大雨および北海道地震によって被災された方へ

7月5日から各地で発生した大雨によって被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。今回被災された方を対象に「郵送修理による復旧支援」の取り組みを行っています。

【西日本豪雨 復旧支援】郵送による水濡れ等で壊れたデータの復旧料金が半額

従来のiPhoneと何が違う?iPhoneXの特徴と新機能

2017年、iPhone登場から10周年を記念して、革新的なiPhoneの新シリーズ「iPhoneX」が発売されました。斬新なデザインや今までにない新機能によって、発売以来さまざまな物議を醸しているiPhoneXですが、実際の使用感や従来モデルとの違いはどのようなものなのでしょうか。

今回は、iPhoneXの特徴と新機能についてご紹介します。

iPhoneXとは?

iPhoneXとは、2017年11月3日に発売された、iPhoneの新モデルです。同年9月22日に発売されたiPhone8が「10年の集大成」といわれているのに対して、iPhoneXは「これからの10年を見据えて開発された」といわれています。

iPhoneXのカラーは、これまでのカラーバリエーションとは一変して、スペースグレーとシルバーの2色のみです。iPhone8から採用されているワイヤレス充電機能「Qi」に対応させるために、背面にはガラス素材が使用され、耐水性能と防塵性能を有しています。

iPhoneの新モデル発売時は、Apple Storeの各店舗で開店時間のカウントダウンを行い、入店客はスタッフとハイタッチをするのが恒例です。一方、iPhoneXの発売時は、カウントダウンに代わってカウントアップし、「テン!」の掛け声とともに営業が開始されました。

昨今の新モデルは目立った進化が見られなかったため、発売されても予約済みの方のみの販売がほとんどで、あまり行列は見られなくなっていました。

しかしiPhoneXの発売時は、久しぶりに各地のApple Storeで大行列ができたようです。これは、当日受け取り分の予約が取りにくかった上に、Appleから「ほとんどの店舗で予約注文がなくても購入できる在庫を用意する」というアナウンスがされたためと考えられます。

iPhoneXと従来iPhoneの違い

画面占有率が高い斬新なデザイン

初代モデルからiPhone8シリーズまでは、画面の上下に太い縁が設けてありましたが、iPhoneXでは「狭額縁」と呼ばれるごく薄い縁が採用されています。これにより、画面の縦横比も大きく変わり、本体のサイズに対して画面が占める割合が格段に増えました。

以下に、歴代のiPhoneとそれに対応した画面サイズを一覧にまとめます。

・iPhoneX

画面サイズ:5.8インチ、縦横比:2436×1125ピクセル

・iPhone8、iPhone6~iPhone7

画面サイズ:4.7インチ、縦横比:1334×750ピクセル

・iPhone8 Plus、iPhone6 Plus~iPhone7 Plus

画面サイズ:5.5インチ、縦横比:1920×1080ピクセル

iPhoneXはiPhone6~8 Plusシリーズと並べて比較してみると、同等の画面サイズでありながら、非常にコンパクトです。さらに画面がより細長くなっているため、Plusシリーズの難点であった片手操作やポケットへの収納も楽になりました。

ホームボタンの廃止

iPhoneXでは、正面すべてをディスプレイにすることにより、ホームボタンがなくなりました。そのため、画面下部のバーを上にスライドするとホーム画面が、画面右上から下にスライドするとコントロールセンターが表示されます。

iPhone発売以来、画面下部の縁にあったホームボタンがなくなり、操作に戸惑ってしまう方も多かったようですが、慣れてしまえば従来のiPhoneよりも簡単に操作することができます。

以下では、従来のiPhoneではホームボタンを使用していた操作と、変更点をまとめました。

電源のオン/オフ

サイドの電源ボタンとボリュームボタンの長押しが必要になりました。

Siri

従来のiPhoneではホームボタンを長押しして起動していましたが、iPhoneXでは、サイドボタンの長押しに変更されました。

Apple Pay

従来のiPhoneではロック中のホームボタンをダブルクリックして起動していましたが、iPhoneXでは、サイドボタンのダブルクリックに変更されました。

スクリーンショット

従来のiPhoneでは電源ボタンとホームボタンの同時押しで画面保存が可能でしたが、サイドボタンとボリューム上ボタンの同時押しに変更されました。

指紋認証によるロック解除

iPhoneXでは、指紋認証機能が廃止され、顔認証かパスコード入力でロック解除が可能になりました。

iPhone初の有機ELディスプレイ

iPhoneXで使用されているディスプレイは、液晶ではなく有機発光ダイオード(OLED)が採用されています。これは次世代ディスプレイともいわれているテクノロジーです。画素のひとつひとつが発光するため、黒がより美しく、他の色もより鮮やかに表示できるようになりました。白と黒の輝度差を示す「コントラスト比」をiPhone8、iPhone8 PlusのRetina HDディスプレイと比較してみましょう。

・iPhoneX:100万対1

・iPhone8:1,400対1

・iPhone8 Plus:1,300対1

コントラスト比は、その差が大きければ大きいほど色鮮やかに表現できるとされています。上記のコントラスト比を見る限り、iPhoneXは従来のiPhoneより、格段に鮮やかに表示できることが分かります。

iPhoneXの特徴と新機能

iPhoneXには、さまざまな新機能が搭載されました。

ここでは、iPhoneXの新機能の一部をご紹介します。

顔認証Face ID

iPhone 5sから搭載された指紋認証機能Touch IDは、ホームボタンの廃止とともになくなりました。代わってiPhoneXでは、生体認証に「顔認証Face ID」が採用されました。起動すると、3万点以上の目に見えないドットを顔に照射して顔の形を立体データとして解析し、さらに赤外線イメージも取り込んで認証します。

真っ暗な場所でも正確に、しかも驚きの早さで認識が可能です。

カメラ機能

iPhone8から搭載されているポートレートモードが、iPhoneXではフロントカメラでも行えるようになりました。ポートレートモードでの自撮り撮影が簡単になったことで、スタジオで撮影したような美しい自撮り撮影が可能です。

さらに、光学式手振れ補正と高速レンズのデュアルOIS搭載により、十分な明るさがない場所でも、写真なら最大10倍、ビデオなら最大6倍のズームを使用して、美しい写真やビデオを撮影できます。

おわりに

今回は、iPhoneXの特徴と新機能についてご紹介しました。

iPhoneXは従来のiPhoneよりも画面が大きく、高性能カメラを搭載しています。また、新機能として顔認証Face IDが採用されるなど、セキュリティ面にも優れています。

iPhoneXはiPhone8と比較されることが多いモデルですが、性能や機能は桁違いに進化しています。

スマートフォンを先進的に利用したいと考えている方には、iPhoneXはおすすめできるモデルです。これからスマートフォンの機種変更などを考えている方は、iPhoneXを選択肢に入れてみるのはいかがでしょうか。

ドクター・ホームネットでは、スマートフォンの最新情報はもちろん、トラブル解決方法などさまざまな情報を掲載しています。ぜひご活用ください。

スマートフォンの設定サポート
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する