や一体感をさらに促す、期待値の高い最新機能です。

VRゴーグルの種類

主にVRゴーグルは「スマホセットタイプ」「PC・ゲーム機連動タイプ」「スタンドアローンタイプ」の3種類に分けられます。

それぞれのVRゴーグルについて、以下に詳しくご紹介します。

スマホセットタイプ

スマートフォンでVRコンテンツを楽しむときに使用されるのは、スマホセットタイプのVRゴーグルです。傾きや動きを感知する、ジャイロ機能が搭載されているスマートフォンさえあれば、スマホセットタイプのVRゴーグルで、簡単に仮想世界を楽しむことができます。

スマホセットタイプのゴーグルは価格も非常に安価で、1,000~3,000円程度の製品が多いでしょう。ただし、ゴーグルそのものにピントの調整など、最低限の機能しか搭載されていないケースが多く、感動に値するような没入感を体験するのは難しいかもしれません。

また、操作するときにスマートフォンのタッチパネルを利用するため、その都度ゴーグルからスマートフォンを取り外さなければならないのもネックです。したがって、一般的には「入門用のVRゴーグル」として認識されています。

PC・ゲーム機連動タイプ

PCやゲーム機など、外部の機器を利用するVRゴーグルです。VRに特化したデバイスのため、スマホセットタイプよりもはるかに優れた没入感が体験できます。PC・ゲーム機連動タイプのゴーグルには、外部コントローラーが付属されているものも多く、操作性も申し分ありません。ただし、高い性能に応じて価格も割高となっており、おおよその相場は5万~8万円程度です。

また、ゴーグルを購入しPCに接続すればVR体験ができるわけではないため、設定や操作に関して疎いユーザーにとっては扱いが難しいでしょう。そもそも、PC・ゲーム機連動タイプのゴーグルは、VRコンテンツの利用に耐えられるPCやゲーム機が必要不可欠です。以上のことから、本格的なVRの世界に興味があるユーザー向けの製品といえます。

スタンドアローンタイプ

こちらはスマートフォンやPC、ゲーム機を必要とせず、単独で動作するスタンドアローンタイプです。スタンドアローンタイプのゴーグルは、バッテリーやCPUを内蔵しているため、他の製品と比較して重量があることがネックでしょう。しかし、表示される仮想空間のリアリティについては高く評価されており、将来はスタンドアローンタイプのゴーグルが主流になるとさえいわれています。価格は5万~8万円程度で、PC・ゲーム機連動タイプのゴーグルとさほど変わりません。

VRゴーグル使用上の注意点

VRゴーグルを使用する際には、留意するべき点がいくつかあります。

特に、以下の5つに気をつけながらVR体験を楽しんでください。

広く何もない空間で使用する

VR対応のコンテンツによっては、「立ち上がって移動する」という動作が求められることもあります。しかし、VRゴーグルを装着した状態では、現実世界の様子は確認できません。そのため、あらかじめ広くて何もない空間を作ってから、VRゴーグルを装着するようにしてください。

太陽を直視しない

VRゴーグルを装着したまま、太陽を直視しないようにしましょう。特に、スマホセットタイプのゴーグルに組み込まれているレンズは、虫眼鏡と同様のものです。そのため、ゴーグル越しに太陽を直視する行為は推奨されておらず、場合によっては失明してしまう可能性もあります。

適度に休憩をとる

長時間にわたってVRコンテンツを視聴すると、気分を害する恐れがあります。そのため、30分に1回は休憩をとる、体調が優れないときは使用しないなど、決まりを守りながら視聴してください。

子供の利用は危険

子供がVRゴーグルでコンテンツを視聴した場合、視力障害の原因になる可能性が示唆されています。実際にVRゴーグルのマニュアルにおいて、特定年齢の子供に利用させないように指示しているケースもあるのです。

VRコンテンツの視聴はWi-Fiがおすすめ

VRゴーグルで視聴するVRコンテンツは、通常の映像データをはるかにしのぐ大きなデータです。スマートフォンで視聴する際に、モバイル通信を利用するとすぐに月の上限通信料に到達してしまう可能性があります。したがって、自宅のWi-Fiを活用し、通信料の制限がない環境で利用することがおすすめです。

おわりに

多くのエンターテインメント業界が、VRコンテンツの開発にシフトしています。これからのエンターテインメントを楽しむためにも、VRゴーグルは必須のデバイスになり得る存在でしょう。ハイエンドな製品は依然として高価ですが、VR入門用のスマホセットタイプであれば安価な価格で購入可能です。まずはこちらを手にして、VRコンテンツの没入感に触れてはいかがでしょうか。まるで自分が別世界にいるような、味わったことのない不思議な感覚を体験できますよ。

日本PCサービスが運営している「ドクター・ホームネット」では、PCやスマートフォン、家電に関するさまざまなコラムを掲載しています。ぜひご覧ください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する