超高画質な有機ELテレビと4Kテレビの違いを比較

近年、大型テレビの中でも存在感が増してきている次世代テレビが「有機EL(OLED)」です。

有機ELテレビは、現在主流とされている4K液晶テレビ(LCD)と比較するとどのような違いがあるのでしょうか?

有機ELテレビには、色彩表現の豊かさや画面の薄さ、視野角の広さなど、4K液晶テレビよりも優れている点が多々あります。一方、4K液晶テレビに比べてサイズの選択肢が少なかったり、発光寿命が短かったりするという特徴もあります。

そこで今回は、有機ELテレビと4K液晶テレビの特徴や、有機ELテレビと4K液晶テレビの性能の違いを比較してご紹介します。テレビの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

次世代テレビ「有機ELテレビ」とは?

有機ELテレビとは、色再現性に優れた有機ELパネルを採用したテレビのことです。黒色表現に優れ、液晶テレビよりもワンランク上の画質を楽しめます。また、有機ELテレビは視野角も広く、側面からでも視聴しやすいのが特徴です。

なお、有機ELの発光素材に使われている有機物に、電圧をかけることで発光する現象を「有機エレクトロ・ルミネッセンス」と呼びます。ここから、有機ELテレビと名付けられました。

現在は、有機ELテレビが高価であるためか、4K液晶テレビが主流です。ただ、最近は有機ELテレビも手の届く価格帯に落ち着いてきている状況にあります。

有機ELテレビの現状のシェア率はまだまだ低い水準ですが、これからのメインストリームになる可能性を秘めた「第三世代の薄型テレビ」と呼ぶことができるのではないでしょうか。

有機ELテレビと4K液晶テレビ。それぞれの特徴とは?

次世代テレビ・有機ELテレビと、現在主流となっている4K液晶テレビ。この2つのテレビには、どのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、有機ELテレビと4K液晶テレビの特徴についてご紹介します。

有機ELテレビの特徴とは?

有機ELは、プラズマテレビと同じ自発光(バックライトが不要)形式で映像を表示する方式のパネルです。プラズマテレビのような、発光材料を光らせるための放電スペースは不要で、液晶テレビに用いられているバックライトも必要ありません。そのため、余分なスペースや部品を廃しつつ、薄型化・軽量化を実現しているのです。

 

色表現に関しては黒色の表現を得意としており、プラズマ・液晶・有機ELの中で完全な黒色の表現が可能なテレビは、今のところ有機ELのみといわれています。1画素ごとに明るさを調節することで、緻密な色彩表現・色再現性を実現しました。

4K液晶テレビの特徴とは?

4K液晶テレビは、パネルに液晶を用いた、現在主流とされているテレビです。

4Kとは画素数のこと。一般的に「4K」といえば、液晶パネルを用いた4K(3840×2160)の液晶テレビのことを指します。

プラズマテレビが築いた大型テレビの流れを受け継ぎつつ、液晶パネルの低コスト化、解像度の精細化を実現することで、新たな主流となったパネルです。大型テレビの「第二世代」的存在と呼ぶことができるでしょう。

液晶パネルは、パネル本体を発光させることができないため、備えつけられたバックライトで光を当て、液晶のRGBの役割を果たす「カラーフィルター」を通して映像を表現します。カラーフィルターをシャッターのように開け閉めすることで、多彩な色表現を可能にしたのです。

また、液晶パネルの最大の特徴は、大画面パネルを低コストで量産できることでしょう。大型テレビをはじめ、さまざまなデバイスの普及に貢献したのは、液晶パネルが優れた量産体制を敷けるものだったからです。

有機ELテレビと4K液晶テレビの性能を5つのポイントで比較!

有機ELテレビと4K液晶テレビの特徴を知ることで、有機ELと液晶は違うものであることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

なお有機ELテレビは、4K液晶テレビと性能を比較することで、どのような特徴があるのかさらに理解を深めることができます。

そこでここでは、有機ELテレビと4K液晶テレビの性能を、「画質・色彩表現」「軽さ・薄さ」「視野角」「サイズの選択肢」「発光寿命」の5つのポイントに絞って比較します。

【1】画質・色彩表現

画質・色彩表現は、4K液晶テレビよりも有機ELテレビのほうが圧倒的に優れています。

4K液晶テレビでは、原理上の問題で、閉じたカラーフィルターから光が漏れてしまうため、どうしても精緻な画質・色彩表現を苦手とするのです。

その点有機ELテレビは、カラーフィルターから光が漏れる問題を完全に解決してくれます。

特に有機ELテレビの黒色表現は別格で、有機ELテレビと4K液晶テレビを並べると、違いがひと目で分かるでしょう。

【2】軽さ・薄さ

有機ELテレビは4K液晶テレビの約1/10の薄さで、平均して10kg前後の軽量化に成功しています。軽量化、薄型化に成功した背景には、4K液晶テレビと比べて、有機ELテレビはシンプルな設計になっている点が挙げられます。

薄さは省スペースにもつながりますし、軽さは、パソコンのモニターとして使用する際などの、持ち運びが必要な場面で大いに役に立つでしょう。

【3】視野角

有機ELテレビは、ほぼ180度の視野角を誇っており、横からでもテレビの視聴が可能です。

一方4K液晶テレビは、90度を超えると見づらくなってしまうという欠点があります。

有機ELテレビでは、見づらさが改善されていることも大きなメリットといえるのではないでしょうか。

【4】サイズの選択肢

現在リリースされている有機ELテレビのサイズは、ほとんどが55型です。

ただ、55型で満足に視聴できる環境は限られているため、現状ではサイズの選択肢が乏しいといえます。

一方の液晶テレビは、大型テレビのメインストリームとして長年普及してきたという背景もあり、サイズの選択肢は豊富です。

【5】発光寿命

有機ELテレビの発光寿命(テレビ寿命)は、約3万時間です。4K液晶テレビの寿命は約6万時間とされているため、比較すると約半分の寿命ということになります。

発光寿命は有機ELテレビの欠点として挙げられることも多いのですが、3万時間の寿命は、テレビを1日2~3時間視聴したとしても30年程度は問題なく使える計算になります。したがって、1日のテレビ視聴時間が長時間にならないのであれば、有機ELテレビの発光寿命は、大きなデメリットとして捉える必要はないかもしれません。

パナソニック 43V型 液晶 テレビ VIERA TH-43EX600 4K対応 HDR対応

パナソニック 43V型 液晶 テレビ VIERA TH-43EX600 4K対応 HDR対応

4KもHDR映像も美しい。明るい4K映像がすべてを描き出す

おわりに

今回は、有機ELテレビと4K液晶テレビの特徴や、有機ELテレビと4K液晶テレビの性能の違いを比較してご紹介しました。

有機ELテレビとは、有機ELパネルを採用したテレビのことです。4K液晶テレビと比較すると、黒色表現に優れ、画面は薄く、視野角は広くなっています。一方、サイズの選択肢が少なかったり、4K液晶テレビに比べて発光寿命が短かったりする特徴もあります。

有機ELテレビは、今後低コスト化が進めばメインストリームになる可能性を秘めた、次世代テレビといえるでしょう。

リペアネットワークでは、有機ELテレビや4K液晶テレビ、その他の家電に関するさまざまな情報をお届けしています。他のコラムも、ぜひご覧ください。

また、テレビのトラブル相談も受け付けているため、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

家電の故障・不具合で困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する