パソコンで画像撮影が可能?Webカメラでできることとセキュリティ対策

ノートパソコンを購入したとき、画面の上に丸いカメラレンズがついていることに気づいた方が多いのではないでしょうか。このカメラは近年、パソコンに内蔵されていることが多いWebカメラです。Webカメラは大変便利なものですが、活用するにはセキュリティ対策をしっかりと行う必要があります。

今回は、Webカメラでできることや、Webカメラを使用する際に行うべきセキュリティ対策についてご紹介します。

Webカメラとは?

Webカメラとは、インターネット接続が可能なカメラのことで、現在販売されているノートパソコンの大半にWebカメラが搭載されています。また、スマートフォンのカメラもWebカメラとして利用することが可能です。

Webカメラで撮影した映像は直接パソコンに保存されます。従来のビデオカメラのように撮影した映像をパソコンに取り込む手間がないため、動画編集がすぐに行えることが大きな利点といえるでしょう。

外付けWebカメラ

Webカメラには、USBでパソコンに接続して使う外付けタイプのものがあります。所持しているパソコン本体にWebカメラがついていなくても、外付けタイプのカメラを買えば撮影できるようになります。また、天井に取り付けて監視カメラのように利用したいときや、角度を変えて撮影したいときにも外付けタイプが便利です。

外付けカメラは機種によって多彩な機能を備えています。

以下では、外付けカメラの機能の一部についてご紹介します。

・360度映像の撮影ができるカメラ

・オートフォーカス機能のついた高画質カメラ

・首振り機能がついたカメラ

・暗視機能がついたカメラ

普及が進むWebカメラ

現在、Webカメラは世界中で普及しています。理由のひとつには、安価で手に入る外付けカメラが増えたことが挙げられます。廉価なカメラは1,000円前後で購入可能です。1万円以下で入手できる多機能カメラも多数登場しています。

また、Webカメラからスマートフォンに映像が送れるようになったことも、Webカメラの普及を促進しました。今販売されているWebカメラの大半は、撮影した映像をすぐにスマートフォンへ送ることができます。外出先でも簡単にスマートフォンで映像を見られるようになったため、子どもやペットの見守り、防犯の目的で、自宅にカメラを設置する方が増えました。

Webカメラでできること

Webカメラを使えば、通常の撮影以外にもビデオチャットやライブ配信を楽しむことができます。

ビデオ撮影・写真撮影

Webカメラを使えば、動画や写真の撮影をすることが可能です。自宅での撮影はもちろん、ノートパソコンに接続したWebカメラであればどこにでも持ち運んで撮影できるため、さまざまなロケーションでの撮影を楽しめます。

ビデオチャット(テレビ通話)

Webカメラで撮影した映像をリアルタイムで相手に送り、こちらも相手側からの映像を受け取ることでビデオチャット(テレビ通話)ができるようになります。

SkypeやLINEなど、ビデオチャットができる無料のソフトは多数開発されているため、自分に合ったものを選んで活用してみてください。

コストの高い専用機材を必要としないWebカメラは、離れた場所にいる相手と簡単に顔を合わせて会話をできるため、ビジネスの場面で積極的に利用されています。大人数で一斉にビデオチャットができるソフトを使えば、会議室に集まらなくてもミーティングを行うことも可能です。

ライブ配信

Webカメラではリアルタイムでの映像配信が可能です。

以下のような場面で、ライブ配信を行う法人や団体が増えています。

動物園や水族館

Webカメラを設置し、生物の定点観察動画を配信している動物園や水族館があります。家にいながら動物たちを見ることができる人気のコンテンツです。

教育機関

お子さまの様子がいつでも確認できるよう、保育園や学校でライブカメラが導入された事例があります。特に、低年齢の子を預ける際は不安に思う親御さんが多いため、赤ちゃんのいるクラスでWebカメラを取り入れることが多いようです。

ペットの見守り

ペットを飼っているものの、日中は仕事や学校で留守にするため不安という方がいらっしゃいます。Webカメラを部屋に設置すれば、自宅に不在の間もペットの様子を見守ることが可能です。

監視カメラで防犯対策

自宅の防犯対策としてもWebカメラは有効です。防犯機能に特化したWebカメラには、動くものに反応して撮影を開始し、映像をスマートフォンに送ってくれる機能を搭載したものがあります。

これにより、侵入者を確認次第、早急に通報することが可能になりました。

Webカメラのセキュリティ対策

大変便利なWebカメラですが、インターネットに接続して使うという特性上、悪意を持った何者かにアクセスされる危険が潜んでいます。パソコンにハッキングした第三者が勝手にカメラを起動すれば、気づかないうちに生活をのぞき見されてしまうおそれがあるのです。

また、Webカメラの盗撮映像を「人質」に、金銭の要求が行われた事件も実際に起こっています。このようなプライバシーの侵害を防ぎ、Webカメラを安全に使うためには、どのような対策をとれば良いのかご紹介します。

カメラの設定を切る

外付けWebカメラを使わないときは、パソコンとカメラの接続を切断してください。面倒かもしれませんが、1回の撮影ごとにカメラを取り外した方が良いでしょう。

ノートパソコンに内蔵されているWebカメラについても同様です。Windowsパソコンであれば、設定画面からカメラ機能の制限ができます。

なお、Macのパソコンには、内蔵カメラを無効化する設定が備わっていません。その代わり、カメラ無効化のためのフリーソフトがリリースされているため、Macユーザーの方は導入を検討することをおすすめします。

ウイルス対策を万全にする

Webカメラを乗っ取られないようにするためには、パソコンにウイルスを侵入させないことが重要です。そのために、OSは常に最新バージョンのものにアップデートしておきましょう。

ウイルス対策ソフトの導入も有効です。定期的にパソコンをスキャンして、ウイルスが侵入していないか確認しましょう。怪しいメールやファイルを見つけたときは決してクリックせず、ウイルス対策ソフトで検査してください。

なお、Webカメラのパスワードは複雑なものに設定し、他で使っているパスワードを使いまわさないようにしましょう。定期的にパスワードを変更することもおすすめです。

カメラの目隠しは有効なセキュリティ対策

たとえWebカメラを乗っ取られたとしても、レンズに目隠しをしておけば相手は何も見ることができません。カメラのレンズにシールを貼ったり、テープでふさいだりして、のぞき見を防止しましょう。

このとき、粘着力の強いテープでカメラをふさいでしまうと、カメラを使いたいときにはがすのが大変です。反対に、粘着力の弱いテープだと不意にはがれてしまうことがあるため、目隠しとしての役目が果たせません。

手間を減らしたい方は、着脱しやすいWebカメラ目隠しグッズを購入するのも良いでしょう。

おわりに

Webカメラは遠方にいる人とも顔を見ながら会話ができたり、家にいながら目的地の映像がライブで見られたりと、大変便利な装置ですが、使い方次第では悪意ある第三者に利用されてしまうことがあります。セキュリティ対策には気を配り、安全にWebカメラを楽しんでください。

ドクターホームネットでは、パソコンのWebカメラ以外にも家電やパソコンに関するさまざまな情報をお届けしています。ぜひ、その他のコラムもチェックしてみてください。

セキュリティ対策はお任せ!
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する