大雨および北海道地震によって被災された方へ

7月5日から各地で発生した大雨および、9月6日に発生した北海道地震によって被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。今回被災された方を対象に「郵送修理による復旧支援」と「無料充電サービスおよび、Wi-Fiの無料提供」の取り組みを行っています。

【西日本豪雨 復旧支援】郵送による水濡れ等で壊れたデータの復旧料金が半額
【北海道地震 復旧支援】無料充電サービスおよび、Wi-Fiの無料提供

スマホの機種変更時に準備すること。データを守るための注意点や手順まとめ

スマホを長く使用している、動作が重たくなった、新製品への憧れなど、何らかのきっかけでスマホの機種変更を考える方も多いでしょう。しかし、スマホもコンピューターと同様、機種変更をする場合はさまざまなデータやアプリの情報を、新機種へ移行する準備が必要です。

そこで今回は、スマホの機種変更時に気をつけるべき注意点などをご紹介します。

スマホの機種変更を決心する理由

携帯会社のコマーシャルや店頭を眺めていると、頻繁にスマホの新機種が発売されています。つい最新機種への憧れがかき立てられますが、スマホは決して安価なものではないため、なかなか買い替えにくいアイテムの1つです。

しかし、実際にスマホの機種変更をする方には共通した理由が多々見受けられます。

【1】電池の持ちが悪くなった

充電してもスマホの電池の減りが以前より早くなったり、スマホを再起動させてもあまり改善が見られなかったりすると、スマホの機種変更を検討し始める方が多いようです。

スマホは連絡ツールとしても重要なアイテムのため、いざというときに電池残量が少ないと困ってしまいますよね。

【2】画面表示に時間がかかるようになった

インターネット画面を1つ開いているだけなのに、画面表示するスピードが遅いというケースも少なくありません。これは、スマホを長年使用する間にたまったデータが通信の邪魔をしている、またはスマホの機種が古いことが原因であると考えられます。快適なインターネット利用のために、買い替えを検討する方も多いようです。

【3】使いたいアプリが適応していない

スマホを使うならアプリの利用が必須になります。さまざまな機能を好きに追加できるアプリは大変便利ですが、スマホのバージョンが古い場合、アプリが対応していなかったり、インストールすらできないケースもあるのです。生活をより便利にするため、スマホの機種変更を考える方も多いとのこと。

ちなみに、スマホ自体の価格は5~10万円ほどで、決して安価ではありません。しかし、基本的な契約内容の場合、約2年の分割払いで本体代金を完済できるため、その完済のタイミングで新しいスマホに機種変更するというケースも多くあります。

スマホの機種変更時に必要な準備とその方法

機種変更時に必要な準備とその方法

スマホは、昔ながらのガラケーとは違って「手のひらサイズのパソコン」のようなものであるため、機種変更するときはそれなりの準備が必要です。

特に、スマホに入っているデータを新機種に引っ越しさせる準備は、機種変更前に済ませておかなければなりません。

では、機種変更前に行う、具体的な準備を見ていきましょう。

【1】電話帳のバックアップ

今まで使用していた携帯に登録しているすべての電話番号やメールアドレスを、機種変更後新しい携帯に手動で移し替えるのは大変な作業です。

そこで、電話帳のバックアップを行い、新機種への移行が簡単に実施できるように準備しておきましょう。

お使いの機種によってPCへのバックアップ方法が異なりますが、iPhoneの場合はPCに入っているiTunesというソフトウエアを立ち上げ、そこで電話帳やメールなどのデータを同期させます。新たなスマホに以降する際は、そこから復元するのが1番簡単な方法となります。

ほかにも、電話帳データの移行が可能なアプリや、スマホを購入した店舗でデータ移行を受けつけてくれる場合もありますので、いずれかの方法で必ずバックアップを取るようにしましょう。

【2】アプリの引き継ぎ準備

カレンダー機能に動画、SNSなど、あらゆるタイプのアプリをご使用かと思いますが、その中でも使用頻度が高いアプリの引き継ぎ準備も大切です。

多くの方が連絡手段として使っているSNS・メッセージアプリは、旧機種のLINE情報のバックアップを取り、新機種にアプリをダウンロードした後、バックアップデータを反映させるという作業が必要となりますので、必ず事前に対応しておきましょう。

また、新機種でアプリを改めてダウンロードして利用する際、アカウント登録している場合は再度ログインが必要となるため、IDやパスワードも忘れないよう注意しましょう。

【3】写真・動画・音楽のバックアップ

大切な思い出を重ねた写真や動画、音楽データも必ずバックアップ・保存しておきましょう。PCに接続してバックアップ専用ソフトに保存する、インターネット上のデータ保存サービスを利用する、外付けHDDと呼ばれる外部記憶装置を接続して別途保管するなどの方法があります。

【4】おサイフケータイ

おサイフケータイの場合は、旧スマホでデータの預け入れを実施し、新しいスマホで受け取るのが一般的です。しかし、利用している電子マネー会社によりデータ移行の方法も異なるため、一度問い合わせを行うことをおすすめします。

また、Androidの場合、スマホ本体内部に付属されている「SDカード」と呼ばれる、小さなICチップにさまざまなデータを収めることが可能です。SDカードを利用すれば、新しいスマホに差すだけでデータの移行が完了します。万が一、SDカードだけではデータ保存ができているか不安なときは、上記でもご紹介した外付けHDDやクラウド上のデータ保管サービスの利用がおすすめです。

スマホの機種変更を行う手順って?

同キャリアのスマホに機種変する場合

キャリアスマホを契約する場合

同じキャリアのスマホに機種変更する場合は、通信会社との間で手続きが行われます。欲しい機種が決まれば、通信会社のスタッフが本体分割料金込みの月額料金を計算してくれます。

料金や契約内容をすべて確認した後、各種変更手続き書類に署名などを書き入れたら、スマホの機種変更は完了です。

格安スマホを契約する場合

機種変更を機に格安スマホに乗り換える方も多くいらっしゃいます。

その場合は、今まで使用していたキャリアとの契約を解約し、新規で格安スマホ会社と通信契約を結ぶことになります。格安スマホの利用料金は、一般的なキャリアのスマホ料金と比較すると、月額で約半額程度になるためお得です。

スマホの機種変更時に確認・準備すべき点

スマホの機種変更する際に、データやアプリのバックアップのほかにも、事前に確認・準備しておく方が良い点がいくつかあります。

機種変当日にお店に持参するものの準備

機種変更の手続きを行う際には、必ず運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類が必要になります。また、サインでもOKとなる場合が多いですが、できれば印鑑も持参することをおすすめします。

代理人が手続きを行う場合

もし、契約者のご家族(代理人)が機種変更を行う場合は、契約者と代理人の関係性を示す書類や委任状などが必要になります。

機種選び

機種変更のみであっても、契約には時間がかかります。なるべく短時間でスムーズに進めるためにも、使いたい機種を事前に選んでおくようにしましょう。

各IDとパスワードなどの再確認

上記でも少し記載しましたが、スマホで使用するアプリやGoogle、Appleなどの 各IDやパスワードは機種変更する前に必ず再確認するようにしましょう。

利用していたインターネットサイトやアプリに新機種でログインするとき、IDやパスワードの入力を求められるケースが多いため、忘れてしまうと利用できなくなってしまいます。

携快電話21

携快電話21

さまざまな乗り換え、機種変更に対応

おわりに

今回は、スマホの機種変更時に気をつけるべき注意点などをご紹介しました。

スマホは今や私たちの生活に欠かせないアイテムの1つとなっています。さまざまな場面で活躍してくれる分、より高機能な機種を求める方も多いでしょう。

スマホの機種変更をする際は、ただお店に行って本体を変更するだけではなく、データのバックアップやID・パスワードを控えておくなど、ある程度の事前準備が必要になります。

今回ご紹介した機種変更時の手順やポイント、注意点などをぜひ参考にしてくださいね。

ドクター・ホームネットでは、パソコン修理からホームネットワーク、スマートハウスまで生活に役立つさまざまな情報をご紹介しています。他のコラムもぜひご覧ください。

スマートフォンで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する