地デジ・BSアンテナの設置費用ってどのくらい?設置に適した場所は?

今や、テレビは私たちの生活に欠かせないと言っても過言ではない生活家電です。テレビが好きな方であれば、地デジはもちろん、BSを利用してより多くの番組を視聴したいと思うのではないでしょうか?しかし、テレビを視聴するためにはアンテナを使用して電波を受信する必要がありますよね。

そこで今回は、アンテナに関する基礎知識や、アンテナを設置する際の注意点、設置工事にかかる費用、設置に適した場所についてご紹介します。

3種類のテレビのアンテナについて

テレビを見るためには、アンテナを設置して電波を受信する必要があります。

今回は、「八木式アンテナ」、「デザインアンテナ」、「パラボラアンテナ」という3種類のテレビのアンテナと、それぞれの特徴についてご紹介します。

八木式アンテナ

地デジになる前のアンテナはVHFアンテナが一般的でしたが、地デジに移行してからは、UHFアンテナと呼ばれる超短波のアンテナが使用されています。UHFアンテナは、地デジを見るためには欠かせないアンテナです。

UHFアンテナは数種類ありますが、住宅の屋根の上に設置された、魚の骨のような形をしたアンテナは「八木式アンテナ」と呼ばれています。

この骨のようなものは「素子」と呼ばれるものです。素子の本数が多ければ多いほど、電波を受信する感度が良くなります。また、素子の本数や向き、角度は調整できるため、遠距離からの電波も受信することが可能です。

デザインアンテナ

「デザインアンテナ」もUHFアンテナの種類で、地デジを見るために必要なアンテナです。デザインアンテナは、「平面アンテナ」や「フラットアンテナ」、「壁面アンテナ」とも呼ばれる場合があります。

デザインアンテナはすっきりとしたデザインのアンテナが多く、住宅のデザインを邪魔することなく設置や調整、メンテナンスが簡単にできるため、新築物件で好まれます。目立たないよう屋根裏へ設置したり、住宅の外壁やベランダに設置したりすることもできるため、景観指定地区などでも使用されています。

ただし、デザインアンテナは、八木式アンテナなどの屋根に取り付けるアンテナと比べると、電波を受信しづらいことがあり、また比較的高価というデメリットも存在します。

パラボラアンテナ

UHFアンテナを使用して、BS放送を受信することはできません。高画質の番組が視聴可能なBS(Broadcasting Satellites)は、「パラボラアンテナ」という専用のアンテナの設置が必要となります。

パラボラアンテナは、お皿のような形状をしたアンテナです。このお皿の部分で、衛星から発信される電波を受信するのです。

パラボラアンテナで人工衛星から発信される電波を正確に受信するためには、方向や角度の細かな微調整が必要なため、設置にはある程度の技術が必要となります。

アンテナを新しく設置する際の注意点

賃貸物件に引っ越す場合、すでにアンテナが設置されていることが多いため、ほとんどの場合は新たにアンテナを設置する必要がありません。しかし、新築の一戸建てに引っ越す場合は、新しくアンテナを設置する必要があります。

引っ越す前にアンテナについてしっかり調べ、アンテナをどこに設置するのかも考えておくと、滞りなくテレビを視聴できるでしょう。

また、一部のアンテナでは受信できるチャンネルが限られています。生活する地域のチャンネル設定や、アンテナが受信できるチャンネル数を確認してから設置してください。

地デジとBSの両方を視聴したい場合

UHFアンテナではBSを受信することができず、パラボラアンテナでは地デジを受信することができません。

そのため、地デジとBSの両方を視聴したい方は、UHFアンテナとパラボラアンテナの両方を設置する必要があります。

アンテナを設置するための工事費の相場は?

アンテナの設置は自分で簡単にできると考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アンテナの設置は、高い場所での作業であり、アンテナの位置や向きによっては電波を受信できなくなります。

専門知識を持たない方にとっては非常に難しい作業になるため、専門業者に任せることをおすすめします。

以下は、アンテナの設置費用の相場です。

・地デジアンテナ … 約2万円~4万円

・デザインアンテナ … 約2万5,000円~4万円

・パラボラアンテナ(ベランダ) … 約1万円

・パラボラアンテナ(屋根上) … 約2万5,000円

・地デジアンテナ+デザインアンテナ … 約5万円~6万円

デザインアンテナは人気がある一方、価格的には割高といえるでしょう。

また、業者によってはホームページや広告で掲載している価格が安くても、オプションが必要で値段が上がるケースもあります。見積もりなどを提示してもらい、納得できる価格でアンテナを設置してくださいね。

アンテナの設置に適した場所は?

アンテナは、屋根の上やベランダ、屋根裏などに設置することができます。設置する場所によって設置作業の難易度や電波の受信状態が異なります。

ここでは、アンテナを設置する場所についてご紹介します。こちらの情報を参考にして、アンテナの設置に適した場所を検討してください。

屋根の上

屋根の上は、建物の中で最も電波が遮断されない場所といえます。電波を妨害するものが少なく、電波を受信することに適した方向へアンテナを向けることが可能です。

なお、アンテナを屋根に設置する場合は、デメリットもあります。業者に依頼する場合、高所での作業となるため、作業員が何名か必要になることがあるのです。そのため、屋根にアンテナを設置する場合は費用が割高になる可能性があります。

住居の外壁やベランダ

ご自宅の外壁やベランダに設置したアンテナは、電波を受信する際に、屋根に設置したアンテナに比べて天候に左右されず、住居のデザインの邪魔にならない点が人気です。

また、ベランダにアンテナを設置する場合は、安全な足場で作業することができます。

ただし、住居の外壁やベランダは、屋根に比べると設置位置が低くなるため、電波の受信レベルは低くなる可能性があるでしょう。

室内

アンテナは住居の外にあるイメージですが、室内にも設置が可能です。

例えば、屋根裏などに設置できます。

室内にアンテナを設置する場合は、住居の屋根や壁で電波が遮られるというデメリットがあります。

特に、鉄筋コンクリートの住居は木造に比べて電波を受信しにくいため、業者に電波を受信できるか調査してもらってから設置しましょう。

アンテナがわかる本 (なるほどナットク!)

アンテナがわかる本 (なるほどナットク!)

アンテナの原理や基礎、種類をやさしく解説。

おわりに

今回は、地デジ・BS用アンテナに関する基礎知識や、アンテナを設置する際の注意点、設置工事にかかる費用、設置に適した場所についてご紹介しました。

テレビを見るためには、アンテナによる電波の受信が必要です。アンテナには、「八木式アンテナ」や「デザインアンテナ」、「パラボラアンテナ」の3種類があります。また、住んでいる地域やアンテナの種類によって、最適な設置場所が異なります。

テレビを快適に楽しむためにも、アンテナを設置する前に業者としっかり話し合い、受信状況が良い場所にアンテナを設置しましょう。

リペアネットワークでは、地デジ・BSのアンテナの設置はもちろん現状のアンテナの取り外しやアンテナの修理にも対応しています。

その他、家電や電気工事でお困りのことがあれば、テクニカル九州までお問い合わせください。

家電の故障・不具合で困った時は
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する