パソコンを買い替えたらやることとは?データ移行の方法と初期設定後の環境設定

新しいパソコンに買い替えたら、パソコンの初期設定やインターネットへの接続、以前使用していたパソコンからのデータ移行など、やることがたくさんあります。面倒臭いからと放置していると、いざ必要となったときにうまく使えなくてイライラしてしまうことも。

そこで今回は、パソコンを買い替えた際にやるべき古いパソコンから新しいパソコンへのデータ移行の方法と注意点、初期設定後の環境設定についてご紹介します。

データ移行する準備と注意点

古いパソコンから新しいパソコンへデータを移行する際に覚えておきたい注意点をご紹介します。

新しいパソコンへ移行したいデータを整理する

前のパソコンに保存してあるデータの中で、今後も利用するものはまとめて整理しておきましょう。意外と忘れがちなのは、デスクトップに一時保存しているファイル類です。不要なデータは削除し、必要なものだけを残すとデータ移行がスムーズに進みます。

また、今はクラウドを利用してパソコンからデータの移行をすることもできますが、インターネットへの接続がうまくいかない場合に備えて、外付けハードディスクへもバックアップを取っておくと良いでしょう。詳しいデータ移行の方法は後程ご紹介します。

ソフトウェアやメールの移行を忘れずに!

新しいパソコンで利用するソフトウェアをリストアップしておきます。必要な設定やパスワード、メールサーバーの設定などはテキストデータにして、USBなどに保存しておくと良いでしょう。年賀状ソフトなどを利用している場合はソフトメーカーのHPなどでパソコン買い換え時の住所録の移行方法なども確認しておきましょう。
また、パソコン買い換え時に見落としがちで注意したいのがインターネットのブラウザに登録しているお気に入り情報です。その他よく使うサイトのログインIDとパスワードなどもブラウザに保存しているかたも多いのではないでしょうか。忘れてしまってログインできなくなることが無いよう控えておきましょう。

データ移行は時間に余裕をもって実行!

データ移行の時間はプロでも断言ができません。データの容量やパソコンのスペック等によっても時間は異なります。数十分で終わるケースもありますが、数時間から半日以上、長時間の作業となる場合があります。外出中に移行がうまくいかず途中で止まってしまうといったケースもありますので、時間に余裕のあるときにデータの移行を実施しましょう。

ノートパソコンでデータ移行するときは注意!電源コードが必須

先述のとおり、パソコンへのデータ移行は長時間に渡るケースもあります。ノートパソコンをご利用の場合は、必ず電源コードを接続してからデータの移行作業を始めるようにしましょう。途中でバッテリーが切れてしまい、データ移行が完了できなかったとならないよう注意しましょう。

初期設定後の環境設定の手順

なお、ここではWindows OSがあらかじめインストールされていることを前提にご説明します。

Step 1.インターネットに接続する

新しいパソコンをインターネットに接続しましょう。

インターネットに接続できないと、データ移行するためのクラウドへの接続やメールの設定などを確認ができません。

また、ワイヤレスネットワークを利用する場合は、ワイヤレスネットワークアダプターが認識されていることを確認し、ワイヤレスネットワークに接続します。

ワイヤレスネットワークアダプターの認識を確認する

以下の手順で、ワイヤレスネットワークアダプターが認識されていることを確認してください。

なお、ワイヤレスネットワークアダプターが表示されていたら、モデムをセットアップしてワイヤレスルーターを設置します。詳しい手順は、モデムやルーターの取扱説明書を参照してください。

1.「スタート」アイコンをクリックします。

2.検索ボックスに「デバイス マネージャー」と入力しましょう。

3.「ネットワーク アダプター」をクリックします。

4.「ワイヤレス」が含まれているネットワークアダプターを探してください。

ワイヤレスネットワークに接続する方法

パソコンをワイヤレスネットワークに接続する前に、セキュリティの設定を行います。

ルーターでサポートされている場合は、WPAやWEPよりも強固な暗号化方式のProtected Access2(WPA2)セキュリティの使用がおすすめです。パスフレーズをメモして、安全な場所に保管しておきましょう。

準備ができたら、以下の手順でパソコンをワイヤレスネットワークに接続します。

1.通知領域でネットワークのアイコンを選択

2.一覧から接続先のネットワークの名前を探して「接続」を選択

3.パスフレーズを入力

※ 上記以外の手順がある場合は、画面に従って接続

無事インターネット接続が完了したら、Webブラウザを起動して表示を確認してみましょう。

Step 2.周辺機器との接続を確認する

プリンターやデジカメ、テレビなど、ネットワーク接続で利用していた機器が、これまでと同じように利用できるようにします。

ほとんどの場合は、ドライバーやソフトウェアの再インストールが必要です。各会社のWebページを参照してインストールを行い、最新のアップデートを確認してください。

Step 3.ソフトウェアをインストールする

これまで使用していたソフトウェアやツール類をインストールし、設定を行ってください。

ここでは代表的な、ソフトウェアやツールのインストールについてご紹介します。

メールソフトを設定する

メールソフトは、インストール後にアカウントやメールサーバーの設定を行わなければなりません。あらかじめアカウント情報や送信・受信サーバーの情報をメモして、USBなどに保存してから設定を行いましょう。

また、各メーラーのWebサイトを確認して、新しいパソコンへの移行方法や送受信メールをエクスポートする方法について、調べておくことをおすすめします。

Webブラウザの「お気に入り」を移行する

Google ChromeやInternet Explorer、EdgeなどのWebブラウザの「お気に入り」機能を頻繁に利用している方は多いと思います。

ほとんどのWebブラウザは、「お気に入り」機能のインポートとエクスポートを使用できます。

新しいパソコンに移行する前に、古いパソコンで「お気に入り」をファイルにエクスポートし、新しいパソコンにインポートすることで、「お気に入り」の移行が可能です。

ユーザー辞書を移行する

日本語入力にMicrosoft IMEを使用していて、ユーザー辞書登録をしている場合は、IME辞書ファイルの移行は比較的簡単です。

ユーザー辞書を移行するには、IMEのツールバーからユーザー辞書ツールを表示させ、ユーザー登録した辞書の一覧ファイルを保存したあと、新しいパソコンで読み込みます。

IMEのバージョンによっては表示されるメニューが異なるため、詳細はIMEのヘルプを参照してください。

新しいパソコンにデータを移行する方法と注意点

パソコンの環境設定ができたら、次はデータを移行しましょう。先述のとおり、パソコンを新しくするタイミングで、古いパソコン内にあるデータを整理してまとめておきましょう。例えば、大切な写真、住所録、作成した書類やビデオなどを、自分が分かりやすい方法で分類しフォルダーに格納します。新しいパソコンへデータを移行する際は、USBや外付けハードディスクなどの記録メディアを使うと便利です。また、最近ではオンライン・ストレージやクラウドサービスと呼ばれるネットワーク上の無料サービス等もあります。

データ移行と言っても様々な手段がありますので、記録メディア、クラウドサービスやソフトウェア等、データの移行方法についてメリット・デメリットも含めてご紹介します。

他にもWindowsの「バックアップと復元」やMacに備わっている「移行アシスタント」などの便利な機能を使って自動でデータを移行する方法もあります。

1.外付けHDDやUSBなどデータ移行に使える記録メディア

パソコンの買い替えに伴いデータ移行に使える記録メディアといっても様々なアイテムがあります。それぞれの特徴も含めてご紹介します。記録媒体はネットワークが使えない場合に有効です。手順もドラッグ&ドロップしてパソコンと記録メディア間でデータを移動するだけなので初心者でも簡単です。データ容量やお使いの機種やネットワーク環境、予算などに応じて選択してください。データ容量が多い場合は外付けHDDまたはSSDがおすすめです。

1-1.USBメモリを使ってデータを移行する

汎用的で普段からデータの移動等でお使いの方も多いメディアです。コンビニや量販点などでも比較的手に入りやすく使ったことがあるというかたも多いのではないでしょうか。
手順もとても簡単で、古いパソコンで整理したデータを、ドラッグ&ドロップでUSBに移行し、新しいパソコンに移すだけです。USBは移行したいデータ容量が少ない場合に適しているでしょう。一般的にUSBの容量は16~128GBのものが多いため、大容量のデータを移行したい場合には適しません。

1-2.外付けハードディスクや外付けSSDを使ってデータを移行する

以前に比べて外付けハードディスク(以下外付けHDD)を使われている方も増えてきているのではないでしょうか。パソコン買い換え後のバックアップ先としても使えますし便利なアイテムです。外付けHDDの場合は一般的に500GB~3TBのデータ容量がありますので、ある程度の容量でも対応できるのが特徴です。古いパソコンで外付けHDD内に保存したデータを新しいパソコンにつなぎ変えるだけなので買い換え時のデータ移行等もスムーズです。また、外付けSSD(一般的な容量は500GB~2TB前後)はデータ読み書きの速度等性能が高く、外付けHDDよりも耐久性があると言われています。値段は他メディアに比べて高いのが難点ですがデータ移行だけでなく、新しいパソコンの万が一のためのデータのバックアップ先としても利用できますので保存したいデータの重要度や、動作速度が速いほうがよいというかたにはおすすめです。

1-3.CD・DVD・Blu-rayディスクを使ってデータ移行する

CD/DVD/Blu-rayは最近では利用されることが少なくなっていますが、コンビニ等で手に入るため緊急時には便利です。データ容量によっては書き込みに時間がかかる場合もあります。

2.Wi-Fiを使ったデータ移行!クラウドサービスを活用する

USBやHDD等の記録メディアが手元にない、不要な費用をかけずに今ある環境でデータ移行をしたいというかたもいらっしゃると思います。ネットワーク環境があれば利用できるのがクラウドサービスです。Wi-Fi環境しかない場合も利用が可能です。

クラウドサービスは様々なものがありますが、iCloudやGoogle Drive、Dropbox、OneDrive、boxなどが有名です。

クラウドサービスは無料で使えるものと、一部データ容量によっては有料のものもありますが非常に便利なツールです。普段からデータのバックアップ先として使えたり、外出先からデータを共有してネットワーク上で使えたり、様々なツールとのデータ共有機能があるなど新しいパソコンで利用できる機能もあります。ネットワーク上でデータを共有するため個人情報等が移行データの中に含まれている等、重要なデータがある場合はセキュリティ―面のリスクも考慮して利用するか判断しましょう。

3.バックアップソフトを利用する際のメリットと注意点

さまざまなシステム会社から、パソコンのデータバックアップと復旧のソフトウェアが販売されています。これらのソフトウェアを購入して説明書どおりに操作すれば、比較的簡単にデータの移行が可能です。

バックアップの手間をかけたくないかたや、初めてで自分でするのは不安、重要なデータを確実に移行したいかたにおすすめです。

バックアップソフトは色々な会社から発売されているため、性能や機能などを見比べて適切なものを選択します。

例えば、バックアップを作成したいのはExcelやWordで作成したデータファイルのみなのか、それとも今使っている環境そのままOSごとバックアップしたいのかなど希望に応じて選択するソフトは変わります。またソフトによって備わっている機能が変わりますし、バックアップしたデータを保存するメディアによっても選択肢が変わるでしょう。自分にあったものを選択しましょう。また、フリーソフトを利用する際には動作保証などがされていないケースもありますので、十分に安全なものか確認して利用するようにしてください。

4.USBケーブル・LANケーブルを使ってデータ移行をする

ケーブルを使ったデータ移行方法もあります。少しだけご紹介します。

4-1.USBリンクケーブルでデータ移行をする

USBリンクケーブルを新旧のパソコンにつなぎます。データをドラッグ&ドロップするだけで手順がシンプルなのが特徴です。USBタイプのマウスを使っている場合は、USBポートの数に注意しましょう。手動でドラッグ・ドロップするためデータが大容量の場合には向かないでしょう。

4-2.LANケーブル(クロスケーブル)でデータ移行をする

LANケーブルを使う場合、大容量のデータを比較的早く転送できるのが特徴です。しかし、利用に際してネットワークの設定の変更を行わなければいけない場合や、インターネットに接続したまま転送ができない場合もありますので、購入前にご自身のお使いの環境で適した方法なのか十分に確認しましょう。

5.【Windows】OS搭載の機能を使ったデータ移行方法

OSにもデータ移行機能が搭載されています。標準機能を使って移行できるデータには限りがある場合もあります。古いパソコンが故障していてバックアップを取っていなかった場合などは正常に機能しないことがあります。

5-1.【Windows 10・Windows 7】バックアップと復元を使ってデータ移行をする手順

OSがWindows7またはWindows 10で、これまでと同じOSを新しいパソコンでも使用する場合は、「バックアップと復元」の機能を利用することができます。事前に古いパソコンで必要なデータをバックアップしていることを前提に復元方法をご紹介します。

Windows 10でデータを移行する方法

以下はWindows10の場合の手順です。新しいパソコンを起動したら下記の手順で復元します

1.Windowsの旗マークの「スタートボタン」から「コントロールパネル」を呼び出します。

2.「システムとセキュリティ」をクリックし、「バックアップと復元(Windows 7)」または「バックアップからファイルを復元」からバックアップしていたデータを復元し外付けハードディスクに保存します。

Windows 7でバックアップと復元からデータを移行する方法

1.「スタートボタン」から「コントロールパネル」をクリックし、パネル内の「バックアップの作成」を選択します。

2.ウィンドウの下部にある「復元」の中の「ファイルの復元」をクリックします。

3.復元したいアイテムにあわせて、「ファイルの参照」もしくは「フォルダーの参照」をクリックします。ファイルまたはフォルダーの一覧から復元したいデータを選択し、「ファイルまたはフォルダーの追加」をクリックします。

4.データを選択できたらファイルの復元のウィンドウで「次へ」を選択し、「完了」の画面で復元されたデータを確認してください。

5-2.【Windows 8・Windows 7】Windows転送ツールを使ってデータ移行する手順

Windows 10には備わっていませんが、Windows7・Windows 8までは「Windows転送ツール」の利用が可能です。まず新しいパソコンから下記の手順でデータ移行の準備をします。

1.スタートボタンから「すべてのプログラム」から「アクセサリ」を選択します。

2.「システム ツール」をクリックし、次に「Windows転送ツール」を選択すると、転送ツールのダイアログ画面が表示されますので「次へ」で進みます。

3.その後、新旧のパソコンをUSBケーブルで接続して転送するか、外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブを使った転送、もしくはネットワーク転送の選択が可能です。転送方法に応じて選択します。

※ここでは外付けハードディスクまたはSSDでの転送手順を想定して以下を記載しますが、どの手順の場合も画面に沿ってこの後は進めば問題ありません。

4.次のウィンドウで「新しいコンピューターです」を選択し、Windows 転送ツールで、今までのコンピューターのファイルを外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?という質問が表示されたら「いいえ」をクリックしてください。

5.今までのコンピューターにWindows 転送ツールをインストールする必要がありますか?と質問が出てきますので、「ここでインストールする必要がある」をクリックします。インストール方法を選択する画面が出てきますので、上段の外付けハードディスクをクリックします。

ここまでできたら古いパソコンの操作に移ります。古いパソコンに外付けハードディスクを接続し、Windows 転送ツールを今までのコンピューターにインストールと表示されたら「OK」をクリックし、順番に「次へ」→「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」→「これは今までのコンピューターです」をクリックします。

パスワードが任意で求められますので設定し、ファイルの保存場所で外付けハードディスクを選択し保存してください。完了の画面が表示されたら、再度新しいパソコンに外付けハードディスクを接続してください。新しいパソコンでも先ほどと同じようにWindows 転送ツールのウィンドウが開きます。

最初に新しいパソコンで行った手順3・4のウィンドウが表示されますので、「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」→「新しいコンピューターです」を選択→今までのコンピューターのファイルを保存済みですか?の質問が出たら今度は「はい」をクリックします。

あとは保存先に選択したHDDまたはSSDを選択して「開く」→「転送」を実行します。

6.【Mac】OS搭載の機能を使ったデータ移行方法

Mac同士のパソコンのデータ移行については「移行アシスタント」が便利です。フォルダー等のデータのほか、全てのアプリ・ユーザーアカウント・設定が移行できますが、Mac公式の設定でないものはうまく移行ができないケースがあります。

手順は、Thunderbolt(サンダーボルト)ケーブルでMac同士をつなぐ方法や、Mac OSのバックアップ機能であるTime Machine(タイムマシン)を利用する方法があります。

ここではThunderbolt(サンダーボルト)ケーブルを使ったデータ移行手順を紹介します。

MacからMacへのデータ移行手順

新しいパソコンで、アプリケーションのUtilityから「移行アシスタント」をクリックします。移行アシスタントが立ち上がったら「続ける」をクリックし、ユーザー名とパスワードを入力します。次に表示された画面で「別の Mac へ」を選択します。

次に古いパソコンで、上記と同じ手順で移行アシスタントを立ち上げます。ユーザー名とパスワードを入力した後に表示された画面で、「Mac 、Time Machine バックアップ、または起動ディスク」を選択して「続ける」をクリック。

新しいパソコンでこのMacに情報を転送の表示を確認し「続ける」をクリック。新旧両方の端末でセキュリティーコードを確認したら「続ける」をクリック。新しいパソコンで転送したいデータを選択して「続ける」を選択し後は完了するのを待ちます。

ELECOM リンクケーブル WindowsXP - Windows7 / 8 データ移行 ブラック UC-TV3BK

ELECOM リンクケーブル WindowsXP - Windows7 / 8 データ移行 ブラック UC-TV3BK

USBポートを装備した2台のパソコンに接続することで、簡単にデータのコピーや移動ができるリンクケーブルです

初期設定・データ移行で困ったときは

パソコンを買い替えると、初期設定サービスなどのオプションで、業者がインターネット接続やWindowsの初期設定をやってくれる場合もありますが、ほとんどの場合は有料です。また、パソコンに詳しい友人に初期設定をやってもらうことはできても、個人的なデータの移行までは頼みづらいかもしれません。

今回ご紹介した初期設定やデータ移行などの方法は、段階を踏んで行えば、どなたにでもできる簡単なものです。パソコンを買い替えた際には、必要な初期設定やデータ移行などは、忘れずに行いましょう。

ドクター・ホームネットでは、パソコンの設定以外にもさまざまな電化製品に関する情報をお届けしています。ぜひ、その他のコラムもご覧ください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する