大雨および北海道地震によって被災された方へ

7月5日から各地で発生した大雨によって被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。今回被災された方を対象に「郵送修理による復旧支援」の取り組みを行っています。

【西日本豪雨 復旧支援】郵送による水濡れ等で壊れたデータの復旧料金が半額

保証対象外になるiPhoneの脱獄(ジェイルブレイク)とは?

iPhoneはApple社が開発したスマートフォンであり、説明書がなくても直感的に操作できるという特徴を持つ、非常にユーザビリティの高い携帯端末です。

セキュリティ面でも優れているiPhoneですが、細かな設定や見た目の表示など、ユーザーごとで任意に変更できない部分も多々あります。

近年、そんなiPhoneをカスタマイズする人気の方法として、「脱獄(ジェイルブレイク)」という方法が話題になっています。しかし、脱獄をしてしまうとApple Careやキャリアのサポート保証対象外になる可能性が極めて高くなってしまうことをご存じでしょうか。

そこで今回は、iPhoneの脱獄について、保証対象外になってしまうことやその他のリスクについてご紹介します。決して脱獄の推奨を目的とした記事ではありませんので、ご注意ください。

iPhoneの「脱獄(ジェイルブレイク)」とは

iPhoneの脱獄(ジェイルブレイク)とは、本来iPhoneでは使えないはずのアプリやソフトを使用可能にすることを指します。

現在ではSIMフリー端末の購入も可能となり、テザリングも標準になりましたが、ひと昔前は脱獄しなければSIMロックの解除もテザリングも利用できませんでした。

つまり、脱獄によってiPhoneの本来持つ機能が最大限に使えるようになるということです。

これまでは脱獄していない状態を「入獄」と呼び、不自由さが表現されていましたが、最近では脱獄によってのみ使うことができた機能や見た目が正式に取り入られている場合も多く、「入獄=不便」という認識は少なくなりました。

そのため、もし軽い気持ちで「脱獄を試してみたい」と考えているのであれば、一度冷静に考え直してみることをおすすめします。

iPhoneを脱獄してカスタマイズしている方は、設定できない項目が設定可能になったり、変更できない見た目が変更可能になったりすることに「楽しさ」を感じている傾向にあるようです。

iPhoneの脱獄、そのリスクとは

保証対象外になる

一見便利になりそうな脱獄ですが、実は大きなリスクが伴います。AppleCareとキャリアの保証については、ご自身の契約状況をしっかりとチェックしましょう。新しくiPhoneを購入した際に、保障を不要として契約していなければ、脱獄をしてもしなくても保証は受けられません。

脱獄は、Appleが定めている使用許諾契約の違反となる改造行為であり、使用義務違反になることから保証対象外となるのです。

例えば、物理的に改造していなくても、脱獄によってiOSを改変した場合は保証対象外となってしまいます。

保証対象外になってしまうと、物理的な破損や盗難や紛失による保証も受けられなくなってしまいます。当然、脱獄したiPhoneをAppleストアやキャリアの店頭に持って行っても対応してくれません。

また、iPhoneを脱獄する前の状態に戻してもらうこともできないため、写真や連絡先、メールやトークのパーソナルデータについても復旧はほぼ不可能でしょう。

iPhoneを元の状態に戻せなくなる

脱獄による保証対象外についての勘違いの1つに、「初期化か入獄ツールを使って脱獄状態を元に戻せば保証を受けられる」というものがあります。しかし、iOSのバージョンや仕様変更によっては、初期化や入獄のツールで確実に元の状態に戻せない可能性がありますし、仮に戻せたとしても保証が受けられるとは限りません。

検索結果で表示されたホームページなどを元に安易な気持ちで脱獄してしまうと、簡単には元に戻すことができなくなってしまいます。そして、保証対象外にもなるため、iPhoneそのものを無駄にしてしまう可能性があるのです。

iPhoneは決して安い買い物ではありません。ネットリテラシーやガジェットに対する知識に自信がない場合は、脱獄にチャレンジすること自体がお金の無駄になるケースもあるため、十分に注意しましょう。

iPhoneそのものが使えなくなる可能性がある

iPhoneを脱獄する最大のリスクは、保証対象外になることだけではなく、iPhoneそのものが使えなくなってしまう場合があることです。

キャリアで一括購入や分割購入していた場合でも、脱獄したiPhoneが使えなくなれば、保証がない状態で新しくキャリアの端末を購入するか、ご自身でSIMフリー端末を購入する必要があります。

新しい端末を入手するまでの間、スマートフォンがないまま生活することになるため、多少なりとも不便が生じてしまうのです。

データの漏えい

また、もう1つの大きなリスクとして、iPhoneを脱獄する際に利用した脱獄ツールによっては、セキュリティの脆弱性により個人情報の漏えいやデータの破損・消失の可能性があることが挙げられます。

iTunesやインターネットの情報だけでは、脱獄したiPhoneを元に戻せない可能性があります。何より、金銭面的なリスクだけでなく、個人情報として写真や連絡先のデータを失う可能性があることをしっかりと理解しましょう。

iPhoneの脱獄の未来

これから先に考えられるのは、脱獄のアプリやツールが減り、脱獄自体の魅力がなくなることです。そして、Appleによるバージョンアップにより、脱獄しなければ不可能だったことが公式に実装されたり、機能追加されたりするケースが増える可能性も十分に考えられます。

これは、Appleがセキュリティーホールの脆弱性に対して懸賞金を出したことも理由であり、脱獄アプリやツールの製作者が正式にデベロッパーとして作る側に変わり始めているのです。

iOSのバージョンアップに追い付けず、脱獄ツール・アプリが新たに開発されない状況になれば、古いバージョンのiOSを維持して脱獄環境を利用せざるを得ません。

古いバージョンのiOSを使い続ければ、通常のアップデートによる機能実装の恩恵を受けられないため、結局はiPhoneを最大限に利用できなくなるという本末転倒な話になってしまうのです。

おわりに

iPhoneを脱獄することによるメリットは、年々少なくなりつつあります。普段使うスマホを自分好みにカスタマイズしたい場合は、無理にiPhoneを使うよりもAndroidのスマートフォンを利用した方が良いでしょう。ただ、それでもiPhoneの脱獄を試してみたいと考える方は少なくありません。

間違えてはならないことが、「脱獄はAppleが安全に使える携帯端末として提供した状態を、わざわざ危険な状態にしてしまう行為である」ということです。脱獄は間違った使い方であり、すべてが自己責任になってしまうことを忘れてはなりません。

確かにiPhoneを脱獄すれば便利になるかもしれませんし、カスタマイズも楽しめます。また、脱獄について調べれば、手軽にできてしまう印象も受けるでしょう。

実際にパソコンにつないでクリックするだけのツールもあり、入獄や脱獄の知識がなくても可能なように見えますが、安易に試さないようにしましょう。

どうしても脱獄や脱獄アプリを試したい場合は、メインのiPhoneとは別にiPhoneかiPadなどを用意してよく考えた上で、自己責任での対応をお願いします。

ドクター・ホームネットでは、iPhoneだけではなく、Androidスマホやパソコンに関するさまざまな便利情報をお届けしています。ぜひ他のコラムもご覧ください。

スマホのトラブル解決サポートの料金を確認する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する