パソコンのCPUに書いてあるCore i3、i5、i7って?違いを比較!

今やパソコンは、「一家に1台」といえるくらい普及しています。

ハードウエア面、ソフトウエア面ともに進化し続けているパソコンですが、パソコンの購入を検討している方が最も気にすることは、パソコンの性能や価格だと思います。

性能面をアピールする際に使われる、「Core i3」や「Core i7」といったCPUの種類ですが、これにはどのような違いがあるかご存じでしょうか?

「Core i」とは、Intel社が開発したCPUのこと。CPUは、パソコンを起動するために必要な重要パーツです。

そこで今回は、パソコンのCPUに関する基本的な知識と、Core i3やCore i7など、Core iシリーズの種類ごとの違いについてご紹介します。

CPUはどんな役割を担っているの?

1台のパソコンは、マザーボードと呼ばれる基盤上に、CPU(中央演算装置)やハードディスク、メモリといったパーツを組み込むことで機能します。

各パーツの役割を人体に例えると、CPUは人間でいう「頭脳」で、演算処理を行う上で最も重要な部分とされています。

基本的には、CPUの性能が高ければ高いほど難しい演算処理を速く行えます。そのため、パソコンに搭載されたCPU次第で、パソコンの処理能力が大きく変わるといえるのです。

また、マザーボード(パソコンの中心となるプリント基板)に搭載されていることが多かったオンボードグラフィック機能も、現在ではCPUに組み込まれていることが多くなりました。

Core i3やCore i5、Core i7の違いとは?

CPU性能が高くなればなるほど、パソコンはスムーズに動作します。そのため、購入を検討しているパソコンには、どういった種類のCPUが搭載されているのかをチェックすることは重要です。

パソコンに搭載されたCPUとしては、Core i3やCore i5、Core i7などのCore iシリーズが有名です。Core iシリーズは、数字が大きくなるほど上位モデルとなります。

また、廉価版モデルとして「Atom」や「Celeron」といったCPUも存在しますが、これらはエントリーモデルのパソコンやノートパソコンに搭載されていることが多いものです。

Core iシリーズは、Intel社が2008年から販売を開始したCPUで、2017年8月に発表されたモデルが、最新の第8世代となります。

また、同じIntel社製のCPUでも、第1世代のCore i3、第2世代のCore i3のように、進化・販売していった経緯があるため、Core i3といってもCPUの属する世代によって性能は大きく変わります。

Core iシリーズの特徴は、CPUのグレードが上がるごとにコア数とスレッド数を増やして、処理能力を格段に向上させた点にあります。

「コア」とは、実際に演算処理を行う部分。コア数が増えれば1つの作業を2つのコアで分担して処理できるようになるのです。また、「スレッド数」とは、1つのコアが担当できる仕事量のことであり、この数も大きければ大きいほど、担当できる仕事量が増えます。

Core i3には「2つのコアと4つのスレッド」、Core i5には「4つのコアと4つのスレッド」、Core i7には「4つのコアと8つのスレッド」が基本となっています。Core i7の最上位モデルともなると、「10コア、20スレッド」を搭載したCPUもあります。

最上位モデルは性能こそ破格ですが、CPU単体のパーツだけで価格が5万円近くになります。そのため、Core i7は業務用またはクリエイター用として使用されることがほとんどです。

AMD社製のCPUは価格とグラフィック性能に定評あり

テレビCMなどの影響もあり、パソコン用CPUといえばIntel社製のCore iシリーズをイメージされる方も多いのではないでしょうか。しかし、パソコンのCPUはIntel社が製造しているものだけではありません。

Intel社とライバル関係を築いてきた半導体製造メーカー・AMD社は、2017年に発表したRyzenシリーズでパソコン業界に新たな風を巻き起こしました。その理由は、4コア4スレッドモデルとして開発した「Ryzen 3 1300X」が、実売価格1万円代後半という極めて低価格なものだったためです。

RyzenシリーズもIntel社製のCPUと同じで、「AMD Ryzen 3」、「AMD Ryzen 5」、「AMD Ryzen 7」とグレードごとに販売されていますが、こちらはいずれのモデルもコストパフォーマンスの高さが注目されています。また、グラフィック機能を内蔵したAMD社製CPUは画像処理能力が高いと評判で、値段だけでなく映像にこだわるユーザーにとっても新たな選択肢となりつつあります。

パソコンを使用する目的に合わせてCPUを選ぶ

CPUの性能が高ければ、パソコンの動作や作業はスムーズになります。そのため、パソコンを選ぶ際は、できるだけ高性能のCPUを搭載したものがおすすめです。

しかし、CPUの性能が高ければ値段も高額になります。

CPUはとても大事なパーツですが、あくまでパソコンを構成する一要素。

CPU以外にも、ハードディスク容量やメモリ、OSなど、重要なことは多々あります。

そのため、パソコンを購入する際は、「パソコンで何をしたいのか」「どういう使い方をしたいのか」などの目的を明確にしておきましょう。そうすれば、必要なCPUやパソコンのグレードが分かります。

日常的なインターネットの利用や文章作成ソフト、表計算ソフト、メールソフトの利用程度であれば、Core i3で問題ないでしょう。

パソコンで画像、動画編集を行う方や、パソコンゲームで遊びたい方の場合は、Core i5を選択肢に入れてください。Core i7を搭載したパソコンであれば、高画質かつ安定した環境で、画像、動画編集やパソコンゲームを楽しむことができます。

しかし、高性能CPUは値段が高額となるだけでなく、消費電力や発熱量も大きくなります。出費を抑えるためにも、必要なCPUを見極めることが大切です。

おわりに

今回は、パソコンのCPUに記載されたCore iシリーズについてご紹介しました。

Core iシリーズとは、Intel社が2008年から販売を開始したCPUで、世代や型番によって性能は異なります。また、Core iシリーズにはCore i3やCore i5、Core i7などがあり、数字が大きくなるほど上位モデルとなります。

インターネット検索やネットショッピング、WordやExcelなどの文章作成や表計算ソフトを使用する場合は、高いCPU性能は要求されません。しかし、動画編集や音楽制作などを行う場合は、CPU性能は高いほうが良いでしょう。

パソコンを購入する際は、使用目的を明確にして、必要なCPUを備えたパソコンを購入しましょう。

ドクター・ホームネットでは、パソコンやスマホに関するコラムを多数掲載しています。その他のコラムもぜひご覧ください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する