地震および大雨によってパソコンが壊れた方へ

6月18日に発生した大阪北部地震と、7月5日から各地で発生した大雨によって被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。今回パソコン・USBメモリ・SDカード・RAID・NASサーバーなどが壊れた方を対象に、訪問修理と郵送修理による復旧支援の取り組みを行っています。

訪問による液晶修理・データ復旧の基本料金が無料
郵送による水濡れ等で壊れたデータの復旧料金が半額

Bluetoothでペアリングできない・接続が途切れる時の対処法

Bluetoothとは、パソコンやスマートフォンから約10mの範囲内であれば、コードなどを接続せずに音楽を聴いたりタイピングしたりできるという、近距離間データ通信に使用される無線通信技術の1つです。とても便利な機能のため、利用している方も多いと思いますが、時には問題が発生することもあります。

そこで今回は、Bluetoothがペアリングできなかったり、接続が途切れてしまったりする時の対処法についてご説明します。

Bluetoothの接続手順

パソコンやスマートフォンを親機、スピーカーやキーボードなどを子機とした場合、互いのBluetooth情報を登録しあうことで連動させることができ、親機で流した音楽を配線なしに子機で再生するといった使い方が可能になります。

事前のBluetooth接続設定のことを「ペアリング」といい、一度行ってしまえば以降は特別な操作なく機能を利用することができます。

例えば、スマートフォンとスピーカーをBluetoothで接続したい場合、スマートフォンとスピーカー両方のBluetoothスイッチをオンにします。

iPhone、Android共に「設定」の「Bluetooth」から確認してみましょう。

iPhoneのBluetoothスイッチ iPhone

AndroidのBluetoothスイッチAndroid

Bluetoothを「オン」の状態にし、スピーカーの商品名あるいは型式番号が表示されたら、タッチして接続を開始します。

画面には「接続中」または「オーディオに接続」などの文言が表示されます。

iPhoneでのBluetoothペアリング設定iPhone

AndroidでのBluetoothペアリング設定Android

スマートフォンの表示が「接続済み」あるいは「ペアリング済み」に変わったら、Bluetooth接続完了の合図です。

iPhoneでのBluetooth接続済み確認画面iPhone

AndroidでのBluetooth接続済み確認画面Android

また、スピーカー以外にも、ユーザーに人気が高いBluetooth機器には次のようなものがあります。

【1】Bluetoothキーボード

パソコン周りの配線を気にせず、スッキリした手元で作業したい方に人気です。

キーボードの角度や距離などを好きなように配置できるようになりますよ。

【2】ヘッドセット/イヤホン

外出先でスマートフォンを使って音楽を楽しみたい時、イヤホンのコードが衣類やバッグに絡まるのは非常に不便ですよね。

しかし、コードレスで使えるBluetoothイヤホンであれば、バッグやポケットにスマートフォンを入れたまま、コードの絡みを気にすることなく音楽を聴くことができます。

【3】Bluetoothマウス

キーボードと同じく、手元の作業環境をスッキリさせたい人に人気が高いアイテムの1つです。

頻繁に動かすマウスは、配線のあるタイプより無線タイプの方がストレスが少ないため、作業効率がアップも期待できますよ。

【4】カメラシャッターリモコン

約10mまで通信可能なため、遠く離れた場所からでもカメラのシャッターを切ることができます。

1人旅の時でも広範囲に風景を入れて自撮りしたり、スマホを三脚にセットして集合写真を撮ったりするなど、幅広い使い方が可能です。

Bluetooth接続ができない、ペアリングできない時の対処法

Bluetooth接続、ペアリングできない時の対処法

パソコンやスマートフォンを買い替えたなど、何らかの理由でペアリング情報が消えてしまった場合は、改めて接続設定を行えば従来通りBluetooth機器と連動させて使うことができます。

ここでは、Bluetooth接続ができなくなってしまった時の対処法をご紹介します。

スマートフォンを機種変更したらBluetooth接続ができなくなった

連動させていたBluetooth機器には、まだ新しいスマートフォン情報が登録されていない状態なので、改めてペアリングを行う必要があります。

新しいスマートフォンのBluetoothスイッチをオンにし、ペアリングしたいBluetooth機器の名称をタッチすると、自動接続が始まります。

しかし、従来通りBluetoothをペアリングしようとしてもうまくいかない場合は、以下の2パターンが考えられます。

【1】急にBluetooth接続ができなくなった

Bluetooth機器の充電状態には問題がないのに接続不良が起こる場合、Bluetooth機器を動かすシステムがアップデートされていない可能性があります。

Bluetooth機器のメーカー公式HPを確認し、更新プログラムの有無を確かめ、必要に応じて更新を完了させると、再びペアリングが機能するようになります。

【2】ペアリングしようとしてもBluetooth機器を認識できない

一時的な接続不良や使用環境を再確認し、改めてペアリングを試してみましょう。

Bluetoothを一度オフにしたあと、再びオンに変えてみると、問題なくペアリングできることもあります。

また、Bluetooth機器との距離が10m以内で、遮へい物がないかどうかも確認をしましょう。

Bluetoothが途切れる時の対処法

Bluetooth機器を利用していると、スピーカーの音が飛んだりキーボード入力がうまくいかなかったりするなど、思っていた動きと異なる反応に困ることがありますよね。

機器をオンにしたまま長く使用していると動作不良につながりやすいため、途切れが目立った時は他の機能をオフにするか、機器の再起動を試してみることをおすすめします。

周辺に電子機器がないか確かめる

使いたいBluetooth機器の周辺に他の機器がある場合、または電子レンジなど電磁波を発するものがある場合などに、不具合が起こることがあります。

このようなケースでは、障害となっている機器の電源を抜くなど、一度オフにすると接続しやすくなります。

スマートフォンやパソコンで起動している他の機能をオフにする

スマートフォンやパソコンでは、Bluetooth機能以外にも、インターネット画面や音楽アプリ、SNSアプリなど複数の機能を実行していることが多々あります。

起動させている機能が多いほどスマートフォンやパソコンに負荷がかかるため、Bluetooth以外を一度オフにし、ビジー状態を解消することが有効です。

Bluetooth機器またはスマートフォンやパソコンを再起動する

使用環境や他の機器の干渉について何も問題がないにも関わらず、接続がうまくいかない場合には、Bluetooth機器またはスマートフォンやパソコンの再起動を試してみましょう。

Bluetoothはコードが絡まる心配がないなど、有線よりも使い勝手が良い点が魅力ですが、コードがない分、有線よりも電波が不安定になることがあります。

Bluetoothや電源のオンオフ、更新プログラムの3点を実行してもなお接続できない場合は、一時ペアリング自体を解除し、登録し直してみてください。

不具合が存在する機器を特定したい場合の検証方法

不具合が存在する機器を特定したい場合の検証方法

Bluetoothを利用している時に、起こっている不具合がどこにあるのかを探るためには、簡単な検証を行うことが大事です。

例えば、スマートフォンの音楽をスピーカーで楽しみたいのに接続がうまくいかない場合は、別のスマートフォンでは正常に機能するかを確認します。別のスマートフォンとスピーカーがうまく連動するのであれば、スピーカー自体に問題はなく、普段使用しているスマートフォン側に問題があるということが分かります。

また、イヤホンやキーボードなど他のBluetooth機器がある場合も、それぞれ接続を試してみます。イヤホンやキーボードなどとのBluetooth接続がうまくいくのであれば、スマートフォン側には問題はなく、スピーカー側に何らかの原因が潜んでいる可能性が見えてきます。

おわりに

今回は、Bluetoothがペアリングできなかったり、接続が途切れてしまったりする時の対処法についてご紹介しました。

Bluetoothは非常に便利なため、多くの人が日常的に利用しています。それだけにトラブルが起きたらできるだけ早く解決したいですよね。

万が一、Bluetoothが突然つながらなくなった場合は、今回ご紹介した対処法をぜひ参考にしてみてくださいね。もしどうしても解決しない場合は、専門家のサポートを早めに受けて早期に解決しましょう!

ドクター・ホームネットでは、パソコン修理からホームネットワーク、スマートハウスまで生活に役立つさまざまな情報をご紹介しています。他のコラムもぜひご覧ください。

パソコンやインターネットで困った時は
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する