大雨および北海道地震によって被災された方へ

7月5日から各地で発生した大雨によって被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。今回被災された方を対象に「郵送修理による復旧支援」の取り組みを行っています。

【西日本豪雨 復旧支援】郵送による水濡れ等で壊れたデータの復旧料金が半額

MacでもWindowsを動かせる?Bootcamp(ブートキャンプ)とは

一般的に流通しているコンピューターの中で、シェア率を競争しているOSはMacとWindowsです。近年では、2つのOSに対応したアプリケーションがリリースされることが多くなりましたが、原則として両者の間に互換性はありません。つまり、Mac版しかリリースされていないソフトはWindowsでは使えず、Windows版はMacでは使えないのです。

しかし、「Bootcamp(ブートキャンプ)」というソフトウエアを利用すると、MacでWindowsを起動できるようになります。

今回は、MacでWindowsを起動できるようになるBootcampの概要や、Mac上でWindows環境を再現できる理由、Bootcamp導入のポイントなどについてご紹介します。

Bootcamp(ブートキャンプ)とは?

Bootcamp(ブートキャンプ)とは、Appleが開発している、MacにおいてWindowsを起動するためのソフトウエアです。

Macのハードディスク内に別の領域を確保し、Windowsのインストールを可能にします。

なおBootcamp(ブートキャンプ)は、「Mac OS X 10.5」以降では、標準で搭載されているソフトです。

なぜMacでWindowsが動くのか?

従来、Mac上にWindowsをインストールし、起動することは困難と考えられていました。また、エミュレーターソフトを使用したバーチャル環境での起動も、安定性に欠けることから実用的ではありませんでした。

この状況を変えたのが、2006年にリリースされたIntel製のCPUを搭載したMacです。

Windowsには「BIOS」、Macには「EFI」という処理プログラムが用いられていますが、2006年以降リリースされたMacには、EFI経由でBIOSを動かすための互換モジュールが搭載されています。この互換モジュールのおかげで、以前よりも高い安定性で、Mac上でWindowsが機能するようになったのです。

MacでWindowsを動かすメリットとは?

Bootcampにより、Mac上でのWindows起動が可能となりました。

ここでは、MacでWindowsを動かす代表的なメリット3つについてご紹介します。

【1】Mac非対応ソフトの使用が可能

Mac版がリリースされていないWindowsソフトは、数多く存在します。

一部の会計ソフトやゲーム系のソフトは、現在でもWindows版のみのリリースが中心です。Bootcampが登場する以前は、Windows PCを用意する必要がありましたが、Bootcampを利用することで、1台のMacでWindows専用ソフトを使用することが可能となりました。

【2】ローコスト・省スペースで2つのOSを使える

Windows PCを購入する際に懸念されることが、コストの問題です。パソコンがリーズナブルになっているとはいえ、安くても数万円は掛かってしまいます。また、MacとWindowsという2台分のスペースを用意しなければならない点も考慮する必要があるでしょう。

しかしBootcampを利用すれば、新たにパソコンを購入する必要がないため、圧倒的にローコスト、省スペースでWindows環境を用意できるのです。

【3】用途によってOSを使い分けられる

一般的には、Mac OSはグラフィックや音楽、Windowsは事務作業向けのOSと考えられています。また、他にもそれぞれのOSの特徴から、用途によって使い分けている方も少なくありません。

こうした使い分けを1台のMacで手軽に実現できることも、Bootcampのメリットの1つです。

BootcampでWindowsを起動するためのポイント

Macで動かしてみたいWindows専用ソフトがある方、Windows PCに興味がある方は、Bootcampを使ってみてはいかがでしょうか?

以下では、BootcampでWindowsを起動するためのポイントについてご紹介します。

Macが対応しているか確認する

Mac上でWindowsを起動するためには、Intel製のCPUが搭載されている必要があります。

現行のMacマシンであればほぼ問題はありませんが、Intel製のCPUが搭載されているか確認してみましょう。

CPUが搭載されているかどうかは、Mac起動後、画面の左上にあるリンゴマークのメニューをクリックし、表示された一覧から「このMacについて」をクリックすることで確認できます。「プロセッサ」欄に「Intel」の文字が確認できれば、Bootcampを利用可能です。

ファームウエアを更新する

Bootcampを利用する場合は、ファームウエアを更新してください。また、Bootcampの仕様に限らず、Mac OSのファームウエアは最新にしておくことは大切です。

CPUの確認と同様に、「このMacについて」の画面を開けば、ソフトウエア・アップデートを選択することができます。

空き容量を確保する

Macの内部に、Windowsの環境を用意できるだけの容量を確保する必要があります。

Widows 10でいくつかの基本的なソフトウエアを運用したいと考えている場合は、およそ64GBの容量が必要です。ストレージの空き容量も、リンゴマークのメニューから確認できます。

空き容量が不足している場合は、不要なファイルを削除するなどして必要な領域を確保しましょう。

Windows OSを用意する

Bootcampで使用するWindows OSは、別途用意してください。何か特別なこだわりがない限り、最新のOSを用意しておくと安心です。Window 10に関しては、ダウンロード版とUSB版があります。

また、「Home」「Pro」という仕様バリエーションも存在します。それぞれのWindows OSには、必要となるシステム条件があるため、Appleの公式ホームページで事前に確認しましょう。

BootcampでWindowsをインストールする手順

ここでは、BootcampでWindowsをインストールする手順についてご紹介します。

1.「Bootcampアシスタント」を実行

「Bootcampアシスタント」を実行すると、Windowsインストールの手順がガイダンスとともに表示されます。

「アプリケーション」の中にある「ユーティリティ」から、「Bootcampアシスタント」を実行してください。

2.パーティションのフォーマット・Windowsインストール

アシスタントの過程で、Windowsのインストーラが起動します。

パーティションを選択する画面では「BOOTCAMP」を選択してください。フォーマットが完了し、その後も指示にしたがっていくと、Windowsのインストールが開始されます。

3.起動

Windowsのインストールが完了すると、BootcampでWindowsを利用できるようになります。

「option」キーを押したまま電源ボタンを押すと、起動ディスクの選択画面が表示されるため、Windowsを起動したい場合は「Windows」を選択してください。

おわりに

今回は、MacでWindowsを起動できるようになるBootcampについてご紹介しました。

Bootcampは自由度の高い環境を実現できるソフトウエアで、1台のMacさえあれば、Windows環境を再現できます。また、Windows OSさえ用意すれば、導入が簡単な点もBootcampの魅力といえます。

Macを使いながらも、Windowsの環境に興味がある方は、ぜひBootcampを使ってみてください。

ドクター・ホームネットでは、Mac以外にもさまざまなパソコンや電子機器に関する情報をお届けしています。よろしければ、その他のコラムもチェックしてみてください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する